「Canva」の評判がまる分かり!ブログで稼ぎたいなら必ず使いたい神ツール♪

ブログで収益があがらない・・・。

これは切実な問題ですよね。

ブロガーであれば誰しもが直面する問題だし、どうにかして解決したい問題でもあります。

それでは現在稼いでいるブロガーはそういった問題をどのように解決してきたのでしょうか?

勿論、

  • ジャンル選びが上手なブロガー
  • サイト設計が上手なブロガー
  • 集客が上手なブロガー
  • ライティング力があるブロガー

などなど稼いでいるブロガーというのは何かしらの特徴を持っており、それを支える「武器」を保持しているものです。

しかし今後も新しいブロガー達が参入してくることが予想されるし、私のような何の特徴も武器も持たないブロガーはそういったセンスのブロガーに勝つことはますます難しくなりそうです。

しかしそんなセンスのない私でも、現在ある程度のブログ収益を稼いでおります。

それは何故か?

その理由は「Canva」という画像編集ツールを使って「アイキャッチ」や「ロゴ」、「バナーの作成」などをプロ並みのクオリティで作成できるようになったからです。

本来素人では綺麗に作ることができないとされている「アイキャッチ」や「ロゴ」をこの「Canva」なら誰しもが簡単に作ることができます。

ブログ運営で重要視されている「アイキャッチ」や「ロゴ」などをプロにお願いすることなく自分で作れるようになるんです。

それまで他人の綺麗なサイトを羨ましそうに指をくわえて見ていただけの私が、そのサイトにも負けないほどの綺麗なサイト設計をこの「Canva」のおかげで行えるようになったんです。

それを機に段々と私のブログへ訪れてくれるユーザーも増え始め、収益も拡大していったというわけです。

ブログ運営で稼ぐには「有益なコンテンツ」を読者に提供するのは勿論ですが、サイトのデザインもキレイでなければ今後生き残るのは難しいです。

むしろ後者の方に、重点が傾きつつあります。

現在あなたが仮にもブログ運営に行き詰まっていたり、プロの方に高額な金額を払ってまで「アイキャッチ画像」などブログパーツの作成を依頼しているのであれば、是非本記事でご紹介している「Canva」を利用してみて下さい。

無料で行えるプランを備えている事は勿論、「Canva Pro」を利用すれば月々「1000」円とは思えないほどの恩恵に授かれますよ。

今すぐ無料でCanva Proを始めてみよう!

是非本記事の「Canvaレビュー」をご参考に、あなたのブログ運営を今後実りあるものにしてみてください。

それでは参りましょう。

この記事を書いているのは
  • shu、32歳
  • アパレル会社所属(EC、webマーケティング部門所属)
目次

Canvaとは?そのサービス形態と特徴について解説

「Canva」のレビューに移る前にまずは「Canva」のサービス形態特徴について触れておきましょう。

「Canva」は2012年オーストラリアが開始したサービスで、画像や写真の加工ができる画像編集ツールです。

そしてこの「CAnva」は現在190ヶ国に約4000万人のアクティブユーザーを抱え、日本国内においては約300万人のユーザーを抱えております。

無料版と有料版の「CanvaPro」との違い

またこの「Canva」には「無料版」と有料版の「CanvaPro」2つのサービス形態があります。

無料版有料版「CanvaPro」
価格無料月1000円/年一回払い
月1500円/月ごと払い
使える素材数20万7500万
クラウドストレージ5GB100GB
写真のアップロード機能
フォルダ追加機能
画像のリサイズ機能
SNSへの予約投稿機能
サポート体制機能自身24時間365日

私もブログを運営し始めて3カ月ほどは「無料版」を利用しておりました。

ただ、私の場合「Canva」のそもそもの利用目的はブログ用の「アイキャッチ画像」を適切なサイズで作成することだったので、それが「無料版」だと叶わなかったんですね。

なので有料版の「CanvaPro」に速攻切り替えました。

さて、この「無料版」と「CanvaPro」の違いはグラフを見ても歴然ですね。

「素材数」は勿論、行える機能というのも無料版ではかなり制限されてしまいます。

例えば「フォルダの追加機能」などは自分で作った作品をカテゴリーごとに保存できるので、分かりやすく作品を管理するのに重宝します。

こういった機能は個人でブログを運営し、日々やることに追われるブロガーからしたら非常に嬉しい機能なのです。

無料版でも始めのうちはいいかもしれませんが、あなたが本気でブログで収益を上げていきたいと考えるのならゆくゆくは有料版の「CanvaPro」に切り替えるべきです。

また「Canva」ではこれから「CanvaPro」の利用を検討しているユーザーには嬉しい30日間無料お試しキャンペーンというものを行っております。

なので、

STEP
「CanvaPro」を30日間無料で試す。
STEP
気になったら月ごとに利用してみる(月払い)
STEP
更に気に入ったら年ごとに利用してみる(年払い)

このような取り組みができてしまうんですね。

まずは無料で「Canva」を試してみて、そこから利用を開始していくということができるわけです。

そのような取り組みであれば、いきなりお金を掛けなくて済むので安心して始められますね。

この手法はとってもお得なので、是非参考にしてみてください。

今すぐ無料でCanva Proを始めてみよう!

Canvaの特徴は初期搭載の素材だけでほとんどの事が行えてしまえること

またこの「Canva」が持ち合わせている「写真素材」の数々はプロの専門家によって撮影されたものばかりで、どれも本当にクオリティが高く、きれいなんです。

因みに凄いのは写真素材だけではありません。

この「Canva」には以下のようなユニークな素材もあったりするんです。

こういったまだ誰にも知られていないような素材を見つけること自体が楽しいし、その見つけた素材を自由に自分のブログに活かせるようにもなるんです。

正直この「Canva」を使っているとブログが顔負けします。笑

「Canva」ではそのような7500万点以上超える素材や42万点以上のテンプレートが自由に使えて、好きに自分の作品をカスタマイズできるんです。

またこれら素材やテンプレートというのは定期的に新しいものがアップデートされる為、すべてはとても使いきれないほどレポートリーに富んでいるんですね。

多彩なテンプレート
定期更新される美しい写真素材

私もそうだったのですが「画像編集ツール」というと「イラストレーター」や「フォトショップ」を想像し、少し構えてしまう印象がありませんか?

しかしこの「Canva」であれば難しい専門知識は必要ないし、空いた時間に片手間で本格的な画像加工を誰しもが行えます。

また先程も言いましたがこの「Canva」には実に多くの素材があるので、正直「イラストレーター」や「フォトショップ」を使う必要はありません。

勿論用途にもよると思いますが・・。

現に私も「イラストレーター」や「フォトショップ」は使えませんし、今後使う予定もありません。

ここまで多くのテンプレートや素材が始めから用意されているのは「Canva」だけだし、それらも定期的に刷新されるため他人とデザインが被るなんて可能性はほぼ「0」でしょう。

画像作成をこれまで本格的にやってこなかった初心者にとってここまで心強いツールはないはずです。

また実に様々な「テンプレート」が始めから用途ごとに配備されているので、「どうやってキレイな画像を作り始めればいいの?」と心配する必要もありません。

全て「Canva」の初期搭載でまかなえてしまうんです。

私のような面倒くさがり屋にもピッタリです。

Canvaの嬉しい機能は「画像加工」、「グラフ作成」、「クラウド保存」の3点

さて、それではこの「Canva」ではどのような事が行えるんでしょうか?

「Canva」で行える主な機能は、主に以下の「3つ」です。

Canvaの機能
  1. 画像加工
  2. グラフ作成
  3. クラウド保存

1つずつ見ていきましょう。

1、画像加工

自作サンプル

まず「Canva」で行える機能として、一番利用する頻度が高いのは勿論「画像加工」ですね。

7500万点以上の素材を自由に組み合わせ、あなたの好きなようにカスタマイズができます。

また有料版の「Canva Pro」であれば自身で撮影した「写真」をアップロードでき、沢山の素材とも組み合わせられるので楽しく画像編集を行えるんです。

この「Canva」での画像加工では以下のようなことが簡単に行えます。

  • 画像の切り抜き
  • 画像のサイズ変更
  • フィルター加工
  • 明るさの調整
  • 画像のダウンロード

特に「Canva Pro」であれば「画像のサイズ変更」が自由にできるのが嬉しい所。

それまで初心者ブロガーが苦労した「アイキャッチ画像」の適正サイズ変更もこれなら簡単に行えます。

それに加えて「ダウンロード」の形式設定も実に多くの形式から選択できます。

2、グラフ作成

また、この「Canva」を使えば「グラフの作成」も非常に簡単です。

新規でオリジナルの「グラフ」を作ることは勿論、以下のような実に様々なテンプレートがこの「グラフ」においても用意されております。

「棒グラフ」
「折れ線グラフ」
「円グラフ」
「ドーナツグラフ」

これだけにはとどまらない程の「グラフテンプレート」がこの「Canva」には用意されているんです。

ブログ運営だけにとどまらず普段使いにも確実に重宝しますね。

因みに会社の資料をこの「Canva」で作ったところ絶賛されましたが、テンプレートをそのまま使っただけです。笑

「Canva」のテンプレートのみで作った資料だとしてもクオリティはかなり高いというが分かった瞬間でもありました。

3、クラウド保存

そして「Canva」の特筆すべき機能性として、最後に「クラウド保存」が可能という点も伝えておきたいと思います。

少し難しいかもしれませんね。

つまりあなたが「Canva」で作成した作品の数々を自分のパソコンのデータベースに保存するのではなく、「Canva」が提供するクラウド型のデータベースに保存が出来るようになるという事なんです。

昨今はこのクラウド型のデータベースを活用する時代に大きく変わりつつありますよね?

この「クラウドデータベース」を使えば大きなデザインファイルでパソコンが重くなったり、過去のファイルを探すのに時間を掛けずに済むようになります。

またクラウドストレージの容量についてですが、「無料版」は「5GB」、「CanvaPro」であれば「100GB」のクラウドストレージを使用できます。

「100GB」も容量があれば、数十万の画像を保存することが出来る計算になります。

今後わざわざ自分のパソコンに保存せずとも、この「Canva」さえあれば大量のデータを管理できるんです。

今すぐ無料でCanva Proを始めてみよう!

Canvaを使って感じたデメリットとメリット

ここまで「Canva」で行える嬉しい「3つ」の機能に関してみてきました。

それではここからは実際に私が「Canva」を利用してみた感想を述べてみたいと思います。

是非参考にして頂けたらと思います。

Canvaにおけるデメリット

まずはデメリット面からお伝えさせていただきます。

「Canva」を使って感じたデメリットは以下の「3つ」です。

Canvaのデメリット
  1. テキスト入力がしづらく、書体選びに困る
  2. どのような素材があるのか、その全てをとても把握しきれない
  3. スマホでは使いにくい

テキスト入力がしづらく、書体選びに困る

この「Canva」はテキストを打ち込む際、必ず左側のある「見出し」を挿入する必要があります。

「大」、「中」、「小」からなるそれぞれの「見出し」を挿入してからテキストを打ち込んでいくんです。

そこからは自由にテキスト内容を書いていけるのですが、そこからまた書体選びもしていかなければなりません。

それが毎回少し面倒だなぁって感じちゃうんですね。

画面上でもっと簡単に自由にテキストを打ち込めたらなぁって思ったりします。

どのような素材があるのかその全てをとても把握しきれない

まぁこれは喜びとも言えるのかもしれませんね。

繰り返しになりますが、この「Canva」は7500万点以上の素材数を誇ります。

  • 写真
  • グラフィック
  • オーディオ
  • 動画

様々な素材を擁しており、どのような素材があるのか?そのすべてはとても把握しきれません。

これによって「探すのがめんどくさい」が起こるんですね。

まぁそれに関しては完全に自分の怠惰心のせいですが・・・笑。

そのせいで適当に作品を作ったり、似たり寄ったりの作品になってしまいます。

多すぎると逆に悩むっていうやつですね。

なので、「シチュエーションごとのCanva素材集」みたいなものがあれば便利だなぁって思ったりします。

せっかく月々お金を払っているのだから、きちんと作品作りをしたいけど素材数がありすぎるせいでそれができない。

結構この「Canva」に対して同じような悩みを抱えている人は多いはずです。

スマホでは使いにくい

この「Canva」はスマートフォンでも使う事ができます。

「スマホ1台」でいつでもどこでも作業が出来るわけですね。

しかしスマートフォンでは画面が小さすぎて、そこまで思うように作業ができません。

やはり「PC」ありきの画像編集ツールだなといった印象です。

Canvaにおけるメリット

さて、次はメリット面です。

「Canva」を使うメリットは以下の「5つ」です。

Canvaのメリット
  1. 吹き出しなど素材数が実に多いので、デザインに困らない
  2. サイズ変更が簡単
  3. フォルダ管理が出来るのですぐに前回の作品を参考にできる
  4. 知識がなくても誰しも簡単に扱える
  5. コスパが良く、無料でも十分に使える

吹き出しなど素材数が実に多いので、デザインに困らない

先程デメリット面でもお伝えしましたが、この「Canva」は実に多くの素材数を誇ります。

「写真素材」は勿論、「動画」を挿入出来たり、「ふきだし」を挿入出来たり、ハロウィンなど「季節物の素材」を挿入出来たり。

本当に多くの素材を持ち合わせているので、デザインの作成に困りません。

どんなシチュエーションにも見事に対応できてしまう作品が作れてしまうんです。

良いアイデアが浮かばない時でもこの「Canva」があればクオリティが高く、尚且つ独自性もある作品が簡単に作れてしまうんです。

サイズ変更が簡単

またこの「Canva」があれば「サイズ変更」が簡単にできるんです。

そもそも私が「Canva Pro」を利用し始めた理由というのは、冒頭でも簡単に述べましたが「ブログ用のアイキャッチ画像」を作るためだったんですね。

それまでフリー素材のサイトから写真を拝借してきて、自分のブログのアイキャッチに設定していただけでした。

しかしそれだと「画像が大きすぎたり」、「文字が挿入できなかったり」したので、非常に困っていたんです。

また「ワードプレス」の「アイキャッチ画像」の推奨サイズは「1200×630」とされておりますから、何とかそのサイズに変更しようと思って、無料画像編集ツールで試みても画質が悪くなったりして見栄えがとても悪くなってしまうんです。

その点この「Canva Pro」なら自由にサイズ変更が行えるし、サイズ変更をした際も画質が悪くならないんです。

この機能に関しては、個人的にとても重宝しております。

本格的なブログ運営において「アイキャッチ画像」を適正サイズにするのはユーザービリティの担保に繋がります。

是非あなたにも「Canva Pro」の利用をお勧めしたいのです。

今すぐ無料でCanva Proを始めてみよう!

フォルダ管理が出来るのですぐに前回の作品を参考に出来る

また「フォルダ管理機能」も非常に重宝しております。

というのも「アイキャッチ画像」を作る際など、前回の「作品」の「一部分」だけを変更して再利用したいという場面が結構あるんですね。

その時にこの「フォルダ管理機能」があれば前回の作品集を簡単に呼び出すことができ、前回の作品を簡単に編集し、その後再利用できるんです。

私のような面倒くさがり屋で、使いまわしを多用したいという方には本当に重宝する機能だと思います。

知識がなくても誰しも簡単に扱える

この「Canva」は知識が無くても誰しもが簡単に扱えます。

これまでの画像編集ツールって、特別な知識やスキルが必要だったイメージのはずです。

しかしこの「Canva」は本当に操作が簡単で、特に知識も必要ないんです。

例えば「フィルターをかけたい」や「彩度や明度を微調整したい」など、ちょっと初心者には難しいかもと思われがちな作業も「画像編集」画面から簡単に操作できてしまうんです。

これまで全く知識がなく、画像編集ツールなど一度もいじったことのなかった私でもこの「Canva」であればなんでも出来てしまうようになったんですね。

もう今後「イラストレーター」だったり、「フォトショップ」の利用は考えておりません。

コスパが良く、無料でも十分に使える

最後にこの「Canva」は有料版であれば月々約「1000円」で使えます。

勿論無料版もありますから、非常にコスパに優れた画像編集ツールですよね。

詳しくは後述しますが仮に画像編集ツールの代表格「フォトショップ」であれば、月々約「2800円」ほどの費用が掛かります。

しかし「Canva」であれば、今見てきたような機能が付いて月々「1000円」で済むんです。

投資費用が多い分「何とかして元を取らなきゃ!」って思いに駆られてしまうのが我々人間ですが、その費用が安ければそんな思いもしません。

他の画像編集ツールと比べて安上がりなので、気兼ねなく使えるのがこの「Canva」の利点ではないでしょうか。

Canvaの口コミと競合比較

最後にここで「Canva」を使ったユーザーからこの「Canva」はどのような支持を受けているのか?

それを知るための口コミと、競合と比較したグラフを確認して今回のレビューを終えたいと思います。

Canvaの口コミ

まずは口コミから。

この「Canva」がどれだけユーザーに愛用されているかがわかりますね。

その評価も高いことがわかります。

またツイッター上での評判を今見てきたわけですが、ツイッター関連で言うと「Canva」の使い方や、おススメなツール、デザイン情報やお得な情報を専門的に定期発信している「マリエさん」の存在は我々「Canvaユーザー」からすればありがたいです。

今後あなたが「Canva」の利用を始めた際は「マリエ」さんをフォローしておけば、「Canva」の使い方に迷う事はなくなりますよ。

勿論私もフォローさせていただいております。

競合との比較

「Canva」は世界に多くのユーザーを保有する画像編集ツールですが、他社と比較した際どのような事が分かるのでしょうか?

Canva Proフォトショップイラストレーター
月額1000円/1100円2728円2480円
主なサービス概要グラフィックデザインツール(web向け)写真編集ソフト(web向け)グラフィックデザインソフト(印刷物向け)
一回の買い切り無し無し無し
無料プラン30日7日7日
素材数7500万2億5000千万2億
クラウド・ストレージ容量100GB100GB100GB
サポート体制有り有り有り

それぞれの用途や特色はあるにせよ、まぁぶっちゃけ「Canva」が最強ですね。

特に無料プランのキャンペーンは他社と比べて「30日間」もあります。

初心者にとって始めのうちは「画像編集ツールって何ぞや?」という状況だと思うんです。

そのような状況なのに、いきなり得体の知れないものに「3000円」近くも払えないですよね?

なのでこの「無料お試しキャンペーン期間」が長いのは初心者にとってはとてもありがたい事なんです。

勿論、より専門的な画像編集ツールはAdobeが提供している「フォトショップ」や「イラストレーター」になるのでしょうが、「アイキャッチだけ作りたい」だったり、「ちょっとした画像編集がしたい」というニーズからすればそこまでの専門的なツールは不要です。

だったら専門性はなくても、使いやすく良心的な値段のツールを選ぶべきです。

ただ正直、「Canva」であれば他社の画像編集ツールは必要ありません。

本当にそのくらい優れたツールなんです。

圧倒的使いやすさ「Canvaレビューまとめ」と総合評価

「Canva」総合評価(100点満点中94点!)
機能の充実性
93
テンプレートのオシャレさ
91
素材の多さ
92
使いやすさ
98
価格
93
総合評価
94

さて、ここまで「Canva」の「機能性」について解説してきました。

あなたが本気でブログで稼ごうと思うなら「Canva」の利用は必須であると言えるでしょう。

その理由としてブログで稼ぐためには「アイキャッチ画像」や「ブログデザイン」、「ヘッダー画像」など細かいサイト設計にまでこだわらないといけなくなるからですね。

勿論それらの製作をプロの方に外注するという手段もあるでしょう。

ただそんな多くのお金を始めの内は掛けられないし、外注は出来れば避けたいところです。

だからまずは、「自分で何とかしてみる。」

しかし、そのような製作も「Canva」があれば別段難しい事ではなく、初心者であってもほんの数分で出来たりしてしまうんです。

これまでデザイン面であなたの頭を悩ませてきた原因が全てこの「Canva」であれば解決できてしまうんですね。

まずは無料からでもいいので是非あなたも「Canva」を利用し、ブログの収益をあげてみませんか?

今すぐ無料でCanva Proを始めてみよう!

現在、ブログ運営に困っているのなら有料ワードプレステーマ「SWELL」の導入をおすすめします。

現在あなたはブログ運営において悩んでいる事はありませんか?

  • 収益が全くあがらない
  • トップページのカスタマイズが上手くできない
  • ふきだしやキャプション付きブロックをブログに挿入したい
  • サイト表示が遅すぎてユーザー離れが凄い

幣ブログ「shu blog」は有料ワードプレステーマ「SWELL」を使用しています。

「SWELL」では簡単に自分好みのトップページが出来上がり、ふきだしやキャプション付きブロックも簡単に挿入できます。

shu

ふきだしだよ!

キャプション付きブロックだよ!
  • SWELLは圧倒的デザイン美。
  • SWELLは使いやすい。
  • Swell is perfect!!

またこの度「スキルシェア」と提携を結び、国内最速のサイト表示スピードとの呼び声も高いのです。

どの有料ワードプレスと比較しても、

  • デザインの美しさ
  • 機能性
  • サイトスピード

が圧倒的に勝る「SWELL」。

「SWELL」を使ったブログは確実に他社のブログに比べて読みやすくなる為、今後ますます「SWELLユーザー」は増え続けることが予想されます。。

「SWELL」は税込み17.600円の使い切りで、一度購入すれば複数のブログでも無料で扱えるのも嬉しい点です。

現に私も幣ブログ以外のブログでもこの「SWELL」を使わせてもらっています。

さてこの機を逃す手はあるでしょうか?

現在ブログで収益を上げられないというあなたも、まずはワードプレスを「最良」のものにすることから始めてみませんか?

SWELLの購入はこちら

目次

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

読んでくださってありがとうございます。もし良ければシェアお願いします。
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

・東京都在住32歳。(男性)
・副業ブロガー
・アパレル会社所属(EC、webマーケティング部門所属)
・個人所持サイト「3つ」
ブログ運営においていかに収益を伸ばすか?
それはずばり「キーワード選定力」と「Webライティングスキル」が必要となります。
shu blogは収益を上げるための「ブログ運営情報」と、現在世界全体の課題とも言える「サステナブル」に関しての情報を定期更新している個人ブログです!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる