「ブログ記事タイトル」のつけ方について。評価される「ブログ記事タイトル」とは?

ブログ記事タイトルの付け方

ブログ運営で収益を生み出すためにはその記事の「タイトル」を最適なものにすることが非常に重要となってきます。

例えば、読者が読みたいと思えるような「タイトル」にすることで実際に読者が手に取るようになるし、「クリック率」も上昇するでしょう。

また「タイトル」にキーワードを含めることで読者だけでなく、「グーグル」からも評価の対象になり上位表示させやすくなります。

「グーグル」からも評価されればあなたの記事は上位表示されやすくなり、より多くの読者に読まれることができるようになるでしょう。

そのくらいこの「記事タイトル」を最適にするという工程はブログ運営において重要な作業なんです。

本記事ではそんなブログ運営で重要視される「記事タイトル」はどのようなものが最適なものなのか?

そしてその「最適なタイトル」の決め方について分かりやすく解説していきたいと思います。

これを読んでいただければ今後記事のタイトル決めに困らなくなるし、沢山の読者によまれる「タイトル」を決められるようになりますよ!

それでは早速参りましょう。

この記事を書いているのは
shu
  • shu、32歳
  • アパレル会社所属(EC、webマーケティング部門所属)
  • 個人所持サイト「3つ」
目次

ブログ記事のタイトルを最適にする理由

本だな

まずはブログ記事を「最適化」させる理由についてをここで述べたいと思います。

結論から言ってブログ記事の「タイトル」を最適にする理由というのは、多くの読者に自分の記事を読んでもらうために必要となる作業だからなんです。

さて、それは一体どういうことでしょうか?

例えばあなたが何か調べ物をしたいと思って「グーグル」を利用するとしますね。

その際、あなたは自分が読みたいと思える魅力的な「記事タイトル」のコンテンツを無意識に選んでいる筈です。

つまり読者が検索結果をパッと見て「読みたい」と思えるのがこの「タイトル」の持つ大きな役割なんです。

その際「読者」に読みたいと思わせることができれば、あなたの記事は結果として読まれる事ができるようになるんですね。

なので読者に読みたいと思わせるためにも記事の「タイトル」は魅力的なものにする必要があるし、我々ブロガーも工夫をこらして「記事タイトル」を決めていく必要があるという訳なんです。

それだけではありません。

記事の「タイトル」に「キーワード」を含めることで「グーグル」からその「キーワード」に関連したコンテンツだと認識してもらう事ができるんですね。

例えば「新宿にあるおすすめラーメン屋」を紹介する記事にしたい場合、そのタイトルには「ラーメン 新宿 おすすめ」を含めるようにします。

そうすることによって「グーグル」に対し、そのキーワードで上位表示させたいというこちらの意向を伝えられるようになるんです。

そしてその意向をうまく伝えられることによってその「キーワード」で上位表示させやすくなるんですね。

上位表示できていないコンテンツというのは、そもそも「タイトルにキーワードが含まれていなかったり」、「余計なキーワードを含んでしまっている」為にうまく評価がされず上位表示ができていない可能性があるんです。

このような観点から「記事タイトル」を最適なものにすることはより多くの読者に読まれるための大切な施策ともいえるんですね。

最適なブログ記事タイトルの「5」つの条件とは

ペンと新聞紙

それでは続いて「最適な記事タイトル」とは何か?その「条件」についてみていきたいと思います。

どんなに「記事タイトル」を最適にすることが大切だと言われても、それがどういったものなのか分からないことには決めようがありませんもんね。

ここで解説している内容を踏まえて記事タイトルを決めていけば、「読者から」も「グーグル」からも評価されるタイトルにすることができ、より多くの読者に読まれる記事タイトルにすることができますよ。

ここでは以下の「5」つに分けて解説します。

最適な記事「タイトル」の条件5つ
  1. 読者の読みたい内容と関連するタイトルにする
  2. 記事の内容と一致するタイトル
  3. 上位表示させたいキーワードを含める
  4. 不要なキーワードは除く
  5. 全角40文字前後に設定する

一つずつ見ていきましょう。

1、読者の読みたい内容と関連するタイトル

まず一つ目にあげるのは「読者の読みたい内容と関連するタイトルにする」というものです。

前述したように、読者というのはまず「自分の読みたいコンテンツかどうか?」を「タイトル」を見て判断しているケースが非常に多いです。

その際、コンテンツのタイトルが「自分の読みたい内容と関連していているものかどうか?」というのが何よりもまず重要となるんですね。

というのも、もし「自分が知りたくないような内容に関連する」タイトルだったらそもそも読者の興味は惹けませんよね?

例えばあなたが「新宿にあるおすすめなラーメン屋」の情報を知りたいにもかかわらず、「医者がすすめる冷え性対策」などという関連性の無いタイトルを手に取りますか?

取らないですよね。

このように自分が知りたい内容に関連する「タイトル」であるからこそ、読者は読みたいと思えるのです。

なので「タイトル」決めとしてまず第一に「読者が知りたい内容に関連するタイトル」にすることが大前提となります。

2、記事の内容と一致するタイトル

次に「タイトル」を決める際に気を付けるべきポイントは、「記事の内容と一致するタイトル」にするというものです。

繰り返しになりますが、読者は「自分が読むべきコンテンツかどうか?」という事をまずは「タイトル」を見て判断します。

その際、この「タイトル」が、読者の悩みと関連性があって魅力的なものであればあるほどあなたのコンテンツは読まれる可能性が高いでしょう。

しかしもしあなたのコンテンツを読者が読みにきてくれたとしても、そのコンテンツが自分の知りたい内容と関係のないものだったらどうでしょうか?

読者は「自分の知りたいものじゃないじゃないか!」と思うだろうし、あなたの記事から即離脱してしまうことでしょう。

なので読者に即離脱されない為にも「記事の内容と一致するタイトル」を選ぶようにしましょう。

3、上位表示させたいキーワードをタイトルに含める

次に「タイトル」を決める際、大切になるのが「上位表示させたいキーワードを含める」ということです。

これは「読者」ではなく、「グーグル」からの評価を見越した施策になります。

どういうことか?

「グーグル」はまず、そのコンテンツが「何に関連するコンテンツなのか?」ということを「タイトル」を見て判断しています。

例えばあなたが「新宿 おすすめ ラーメン屋」というキーワードで上位表示を狙っていたとしますね。

そして「新宿にあるおすすめなラーメン屋」の記事を書き、その「タイトル」を「新宿にあるおすすめなラーメン屋5選!」にしたとします。

そうすることで「グーグル」は「これは新宿にあるおすすめなラーメン屋に関連する記事なんだな」と認識できるわけなんです。

「グーグル」にそのコンテンツが「何に関連するコンテンツなのか?」と正しく認識させることは上位表示を狙う上では非常に大切な施策になります。

これを怠ると「グーグル」から自分のコンテンツの内容を正しく認識してもらえず上位表示が難しくなってしまうのです。

なので「タイトル」を決める際、上位表示させたいキーワードは必ず含めるようにしましょう。

4、不要なキーワードは除く

これも今紹介してきたように「グーグル」からの評価を見越した施策になりますが、記事の「タイトル」に「不要なキーワード」はなるべく入れないようにしましょう。

というのも、前述したように「グーグル」はその記事が「何に関連するコンテンツなのか?」というのを「タイトル」を見て判断しております。

例えば「新宿にあるおすすめなラーメン屋5選!」という「タイトル」であれば、「グーグル」は「これは新宿にあるおすすめなラーメン屋に関する記事なんだなぁ。」と認識できる事でしょう。

しかしこれが「40代ニート必見!新宿にあるおすすめなラーメン屋5選!」などという「タイトル」に設定してしまった場合、「グーグル」はそのコンテンツが、

  • 「40代」に関するコンテンツなのか?
  • それとも「ニート」に関するコンテンツなのか?
  • はたまた「ラーメン屋」に関するコンテンツなのか?

正確に判断できなくなってしまうんですね。

またそれによってどの「キーワード」で上位表示させればいいのかもわからないので、一向にあなたの記事が上位表示されることはないんですね。

なので読者の興味をそそりたいばかりに不要なキーワードを「タイトル」に入れがちですが、そういったことを行ってしまうとかえって「グーグル」からの評価に悪影響を及ぼすことがあるのです。

そうならない為にも、不要なキーワードは出来るだけ取り除き、シンプルな「タイトル」設定を心掛けるようにしましょう。

5、全角40文字前後で設定する

最後にお伝えしたいのが記事の「タイトル」は全角40文字前後に設定するというものです。

というのも「グーグル」や、「ヤフー」で検索した時に、表示される「タイトル」の文字数に制限があるからなんですね。

例えば「スマホ」を使った時に表示される「タイトルの文字数」は43文字とされています。

また「PC」を使った場合は32文字とされているんですね。

これがどういうことを意味するかと言うと、その既定の文字数を超えるような「タイトル」に設定すると途中で表示が切れてしまうんですね。

またその際、読者が知りたい「キーワード」が後述されていたとしたら、読者はそのコンテンツがどのようなものかわかりませんよね?

なので「タイトル」を決める際は「スマホ」にも「PC」にも対応できるよう「全角40文字前後」に設定するとよいとされているんです。

どうしても途中で「タイトル」の表示が切れてしまうような長い「タイトル」を付けなくてはならない場合は、読者が知りたい「キーワード」はあらかじめ「左に詰めて」書いておくことをおすすめします。

最適なブログタイトルはどのように決めたら良いか

PC

さてここまで「最適なタイトル」の条件を「5」つに分けて解説してきました。

しかしその「条件」が分かったとしても実際にはどのように決めたらいいのかが分からないはずです。

なのでここでは「タイトル」を決める際、どのようなことを参考にしながら「タイトル」を決めて行ったらよいのか?を見ていきたいと思います。

ここをきちんと踏まえることが出来れば今後「タイトル決め」に困ることはなくなるでしょう。

是非、前章の「条件」を踏まえながら参考にしてみてください。

その記事では何を一番伝えたいかを明確にする

「タイトル」を決めていく際、その記事で「何が一番伝えたい事なのか?」を明確にしておくと「タイトル」決めに困らなくなります。

例えば「新宿のおすすめラーメン屋」の記事を書く場合、何よりも伝えたいことは「新宿にあるおすすめなラーメン屋」に関する情報のはずです。

その場合「タイトル」には間違いなく「新宿」や「おすすめ」、「ラーメン屋」といったキーワードを含めていくといった感じですね。

もしくはあなたも今読んでいる本記事の場合は、「ブログ記事のタイトルのつけ方について」が一番伝えたい内容になるので「ブログ記事タイトル」のつけ方について。評価される「ブログ記事タイトル」とは?」といった感じですね。

このようにその記事における「一番伝えたい味噌」となる部分を「タイトル」に設定することが多いです。

その記事を誰に読んでもらいたいかを考える

またはその記事を誰に読んでもらいたいかを考えてタイトルを決めていくと、魅力的な「タイトル」になるケースが多いです。

例えば、30代恋愛未経験の成人男性に読んでもらいたいと考えるのなら、「30代恋愛未経験でもメンズサロンに行けば簡単に彼女を作れる方法」とかですね。

このように「明確なターゲット」が既に決まっているのなら、それをそのまま「タイトル」に応用してしまうことも一つの手でしょう。

その記事がどのように検索されるかを調べる

続いてその記事が実際に読者にどのように検索されるかを調べてみて「タイトル」に取り入れてみるのも良いでしょう。

つまりあなたの書いたコンテンツが読者によってどのように検索されるか?を考えて「タイトル」を決めていくということですね。

というのも、そもそも読者が検索しそうもない「タイトル」にしてしまった場合、読者から検索されることもなく誰からも読まれないですよね。

なので読者がその記事をどのように検索するかをきちんと調べて、そのキーワードを「タイトル」に設定していくことで「グーグル」の検索結果にも表示されるようになり、より多くの読者にあなたのコンテンツを届けられるようになります。

その際、「キーワードプランナー」「グーグルトレンド」などの無料ツールを使えば、実際に読者が検索しそうなキーワードを把握できるので便利です。

宜しければ以下の記事で「キーワードプランナー」の実際の使い方を解説しておりますのでご参考下さい。

多くの読者に届けられるようにブログ記事のタイトルは最適化しよう!

ここまでブログ記事における「タイトル」の付け方について、何故「記事タイトル」を最適にすることが重要なのかを「理由」と「注意点」、「条件」を交えて解説してきました。

ブログにおいてこの「タイトル」というのはいわば「顔」のようなものです。

その「タイトル」を読者にとって読みたいと思えるものに最適化することでより多くの読者を惹きつけることができます。

また「上位表示」を狙ったキーワードをこの「タイトル」に含めることで、「グーグル」に自分の記事をアピールすることができるんですね。

なのでブログで稼ごうと思ったら記事の「タイトル」を最適化することは必須工程です。

是非本記事を参考に、今後は「読者」と「グーグル」その双方から評価される「記事タイトル」に変更して記事を書いていきましょう。

現在、ブログ運営に困っているのなら有料ワードプレステーマ「SWELL」の導入をおすすめします。

SWELL

現在あなたはブログ運営において悩んでいる事はありませんか?

  • 収益が全くあがらない
  • トップページのカスタマイズが上手くできない
  • ふきだしやキャプション付きブロックをブログに挿入したい
  • サイト表示が遅すぎてユーザー離れが凄い

どれもが本当に悩ましい問題ですね。

さて幣ブログ「shu blog」では有料ワードプレステーマ「SWELL」を使用しています。

この「SWELL」ではそんなブログ運営において発生する悩ましい問題の数々を「速攻」で解決できます。

というのも、この「SWELL」はその性能が高く評価され、現在全国の「ワードプレス」ユーザーから圧倒的な人気を誇る「有料テーマ」だからなんです。

例えば現在「SEO」の指標的にも最重要とされる「サイト表示速度」はこの「SWELL」が他のワードプレステーマを圧倒しているし、この度「ワードプレス高速化」のプロである「スキルシェア」とも提携を結び、今後の活躍がますます期待されているんです。

また「SWELL」では「SWELL専用ブロック」により自分好みの「トップページ」や「記事」を簡単に作成出来るため、他の「テーマ」では真似できないカスタマイズ性に溢れたブログにすることが出来るんです。

shu

ふきだしだよ!

キャプション付きブロックだよ!
  • SWELLは圧倒的デザイン美。
  • SWELLは使いやすい。
  • Swell is perfect!!
STEP
ステップだよ!
STEP
ステップだよ!

どの有料ワードプレスと比較しても、

  • デザインの美しさ
  • 機能性
  • サイトスピード

が圧倒的に勝る「SWELL」。

それに加えて「SWELL」は税込み17.600円の使い切りタイプで、一度購入すれば複数のブログでも無料で使いまわし出来るのも嬉しい点ですね。

現に私も幣ブログ以外のブログでもこの「SWELL」を使わせてもらっています。

さてこの機を逃す手はあるでしょうか?

あなたがもし今、ブログ運営に行き詰まっているのなら根本となる「ワードプレステーマ」を最良なものにかえる所から始めてみませんか?

SWELLの購入はこちら
ブログ記事タイトルの付け方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

読んでくださってありがとうございます。もし良ければシェアお願いします。
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

・東京都在住32歳。(男性)
・2年目個人ブロガー。
・収益5桁達成。
・アパレル会社所属(EC、webマーケティング部門所属)
・個人所持サイト「3つ」。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる