エコアルフの取り組みとは?「浅草ショールーム」に直接取材に行ってきました!

最近、サステナブルに取り組む企業が増えております。

今回ご紹介するスペイン発のサステナブルファッションブランド「ECOALF(以下エコアルフ)」もその一つです。

芸能人や有名なアーティストにもシェアされたりして今大注目のサステナブルファッションブランド「エコアルフ」。

国内では東京を中心に実店舗も複数構えており、2021年7月4日には何と「宮古島」にも新店舗をオープンしたんです!

またそのうちの1つ「エコアルフ浅草ショールーム店」は国内における唯一のエコアルフのショールームで、浅草という場所でSDGsを体験できる場所として提供しています!

そんな今注目のサステナブルファッションブランド「エコアルフ」はどういった企業なのか迫っていきたいと思います。

また記事後半では、国内唯一のショールーム会場でもある「エコアルフ浅草ショールーム」ではどういった活動をしているのか実際に取材した記録も交えて解説していきたいと思います。

それでは参りましょう♪

この記事を書いているのは

こんにちは「shu」です!当ブログでは「サステナブル」についての記事を書いております。今後益々大きくなる「サステナブル」の取り組み。持続可能な社会の為に我々ができる事は何でしょうか?

目次

エコアルフとは?

まず始めにここで今注目のサステナブルファッションブランド「エコアルフ」とはどういった企業なのか簡単にご紹介したいと思います。

そんなことよりも早く「浅草ショールーム」の取材記録を読みたいという方は、読み飛ばしていただいても大丈夫です!

ここでは次の4つの項目に分けて解説します。

  1. エコアルフはどういった会社か?
  2. どのような取り組みを行っているのか?
  3. ターゲット層は25〜35歳
  4. エコアルフの掲げる活動指針

それでは一つずつ見ていきましょう。

1、エコアルフはどういった会社か?

エコアルフ社長
エコアルフ公式サイトより

「エコアルフ」はスペイン発のサステナブルファッションブランドです。

2009年に発足し、「第二の地球はないのだから」をコンセプトにペットボトルやタイヤなどの廃棄物から作るリサイクル繊維を研究開発します。

またそれらの素材と環境負荷の低い天然素材のみを使用したアパレルや雑貨などを製造、販売します。

2019年には日本にも「エコアルフジャパン」が設立されました。

2、どのような取り組みを行っているのか?

「エコアルフ」の主な取り組みは、環境配慮型素材を用いた商品とイベントを通じてメッセージを発信し、サステナブルなマインドの重要性を人々に訴えかけることです。

すべてのアイテムを再生素材や環境負荷の低い天然素材で作っております。

ファッション産業が世界の天然資源を大量に使い続ける中でペットボトル、漁網、タイヤなどを独自の技術でリサイクルして生地を開発し、スタイリッシュで機能的なコレクションを創り続けています。

また、ブランド自らが海のゴミを収集してウェアをつくるなど、世界のサステナブルファッションをリードするブランドです。

つまり、「エコアルフ」は 「地球環境を守るために服を売る」という、ファッション業界において新しい発想を提案するブランドです。

3、ターゲット層は25〜35歳

「エコアルフ」はイベントやデジタルに重きを置き、特に若い世代にその取り組みを発信しています。

現在の顧客層は男女比は女性が7割、コアターゲットは25〜35歳です。

「エコアルフ」は今後、環境問題への取り組みを通して若い世代に自社の製品を共有してもらい、「他業種と繋がる事」を目的としております。

4、エコアルフの掲げる活動指針

エコアルフの取り組みを見てきたところで、ここで「エコアルフ」の掲げる活動指針についてもご紹介します。

以下は「エコアルフ」の掲げる活動指針を分かりやすくまとめたものです。

SLOGANBECAUSE THERE IS NO PLANET B
第2の地球はないのだから
VISION地球環境を無視した自然資源の活用をしない。
MISSION1リサイクルされていない製品と同等の品質・
デザインの製品をつくる。
MISSION2地球とも、環境とも、人とも折り合いのついた活動を。社員とも、仲間とも、すべての関係者とも折り合いのついた活動をします。
MISSION3何をするにも、何を言うにも。どうやるにも、どう伝えるにも。ブランドの価値を常に一貫したメッセージで発信していきます。
MISSION4ブランドとして行うすべてのプロセスを分析・把握することからはじまり、私たちの活動を様々な方法で公表していきます。
DNA1:SUSTAINABILITY持続可能な社会の実現に寄与しつつ、現代における需要を満たす。
DNA2:INNOVATION研究開発への積極的な投資と、共同研究から生まれる革命的な技術によって、最高の品質を持つ新しい素材や生地、プロセスを実現します。
DNA3:SUSTAINABLE DESIGN時を越えて愛されるデザインと、アイデアをアクションへ変換させることが、エコアルフの精神です。この2つにより、サステナブルで革新的なアイデアを実現するため、新たな視点や方法を求め、常に情熱をもって探求していきます。
「エコアルフ」公式サイトより引用

「エコアルフ」は具体的な活動指針をきちんと設けているのがお分かりいただけるかと思います。

日本におけるエコアルフジャパンの活動

「エコアルフ」公式オンラインストアより

次に、日本国内における「エコアルフ」の取り組みを始めに見ていきたいと思います。

2009年に発足した「エコアルフ」。

東京新宿に本社を構える株式会社三陽商会がエコアルフ社と合併し、2019年に正式に「エコアルフジャパン」が設立されました。

元々この三陽商会は「サステナブルを意識した事業展開を今後目指す」ことを成長戦略として掲げており、今回のエコアルフ社との合併はまさにその戦略の一つだったと言えます。

実店舗の工夫

環境負荷の低い天然素材のみを使用したアパレルや雑貨などを製造、販売する「エコアルフジャパン」は複数の実店舗を東京に構え、1号店を渋谷(ECOALF 渋谷)2号店を銀座(ECOALF GINZA TIMELESS 8)また3号店を二子玉川(ECOALF 二子玉川)にオープンしました。

また冒頭でも述べましたが、なんと「宮古島」にも新店をオープン(2021年7月4日)したんです!

実店舗では商品の購入が行えると同時に什器の中に実際に回収した海洋ゴミを、ディスプレイし、店装に違和感を与える事で「気づき」を促す工夫をしています。

3号店となる「二子玉川店」では二子玉川ならではの客層に応じ、キッズスペースも確保しておりこのキッズスペースを活用しながら、次世代を生きる子どもたちがファッションや環境問題について学び・考えられるようなイベント等を積極的に開催していく予定です。

また商品購入はエコアルフ公式オンラインショップや、それ以外にもELLE SHOP、MAGASEEK、Rakuten Fashion、STRIPE DEPARTMENTのオンラインショップでも行う事ができます。

浅草の地に「ショールーム」も構える

また店舗以外だと、ブランドの世界観を表現した空間で、商品サンプルなどを手に取ってみることのできるショールームを浅草にて展開しています。

詳しくは後述しますが、このショールームではオンラインや店舗で販売されている「エコアルフ」の一部商品を展示や、SDGsに取り組む関係者との情報交換やコミュニケーションスペースとしても開放しております。

今後エコアルフは国内店舗数の拡張と売り上げ拡大を狙います。

エコアルフ浅草ショールームへ行ってきました!

「エコアルフ」」浅草ショールーム

お待たせしました!

ここからは「エコアルフ浅草ショールーム」に実際にいってみた取材記録を見ていきたいと思います。

東京都内を中心に実店舗を構え、オンラインストアでも多くの人々に親しまれている「エコアルフ」のサステナブル商品。

今回ご紹介する「エコアルフ浅草ショールーム」は未だ市場に出回っていないユニークなサステナブル製品が陳列されています。

また企業同士が情報を交換し合う「情報共有スペース」としても活用されているんですね。

今回「エコアルフ浅草ショールーム」での取材を通して「エコアルフ」の掲げるヴィジョンや取り組みを直接肌で体験できたような気がします。

それでは見ていきましょう!

エコアルフ浅草ショールームとは?

都内を中心に実店舗を構える「エコアルフ」ですが、「浅草」という地に唯一ショールームを構えております。

このショールームは「エコアルフ」の世界観を再現した空間になっており、商品サンプルなどを気軽に見る事ができます。

またこのショールームではオンラインや実店舗で販売されている以外の一部商品の展示や、サステナブルに取り組む関係者との情報交換やコミュニケーションスペースとしても開放しております。

この「浅草ショールーム」には「エコアルフ」の関係者はいないのですが、この「浅草ショールーム」」が身を置く「ハヤシコーポレーション」のスタッフさんが常住されております。

僕がお伺いしたときも、突然の訪問にもかかわらず「ハヤシコーポレーション」のスタッフさんが親切に応対してくださりました。

ハヤシコーポレーションとは?

「エコアルフ浅草ショールーム」が身を置く「ハヤシコーポレーション」はイベントなどの印刷物や広告を、企画・デザイン・製作・施工まで行う広告代理業務をされている会社です。その活動を通して「サステナブル」に貢献しております。

この「エコアルフ」の出店要請も「ハヤシコーポレーション」のサステナブル事業の一環だったんですね!

なのでこのハヤシコーポレーションさんが「浅草ショールーム」を運営しているという状況のようです。

株式会社ハヤシコーポレーション公式サイトはこちら

何故浅草にショールームを構えた?

エコアルフ渋谷店の什器をそのまま使用

元々「エコアルフ」渋谷店が閉店(2021年2月23日)し、店舗什器を廃棄しようとした際、現在「浅草ショールーム」が身を置くハヤシコーポレーションのオーナー「林」様が、「是非ウチに!」ということで今回の浅草ショールームが実現したそうです。

なのでこの浅草ショールームの雰囲気は「エコアルフ渋谷店」に近いものがあります!

展示されている商品はあくまで観賞用なので商品購入はできません!

現在まだこの「浅草ショールーム」は正式にリリースされていない為、現状は企業間同士のコミュニティー広場として使われていたり、活動家やブランドなどの展示会場として用いられております。

コワーキングスペースとして

しかしいずれ正式にリリースされれば個人でも使用できるコワーキングスペースだったり、個人も交えてのコミュニティー広場としても活用できるようになるようです。

ショールーム見学の際は事前連絡をしましょう!

今回、いきなり僕のような個人が行ってもショールーム内を見させてもらえるか不安だったので、アポを取るために一応事前電話をしてみることにしました!(因みに取材日は2021年7月7日です。)

shu

電話をしてみると、とても親切に応対してくれました!!

「個人ですが大丈夫ですか?」とお伺いしても「大丈夫ですよ」と優しく答えてくれました。

ただ臨時休業している可能性もあるため、あらかじめ電話で連絡してもらったほうがありがたいそうです!(電話番号は後程記載します。)

電話さえすれば僕のような個人の方でもこのショールーム見学はできますよ!

アクセス

続いてこの「エコアルフ浅草ショールーム」のアクセスの仕方について簡単に見ていきましょう。

「エコアルフ浅草ショールーム」はその名の通り、「東京都台東区浅草」にあります!

東武スカイツリー線「浅草駅」から徒歩8分の場所に位置しています。

アクセス住所電話番号営業時間
東武スカイツリー線浅草駅から徒歩8分東京都台東区浅草6丁目19-4 ヤマヨシビル1F03-6721-1799(代)10:00-17:00(平日のみ)
shu

因みにですが、この「エコアルフ浅草ショールーム」の丁度反対側に構える「TERASAWA」というパン屋さんは浅草の中でも人気のパン屋さんで、おいしい生クリームコロネを買い求めにやってくるお客さんでいつも賑わっています。僕も何度か食べたことがありますがとてもおいしいので、是非ショールームに立ち寄った際はこの「TERASAWA」さんにも立ち寄ることをおすすめします!

余談でした!笑

行き方は非常に分かりやすく、ショールーム自体も中に入りやすい印象を受けました!

展示品紹介

それではここから僕が訪れた日(2021年7月7日)に展示品の数々をご紹介していきたいと思います。

展示されている製品のどれもが「エコアルフ」が掲げる「理念」が貫かれており、まだ市場に出回っていない面白いユニークな製品もありました!

30分前後の限られた時間でしたが、終始心が躍り続けました。

ハヤシコーポレーションのスタッフさんが付きっ切りで接待してくださったおかげで大変貴重な時間を過ごすことができました。

1、ひのきのかおり「森のタンブラー」

浅草に本社のある「アサヒビール社」と「パナソニック社」が合同で開発した「タンブラー」です。

この「タンブラー」の主成分の内65%は、麦芽の廃材(セルロース)から出来ています!

ひのきの香りがほのかにします。

\楽天スーパーセール実施中!!/
楽天市場

2、ペットボトルで出来た「ダウンジャケット」

不要なペットボトルでできた「ダウンジャケット」です。

2Lのペットボトル70個分から1mmの「ファブリック」素材が生成できます。

「エコアルフ」の真骨頂とも言える「サステナブルファッション」です!

3、和紙で出来た「Tシャツ」

こちらは何と「和紙」で出来た「Tシャツ」です!

主成分の49%が和紙で出来ている為、環境に優しいです!

因みにですが、我々は平均4回程しか同じ「Tシャツ」を着ないらしいですよ!

shu

そんな回数しか着ないのにすぐに新しい「Tシャツ」を買ってしまうのは本当にもったいないですね!

「和紙」で出来た「Tシャツ」、是非、商品化してほしいですね!

4、大麦からできたストロー

これは「大麦」から出来たストローです。

大麦100%なので、使った後はそのまま捨てる事が出来ます!

無くなるまで切って何度も使えます!

ただ繰り返しの使用は難しいとの事でした!

5、長坂真護さんコラボ「Tシャツ」

こちらはアフリカで主に活動する「長坂真護」さんと「エコアルフ」がコラボした「Tシャツ」です!

長坂真護さんは世界中を飛び回り、不必要な廃材で作品を制作する「芸術家」です。

製作したアートの売り上げで、アフリカのスラム街に「学校」を建てたり、「ミュージアム」を設立したりしております。

河川敷スキのような、アシ。本来川の水をきれいにする、定期的に刈り取る。刈り取ったヨシの繊維。服。

「アシ」の繊維を束ねたもの

河川及び湖沼の水際に生えている「アシ」という名の植物があります。

とても背が高く、本来川の水をきれいにする役目を持ちますが、大量発生してしまうと、逆効果になります。

それを定期的に刈り取りとり繊維化することで、服などの材料として活躍が期待されます!

浅草ショールームに行った感想

ここまでエコアルフ浅草ショールームの展示品をいくつか見てきました。

限られた時間の中だったのでこのショールームの全展示品をご紹介することはできませんでしたが、それでも僕の興味のある展示品に関してひとつずつ丁寧に教えてくださいました。

「エコアルフ」の理念にかなった展示品の数々を目の当たりにし心が躍るのと同時に、「サステナブル」な工夫をしていくのはとても大変だろうなと感じました。

実に楽しい時間を過ごすことが出来、また訪れたいと思えるショールームでした。

また余談となりますが、今回ショールームにて接待してくださったハヤシコーポレーションサステナブル事業部の「樋口さん」は、自身も河川敷へ赴き大量発生したアシを取りにいったり、不要となる木の伐採をしにいったりと実際の活動を通し、サステナブルに貢献されている方です。

気さくな高身長なイケメンで、笑顔が印象的な好青年でした。

エコアルフの取り組みはユニークで環境にも配慮されている

ここまで「エコアルフ」の取り組みをみてきました。

元々はスペインのサステナブルファッションブランドですが、そのエコアルフが日本にやってきたのは2019年のこと。

サステナブルに着手した商品開発、またユニークなアイデアの数々。

実店舗や、今回ご紹介した浅草ショールーム、オンラインストアを通してその活動はより広く人々に伝わっていく事でしょう。

今回実際に浅草ショールームを訪れて僕もすっかりこの「エコアルフ」の虜になってしまいました。

関連記事 「SDGs」の意味とは?概要や取り組みについてどこよりも分かりやすく解説します!

目次

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

読んでくださってありがとうございます。もし良ければシェアお願いします。
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

・東京都在住32歳。(男性)
・副業ブロガー
・アパレル会社所属(EC、webマーケティング部門所属)
・個人所持サイト「3つ」
ブログ運営においていかに収益を伸ばすか?
それはずばり「キーワード選定力」と「Webライティングスキル」が必要となります。
shu blogは収益を上げるための「ブログ運営情報」と、現在世界全体の課題とも言える「サステナブル」に関しての情報を定期更新している個人ブログです!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる