メガネのサステナブルとは?「JINS」と「Zoff」のリサイクルの方法についてもご紹介

今の時代、安いもので1万円もしないで購入出来る「メガネ」。

また、持ち合わせているメガネの数も平均で2、3個持っているのが当たり前になりつつあります。

しかし、購入したはいいものの、その購入したメガネの処分の仕方について困っていませんか?

複雑な構成からできている「メガネ」を楽に処分したいし、また処分するならお得に処分したいですよね♪

今回この記事を読んでいただければ、今まで手間が掛かって処分に困っていた「メガネ」を簡単に処分できる方法を知ることが出来ますよ!

また環境配慮の側面から見て、可能であれば「メガネ」をそのまま捨てるだけでなく、環境に優しい方法で処分したいと思っている方も多いと思います。

この記事を読んでいただければ、リサイクルに力をいれるメガネ企業を知ることが出来る上、その企業の掲げるプロジェクトの元、我々一人一人が行えるサステナブルの活動も明日から行う事が出来るようになりますよ!

それでは早速参りましょう♪

この記事を書いているのは

こんにちは「shu」です!当ブログでは「サステナブル」についての記事を書いております。今後益々大きくなる「サステナブル」の取り組み。持続可能な社会の為に我々ができる事は何でしょうか?

目次

メガネに求められるサステナブルとは

ファッション業界は環境汚染産業として世界中で常に上位に位置しています。

ファッション業界のCO2排出量は増加の一途をたどっており、2030年には約20億8千万トンになると予測されています。

これは1年という期間で、2億3千万台の乗用車から排出されるCO2の量にほぼ等しいといいます。

いや、本当に凄い量です・・・。

人々のファッションへの欲望は根強く、「環境配慮」というテーマが中々、入り込む隙間がないのも要因とされています。

それでも最近は、サステナブルに力をいれるファッション企業が増えてきているし、ファッションアイテムとしての用途も含まれる「メガネ業界」も今、その取り組みに注目が集まっています。

例えば、植物由来の樹脂を配合した生地でメガネフレームを作成したり、また、付属ケースにも再生紙を使用するなど、環境に配慮した製品作りを行うメガネ企業が増えているんですね。

また、2015年に「MyVoice」が1万2千人を対象にしたアンケート調査によると、メガネを保有している人は8割を超え、その中でも、1個保有している人は27%、2個保有している人は26%、3個以上保有している人も約26%と、近年メガネの保有率はさることながら、2個以上保有している人も増え、一人当たりのメガネの保有率は高くなってきています。

僕は「Zoff」の「Zoff SMART Skinny」を一個持っています!

この記事をお読みになっている方の中でもメガネを複数持っているという方は多いのではないでしょうか。

また昨年大流行した「コロナウィルス」の影響で、家にいてパソコンを触る時間が増えたことからブルーライトをカットするメガネが大ヒットしました!

そのヒットの背景として、人々の根底には「自分の目の健康を守りたい」という思いがあり、このメガネというものが生活必需品という位置付けであることが再認識された一年でもありました。

現在1人当たり平均で3本以上をメガネを持つ時代です。

このメガネは、生活必需品としての役割が今後も広がっていく事が予想されるし、処分の仕方、購入の仕方を一人一人が環境配慮を踏まえてもっと真剣に考えていかなければいけません。

これまでのメガネは、モノを見るためにピントを合わせる視力矯正器具としての役割が中心でした。

しかし、そのメガネの役割はこれから大きく変化していくことでしょう。

メガネの処分方法とは

いらなくなったメガネをいつもあなたはどのように処分していますか?

ここでは何種類かある、メガネの後処理の方法を見ていきたいと思います。

1人当たりの保有率が高くなった今、気にすべきはこの処分方法ですよね。

僕は長い間同じメガネを使用しつづけていて、これまであまり処分したことがありませんでした。

しかしプラスチック製のフレームですと2、3年で寿命がきてしまうようだし、目の健康の為にも定期的に買い替える必要があるみたいですね!

以下の処分方法を知っておくと、その買い替える際に便利ですよ!

処分方法は大きく分けて以下の3つです。

メガネの処分方法
  1. ゴミとして処理
  2. 販売店に引きとってもらう
  3. 売りに出す

一つずつ詳しく見ていきましょう。

メガネの処分方法①ゴミとして処理

まず不要になったメガネの処分方法として1番多いものは「ゴミとして処理」をすることです。

ここでメガネをゴミとして捨てる際の、きちんとした分別の仕方を抑えておきましょう。

まずメガネをごみとして処理する場合は材質によって燃えるゴミか、プラスチックゴミ、もしくは不燃ごみになるか分かれます。

例えばレンズの材質がプラスチックならば「燃えるごみ」もしくは「プラスチックごみ」になり、ガラスの場合は「燃えないごみ(不燃ごみ)」としてレンズは処分できます。

最近の安価で軽い眼鏡、はレンズもフレームもプラスチックということが多いので、「プラスチックゴミ」か「燃えるゴミ」になりますね。

材質処分方法
プラスチック燃えるゴミ/プラスチックゴミ
ガラス不燃ごみ

ファッション産業が生み出すごみ問題について関心のある方はよければこちらもご覧ください!

知っておきたい!靴の生産が及ぼす環境問題と、今後の「サステナブル」への取り組み

眼鏡の処分方法②販売店に引きとってもらう

処分方法2つめは、「JINS」や「Zoff」を代表とする、メガネの販売店で無料で引き取ってもらうという事です。

「JINS」では、BRING PLA-PLUSプロジェクトと呼ばれる取り組みで不要になったアイウェアを無料で回収し、リサイクルする活動を行っております。

また、「Zoff」ではキャンペーン期間中にお店にブランドを問わず使っているアイウェアを持ち込めば、下取りをしてくれるキャンペーンもあります。

このように信頼できる販売元で、不要になったメガネを無料で引き取ってもらえるのは嬉しいですよね!

しかもそれがリサイクルという環境配慮にもなるというのも嬉しいし、この取り組みがもっと広がれば今後わざわざメガネを捨てるという習慣もなくなるかもしれません。

眼鏡の処分方法③売りに出す

比較的新しく、商品状態も良いものならば近くのリサイクルショップに売りに出すというケースもあります。

査定にも時間をあまり要せず、すぐに現金化したい方はこの方法を選ぶと良いかもしれません!

ただ、人肌に密着するメガネは低い値段で買い取られることが多く、その査定金額はあまり期待しないほうがよさそうです。

また最近は、リサイクルショップだけでなくメルカリや、ラクマなどのフリマアプリを使って、不要になったメガネを売却する人も多いようです。

フリマアプリの場合、リサイクルショップと違い、自身の言い値で売買できるので、その点もメリットです。

メガネ企業のサステナブルへの取り組み

ここからは我々も大変お世話になっていて、国内の圧倒的なユーザーシェア率を誇る、「JINS」、「Zoff」両者のサステナブルへの取り組みをみていきましょう。

1、JINS「BRING PLA-PLUSプロジェクト」

「JINS」公式サイト引用

「JINS」は2021年現在、国内でメガネシェア率NO.1を誇る企業です。

JINS 公式通販ショップ【JINSオンラインショップ】はこちら

因みに2位が「Zoff」、3位が「眼鏡市場」となっております!

研究開発から生産販売まで一貫して展開するメガネブランド「JINS」は、日本環境設計株式会社が発足したリサイクルプロジェクト、「BRING PLA-PLUSプロジェクト」に同プロジェクト発足当初の2012年から参加し、不要になったプラスチックの眼鏡を回収してリサイクルする活動を行っています。

今後、メガネの回収キャンペーンや循環再生型アイウエアの製造に向けて取り組み、メガネのサステナビリティを推進していきます。

「BRING PLA-PLUSプロジェクト」実際の流れ

  1. 不要のメガネが全国にある「JINS」店舗に持ち込まれる
  2. その後、粉砕されたメガネは、BRING PLA-PLUSプロジェクト提携先工場へ運ばれる
  3. ガス、コークスなどのエネルギーや新しい資源へとリサイクルされる。

「BRING PLA-PLUSプロジェクト」実際の流れ

  1. 日本国内の「JINS」および「rim of jins」の店舗へ持ち込む
  2. その後、スタッフに声がけの上、JINS 各店舗内に設置されている「BRING PLA-PLUS プロジェクトメガネリサイクルBOX」に不要になったメガネ、サングラスを入れるだけ。

日本発の高度な技術で、フレームもレンズも100%リサイクルされます。セルフレーム/メタルフレーム、メガネレンズ/サングラスなど、ブランド、フレーム素材の種類、レンズの種類は問わず、アイウエア製品全てが対象です。

ブランド問わず回収してくれるという点が嬉しいですね!

未来への子供たちの為に

「JINS」は未来の日本の目を守ろうをスローガンに掲げたプロジェクトを開始し、その第1弾として東京都渋谷区の全ての公立小中学校の約9000人に2021年から3年間継続して眼鏡「ジンズスクリーン」を寄贈することを発表しました。

目の疲れの一因とされるブルーライトをカットする「ジンズスクリーン」は、2011年の発売から今日まで累計1100万本以上を売り上げるヒット商品です。

¥5,500 (2021/05/18 18:59時点 | Amazon調べ)
ブルーライトが及ぼす悪影響

この「ブルーライト」を浴びすぎると、目の疲れや肩こり、頭痛などが訴える人もいます。 また、ブルーライトは角膜や水晶体を通して網膜まで到達します。 結果、長時間ブルーライトを浴びることで、網膜を痛めてしまうこともあります。 さらに、加齢黄斑変性症問いう病気の原因になるとも言われています。

コロナ禍でオンライン授業の増加により、パソコンやタブレットの使用が一般化したことに加え、文部科学省が推進するGIGAスクール構想によって学習環境のデジタル化がさらに進みつつあります。

「JINS」はこれまでも子供たちに目の仕組みや健康の大切さを伝える見る育プロジェクトを続けてきました。

日本のメガネ業界を索引する「JINS」ですが、何よりも国内の子供たちを優先しているあたりが素晴らしいですね!

2、Zoff「Eye Performance」

「Zoff」公式サイト引用

「Zoff」ブランドを運営する、「株式会社インターメスティック」は2021年、創業20周年を迎えます。

創業以来「メガネが主役の時代を作る」を理念としながら、「誰もがメガネを気軽に楽しめる社会」の実現をサポートしてきた「Zoff」。

2020年7月に発表した新ブランド戦略「Eye Performance」はそうした理念に基づき、社会や暮らしに必要とされる次世代ブランドへと生まれ変わる意思表示です。

そしてその結果として、社会課題を解決しサステナブル(持続可能)な社会の実現を図ろうというものです。

メガネの質と「Zoff」サービスの向上をはかり、人々の「生活」の質を向上させるそれが「Zoff」のプロダクトです。

Eye Performance Studioの設立

「Zoff(ゾフ)」を運営する株式会社インターメスティックは、2021年に創業20周年を迎えるにあたり、より細かく商品の研究・開発機関できるよう、“Zoff Eye Performance Studio”(ゾフ アイパフォーマンス スタジオ)を2020年に設立しました。

近年のデジタル化に加え、昨年大流行した新型コロナウィルスや環境破壊、我々の生活は今脅かされています。

こうした中、テレワークが増え、我々の「目」を取り巻く環境は劇的に変化しました。

「Zoff」が2020年5月に実施した調査によると、約2人に1人が、1日に10時間以上もデジタルデバイスを使用していることが明らかになりました。

また、約7割の人が、テレワークによりPCを見る時間が増えたと回答するなど、我々の「目」も毎日酷使され続けています。

今後「Zoff」は目のパフォーマンスを向上させること、そしてそれを「メガネ」というツールを使ってサポートすることがより豊かな人間社会の実現、そして持続可能な社会へのきっかけにとなると確信しています。

そういった経緯で今回、初となる研究・開発機関、“Zoff Eye Performance Studio”を設立するに至りました。

「レティッサディスプレイツー」を盲学校へ寄贈

また、「Zoff」を運営するインターメスティックは、ロービジョン向け網膜直接投影型眼鏡「レティッサディスプレイツー」を横浜市立盲特別支援学校をはじめとする全14校に寄贈しました!

この商品開発は画期的で、今後目の不自由な方のサポートアイテムとして大いに期待されています!

この「レティッサディスプレイツー」は、視力やピントに依存せず鮮明な映像を見る事ができるようになり、眼鏡やコンタクトレンズを用いなくともパソコンやスマートフォンの映像の視聴が可能となります。

これにより視力の悪い方のサポートができ、その方々のパソコン操作の能力を促進することで職業選択の幅が広がることが期待できます。

見えるを諦めない生活へ!「レティッサディスプレイツー」とは

わかさ生活ランド公式サイト引用

近視・遠視・乱視・老眼など裸眼の視力に影響されず、目を凝らさずはっきり見えます。

購入だけでなく、レンタルサービスも行っております!

ぼやけ・色の変化を感じてしまう方でも見たいものの情報を映してくれるので、パソコンやスマートフォン、テレビを見たままの映像で楽しむことができます。

この『RETISSA Display II』は自然光や室内照明と同等もしくはダメージの少ない優しいレーザ光で映像をミラーに当ててから反射させ、網膜に映像を届けます。

そのため、眩しさを感じることなく見ることもできます。

このような便利な視力サポートアイテムの性能に驚きますが、それを無償にて寄贈する「Zoff」の試みは素敵ですね!

まとめ

この記事を書くまで、メガネのサステナブルへの取り組みがここまで進んでいるとは思いませんでした。

現在1人当たりのメガネの保有率も上がっており、我々の生活必需品ともいえる、この「メガネ」今後、どのメガネブランドを購入し、どのようにメガネを処分しているか。

我々一人一人もその購買に関してもっと関心深くならなければいけないなと思わされました。以上お読み頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

読んでくださってありがとうございます。もし良ければシェアお願いします。
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

はじめまして!!都内にあるファッション靴メーカーに勤めるshuです!
ブログ初心者(都内住み)です♪仕事で経験しているECサイト運営や商品企画経験を活かし、ファッションに関する有益な情報を皆様にお届けできればと思います。キーワードは「FASION」と「SUSTAINABLE」です!よろしくお願いします♪

「shu blog」使用テーマ「SWELL」

知識が無くても大丈夫♪誰でも自由に美しく!ワードプレス有料テーマ「SWELL」

1、スマホのように簡単で使いやすい!
2、初心者でもデザイナーにお願いしたような美しいサイト設計に!
3、サイト運営がこんなにも楽しくなる!

「SWELL」公式サイトへ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる