今すぐ利用したくなる!「セカンドストリート」のサステナブルへの取り組み

あなたはよく「セカンドストリート」を利用しますか?

今や若い世代に絶大な人気を誇るリユースショップ「セカンドストリート」ですが、その「サービスの概要」や「サステナブルへの取り組み」をどのように行っているのか気になるという方は多いのではないでしょうか。

あなたも既にご存じでしょうが、「セカンドストリート」と言えば使用して不要になった衣類を買い取ってもらえる「リサイクルショップ」ですよね?

また着なくなった衣類を捨てないで再利用出来る「リユース」事業は環境にも優しく「サステナブル」な観点で言っても、世界から大いに期待されている「事業」なんです。

また、「セカンドストリート」と言うと、あくまでも店頭だけで買い付けを行っているイメージですが、最近では「出張買取サービス」も行うようになって、お家にいながら着なくなった衣類を買い取ってもらう事も可能になったんです!

この記事ではそんな「セカンドストリート」のサステナブルへの取り組みは勿論、サービスの利用方法や、最近取り組みを始めたばかりのお得な「出張買取サービス」の概要に関しても分かりやすく解説していきます。

この記事を参考にしてもらえれば、「セカンドストリート」のサステナブルに対する取り組みが理解でき、今まで捨てていた衣類を簡単にお金に換えられるノウハウが身に付きますよ!

お得な情報が満載なので、これから「セカンドストリート」のサービスを受けたいと思っている方は是非参考にしてみてくださいね♪

この記事を書いているのは

こんにちは「shu」です!当ブログでは「サステナブル」についての記事を書いております。今後益々大きくなる「サステナブル」の取り組み。持続可能な社会の為に我々ができる事は何でしょうか?

目次

「リユース」事業で近年急成長を遂げた「セカンドストリート」

ハンガーに掛かった衣類

最近、「環境配慮」という生き方がよく話題になるようになりましたよね。

それに比例して「サステナブル」や「SDGs」というワードもメディアやテレビCMなどで良く聞くようになりました。

例えば「恵さん」が司会を務めるテレビ番組「ひるおび」では番組内で毎回特集が組まれるなどして国民一人一人が「今」取り組むべき問題として訴えかけております。

特に世界で2番目に環境汚染の原因となっている「ファッション産業部門」では国内外問わず、取り組みと見直しが検討されています。

日本でも沢山のファッション企業が持続可能な未来の為の製品開発を進めております。

例えば、

  • アニマルフリー(動物性の素材を使用しない)
  • フェアトレード(公正な取引の元、売買を行う)

などが挙げられます。

そんな中使われなくなった衣類を再度利用する「リユース事業」も「サステナブルの観点」からして大いに期待されております。

リユースとは

「リユース」とは一度使ったモノを繰り返し同じ形で使うことです。自分が使わなくなったモノを「売り」、誰かが不要になったモノを「買う」。自分も「リユース商品」を購入することで資源のムダを減らせるし、環境に優しい取り組みにも参加できます。
また中古マーケットの専門メディア「リサイクル通信」の推計によると、リユース市場は調査開始以来9年連続で成長を続け、20年には約2兆5000億円、22年には約3兆円に拡大すると言われております。
(『リサイクル通信』が推計、中古市場2兆円規模に CtoC拡大で前年比12.3%増)参照

その「リユース事業」として国内で大きな飛躍を遂げたアパレル会社が今回の「セカンドストリート」です。

都内の「原宿」や「渋谷」をはじめ、全国約700店舗を構えるリユース専門店、「セカンドストリート。」

今回はその「セカンドストリート」の取り組みについてみていきたいと思います。

ゲオホールディングスとの統合がきっかけとなり「総合リユースショップ」へと進化

「セカンドストリート」の転機は、08年にゲオホールディングスがフォーユー(セカンドストリートの運営会社)の買収をしたことがきっかけでした。

それが機転となり、今まで「セカンドストリート」が主に扱ってきた服飾雑貨以外でも家電や家具を含むカテゴリーを扱うようになりました。

そのおかげもあってか、服飾雑貨以外の売り上げも直近3年で、「450億」、「524億」、「662億」と急成長しています。

また「セカンドストリート」はオンラインストアも同時に運営しており、その掲載アイテム数は何と100万点以上を誇ります。

ハイブランドの「洋服」や「バッグ」を中心とした元来のファッションアイテムの買取と販売サービスも勿論の事、それだけに留まらず「家具」、「家電」まで幅広く扱う「総合リユースショップ」へと進化を遂げました。

リユースを主業に海外進出やサステナブルな店舗運営でファンを獲得していく

庭いじり

「捨てない生活を応援する」をコンセプトに全国に展開する総合リユースショップ「セカンドストリート」。

顧客から不要になったものをどんどん仕入れて、季節外商品や新品商品が流れ込んでくる仕組みさえも構築することに成功しました。

「セカンドストリート」という現場では様々な“モノ”の循環が生み出されています。

そのモノを大量に「循環」させることこそが「セカンドストリート」が行うサステナブル活動です。

「セカンドストリート」はこのリユースのみを主業としております。

なので「セカンドストリート」の売り上げが伸びるということはその分、地球環境も良くなるという事の裏返しにもなるのです。

つまり「セカンドストリート」は日本が世界に誇る「サステナブル企業」なんです!

以下ではその「セカンドストリート」がどのような事業を展開しているのか見ていきたいと思います。

「ファストファッション」との相性の良さもポイント

「セカンドストリート」が販売する商品は全てお客さんが不要になった物を販売しております。

お客さんから買い取った商品に価値を見出し、次の人へ繋ぐこのビジネスモデルは「サステナブル」的にとても価値があり、今後更に事業が拡大していくことが予想されます。

また「セカンドストリート」はこのリユース事業を通じ、主要商材だけでも10万トン以上のCO2削減効果を生み出しており、その背景には年間約7000万個もの商品を循環させています。

買ってはすぐに捨ててしまう「ファストファッション」の勢力が強まる中、このセカンドストリートのビジネスモデルは「ファストファッション」との相性の良さも伺えます。

国外への店舗出店で益々認知度がUP

「セカンドストリート」は「アメリカ」、「マレーシア」、「台湾」など国内だけでなく国外にも店舗を出店しています。

「アメリカ」、「台湾」では、現地で買い取りをしたリユース商品の販売を主な事業としており、資源の有効活用を進めるとともに、現地での認知度UPにも繋がっております。

特に「アメリカ」はリユース文化が元々根付いている国なので、この「セカンドストリート」は受け入れやすい傾向にありました。

「アメリカ」はファッションに対して元々とても敏感であったし、「環境配慮」への関心も欠かさないので「セカンドストリート」のビジネスモデルは受け入れやすいんじゃないでしょうか。

今後「セカンドストリート」が周知されていくことは間違いないでしょう。

また「マレーシア」では、日本で再販しきれない中古衣料を店頭で販売するほか、現地の事業者に卸売りしています。

少し失礼な言い方になってしまい恐縮なのですが、マレーシアのような発展途上国だと、日本で売れ残ってしまう商品でも十分に需要があります。

「アメリカ」のような先進国と「マレーシア」のような途上国両方で事業を拡大していくことで、多方面から「セカンドストリート」は認知されることができます。

こういった海外事業にも「セカンドストリート」は積極的に取り組んでおり、国内にとどまらず全世界で「サステナブルな未来」へ貢献しようとしているんですね。

以下で各国の詳しい詳細をご覧いただけます。

USA

アメリカでは国内での古着の販売買取及び、日本の店舗で選定した高品質の古着をアメリカで提供するインターナショナルストアブランドとして2021年1月現在、カリフォルニア州に6店舗、ニューヨーク州2店舗、オレゴン州に1店舗の合計9店舗を展開中。

MALAYSIA

マレーシアでは、2018年7月に1号店となる「SS13店」をスバンジャヤにオープンし、その後2号店「SS15店」、3号店「Bandar Utama店」、4号店「KL Traders Square店」、5号店「Bangsar Baru」を出店し拡大中。

TAIWAN

台湾では、「2ndSTREET台北西門店」、「2ndSTREET微風南山atre店」に続き、台中市にある複合商業施設「大魯閣新時代(TAROKO MALL)」内の2階に台湾3号店となる「2ndSTREET台中新時代店」が2021年4月16日にオープンすることが決まりました。

店舗運営において「LED照明」の統一でCO2削減に努める

日本全国に700店舗以上を展開している「セカンドストリート」ですが、今後国内に益々店舗数を拡大していくことが予想されます。

「セカンドストリート」は店舗運営の際、エネルギー削減の見直しなど「サステナブル」への取り組みを強化しています。

その一環として今後、「店舗」で使用する際の照明を全て、「LED照明」に変えていくことを宣言しました。

店舗内の照明を「LED照明」に統一することでCO2削減に努めます。

またそれだけでなく各店舗のレジに「タブレット端末」を導入し、買取伝票などのペーパーレス化に取り組もうとしたり、少しでも「サステナブル」へ貢献出来ないかと考えて実行に移しているんですね。

LED照明とは

因みにLED照明は文字通りLEDを使った照明器具のことです!消費電力が非常に少なく長寿命ということが最大のメリットで、環境配慮に着目した照明です!

ジェンダー問題など、労働環境の多様化によるサステナブル促進

「セカンドストリート」は今後、「サステナブル」意識がもっと世界にシェアされるようになる為に、「人の労働環境」を見直そうと注力しております。

例えば「セカンドストリート」は、「女性」が出産、育児などの日常生活と、キャリアの形成を両立できるような仕組みを整えています。

「セカンドストリート」では、2020年の産前産後休業および育児休業取得率は100%を誇ります。

また、「同性パートナーシップ制度」の導入により、同性パートナーシップに登録することで、同性あったとしても婚姻関係にある夫婦と同じように「パートナー」として、慶弔休暇や慶弔見舞金などの会社の福利厚生を受けることができます。

それだけではありません。

この「セカンドストリート」は「障がい者雇用」にも定評があります。

「セカンドストリート」を運営する「ゲオホールディングス」は障がい者雇用率、3.13%(2020年6月現在)と、国が定める法定雇用率(2.3%)を優に超えています。

2010年から障がい者の雇用促進を目的にした子会社「ゲオビジネスサポート」を設立し、従業員はゲオグループの店舗での取り扱い商材の加工などの受託業務、店舗及び各グループ事務所の清掃業務などを行っています。

また「セカンドストリート」は2020年1月に、障がい者雇用優良企業として「愛知県知事表彰」を受けました。

「セカンドストリート」はじめ、「ゲオホールディングス」はこういった労働環境を多様化し、従業員が働きやすい労働環境を整えることを進んで行っております。

「労働環境の見直し」はSDGsの8項目目「働きがいも経済成長も」にもある通り、企業がまず率先して取り組まなければいけない「サステナブル」項目ですよね?

顧客も大切にし、同時に従業員の労働環境も整える。

このスタイルこそ、「セカンドストリート」が大切にする理念そのものであるし、未来の働き方としてどの企業でも当たり前になっていってほしいですね。

セカンドストリートのサービス形態と店舗情報

セカンドストリート高円寺店
セカンドストリート 高円寺店

さて、ここからは「セカンドストリート」が行うサービス内容を具体的に見ていきましょう!

因みに上の画像は「セカンドストリート」高円寺店内の様子です。

リユース業がこの「セカンドストリート」の主業となるので、そのサービスは主に「販売」と「買取」に分けられます。

冒頭でも説明しましたが、「セカンドストリート」は、洋服(古着)やバッグなどのファッションアイテムの「買取」と「販売」を中心に行っております。

ハイブランド品だけでなく、家具家電まで幅広く扱う総合リユースショップです。

この章ではその両方を分かりやすく解説していますので、きちんと読んで頂ければ今後サービス利用するうえで、お得な知識が身に付きますよ!

数種類ある「店舗」。バリエーションの豊かさが人気の秘訣

まず特筆すべきは「販売面」です。

この「セカンドストリート」は店舗ごとに品ぞろえを変えるなどして、バリエーションに特化した販売店を数種類構えております。

主に「セカンドストリート」では次の「3つ」の店舗タイプに分けられます。

  1. トータルリユース(洋服から家電製品まであらゆるアイテムを扱うショップ)
  2. アパレルリユース(洋服、バッグ、靴などを専門に扱うショップ)
  3. ユーズドセレクト(ブランド古着の都市型セレクトショップ)

まずは、ハイブランド品から家具家電まで幅広く扱う「トータルリユースショップ」です。この「トータルリユースショップ」が主な機関店になります。

それから洋服、バッグ、靴などを専門に扱う「アパレルリユースショップ」

さらに、ファッション感度の高い若いユーザー向けの「ユーズドセレクトショップ」と「3つ」の店舗タイプがあり、この3種類がセカンドストリートが運営する主店舗になります。

また上記主要店舗以外にも、生活必需品から、家電製品、スポーツグッズ、ファッションアイテムまで、10万点以上の品揃えを誇る国内最大級の大型リユースショップ「スーパーセカンドストリート」を保有していています。

それだけでなくアウトドアギア専門のリユースショップ、「セカンドアウトドアー」や、またラグジュアリーブランドに特化した「セカンドストリートブランド専門店」、トイ・ホビー用品専門の「セカンド・トイ」などもあります。

店舗種類主要店舗
スーパーセカンドストリート柏沼南店(千葉県柏市大島田308−1)
セカンドアウトドアー越谷谷中店(埼玉県越谷市谷中町2−58)
セカンドストリートブランド専門店大須万松寺通店(愛知県名古屋市中区大須3丁目25番24号)
セカンド・トイ印西ビッグホップ(千葉県印西市原1丁目2−番地)

また、店頭へ行かなくても全国のお店から厳選した商品をインターネットで購入できる「オンラインストア」も開設しているのも嬉しいポイントですね。

販売サービスに対するレビューはまずます

「セカンドストリート」の販売に対する評価をみてみましょう。

「検品が雑過ぎる」、「通販対応が早かった」などの意見が見受けられますね。

セカンドストリート買取レビュー


顧客によってサービスの種類を選べる「買取」の仕組み

続いて「セカンドストリート」の「買取面」に関してその充実ぶりを見ていきたいと思います。

「セカンドストリート」の「買取サービス」は「店頭」への持ち込みか、オンラインでの出張買取に分けられます。

以下で詳しく説明しますね!

店頭買取

「店頭買取」は、その名の通り直接近くの店舗に持ち込んで買い取ってもらう方法です。

これは衣類を店頭に持ち込んですぐに現金が欲しいという方におすすめな買取方法です。

僕も何度かこの「セカンドストリート」の買取サービスを利用したことがあるんですが、査定金額はどれも満足のいくものでした。

待っている間も「番号札」を渡されるので、自分の番号が呼ばれるまで店内を自由に見て回ることが出来ますよ。

またその際、公式サイトへアクセスすればあなたが現在いる近くの店舗情報を簡単に調べられるし、事前に電話しておけば待ち時間も教えてくれることもあります。

セカンドストリート公式サイトはこちら

仮に待ち時間があったとしても品ぞろえ豊富な店内を見て回ることが出来るので退屈しないですよ!

また店内のきれいなお手洗いは勿論の事、店舗によっては「授乳スペース」が設けられていたり、「ドリンクサービス」も受けられるのも嬉しい点です!

Web(宅配)買取

次に「web買取サービス」についてですが、このサービスは最近「セカンドストリート」取り入れた新事業です。

店舗へ直接行かなくても、この「買取サービス」をweb上で受けられるので非常に便利という点が多数あがっているんですね!!

僕も何度かこの「出張買取サービス」を受けたことがあるのですが、これは本当に便利です。

というのも忙しい時でも隙間時間で簡単に「買取」の申し込みが出来るし、その後は家にいるだけで良いんですよね。

この「出張買取サービス」申し込みをすれば指定した日時に配送業者が集荷にやってきてくれます。

その後、「セカンドストリート」から見積もり結果の通知が来て、それを承諾すれば速やかに入金されるという仕組みです。

勿論配送業者の手配と、見積査定なども全て「無料」で、仮に査定金額に満足いかず「サービス」をキャンセルしたいと思ったとしてもキャンセル出来るのも嬉しいですね!

今すぐ「セカンドストリート」の出張買取サービスを受けるならこちらをクリック!!

査定員である「バイヤー」自らが、お家までやってきてその場で買い取ってくれるサービスもあるようですよ!

信頼できるバイヤーによる査定

また「買取」を主な主業とする以上、常に変化するトレンドをいち早く抑えて、中古市場の動向を的確に理解する能力が求められます。

この「セカンドストリート」に限らず、「買取サービス」を利用する際、

  • これは正当な査定金額なのか?
  • 何を基準にしてこの価格になったのか?

などの疑問は顧客からすれば付きまとうものです。

またそういった顧客の不安を払拭しなければ、よい商品を売りに来てはくれません。

この「セカンドストリート」ではバイヤーの買取業務力の向上を重視しており、毎年正確な査定判断ができるバイヤーを多く輩出しています。

何故、「セカンドストリート」では優秀なバイヤーが育つのか?

それは、バイヤーの育成と買取能力のレベルアップを目的に、全国の直営店の従業員約1万人を対象とした独自の社内検定「バイヤー認定制度」があるからなんです。

それ以外にも年に1回、年間の買取実績や知識テストなどの成績上位者が知識面・接客面を競い実力ナンバーワンを決める「キング・オブ・バイヤー」を開催したり、社内でもお互いの能力を競い合う事で査定力の向上に繋がるし、顧客からしてもそれは嬉しいポイントです。

こうした取り組みからも、「セカンドストリート」の買取サービスの品質は年々向上してきていていると言えます。

買取サービスに対するレビューはやや低め

「店舗買取」、「出張買取」に対するレビューをここではご覧いただけます。

「買取」に対する評価はやや低めといったところでしょうか?

まとめ

今回は「セカンドストリート」のサステナブルへ対する取り組みを解説してきました。

最後に今回の内容をおさらいしますと、

  1. 「セカンドストリート」は国内だけで700店舗以上を要し、海外にも店舗を拡大する大型の「リユースショップ」ブランド
  2. 「セカンドストリート」は持続可能な社会の為に従業員の働き方を始め、具体的な取り組みをいくつも行っている。
  3. 「セカンドストリート」は「販売」だけでなく、顧客にも嬉しい「買取」サービスも充実している

本記事の内容を参考に是非あなたもセカンドストリートのサービスを始めてみませんか♪

お読み頂きありがとうございました!

目次

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

読んでくださってありがとうございます。もし良ければシェアお願いします。
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

ブログ運営においていかに収益を伸ばすか?
それはずばり「キーワード選定力」と「Webライティングスキル」が必要となります。
shu blogは収益を上げるための「ブログ運営情報」と、現在世界全体の課題とも言える「サステナブル」に関しての情報を定期更新している個人ブログです!
読者の方に有益な情報を発信するのは勿論ですが、シンプルで美しいサイトを目指します。是非お立ち寄りください。
30年後も読まれるブログ運営×サステナブルを合わせたハイブリッドブログを目指します。
生き残る為には「ライティング力」が必須、そう信じて。

「shu blog」使用テーマ「SWELL」

知識が無くても大丈夫♪誰でも自由に美しく!ワードプレス有料テーマ「SWELL」

1、スマホのように簡単で使いやすい!
2、初心者でもデザイナーにお願いしたような美しいサイト設計に!
3、サイト運営がこんなにも楽しくなる!

「SWELL」公式サイトへ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる