今注目のサステナブルサイト「エレミニスト」について徹底解説!

サステナブルエレミニストの取り組み

今、世間が大きく関心を寄せているサステナブルジャンル。

「サステナブル」に関する情報は、「明るい地球の未来」や「お得な実生活」にも関係してくるため、しっかりと情報は取集しておきたいところですよね?

ただ、大半の人はその貴重なサステナブル情報を「どのように仕入れたらよいか?」というのが分からないと思うんですよね。

現に私もスマホの「ニュース」や「テレビのCM」などに日々耳を傾けるも、そこまで有益な情報は入手できない場合があります。

そんな中この記事で紹介している「ELEMINIST(エレミニスト)」の取り組みやサイトの概要を知ることが出来れば、明日から役立つ「有益なサステナブル情報」を気軽に楽しく入手できるようになりますよ!

なぜならこの記事で紹介するサステナブルサイト「ELEMINIST(エレミニスト)」はメルマガで定期購読が出来るからなんです!

その上サイト自体もオシャレで、肝心なサステナブル情報についても最新のものから海外のものまで網羅的に発信しているからです!

今とても注目されている「サステナブルジャンル」。

この記事で紹介している「ELEMINIST(エレミニスト)」を今後のあなたの生活に取り入れて、環境とあなたの楽しい生活の為に役立たせてください!

それでは早速解説していきましょう♪

この記事を書いているのは

こんにちは「shu」です!当ブログでは「サステナブル」についての記事を書いております。今後益々大きくなる「サステナブル」の取り組み。持続可能な社会の為に我々ができる事は何でしょうか?

目次

サステナブルサイトはこれから需要が増える

野菜

まず始めに、我々が「サステナブルサイト」に求める物は何なのでしょうか?

結論から言って我々は「サステナブルサイト」に、トレンドでもある「サステナビリティ情報」は勿論の事、実生活に結び付く「お得な情報」を求めるようになったのです。

どういうことか?

サステナブルは現在世界中でトレンドになっている「キーワード」

そもそも「サステナブル」とは「持続可能な社会の実現」という意味です。

昨今この持続可能な未来の為に「ひとりひとりにできる事とは何か?」という問いかけをされる機会が非常に多くなりました。

普段の「テレビ」や「雑誌」、「コマーシャル」など多数のメディアが有名人や面白い企画を通して我々にサステナブルな取り組みを促すようなったんですね。

例えば芸能人の「恵さん」が司会をされている「ひるおび」でもその放送時間内でこのサステナブル企画が常設されるようにもなったし、日常的に見かける「車」などのCMでこの「サステナブル」に関連した「広告作り」に取り組んでいます。

ここまで世界中に「サステナブル」が広がった背景には、2015年に国連で採択されたSDGs17の目標期限が迫っていることが要因として考えられるでしょう。(2030年までに17の目標を達成することが世界各国で求められている)

ただ「地球環境が危ない」というのは今までもよくメディアでも取り上げられていたし、僕が幼い時でもよく耳にしていましたね。

それでもここまで「サステナブル」というキーワードが世界中でトレンドになったのはやはりこの「SDGsの期限」がジリジリと迫っていることが要因としてあげられます。

サステナブルは実生活にいきるお得な情報が満載!

さて、このように大々的に世界中で取り上げられるようになった「サステナブル。」

この「サステナブル」というのは我々の普段の日常生活から行える取り組みは既に多くあるんですね。

shu

例えばエコバッグを普段から使うようになって年間3000円の節約になったという話はよく聞きます!

環境配慮といわれると「何をおおげさな!」と思ってしまいますが、我々の日常生活においてもこの「サステナブル」というのは非常に密接に関係してきているんですね。

例えばこの「エコバッグ」のように「サステナブル」を実生活に少し工夫して取り入れる事によって、お得な生活を送れるようにもなるんです。

なのでこの「サステナブル」はこれからますます我々の生活の中心になってくることだろうし、その「サステナブルに関する情報」を積極的に入手していきたいとも思うようになるんですね。

今後「サステナブル情報」を発信するメディアも増えていくだろうし、国民もスマートフォンひとつで気軽にサステナブルな情報を求めるようになっていくことでしょう。

そのためにも企業側は信ぴょう性のあるサステナブル情報を発信し、毎日見て貰えるような工夫をすることによってユーザーから信頼を得られるはずだし、収益にも繋がっていく事でしょう。

このように現在「サステナブルサイト」の需要は拡大しつつあり、我々ユーザーからすればサステナビリティ情報は勿論の事、実生活に結び付くお得な情報をこの「サステナブルサイト」に求め始めたというわけです。

エレミニストとはどういうサイトか

エレミニスト
「ELEMINIST」公式サイトトップページ

さてそんな需要が拡大しつつある「サステナブルサイト」において、第一人者ともいえる「サイト」があります。

それが本記事でも紹介している「エレミニスト」です!

この「エレミニスト」は株式会社トラストリッジが運営する、世界中から厳選した最新のサステナブルな情報をお届けするサービスです。

また「ELEMINIST(エレミニスト」の由来は、「Enjoy Lifestyle Ethical & Minimal」の頭文字からきている造語で、「エシカル&ミニマルなライフスタイルを生きる人」を意味しています。

そんな「エレミニスト」が重きをおいているコンセプトは、

ひとりひとりがサステナブルな取り組みをおしゃれに取り入れることができるよう、エシカルでミニマルな暮らしや生き方をガイドする

というものです。

例えばこの「エレミニスト」ではサステナブルの基本行動となる「余分なモノは買わない、作らない、ごみを増やさない」など、地球環境に配慮した消費や行動を読者に促しております。

また先程も解説したように普段の生活をお得に楽しむことができるようになる情報が求められる中、世界中で現在起きているサステナブルにまつわるフレッシュな情報をリアルタイムで発信しているんですね。

この「エレミニストサイト内」では、誰もが日常の中で取り組める具体的なアクションもシェアしてくれているし、日常的に取り組める事も多いので、空いた時間などでつい見てしまうんですね。

今後この「エレミニスト」は多くの人にシェアされるプラットフォームとなっていくことでしょう。

エレミニストが掲げるミッション

さて「エレミニスト」がどういったサイトか簡単に説明してきたところで、次にここでは「エレミニスト」が掲げるミッションについてお伝えしておきたいと思います。

というのも「サステナブルサイト」においては「コンセプト」や「具体的なミッション」を開示することはファンを獲得するうえでとても重要だし、我々ユーザーからしてみても「信頼」に値するかどうかを見極めるうえでとても重要だらなんですね。

エレミニストが掲げるミッション

「私たちのミッションは、気候変動がもたらす影響をはじめ、世界中が取り組んでいるサステナブルな活動、日々の生活から最先端のビジネスまで、エシカルでミニマルな生き方を分かりやすく解説しガイドすること。誰もが日常的に簡単に取り入れられ、周りににシェアできるプラットフォームを目指します。」
「エレミニスト 公式ページより引用」

この掲げられている「ミッション」にもあるように、「エレミニスト」ではサイトを通じて多くのユーザーに「サステナブル」により多くの関心をもってもらいたいという意欲があることが伝わってきます。

それはまるで「サステナブル」が今後我々の生活に重大な影響を及ぼすことを予見しているようです。

エレミニストのサイト紹介

続いて「エレミニスト」のサイト概要についても簡単に触れておきたいと思います。

「エレミニスト」では、以下の「7」つのカテゴリーを軸に衣食住美のライフスタイルからビジネスの情報まで、読者にとって有益となるコンテンツを毎日配信しています。

  • FASHION
  • BEAUTY
  • FOODS
  • LIFESTYLE
  • EARTH
  • SOCIETY
  • ACTION

ここではこの「毎日発信」というのが「肝」ですね。

それはつまり我々ユーザーからすれば「毎日見る価値がある」ということですから。

shu

僕もこのエレミニストを普段から拝見しているユーザーの一人です。僕の場合は「普段の生活に生かせる知識」や「海外企業の取り組み」をメインに情報取集しています!

その中でも特に僕が好きなカテゴリーが「SOCIETY」です

例えば以下の記事の「タイトル」だけでもご覧ください。

非常に面白そうですよね。

「エレミニスト」はこのように独自の取材で得たユニークな情報をカテゴリーごとに分けて我々に提供してくれているんです。

普段だと中々知りえない海外情報なども知ることができるので、とても参考になります。

エレミニストの取り組み

さて「エレミニスト」がどういったサイトで、どういった「目標」を掲げているか確認できたら続いては、実際にどういった「取り組み」を行っているかも確認してみましょう。

EARTH HOUR 2021 in Japan Special Talk Event

エレミニスト取り組み
出典「PRTIMES」

「エレミニスト」の取り組みの一つに、つぎのようなものがあります。

2021年3月27日に、「エレミニスト」は、公益財団法人世界自然保護基金ジャパンとコラボ企画を実施したんです。

というのも、世界的消灯アクション「EARTH HOUR(アースアワー) 2021」のメディアパートナーとして、トークライブを行ったんですね。

その名も「EARTH HOUR 2021 in Japan Special Talk Event」です。

そもそもこの「アースアワー」プロジェクトというのは、世界中の人々が同じ日・同じ時刻に消灯し、電気を使わない日を設けるんですね。

そしてその「アクション」を通して地球温暖化防止と環境保全の意志を世界中に示すんです。

いわばこの「アースアワー」とは世界最大級のソーシャルグッド・プロジェクトの事ですね。

これは2007年にWWFオーストラリアの地球温暖化防止キャンペーンとして始まったもので、そこから世界中へと広がり、2020年には190の国と地域が参加しました。

日本では、「東京スカイツリー」や「東京タワー」、「みなとみらい21地区の施設」が参加しているのですが、フランスの「エッフェル塔」、イギリスの「ロンドンアイ」、ギリシャの「アクロポリス」など世界各地を代表するモニュメントが、毎年この3月27日に同時に消灯されるんです。

さてこの「エレミニスト」ですが、この「アースアワー」のプロジェクトを世界中に発信する「メディアパートナー」としてこの「アースアワープロジェクト」に携わっていたんですよね!

海外および日本各地で次々に消灯されていく様子を、世界各国と中継を繋ぎリアルタイムでライブ配信していたようですが、実際には拝見していなかったのでその様子まではお伝え出来ません。

すみません。

ただ、世界を巻き込んでの「プロジェクト」でその「メディアパートナー」を任されるわけですから、この「エレミニスト」の信頼をうかがい知ることができますよね。

インスタグラムの投稿キャンペーン

エレミニストインスタグラム
「ELEMINIST」公式サイトより

昨今「SNS」を使って集客することはブランド認知を広めるためにも最良の手段とされております。

我々ユーザーとしても「SNS」は普段から毎日チェックするものですしね。

さてこの「エレミニスト」も例外ではなく、その「SNS」を余すことなくブランド認知と集客に取り入れております。

例えば「インスタグラム」を用いる手法は実に興味深いんですよ!

というのも我々一般人が普段行っているサステナブルな取り組みを「エレミニスト」のハッシュタグを使ってインスタグラム上で投稿をするだけで、「無料のマイボトル」をプレゼントしてくれるというキャンペーンをしているんです。

これが多くの反響を呼んでいるんですね。

上の写真が実際にプレゼント対象のマイボトルですが、とってもかわいいですよね!

この「キャンペーン」は毎月行われているもので、抽選で10名にオリジナルの「stojoタンブラー」がプレゼントされます。

かわいいこの「stojo」タンブラーが無料で手に入る可能性もあって、インスタグラム上ではこのタンブラー目当てにサステナブルな取り組みを投稿する人も増えています。

毎月の当選者の制限は10名までと決まっておりますが、この「キャンペーン」は2021年6月現在も継続中なので、是非あなたも当選目指して投稿してみるのもよいかもしれません。

このような「キャンペーン」を行う事で、「エレミニスト」のブランド認知だけでなくユーザーにサステナブルの行動を訴求するのがこの「エレミニスト」の取り組みなんですね。

因みにこのインスタグラム投稿キャンペーンの参加の方法は以下の通りです。

「stojo」が無料でもらえるキャンペーン参加方法
STEP
ELEMINISTインスタグラムアカウント(@eleminist)をフォロー。
STEP
ハッシュタグ「#ELEMINIST」と「#エレミニスト_ストージョ」を付けて、ご自身のサステナブルライフTIPS*の画像と一緒に投稿する

「エレミニスト」を読んだ感じた独自の感想「4」つ。

ライティング

ここまで「エレミニスト」が「どういったサイト?」で、「どういった取り組みを行っているのか?」について簡単に解説してきました。

それではここで、この「エレミニスト」を拝読して感じた僕個人の感想を以下の「4」つのパートに分けてご紹介します。

  1. サイトがとてもキレイでお洒落
  2. どのコンテンツ一つとっても正確で豊富な情報量
  3. SNSやメルマガを駆使してサステナブルな一次情報を発信している
  4. 環境配慮商品がユニークでワクワクするものばかり

1つずつ見ていきましょう。

1、サイトがとてもキレイでお洒落

この「エレミニスト」は何よりもサイト設計が綺麗でオシャレなんです。

特に「白」を基調としたサイト設計は北欧感が漂います。

サステナブルは「オシャレ」と密接なジャンルですよね?

その要因としてこの「サステナブルサイト」というのは我々一人一人の生活に訴えかけなければいけない義務を擁しているからだと個人的には思うんです。

「ファッション」も毎日身にまとうもの義務があります。

「サステナブル」も同様ですが、このように「義務」があるからこそ、「ユニーク」さや「オシャレ」感を出すことで人々からシェアされるんです。

時に我々のライフスタイルも変える可能性があって影響力もある「サステナブルジャンル」。

その「サイト設計」がおしゃれであったり、キレイであったりするのはある種当然な事なのかもしれません。

2、どのコンテンツとっても一つ一つがとても有益

またこの「エレミニスト」で紹介している記事はどれ一つとっても非常に有益なんですね。

例えばこちらの「サーキュラーエコノミー実現に近づく仕組みづくりと連携」という記事では確かな取材に基づくデータで考察をしており、記事内ではインタビューを交えて得た実際の声を記事にしています。

このような取材って「一般人」ではできないですよね?

記事にしようにもそもそもの「コネクション」がない為、難しいです。

また「取材」、「構成」、「執筆」、「編集」と各工程には専任の担当者がついており、一つのコンテンツに充実感と信頼性が伺えます。

他が入手できない情報を発信しているという点ですでに有益ですが、このように一つ一つの記事が丁寧に推敲されているのもユーザーからすれば嬉しい限りです。

3、SNSやニュースレターを駆使してサステナブルな一次情報を発信している

エレミニストメルマガ
「ELEMINIST」メルマガより

「エレミニスト」では「サステナブルサイト」において求められる情報取集の気軽さにも注力しています。

例えば「SNS」による情報発信は勿論、「ニュースレター」という独自のメールマガジンを用いての情報配信をしています。

shu

僕もこのメールマガジンに登録しているのですが、毎回オシャレな写真とともに日常のちょっとしたアドバイスを発信してくれていて、空いた時間に気軽に読むことができるのが嬉しいんですよね!

その「メールマガジン」ではピックアップ記事の紹介を始め、現在ホットなニュースも併せて確認できます。

4、環境配慮商品がユニークでワクワクするものばかり

エレミニストEC

驚いたことに、この「エレミニスト」ではインターネット通販(EC)の運営も行っているんです!

「SHOP」カテゴリーにいけば取り扱いのある商材を確認することができますので、是非覗いてみて下さい。

エレミニストEC
「エレミニスト」公式より出典

また商材「ジャンル」に関しては、

  • プラスチックフリー商品
  • ビーガン商品
  • アップサイクル商品
  • オーガニック商品

など実に「サステナブル」に特化した「エレミニスト」らしい商材を取り揃えております。

その商材のどれもが独自ルートで海外から仕入れたオシャレなものばかりで、「書籍」、「アパレル」、「キッチン用品」、「ペットグッズ」など取り扱い商品のバラエティーの豊富さにもこの「エレミニスト」の特徴が表れております。

今まであまり見たことのない商品も取り扱っていたりするので、サステナブルに関心のある人だけでなく様々な人に「エレミニスト」の通販を利用してもらいたいなと思います!

エレミニストのおススメ記事

以上、ここまで「エレミニスト」とはどういうサステナブルサイトなのかを個人の見解を踏まえて説明させていただきました。

それでは最後にこの「エレミニスト」のおススメ記事をご紹介して終わりたいと思います。

やはり「エレミニスト」は有益でフレッシュなサステナブル情報を紹介しているだけあって、興味深い物がたくさんあります。

もしあなたのお目に叶う記事が一つでもあれば是非覗いてみて下さいね!

独自の観点で興味をひく記事

エレミニスト記事
「エレミニスト」公式より出典

やはりこの「エレミニスト」は「サステナブルサイト」なので、「環境配慮」に関する記事が非常に多くあります。

その中でも「独自の観点で一般人に訴求する」記事に関してもこのエレミニストは多く執筆しているんですね。

例えば以下の記事。

この記事は社会課題をテーマとした映画を配給する「ユナイテッドピープル株式会社」の創業者・関根 健次さんに、サステナブルにまつわるおススメの「映画」を聞くというものです。

私のように「サステナブル」の知見を深めたいという方にはピッタリの記事ですね!

またこの記事では、「何故この関根さんが映画会社ユナイテッドピープルを立ち上げることになったのか?」、また「その背景にはなにがあったのか?」についても触れており、関根さんが経験して感じてきたことやその経歴についても詳しく書かれております。

その関根さんがこの記事内で紹介している映画はどれも面白そうなものばかりなのですが、その中でも「もったいないキッチン」という邦画は僕もいつかは見てみたいと思いましたね~。

というのもその内容が国内の「福島」から「鹿児島」までの1,600kmにも及ぶ道のりを「キッチンカー」で旅をし、捨てられる食材を使って「おいしい料理」に変身させていくというものなんです。

映画好きの僕からしたら、いつかは観てみたいと思った嬉しい出会いでした。

この「エレミニスト」の記事がなければ出会う事のできなかったかもしれない映画ですね。

勿論「エレミニスト」の独自の観点による取材がこういった出会いを生んでくれたのでした。

海外で社会問題とされている記事

エレミニスト記事
エレミニスト公式サイトより出典

次にエレミニストの記事の中で、僕の興味を一番引いたものが次の記事です。

さてあなたは「アームチェア・アボケイド」というものをしっていますか?

恐らくほとんどの方が初めて耳にする「言葉」ではないでしょうか?

因みに僕もこの記事を読むまではこの「アームチェア・アボケイド」というものを知りませんでした。

因みに「アームチェア・アドボケイト」とは、肘かけ椅子の英単語「armchair(アームチェア)」と、擁護者や支援者という意味の「advocate(アドボケイト)」をつなぎ合わせた熟語です。

ここで用いられる「アームチェア・アドボケイト」の意味は、「SNS」を用いて自分が共感、または支持したいと思う社会的な発言を“いいね”や“リツイート”“シェア”などで広めていく行為を指すんですね。

この記事では「アームチェア・アドボケイト」という新しい人のコミュニケーションについて具体的に述べられているのですが、世界では現在「SNS」を通じて「アームチェア・アドボケイト」を行うのが「主流」となっているというんですね。

例えば2013年に米フロリダ州で起きた黒人少年の射殺事件(トレイボン・マーティンさん射殺事件)や2020年5月、ミネソタ州ミネアポリスで黒人男性のジョージ・フロイドさんが白人警官の不当な拘束方法によって死亡した事件を背景に、この「アームチェア・アドボケイト」が世界中に広まりました。

このようなシリアスな社会問題も独自の視点と言葉で、読者に訴えかける記事がこの「エレミニスト」には多く、この記事を読んで僕は自分の無知さが恥ずかしくなり、今世界で起きている事から目を背けたくないという思いを抱きました。

世界では社会問題に発展している問題であっても日本では話題にならないし、あまりにもかけ離れてしまっているなという印象も受けました。

それらの原因としてやはり考えられるのは、世界で今起きている問題に対して我々の「知る機会」が圧倒的に少ないからだと思うんですね。

世界で起きている事を「自分には関係ない」と割り切ってしまうのではなく、朝の通勤時間「10分」でもいいから「知る機会」を設ける。

それだけでも我々は世界で起こっている重大な出来事を知っていけるのではないでしょうか。

この「エレミニスト」の記事にはこのように人の感情に訴えかけるものが確実にあるし、現在世界で起きている社会問題を網羅的に把握することができるのです。

エレミニストが発信するサステナブル情報を生活に取り入れていこう!

以上、サステナブルサイト「エレミニスト」について簡単ではありますがご紹介させていただきました。

すでに我々と密接な関係になっているサステナブル市場。

この「サステナブル」を通じて今後世界は一つにまとまっていきます。

また我々一般人にとってお得な生活にも繋がるのがこの「サステナブル」でもあるんです。

なので「サステナブル」に関する情報をいかにもっているか、これは今後我々人類にとってある種のステータスになるのではないでしょうか。

そんな中、今回ご紹介した「エレミニスト」はそんな世界全体で大きな問題となっている「サステナブル情報」を網羅的かつユニークに配信している「サステナブルサイト」です。

また「メルマガ」や「SNS」などを活用し、その「サステナブル情報」を手にしやすく整備してくれているので我々ユーザーからしたらありがたいかぎりです。

我々ユーザーとしても普段のお得な生活や明るい未来のためにこの「エレミニスト」をどんどん活用していくべきです!

以上お読みいただきありがとうございました!

サステナブルエレミニストの取り組み

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

読んでくださってありがとうございます。もし良ければシェアお願いします。
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

・東京都在住32歳。(男性)
・2年目個人ブロガー。
・収益5桁達成。
・アパレル会社所属(EC、webマーケティング部門所属)
・個人所持サイト「3つ」。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる