「自分事」に絡ませた記事を書いて多くの「PV」を獲得しよう!

ブログで稼ぐためには読者に自分の記事を多く閲覧してもらい、「商品購入」をしてもらわなければなりません。

しかしブログで読者に多く閲覧してもらうことってとても難しいですよね?

いくら「SEO対策」を講じたからといって選択したキーワードによっては上位表示が難しいものが沢山あります。

そんな時に今回ご紹介する「自分事に絡ませた」記事の内容を書くことができれば、沢山の読者の興味を引くことが出来、多くの「PV数」を稼ぐことができるようになります。

そして沢山の人に読んでもらえた事が評価されゆくゆくは上位表示ができるようになるのです。

というのも、今回ご紹介する「自分事」というのは人間にとって「あらがう事のできない欲求」だからなんです。

つまりは、記事をこの「自分事化」させることによって読者を惹きつけ、多くの読者をあなたの記事によびこむことができるからなんですね。

現在「収益が思うようにあがらない」、「PVが増えない」という方は本記事を参考に「自分事化できる記事の書き方」というものを身につけてみてください!

確実に多くの「PV数」を稼げるようになり、現在滞っている「収益」も伸ばすことができるようになりますよ!

それでは参りましょう♪

この記事を書いているのは
  • shu、32歳
  • アパレル会社所属(EC、webマーケティング部門所属)
  • 個人所持サイト「3つ」
目次

読まれないのは「自分事に絡ませられていない」ことが原因?

まず「自分事って何?」と思われる方がいらっしゃると思いますので、この「自分事とは何か?」その重要性について理解していきたいと思います。

「自分事」とはあなたの生活に密接な事柄

まず「自分事」とは何でしょうか?

「自分事」とは一言で言えば、

自分の生活に密接な事柄

です。

いわばあなたの生活に直接関係してくる事柄ですね。

例えばですが、遠い異国の地で紛争が起こっていても我々が親身になれないのは「自分の生活に密接に関係していないから」です。

そんな遠い国で起こっていることなど正直どうでも良いと考えてしまうのが我々人間です。

しかしこれが仮に、

あなたの住む隣の地区で起きていたら

どうでしょう?

恐らくあなたは「生活物資」や「食料」を買い占め、どこか遠くの安全な地へ避難するのではないでしょうか?

これが「自分事」です。

そしてこれが「人が行動を起こすキッカケ」にもなる事例なのです。

収益がいまだ生まれないというあなたのブログでは今説明してきたような「自分事化」が起きていない可能性があります。

つまり、

  • 自分事として読者に記事の内容をとらえてもらえず購入への行動を起こしてもらえない。
  • 自分とはあまり関係のない記事だから読まれない。

という可能性が起きているという事です。

以下でもう少し詳しく見ていきましょう。

自分事=あらがえない欲求に訴えるもの

例えばあなたは次のブログ記事の内、どちらを読みたいと考えますか?

1、環境破壊を避けるために人類が気を付けなければいけない行動

2、好きな女の子に嫌われない為に気を付けなければいけない行動

同じ「人の行動を扱った記事」であるにも関わらず、

後者の、好きな女の子に嫌われない為に気を付けなければいけない行動

を読みたいと考えませんでしたか?

しかも前者は人類の存続がかかったとても重要な内容が書かれている記事かもしれないのにです!(笑)

このように我々人間というのはそれがどんなに重要な事と知っていても自分の生活に直接的な関連がない限り、「行動」には移せない生き物なのです。

この言い方を変えれば、自分の欲求に関連がないものは本当に重要とは判断しないとも言えるかもしれません。

正直なところ、環境破壊が進もうがこの地球は全人類のものだし、損するのは自分だけじゃない、誰かがどうにかしてくれるだろうくらいにしか思えません。

しかし、好きな女の子(男の子)に嫌われたくないというのは、

人間のあらがうことの出来ない欲求であり、誰しもが抱えている欲求

なのです。

ここまでの話をまとめると、

「自分事化」というのは「あらがうことの出来ない欲求に訴えかける物」である

と言えるわけです。

なので「読まれるブログ」にするためには、記事を自分事化し、あらがえない欲求をテーマに扱った記事を投稿すべきなのです。

「自分事化」の効果は絶大

また「あらがえない欲求」というのは、満たされるものではありません。

例えば「好きな女の子にきらわれない行動」をテーマに扱うコンテンツが2つ以上あったとします。

またその内の一つは「有名なブロガー」が書いたもの、もう一つは「無名なブロガー」が書いたものであったとします。

しかしあなたはそのどちらをも読みたいと思うはずです。

何故なら好きな女の子に嫌われない行動というものにはこれといった正解やノウハウがなく、蓄えておく知恵は多いに超したことがないからです。

またその際、

  • 有名な人が言っているノウハウなのか
  • 無名な人が言っているノウハウなのか

というのも論外となるからですね。

しかも実際は、「恋愛のプロ」が語るよりも「素人の生の体験」というものの方が読みたくなるはずです。

つまりこの「あらがえない欲求」をテーマに扱えば、どんなに似たようなコンテンツであったとしても読者に読まれる可能性があるし、無名なブロガーの記事であっても読まれる可能性があるのです。

このようにして、仮に上位表示が難しいジャンルの場合であったとしても、いかに「自分事」に絡ませるかで読者の興味をひき、読まれるコンテンツにすることができるのです。

言い方を変えればどんなコンテンツでも「自分事に絡めれば」読まれる可能性があるということなんですね。

自分事に絡ませることのできるジャンル「4選」!

それではここから「自分事」に絡ませることのできる記事の書き方についてみていきたいと思います。

まず自分事に絡ませることのできる「キーワード」として次のようなジャンルがあげられます。

  1. お金
  2. 恋愛・結婚
  3. 教養・教育・恥をかきたくない
  4. あるある
  5. 食欲・性欲・睡眠欲
  6. 趣味・娯楽
  7. 仕事術・経営・自己啓発・ツール
  8. 家族
  9. 健康・衣食住

先程も申し上げましたが、「自分事」=「あらがうことの出来ない欲求に訴える物」です。

人間の中には様々な欲求が眠っています。

そして今紹介した「キーワード」の数々はその「欲求」に対して密接な「キーワード」です。

この「あらがうことの出来ない欲求に訴えるキーワード」をテーマに扱えば「キーワード選定」にも困らないし、あなただけが稼げるお宝キーワードも見つけられるかもしれません。

今稼げていないという方や、記事を投稿をしつづけているが誰からも読まれないという方は、是非これから紹介するキーワードを自分のブログジャンルに絡ませながら記事を投稿してみてください。

自分事化におススメテーマ①お金

まず始めにおすすめすべきは「お金」ですね。

人間誰しもがこの「お金」による支配が非常に大きいです。

何を行動するにもこの「お金」の事が優先されますよね。

何故なら、

お金が無ければ生きていけないし、好きなこともできないから

です。

例えばあなたがブログをやり始めた理由もこの「お金」だったはずだし、誰しもがこの「お金」を手にするために日々働き、苦労をしているわけです。

また誰しもがこの「お金」を得られるチャンスというものを常に伺っていますよね。

どのようにすれば今よりもっと「お金」を手に入れられるのかそのことばかりを人間は考えているのです。

なので読者に「自分事化」を促すテーマとしてこの「お金」というキーワードはうってつけという訳なのです。

自分事化する記事の書き方(お金)

「お金」を扱ったテーマは割とどのようなジャンルにも共通して扱いやすい点です。

狙うべきキーワードとしては、

  • 「稼げる○○のやりかた」
  • 「今がお得な○○」
  • 「やらなきゃ損!○◯」
  • 「今なら無料○○」

といったところです。

例えば、幣ブログで言えば、

という記事が沢山のアクセスを稼いでおります。

また幣ブログは「サステナブルジャンル」に関するテーマも扱っているのですが、その中に、

という記事があります。

この記事は一日に大体「10PV」くらいあるそこそこ読まれている記事です。

このように扱うジャンルが「一見堅苦しそう」で、読まれなそうな類であってもこのように「稼げる」などのお金にまつわるキーワードを掛け合わせることで読まれることが叶います。

是非あなたが発信しているブログジャンルでもこの「お金」にまつわるキーワードを絡ませた記事を投稿していってください!

自分事化におすすめテーマ②異性からモテたい

続いて自分事化にオススメなテーマは「異性からモテたい」です。

この「異性からモテたい」というのは「お金」にも負けず劣らず、「人のあらがう事のできない欲求」であり、自分事化におすすめなテーマです。

また先でも少しお話しましたが、「お金」に対してこの「異性からモテたい」というテーマは正確なノウハウが一切ないものを扱うコンテンツです。

例えば「ブログで月5万稼ぐ仕組み」という記事の場合、コンテンツ同士が大体は似たようなものになる可能性があります。

しかしこの「異性からモテたい」という記事はそうではありませんよね。

多少は内容が被ることもあるでしょうが、全く同じということはほぼ無いわけです。

その事を読者もしっているんですね。

なので読みたくなるわけです。

読者からすれば正確な答えがない以上、「異性からモテる術」というものを多く知っているに超したことはないし、こんな意見があるなら自分も実践してみよう!という思いが芽生えます。

なので非常に読まれやすい傾向にあるんですね。

自分事化する記事の書き方(異性からモテたい)

この「異性からモテたい」というテーマもかなり扱いやすいテーマで、どのブログジャンルにも扱えるテーマとなっております。

狙うべきキーワードは、

  • ○○しなければモテない
  • ○○する男は嫌われる
  • 今流行りの○○を使えば彼女(彼氏)がすぐにできる

と言ったところでしょうか。

例えば幣ブログは、「サステナブルジャンル」をテーマに扱っているので、

  • 知らなきゃダサい!異性からモテるサステナブルファッション
  • オーガニックなアロマを焚いて女の子を部屋にお誘いしよう

という記事もいずれ書いてみたいですね。

この「異性からモテたい」というテーマを扱った記事は確実に読まれます。

雑記ブログを運営している方や、現在のブログ運営に差し支えない人は是非この「異性からモテたい」というテーマを記事に絡ませてみるとよいでしょう。

自分事化におすすめテーマ③教養

続いて自分事化しやすいおススメなテーマは「教養」です。

さて我々日本人は中学生までが「義務教育」とされております。

それから先は、高校に進学する人がいたり、就職をする人がいたりと人生が枝分かれしていきます。

その後大学生になって大手の企業に就職する人もいれば、中には中学生の内から働きだす人もいるかもしれません。

それでもどんなに育った環境が違かったり、現在置かれている状況が違くても「人に馬鹿にされたくない」というプライドが常に人にはあります。

これがいわゆる「教養」です。

「人に馬鹿にされたくない」「恥をかきたくない」という思いが人には常に備わっているので、それを補うために最低限の「教養」は欲しいと考えるわけですね。

また今のように沢山の情報が交錯している社会において、ある程度の「教養」が備わっていないと、詐欺に引っかかったり、知らない間にネットの被害にあったりという経験もしてしまいます。

そうならない為にも人は無意識に「教養」を必要としているのです。

また、お子さんのいる家庭であれば自分のみならず、「我が子を学校や職場で恥をかかせたくない」という思いが芽生え、高い教育を受けさせたいという願いがでてきたりもします。

このように「教養」に関するテーマというのも、現代において非常に「自分事化」しやすいテーマと言えるのです。

自分事化する記事の書き方(教養)

今回の「教養」のテーマは先に紹介した2つと比べれば少し扱いづらいテーマかもしれません。

例えば「ブログ」ジャンルにおいてこの「教養」を絡ませようと思っても中々よいキーワードの組み合わせが思いつきません。

しかし、

  • 知らないと恥ずかしい○○
  • ○○を知らないと稼げない
  • ○○を知らないとモテない
  • ネット被害から自分の身を守るために正しい○○の知識を知っておこう

という風にもちかければある程度のジャンルであっても幅広くカバーでき、「自分事」として絡めた記事が書けるはずです。

自分事化におすすめテーマ④あるある

最後にここでご紹介する自分事化におすすめなテーマは「あるある」です。

今回の「あるある」だけはこれまで述べてきたような「あらがうことの出来ない欲求」に関するテーマとは少し置かれている状況が違います。

どういうことか?

読まれるブログというのは「共感8割:知識2割」というフレーズをあなたは聞いたことがあるでしょうか?

例えば次の日常の「あるある例文」をご覧ください。

日常あるある
  1. 満員電車でこの人ならすぐにどいてくれるだろうと狙いを付け、辛抱強く待ったが結局下りる駅が一緒だった。
  2. お菓子のパッケージで「どちらからでも切れます。」と書いてあるのにどちらからも切れない。
  3. テレビの主電源を切ってしまい、リモコンの先端で主電源を押そうとする。
  4. 新しいノートを購入したばかりは始めだけはキレイな字で書こうとする。
  5. 知らない電話番号から着信があればとりあえずググってみる。

このように「あるある」というのは、どこかクスっと笑えてしまう部分があるのです。

仮に何の価値もないコンテンツであってもこの「日常のあるあるネタ」をかけ合わせれば読者は面白いと感じ、「自分事」として捉えてくれます。

読んでいる読者も「この人は自分と同じような感覚を持っている」と信頼を寄せてくれるんですね。

読者の懐に迫る、という意味でもこの「あるある」というテーマは非常に効果的なのです。

自分事化する記事の書き方(あるある)

「あるある」というのは比較的どのようなジャンルでも扱いやすいはずです。

またこの「あるある」というのはリサーチをきちんと行う事で、読者の「共感」を強く呼ぶことができます。

その際、インスタグラムのハッシュタグを検索すればすぐに該当する商品の「あるあるネタ」を調べることが出来ますし、「OMUSUBI」「ミルトーク」などの掲示板サイトを利用するのもおススメです。

例えば幣ブログのテーマともなっている「サステナブルジャンル」で言えば、

  • コロナ禍において暇すぎて死にそうだったので、とりあえず今話題のサステナブルについて勉強してみた
  • 今注目されているサステナブル活動って、非モテな陰キャしかやらない件

などが今思いつきますね。

このようにあなたが日常で感じる「あるあるネタ」を記事に絡ませることで違和感のないコンテンツが出来上がり、読んでいて面白いコンテンツになるのです。

またこの「あるある」は読者の懐に最も迫りやすい点というのも特徴です。

まさに「自分事化」に相応しいテーマですね。

ブログ記事では自分事化を意識し、読まれるブログにしよう

ここまで「自分事化」の重要性を解説してきました。

自分事化が出来ている記事は読まれる可能性が高く、また読まれた際は読者の心を動かすことが出来る可能性が高いです。

そして読者の心を動かすことができれば「商品購入」に導くことができるのです。

まだブログを開設して間もないという方や、投稿した記事があまり読まれないという方は是非今回ご紹介した「自分事化」のテーマを駆使しながら記事を作成してみてください。

現在、ブログ運営に困っているのなら有料ワードプレステーマ「SWELL」の導入をおすすめします。

現在あなたはブログ運営において悩んでいる事はありませんか?

  • 収益が全くあがらない
  • トップページのカスタマイズが上手くできない
  • ふきだしやキャプション付きブロックをブログに挿入したい
  • サイト表示が遅すぎてユーザー離れが凄い

どれもが本当に悩ましい問題ですね。

さて幣ブログ「shu blog」では有料ワードプレステーマ「SWELL」を使用しています。

この「SWELL」ではそんなブログ運営において発生する悩ましい問題の数々を「速攻」で解決できます。

というのも、この「SWELL」はその性能が高く評価され、現在全国の「ワードプレス」ユーザーから圧倒的な人気を誇る「有料テーマ」だからなんです。

例えば現在「SEO」の指標的にも最重要とされる「サイト表示速度」はこの「SWELL」が他のワードプレステーマを圧倒しているし、この度「ワードプレス高速化」のプロである「スキルシェア」とも提携を結び、今後の活躍がますます期待されているんです。

また「SWELL」では「SWELL専用ブロック」により自分好みの「トップページ」や「記事」を簡単に作成出来るため、他の「テーマ」では真似できないカスタマイズ性に溢れたブログにすることが出来るんです。

shu

ふきだしだよ!

キャプション付きブロックだよ!
  • SWELLは圧倒的デザイン美。
  • SWELLは使いやすい。
  • Swell is perfect!!
STEP
ステップだよ!
STEP
ステップだよ!

どの有料ワードプレスと比較しても、

  • デザインの美しさ
  • 機能性
  • サイトスピード

が圧倒的に勝る「SWELL」。

それに加えて「SWELL」は税込み17.600円の使い切りタイプで、一度購入すれば複数のブログでも無料で使いまわし出来るのも嬉しい点ですね。

現に私も幣ブログ以外のブログでもこの「SWELL」を使わせてもらっています。

さてこの機を逃す手はあるでしょうか?

あなたがもし今、ブログ運営に行き詰まっているのなら根本となる「ワードプレステーマ」を最良なものにかえる所から始めてみませんか?

SWELLの購入はこちら

目次

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

読んでくださってありがとうございます。もし良ければシェアお願いします。
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

・東京都在住32歳。(男性)
・副業ブロガー
・アパレル会社所属(EC、webマーケティング部門所属)
・個人所持サイト「3つ」
ブログ運営においていかに収益を伸ばすか?
それはずばり「キーワード選定力」と「Webライティングスキル」が必要となります。
shu blogは収益を上げるための「ブログ運営情報」と、現在世界全体の課題とも言える「サステナブル」に関しての情報を定期更新している個人ブログです!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる