必見!「ユニクロ」のサステナブルな取り組みをまとめてみた♪

今回恐れ多くも、日本が世界に手掛けるファストファッションブランド、「UNIQLO=ユニクロ」のサステナブルな取り組みを記事にしてみたいと思います。

我々も普段から大変お世話になっている、「ユニクロ」。

そんな「ユニクロ」ですが、最近あの「ドラえもん」をイメージキャラクターに据えるなどして「サステナブル分野」に力を入れ始めるようになったんです。

「ユニクロ」が何故ここまでサステナブルに力を入れるようになったのか、疑問に思う方も多いと思います。

しかし、ユニクロの具体的なサステナブルの取り組みは多くあるし、その概要についていまいちわからないですよね。

今回は「ユニクロ」の歴史にも少し触れながら、何故ここまで「ユニクロ」がサステナブルに力を入れ始めるようになったのか。その経緯と取り組みについてまとめてみました。

この記事を書いているのは

こんにちは「shu」です!当ブログでは「サステナブル」についての記事を書いております。今後益々大きくなる「サステナブル」の取り組み。持続可能な社会の為に我々ができる事は何でしょうか?

目次

ユニクロについて

「ユニクロ」と言えば国内では恐らく知らない人はほぼいない「ファストファッションブランド」です。

誰しもが一着はユニクロの衣類を買ったことがあるでしょうし、我々のファッションに密接な関係となっております。

今となってはそれほどまでに、我々の生活に馴染み深いブランドとなりましたが、その歴史についてまず簡単に述べていきたいと思います。

株式会社ユニクロの歴史

UNIQLO(以下、ユニクロ)はカジュアル衣料品の製造小売を一括して展開する日本のアパレル企業です。

日本におけるファストファッションの代表的存在で、あなたも一度は必ずこのユニクロで衣類を購入したことがありますよね!

ユニクロの親会社は「ファーストリテイリング」で、登記上の本店は山口県山口市に、本社を東京の赤坂に擁します。

山口県宇部市で「メンズショップOS」の名称で男性向け衣料品を取り扱っていた「小郡商事」が、1984年6月2日、広島市中区袋町にユニセックスカジュアル衣料品店「ユニーク・クロージング・ウエアハウス」(UNIQUE CLOTHING WAREHOUSE)を開店しました。

「ユニクロ」の正式名称は「ユニーク・クロージング・ウエアハウス」だったんですね!

これがユニクロの1号店となりますが、しかしこの1号店は現存しません。

1984年6月2日にオープンしたユニクロ1号店ですが、初日は早朝6時のオープンで、開店待ちの列を作った客に対してユニクロが朝食としてあんパンと牛乳を無料で振る舞ったといいます!

あんぱんと、牛乳の相性の良さをユニクロは知っていたんですね。(笑)

その後1991年9月、小郡商事から正式に「ファーストリテイリング」に社名変更した。

株式会社ファーストリテイリングについて

株式会社「ファーストリテイリング」 は、株式会社「ユニクロ」や株式会社「G・U(ジーユー)」などの衣料品会社を傘下にもつ会社です。

社名の「ファーストリテイリング」は英語で「素早く(提供する)」を意味する “Fast” と 「小売業」を意味する “Retailing” を組み合わせた造語で、ファストフード的に素早く商品を提供できる小売業、すなわちファストファッションを目指して名付けられたものです。

経営者である「柳井正」代表取締役会長兼社長のもと、ZARA、GAPに代表されるような世界的な衣料品企業を目指し、積極的に海外展開及びM&Aを行いグループを拡大しています。

現在はインディテックス(ZARA)、H&Mに次ぐ世界3位の売上高を誇ります。

ユニクロ(ファーストリテイリング)のサステナブルに対する理念とは

続いて、ユニクロ(ファーストリテイリング)のサステナブルに対する理念を見ていきましょう。

ユニクロの親会社ファーストリテイリングはサステナブル事業を支えるために3つのテーマを掲げて、それを大切にしています。

以下、ユニクロ公式ホームページ、「THE POWER OF CLOTHING/UNIQLO Sustainability」を参照。

  1. PEOPLE(人々)
  2. PLANET(環境)
  3. COMMUNITY(つながり)

一つずつ見ていきましょう。

PEOPLE(人々)

ユニクロには今、世界中で何万人もの従業員が働いています。
ひとりひとりが個性を活かし、多様性豊かな最高のチームになっていけるように。
ユニクロは、あらゆる人種やジェンダー、民族や宗教、社会的地位、年齢などを個性として尊重し、すべての人が輝ける働き方をめざしています。

PLANET(環境)

服づくりを通して地球環境をよりよくすること。服づくりを支える生産者たちがしあわせであること。
服を着た人が、毎日をいきいきとポジティブに生活すること。
わたしたちが生きる現在のLife(生活)と、これから未来へ続いていく地球のLife(生命)。その両方を見すえた服づくりを大切にしています。

COMMUNITY(つながり)

服を楽しむことは、安心して過ごすことのできる、幸せな生活があるからできること。
ユニクロは、良い服をつくり、より良い商品やサービスを提供していくことのほかに、世界各地の地域やコミュニティとともに、国際社会や地域社会に貢献する活動に取り組んでいます。

ユニクロ(ファーストリテイリング)の今後の課題とは

また、これら3つのテーマに基づき、事業における6つの課題も設けられています。

以下、「ファーストリテイリング公式サイト」参照

ファーストリテイリングは、「環境への配慮」に加えて、「商品と販売を通じた新たな価値創造」「サプライチェーンの人権、労働環境の尊重」、「コミュニティとの共存、共栄」「従業員の幸せ」「正しい経営」の6つの重点領域を設定し、サステナビリティを軸としたビジネスモデルの構築に向けて取り組みを推進しています。

ユニクロ(ファーストリテイリング)の今後の課題6つ
  1. 商品と販売を通じた新たな価値創造
  2. サプライチェーンの人権・労働環境の尊重
  3. 環境への配慮
  4. コミュニティとの共存・共栄
  5. 従業員の幸せ
  6. 正しい経営

ファストファッションがこれだけサステナブルな取り組みをするようになったか

出典「FASSIONSNAP.COM」

ここまで、ユニクロ(ファーストリテイリング)についての歴史や、サステナブルに対する理念を述べてきました。

続いてユニクロがサステナブルな取り組みを強化するに至った経緯を知るうえで、何故「ファストファッション」がこれだけサステナブルな取り組みをするようになったかを見ていきましょう。

ラナ・プラザ崩落事故

冒頭から少しショッキングな画像をお見せしてしまい申し訳ありません。

2013年、バングラディッシュで起きた「ラナ・プラザ崩落事故」は死者1000人を超えるファッション史上最悪な事故とされ、我々にファッションのあり方を再認識させる大変な事故となりました。

この商業ビルには27のファッションブランドの縫製工場が入っており、事故で亡くなった方の多くはこのファッション工場で働いていた若い方々でした。

この事件を通して、今私たちが着ているこの洋服が「どこで作られ、どういった方々によって作られ、どういった経路で作られたか」そういった視点が新たにファッション業界に根付いたきっかけにもなり、ファッションが世界に与える影響が大きさから、サステナブル見直しもされるようになりました。

「ファストファッション」は安価で市場に出回る為、この「どこで作られ、どういった方々によって作られ、どういった経路で作られたか」が、不透明であることが多いです。

そういった背景でやこの「ラナ・プラザ崩落事故」がきっかけとなり、人々のファストファッションにおける「サステナブル」に対する視線は厳しくなっています。

ファッション業界が抱える環境問題

そもそもファストファッションだけでなく、ファッション業界が抱えるサステナブルな問題は非常に多くあります。

ファッション産業は世界で第二位の環境汚染分野だと言われております。

また、化学物質を利用した製造工程を始め、動物性の材料の使用。またそれだけでなく、衣類の大量生産と大量破棄、工場で働く方々の低賃金労働問題など実に多くの問題をこのファッション業界は抱えています。

ファッション産業が抱えるサステナブル問題

ファーなど動物性の素材を使用する事
コットンの栽培時に農薬、化学薬品を使用する事
途上国などファッション生産国において未だ、低賃金で労働者が働かされている事
ファストファッションの台頭により生産された衣類がすぐに捨てられてしまう事
素材や複雑な構造上、リサイクルが難しい事

ファッション産業が抱えるサステナブル問題に関してより深く知りたいという方はこちらをご覧ください。
超重要!拡大する「サステナブル」の基礎と施策を4つのポイントに分けて解説

安価で手に入りやすいという理由から、昨今のファストファッションブームはこれらの問題に拍車を掛け、ますますファッションとサステナブルが密接な関係となりました。

世界的なサステナブルへの関心

またファッション分野だけでなく、業種問わず世界的にこの「サステナブル」への関心が高まっている事も挙げられます。

今回の主役でもある「ユニクロ」や「GU」を有するファーストリテイリングの柳井正社長は、2019年8月期決算説明会で

「サステナブルであることはすべてに優先する」

と発言しております

今となっては、SDGsの活動、世界各地での若い世代による環境活動があらゆるメディアで頻繁に取り上げられるようにもなり、多くの人々が環境問題について、触れる機会が増えたこの「サステナブル」。

もはや、「サステナブル」は環境問題に関心のある一部の人達だけの取り組みではなく、多くの消費者が、日々の生活でサステナブルな活動を行う企業やブランドを支持し、サステナブルな商品を購入する時代になりました。

「ユニクロ」の柳井正社長が「サステナブルであることはすべてに優先する」と発言した背景には、今の時代こうしてサステナブルが拡大しようとしていること。

そしてこれからの時代、「サステナブル」が我々の生活の一部になることを見越しての発言だと考えられます。

また、このコロナ禍で新しい形を強いられている我々人類。そんな新しい日常を過ごす中、環境に配慮したモノを長く使うという意識が我々消費者更に強く根付きました。

ユニクロのサステナブルな取り組みとは

ここからは具体的に、「ユニクロ」のサステナブルに関する実際の取り組みについて書いていきます。

その「サステナブル」な取り組みというのが大きく分けて以下の4つです。

  1. REUNIQLO(リユニクロ)
  2. ブルーサイクルジーンズ
  3. エンパワーニングウーメン
  4. 「ドラえもん」をイメージキャラクターに起用

一つずつ見ていきましょう。

1、REUNIQLO(リユニクロ)

出典「FASIONSNAP.COM」

「ユニクロ」は全商品をリサイクル、リユースする取り組みを行っております。そのプロジェクト名は「REUNIQLO」です。

全商品対象というのが、この「リユニクロ」の特色であり、「ユニクロ」の本気度が伝わります。

この「リユニクロ」によって、私たちが着用し着なくなった洋服が次なる場所で生きる仕組みです。

例えばこの「REUNIQLO」によって、上げられる成果は難民の衣料支援、CO2削減に役立つ代替燃料への再生など、大きな成果を上げています。

その仕組みは次の通りです。

「REUNIQLO」の仕組み
  1. 不要になった「ユニクロ」、「ジーユー」の服を各店舗に設置されたRE.UNIQLO回収ボックスで回収。
  2. リユースでそのまま活用するものと、リサイクルで新たに生まれ変わらせるものとに仕分ける。
  3. 季節、男女、サイズ、大人、子ども、気候、文化、宗教など。お届け先のニーズにきめ細かく対応できるよう18種類に分類する
  4. 独自の技術で商品に使えるダウン・フェザーに再生。他のものは、CO2削減に貢献する代替燃料などに加工されます。
  5. 世界各地の難民・避難民へ、ニーズに合わせて必要な服を届けます。リサイクルされた燃料や防音材は工場へ。ダウン・フェザーは、最新アイテムとして生まれ変わります。

2、ブルーサイクルジーンズ

出典「THE POWER OF CLOTHING/UNIQLO Sustainability」

ユニクロの主要商品の一つ、それが「ジーンズ」です。

最近ではほぼデニムという言い回しになっていますね♪

僕も大好きで、学生の頃何着も購入していました。

学生の頃は、お金が無いので安価であるにも関わらずデザインも豊富で、オシャレな「ユニクロジーンズ」には本当にお世話になりました。

通常、ジーンズ1本の生産工程で使用する水量は、原料の綿の栽培を含めて推計7500~1万リットルと、成人一人の10年間の飲料水に相当するといわれ、環境への負荷が長年の問題になっていました。

普段から履いている「ジーンズ」がそこまで大量の水を消費しているとは思いもよりませんでした・・・。

ファーストリテイリングは2018年、従来の生産過程を見直し、仕上げ加工で使用する水量を最大99%削減(ティーカップ約1杯分の少量の水まで低減。)したジーンズづくりに成功しました。

それがロサンゼルスを拠点とするジーンズイノベーションセンターから生まれた「ブルーサイクル」と呼ばれる新しい技術です。

以下、「THE POWER OF CLOTHING/UNIQLO Sustainability」参照

また、これまでの技術ではジーンズの自然に色落ちした風合いを出すために大量の水や手作業を必要としていました。

それが環境と働く人の負荷になりつづけていたんですね。

今回、「ブルーサイクル技術」によって、水の使用量も従来の物と比べて最大で99%カットに成功し、またヴィンテージ加工もレーザー技術の進化によりそれまで人の手で行われていた手作業が不要となりました。

これがユニクロの新しい「ブルーサイクルジーンズ」プロジェクトで、地球にも人にも優しい次世代にふさわしい「サステナブルジーンズ」です。

3、エンパワーニングウーメン

出典「THE POWER OF CLOTHING/UNIQLO Sustainability」

この「エンパワーニングウーメン」とは、「ユニクロ」が掲げる服の力を通して女性をサポートするプロジェクトです。

「全ての女性たちはもっと自由に夢を抱き、明日を切り開くことが出来るはず。」というスローガンの元、世界中の女性たちがありのままの価値観を大切にしながら自分らしく生きていくことのできる世界を実現しようというものです。

因みに「エンパワーメント」(empowerment)とは、「権限を与えること」「自信を与えること」「力を付けてやること」などの意味を持つ英単語です。

現在「サステナブル」な未来に向けて、女性の働き方問題を代表とするジェンダー問題について取り組む企業が増えておりますが、このユニクロもその問題と真摯に向き合っております。

「サステナブル」というとまず環境問題を優先的に思い浮かべる方は多いと思いますが、この「女性労働問題」をはじめとするジェンダー問題も持続可能な社会実現に向けて重要な条件となります。

何しろ、「サステナブル」な問題というのは性別関わらず「人」によって、取り組まれなければいけませんから、まず人の環境を整えることも「サステナブル問題」に取り組むうえで大切になってきます。

僕個人としてもこの「ジェンダー問題」というのは企業だけでなく我々個人も真剣に取り組まなければいけない問題だと思いますので、「ユニクロ」におけるジェンダー問題をここで深堀りしてみたいと思います。

若草プロジェクトを通じ、女性に服を無料で提供

以下、「THE POWER OF CLOTHING/UNIQLO Sustainability」参照

職を失い経済的に立ち行かなくなる。暴力の危険に苛まれる。あるいは、大切な家族を失う。

そんな女性たちに必要なのは、もう一度自信を持つことであると私たちは考えます。服のチカラを通して、彼女たちに一瞬でも笑顔を取り戻して欲しい。

そんな想いから、ユニクロはこれまで世界各国のNGOを通してシェルターで暮らす女性たちへインナーウェアなどの寄贈を行ってきました。

また2021年。3月8日の国際女性デーに、ユニクロをはじめとするファーストリテイリンググループのブランドは、「若草プロジェクト」を通じ、シェルターに暮らすことを余儀なくされた女性たちへ、ブラウス、パンツ、エアリズムマスクやバッグなどのアイテム約6300着をプレゼントしました。

このユニクロのホームページ上では実際に今、暴力やいじめ、DVに悩んでいる方の為に「若草プロジェクト」へ繋がるリンクを貼ってあり、今すぐ助けが必要な方への窓口が設けられています。

UNWOMENとのパートナーシップ締結

また、ユニクロを運営するファーストリテイリングは2019年にUnWomenとグローバルパートナーシップを締結しました。

UN Womenとのグローバルパートナーシップ締結は、アジアのアパレル企業として初となります。

UnWomenとは

国連女性機関(UN Women)はジェンダー平等と女性のエンパワーメントのための機関です。女性と女児のためのグローバルな支援者として、UN Womenは、世界全域で女性と女児のニーズに応じた変化をさらに加速させるために設立されました。

UN Womenは、国連加盟国がジェンダー平等の達成をめざし、国際基準を策定する支援をします。また、こうした基準を履行し、世界中の女性と女児が真に恩恵を受けるための法律、政策、プログラム、サービスなどの企画立案を政府や市民社会と協力して行います。持続可能な開発目標(SDGs)のビジョンを女性と女児にとって現実のものとするために世界全域で活動し、以下の5つの活動領域に優先的な取り組みを行って、あらゆる分野における女性の平等な参画を支援します。

国際連合広報センターより引用

ファーストリテイリングとUN Womenの共同プロジェクトでは、縫製産業の女性のキャリア形成に注力し、今後3つの領域で支援プログラムを展開していきます。

  1. 女性管理職の育成(生産ラインを監督するスーパーバイザーなど女性管理職層の育成により、次世代も含め縫製産業で持続的に女性が活躍できる環境を創出。)
  2. 新たなスキル習得機会の提供(機械操作など時代に即したスキルの習得機会を提供し、女性のキャリア選択の幅を広げ、持続的なキャリア構築を支援)
  3. ジェンダー意識の改革(女性だけでなく、雇用者である工場経営陣や男性管理職層の意識改革により、女性の活躍を後押しする風土を醸成。)

ファーストリテイリング及びユニクロの働く女性を対象とした取り組み年表

西暦取り組んだこと
2013年アジア女子大学奨学金プログラムを開始(ファーストリテイリング)
2015年人事部内に女性活動推進室を設置(ファーストリテイリング)
2016年バングラディッシュとインドネシアの取引先縫製工場で働く人々を支援するプロジェクト「Factory Worker Empowerment Project」を展開(ユニクロ)
2017年)出産・育児、介護といったライフイベントと仕事を両立するために、ファーストリテイリング日本本部従業員を対象に在宅勤務制度を導入(ファーストリテイリング)
2018年全管理職に占める女性の割合は、2020年度の目標値30%を上回る36%を達成
ファーストリテイリング日本本部従業員を対象に、2018年4月に企業内保育所を開設
従業員のより柔軟な働き方を支援するために、日本でフレックス勤務制度とベビーシッター補助制度を導入(ファーストリテイリング)
2019年UN Womenとグローバルパートナーシップを締結 
アジアの取引先縫製工場で働く女性を対象に、キャリア形成を支援する独自のプログラムを開発。また人事部にあった女性活躍推進室を社長直轄とし、ダイバーシティ推進チームに改名(ファーストリテイリング)
2019年ユニクロ日本で女性初の最高経営責任者(CEO)就任(ユニクロ)
出典「THE POWER OF CLOTHING/UNIQLO Sustainability」

4、「ドラえもん」をイメージキャラクターに起用

出典「ORICON NEWS」

ユニクロは今回、サステナブル推進を目的として「グローバルサステナビリティアンバサダー」に緑の『ドラえもん』を起用しました。

我らの「ドラえもん」がこの度、ユニクロのイメージキャラクターとなったわけです!!

ここで少し余談をさせていただきます。おかしなことを言っていると思われるかもしれませんが、どうぞお付き合いください。

僕はドラえもんが幼少期から大好きでテレビでいつも見ていました。(笑)

そんなドラえもんが今回ユニクロのイメージキャラクターになり、今後「サステナブル」をユニクロの服を通して発信していきます。

この「ドラえもん」以外にも、錦織圭選手や平野歩夢選手、ロジャー・フェデラー選手ら6人もサステナビリティ活動をサポートし、環境に配慮した素材を採用したウェアを着るなどして持続可能な社会の実現を目指していきます。

説明はもはや必要ありませんが、「ドラえもん」というのは長年日本で愛され続けてきた、今は亡き「藤子・F・不二雄さん」の作品「ドラえもん」の登場キャラクターです。

この「ドラえもん」は未来からやってきたネコ型ロボットで「のび太」という青年と一緒に暮らしています。

作品の中でこの「ドラえもん」は沢山の便利アイテムを駆使し、いじめられっこの「のび太」の平凡な日常を、夢であふれる生活に変えていきます。

僕は幼いながらも、現実には「ドラえもん」は存在しないと知っていました。

それでも作中の「のび太」をうらやましく思ったし、現実に「ドラえもん」がいたらなぁと今でも時より思ってしまいます。

すみません、かなり話が脱線してしまいました。

「ユニクロ」は持続可能な未来のために未来からやってきたこの「ドラえもん」の力を借りる。

全世界から愛される「ドラえもん」の力というのはすなわち、全世界の人々の力でもあるように思います。

今まで、夢と希望を僕だけでなく、多くの人たちにテレビや漫画越しに与え続けてくれた「ドラえもん」。

今回「ユニクロ」はサステナビリティアンバサダーに「ドラえもん」を据えました。

その背景として、ユニクロはこの危機的状況にあるサステナブル問題を「ドラえもん」なら変えてくれるという期待を込めたのかもしれません。

「ドラえもん」はさることながら、この「ユニクロ」も日本に生まれ、世界のブランドへとなっていきました。

日本だけでなく、世界にもその名を轟かせるこの両者なら、きっと地球環境問題だけでなく、あらゆる問題を解決できるのではないかと、そう期待せずにはいられません。

まとめ

以上ここまでユニクロ(ファーストリテイリング)のサステナブルの取り組みを見てきました。

最後に「ユニクロ」のサステナブルな取り組みはどういうものであったか、おさらいしてみましょう。

「ユニクロ」のサステナブルに対する取り組み
  1. REUNIQLO(リユニクロ)
  2. ブルーサイクルジーンズ
  3. エンパワーニングウーメン
  4. 「ドラえもん」をイメージキャラクターに起用

今後ユニクロのサステナブル活動はどんどん、拡大していきます。

「服」を通して、持続可能な未来を実現しようとするユニクロ、その取り組みは様々なものです。

我々の生活に溶け込んでいるユニクロだからこそ、一歩ずつ確実にサステナブルを実現していけるのではないかと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

読んでくださってありがとうございます。もし良ければシェアお願いします。
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

はじめまして!!都内にあるファッション靴メーカーに勤めるshuです!
ブログ初心者(都内住み)です♪仕事で経験しているECサイト運営や商品企画経験を活かし、ファッションに関する有益な情報を皆様にお届けできればと思います。キーワードは「FASION」と「SUSTAINABLE」です!よろしくお願いします♪

「shu blog」使用テーマ「SWELL」

知識が無くても大丈夫♪誰でも自由に美しく!ワードプレス有料テーマ「SWELL」

1、スマホのように簡単で使いやすい!
2、初心者でもデザイナーにお願いしたような美しいサイト設計に!
3、サイト運営がこんなにも楽しくなる!

「SWELL」公式サイトへ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる