読まれるブログ記事ってどういう記事?ユーザーにとって有益なコンテンツ5つの条件!

ブログ運営において「読まれる記事」とは一体どういうものでしょうか?

ズバリ!結論から言って、読まれる記事とは読者にとって「有益なコンテンツ」であるということです。

本記事では「有益なコンテンツ」とは何か?その「条件」について解き明かしたいと思います。

現在あなたはブログ開設したはいいものの、「PV」も増えず、誰からも読まれない記事を投稿しつづけていませんか?

貴重な時間を割いて渾身の記事を投稿したはいいものの、誰からも読まれないって本当に悲しいし、モチベーションも低下しますよね。

しかし、安心してください。

開設して間もない頃というのは誰だってどのように書けばよいかなど分かるわけがないのです。

誰しもがただ闇雲に記事を書いていき、「コツ」を掴んでいくものです。

今稼いでいる有名なブロガー達も始めはみんなそうでした。

しかし「コツ」を掴むまでの時間は人それぞれだし、実際本当に「読まれる記事」を書けるようになるのか不安だという方も中にはいるはずです。

今回、そんなあなたの為に「ブログで読まれる記事」というのは一体何なのか、その「条件」を網羅的にご紹介したいと思います。

この記事がオススメな人
  • ブログを開設して間もない方
  • ブログを開設しても思うように収益が伸びない方
  • ブログ運営でもっと「PV」を伸ばしたい方

この記事を読んでもらえれば「読まれるブログ記事」の正体が網羅的にわかるので今後の運営にいかせるようになるし、無駄な時間を費やす必要もありません。

また、本記事でご紹介している「条件」を満たせるようになればあなたのブログはどんどん読まれ、収益も生み出しやすくなり、ブログ運営がとても楽しいものになります。

実際に私もここで紹介している「有益なコンテンツの条件」を自分のブログ運営に取り入れた結果、沢山の方々に読まれる記事が書けるようになりました。

是非この記事で紹介する「有益なコンテンツの条件」を参考にし、あなたも「読まれる記事」をどんどん書いていってください。

目次

あなたのブログが読まれるようになるには

まず「有益なコンテンツ」とは何か?その中身を知る前に、どのようにすればあなたのブログが沢山の読者に読まれるようになるのかについて考えたいと思います。

結論から言えば記事を投稿する際に、「読まれる工夫」「読まれる以前の工夫」この二つの「工夫」が必要となります。

分かりやすく説明しましょう。

読まれる工夫とは、「検索エンジンの上位に表示されるための工夫」のこと

例えば「上野駅のおいしいおすすめなラーメン屋」を知りたいという人がいるとします。

上野駅周辺のおいしい「ラーメン屋」を知りたいなぁ。

またその悩みを抱える人がインターネットで「上野駅 おすすめ ラーメン屋」という風に検索したとします。

その際にあなたの書いたブログ記事が、グーグルなどの検索エンジンで「上野駅 おすすめ ラーメン屋(キーワード)の検索結果の上位に表示されていればその悩みを抱えた人はあなたの記事を読むことでしょう。

なのであなたのブログが読まれるためにはまず、

検索エンジンで上位表示される必要がある

という事なんです。

つまりこれが「読まれる工夫」です。

あなたの記事が読まれるためにはまず「検索結果で上位に表示させ、沢山の人に読まれやすくする必要がある」ということですね。

今申し上げた「検索エンジンで上位表示されるための施策」「SEO」とも言いますが、後程一つずつご紹介していきますので、ここでは簡単に「そうなんだ」くらいに考えていただければ宜しいかと思います。

読まれる前の工夫とは「キーワード選定」のこと

さて続きにまいりましょう。

先程ご紹介した例は「上野駅 おすすめ ラーメン屋」でしたが、今度はこれが「東京 おすすめ ラーメン屋」の場合だったらどうでしょうか?

先程の「上野駅 おすすめ ラーメン屋」と比べて変わったのは先頭のキーワードが「上野駅」から「東京」という点です。

この変更から分かるのは、「上野駅 おすすめ ラーメン屋」に対し、「東京 おすすめ ラーメン屋」と検索する人の方が多いということです。

検索する人(検索ボリューム)が多く、もしくは悩めるニーズが多ければ多いキーワードほど、それで上位表示できれば、より多くあなたのブログは読まれることになるはずです。

しかしその反面、検索ボリュームの多いキーワードというのは上位表示できれば沢山の方に読んでもらえるので、ライバルや競合が多くひしめき合っております。

なのでブログを開設してすぐの頃は勿論ですが、強い競合がいるキーワードというのは上位表示させる事が非常に難しいのです。

このように自分でも上位表示できるように「キーワード」を選定することを、「読まれる前の工夫」と言います。

この「キーワード」を選定するには「グーグルキーワードプランナー」や「ウーバーサジェスト」などのツールを利用します。

検索エンジンの評価=ユーザーからの評価

このように「読まれる工夫」「読まれる前の工夫」を踏まえることであなたのブログは沢山の人に読まれる事が出来ます。

なのでブロガーたちはこの「読まれる工夫」と「読まれる前の工夫」を常に考え、必死でこの「上位表示」を狙っていくんですね。

正直な所、この「上位表示」だけがブログで読まれるための唯一の方法でもあります。

(検索エンジンで上位表示させる施策をSEOともよんでいる。また最近ではSNSを利用した集客の方法も取り入れられている。)

しかしながらこの「SEO」と呼ばれる施策は200以上を超え、その解釈は様々あります。

つまり、「グーグルアルゴリズム」という検索エンジンを相手にしているのでこうすれば確実に効果があるというものは残念ながら未だ解明されていないのです。

ただ一つ言えるのは「検索エンジン」というのは何よりもユーザーの利便性を重要視し、最優先するという点です。

グーグルの公式サイトは次のように言っていおります。

完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致する情報を返すものですGoogleが掲げる10の事実より引用

つまり、

ユーザーから評価され、ユーザーに有益なコンテンツを投稿できれば、それがそのままグーグルからの評価にも繋がり、上位表示されやすい

というのです。

なので次の章からは、ブログで読まれるために必要な「ユーザーにとって有益なコンテンツの条件」とは何かをご紹介していきます。

それを踏まえることで、ユーザーと検索エンジンからも評価され、「読まれる記事」になるんですね。

ユーザーにとって有益なコンテンツとされるコンテンツの「条件」

それでは「ユーザーにとって有益なコンテンツの条件」とは一体どういうものでしょうか?

ここではブログ運営においてユーザーにとって有益とされるコンテンツの「条件」というのはどういったものなのかをご紹介していきたいと思います。

ここでご紹介する「条件」が含まれていないとあなたのコンテンツは残念ながら「有益」であるとは言えません。

是非ここでご紹介する「条件」を満たせているか確認してみましょう。

「検索意図」、「悩み」を解決するもの

まず真っ先に挙げられるのがそのコンテンツが「検索意図」もしくは「悩み」を解決しているコンテンツかどうか?という点です。

そもそも悩みを抱えたユーザーは何故、グーグルなどの検索エンジンを利用するのでしょうか?

それは自身の「悩み」を解決したかったり、何かしらの「検索意図」を持っているからです。

例えば「即効性のある頭痛薬のおすすめ」を知りたいと思っているユーザーがグーグルを利用する理由は、「即効性のある頭痛薬のおすすめ商品」を教えてもらいたいからです。

頭痛がするな・・・。即効性のある頭痛薬って何がオススメなんだろう?グーグルで調べてみよう!

このように「悩み」や「検索意図」を抱えるユーザーにとってその問題を即時に解決してくれるから、ユーザーはグーグルを利用するわけです。

また「即効性のある頭痛薬のおすすめ」を知りたいと思っているユーザーにとって、「おすすめのラーメン屋」の内容が書かれたコンテンツが検索結果に表示されてしまったらどうでしょうか?

恐らくユーザーは困惑するはずです。

先程も申し上げた通り、検索エンジンは何よりもユーザーの利便性に重きを置き、そのユーザーにとって有益なコンテンツを検索結果の上位に表示させます。

「即効性のある頭痛薬」を探しているユーザーにとって、関連性のない「おすすめのラーメン屋」の内容が書かれた記事は果たして「有益」でしょうか?

まったく「有益」でもなんでもありませんよね。

またこのように「検索意図」がずれたコンテンツばかりが上位に表示されていたらユーザーはグーグルを利用するでしょうか?

恐らくユーザーはグーグルに不信感を抱き、今後利用はしなくなるはずです。

自分は「即効性のある頭痛薬」と検索窓に入力したのに、「おすすめのラーメン屋」のコンテンツが検索結果に表示されてしまうのですから。

全世界に多くのユーザーを抱えるグーグルにとってそのような事で信頼性に欠けるような真似はしたくありません。

なので「検索意図のズレたコンテンツ」や、「誰の悩みを解決できないコンテンツ」、また「信頼性に欠けるコンテンツ」は決して上位に表示させないのです。

最後の方は余談も含んでしまいましたが、ここで言いたいのは何よりもユーザーの「悩み」「検索意図」を解決するコンテンツというのが「有益なコンテンツ」の条件としては不可欠という事です。

ユーザーに適切な文字量と速度で解決策を提示しているもの

続いて「有益なコンテンツ」として挙げられる条件は「ユーザーに適切な文字量と速度で解決策を提示しているもの」です。

どういうことか見ていきましょう。

例えば「水道管 破裂」とグーグルで検索したユーザーがいたとします。

水道管が破裂しちゃった。困ったな・・。

そのユーザーは水道管が破裂してしまい、今頃床中が水浸しになって大慌てになっているかもしれません。

しかしそんな時、検索結果で表示されたコンテンツが長々と「水道管の構造」や、「水道管が凍結しない為の予防策」などを書き連ねたものだったらどうでしょうか?

恐らくユーザーはそのコンテンツからは離脱し、別のコンテンツに移動してしまうでしょう。

水道管が破裂し、床中が水浸しになっているユーザーからすれば何よりも早くその「対処法」「オススメな施工業者の連絡先」を知りたいのです。

そんな急を要する状態でいるのに長々と関係性の低い事を書き連ねていたり、知りたい情報がコンテンツの後の方に書かれていてはその読者にとって「有益なコンテンツ」とは言えません。

しかしこれが読者の悩みを解決する「解決策」が分かりやすく真っ先に書かれていたらどうでしょう?

悩みをすぐに解決したいユーザーにとってそれはとてもありがたい、「有益なコンテンツ」となるのです。

なので、悩みを抱える読者の「属性」によって「コンテンツ」は適正な文字量にすることが大切だし、また読者の知りたい解決策を適正なタイミングで用意してあげることが大切なのです。

悩みを網羅的に解決しているもの

続いて挙げられるのが「悩みを網羅的に解決しているもの」かどうかということです。

先程、有益なコンテンツの条件として読者の「悩み」や「検索意図」を解決するものという風に申し上げました。

しかしそれだけでは十分な「有益コンテンツ」とは言えません。

再度、先程の「水道管 破裂」で検索したユーザーを例に見てみましょう。

あなたのコンテンツを見たユーザーが、水道管が破裂してしまった際の、「対処法」「おすすめな業者」を無事に知ることが出来たでしょう。

しかしユーザーが知りたいことはそれだけでしょうか?

恐らく「水道管 破裂」と検索したユーザーは「何故水道管が破裂してしまったか?」などの原因や「今後同じ過ちを起こさない」為の予防策というものも同時に知りたがっている筈です。

このようにユーザーは複数の「悩み」も抱えているのです。

もしあなたのコンテンツ内で解決できる悩みが「3」つだとして、他のコンテンツでは「5」つだとしたらユーザーは間違いなく「5」解決できるコンテンツを選ぶことでしょう。

よって悩みを網羅的に解決しているコンテンツはユーザーから評価され、上位表示されやすい「有益なコンテンツ」と言えるのです。

その際「ラッコキーワード」や「OMUSUBI」などのツールを使い、その問題に関連する「共起語」を洗い出すことで関連した悩みを拾い集めることができます。

読んだあとのユーザーの行動を案内してあげられるもの

ユーザーの「悩み」や「検索意図」を解決し、またそれ以外の悩みも網羅的に解決できるコンテンツが「有益なコンテンツ」という風にこれまで申し上げてきました。

次にここでご紹介するのは「読んだ後のユーザーの行動を案内してあげられるもの」がより有益なコンテンツの条件だという事です。

詳しく見ていきましょう。

あなたはこれまで沢山のブログの記事を読んできたことでしょう。

例えば、「ブログ初心者向けの稼ぎ方」などの記事はブログ運営者にとって必ず一度は目を通すコンテンツです。

そしてそのコンテンツを読んだだけで、次に自分がする行動が分かりませんでしたか?

その際次のような文言を目にしなかったでしょうか?

この記事を読んで、サーバーとは何かが理解出来たら続いてワードプレスを開設してみましょう

ワードプレスの開設はこちらの記事をお読みください。

そのコンテンツ内では、このようにユーザーが次に取るべき行動を親切に示してくれていたはずです。

ただのコンテンツというのは読んだだけでは、その後どのようにすれば良いかまでは提示されておりません。

しかしそれに対して、「有益なコンテンツ」というのは読んだ後の読者の行動を提示しているコンテンツが多いのです。

特に「ブログ初心者」向けのコンテンツのように何かを始めたばかりの人というのは次の行動をどう選択したらよいか分からないという人が多いです。

そういった方の為にも読んだ後の行動を提示してあげることで、読者の満足度は格段に増えるばかりか、自サイトの回遊にも繋げられます。

繰り返しになりますが、グーグルはユーザーの利便性を最優先しますので、ユーザーにとって気配りが出来るコンテンツというのはグーグルからも評価を得られるのです。

ユーザーの人生を変れるほどの価値を提供できるもの

有益なコンテンツかそうじゃないかはこの「ユーザーの人生を変えられるほどの価値があるかどうか」によることろが大きいです。

少し大げさな表現となってしまいました。

しかし実際にあなたのコンテンツを読んだ人が、その後「人生」を変えられるようなことがあったらそれは非常に「有益なコンテンツ」です。

「人生を変える」といってもそれは実に様々ですが、所詮ブログ記事を読んだだけで「人生」なんて変わらないと思っていませんか?

それは誤解です。

例えばあなたの知らない情報がその記事に書かれていたらどうでしょうか?

あなたは新しい発見をそのコンテンツ内でする事が出来たことになり、今まで無かった「知識」が備わります。

またその記事を読んだ後嬉しいと思ったり、悲しいと思ったり感動することができたらどうでしょう?

あなたは感動し、その思いを誰かに共有したいと思うもしれません。

このようにたかが「文章」であっても読んでくれた人に「価値」を提供できれば、その後の「人生」を変えられるかもしれません。

現在情報過多のこのネット社会において、ただの「文章」には何の意味もなく、読者にも読まれることは決してありません。

「人生を変えるほどの価値」と言うと中々難しいかもしれません。

しかしそのコンテンツを通して読者にいかに「新しい発見」「感動」を与えられたり、または読者が「読んでいて楽しいと思えるもの」や読者の「モチベーション」が上がるようなコンテンツ作りが出来るか。

それが今後の「コンテンツ作り」では必要不可欠なのです。

人生を変えられるほどの価値提供は出来ないにしても、少なくとも読みに来てくれた読者に価値を提供できるようなコンテンツ作りを心掛けましょう。

ユーザーにとって有益なコンテンツとは悩みを網羅的に解決でき、その後の行動まで示しているコンテンツ

ここまで「ユーザーにとって有益な記事とは何か?」またその「条件」についてみてきました。

読者にとって有益なコンテンツとは何か?を一言で言うとすれば「読者の悩みを網羅的に解決し、そのあとの行動を示せるコンテンツ」です。

これさえ守り、コンテンツを作っていけば必ずあなたの記事は読者にとって有益なコンテンツとなります。

是非本記事でご紹介した「条件」を守り、コンテンツを作成して行ってください。

「有益なコンテンツ作り」には有料ツールを利用するのも一つの手です

文賢は税込み2,178円と少しお高めな有料ツールとなりますが、添削したい記事をコピペするだけで冗長表現など表現のミスがないかを確認してくれる「文章アドバイスツール」です。

  • 文章の読みやすさ
  • 分かりやすさ
  • 誤字脱字

などのチェック機能を備えており、アドバイスや代替案の提示をしてくれます。

その性能もさることながら、誰でもスムーズに行えて、時間がどうしても掛かってしまう推敲の時間を大幅に短縮できるのがこの「文賢」のメリットです。

またこの「文賢」には音声読み上げ機能があるため、音声確認と同時にルールに則った機械的な校正を実行可能です。

「ブログ」や「ライティング」で収益を生み出すためにはこういった「有料ツール」を使うのも一つの手です。

目次

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

読んでくださってありがとうございます。もし良ければシェアお願いします。
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

ブログ運営においていかに収益を伸ばすか?
それはずばり「キーワード選定力」と「Webライティングスキル」が必要となります。
shu blogは収益を上げるための「ブログ運営情報」と、現在世界全体の課題とも言える「サステナブル」に関しての情報を定期更新している個人ブログです!
読者の方に有益な情報を発信するのは勿論ですが、シンプルで美しいサイトを目指します。是非お立ち寄りください。
30年後も読まれるブログ運営×サステナブルを合わせたハイブリッドブログを目指します。
生き残る為には「ライティング力」が必須、そう信じて。

「shu blog」使用テーマ「SWELL」

知識が無くても大丈夫♪誰でも自由に美しく!ワードプレス有料テーマ「SWELL」

1、スマホのように簡単で使いやすい!
2、初心者でもデザイナーにお願いしたような美しいサイト設計に!
3、サイト運営がこんなにも楽しくなる!

「SWELL」公式サイトへ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる