個人ブログが読まれるまでに必要な5つの条件とは?

有益なブログ記事

現在あなたはブログ開設してしばらく経つというのに一向に読まれないと悩んでおりませんか?

そのような事態に陥っているのは読者にとって有益な記事を提供できていないことが原因として考えられます。

そしてこの「有益な記事」を提供できない内はどんなに記事を書いたところで「PV」は増えないし、そもそも「読者」から読まれることもないでしょう。

それでは読者にとって「有益な記事」とは一体何でしょうか?

あなたは自信をもってこの問いに答えられますか?

私はこれが分からず自分の書きたい記事ばかりを書いておりました。

そしてそのせいもあり、まったくブログ収益をあげることができなかったんですね。

しかし本記事でも解説している「有益な記事」の条件をきちんと把握できるようになってからは、この「問い」に自信をもって答えられるようになったし、ブログでも収益をあげられるようになったんです。

本記事は現在ブログで誰からも読まれない!と悩んでいるあなたには勿論読んでいただきたいのですが、有益な記事を発信するということは分かっていてもその「正体」がわからずに悩んでいるという方にも是非読んでいただきたい内容となっております。

この記事がオススメな人
  • ブログを開設して間もない方
  • ブログを開設しても思うように収益が伸びない方
  • ブログ運営でもっと「PV」を伸ばしたい方

誰からもブログが読まれない・・。

これは本当につらいことですよね。

しかし大丈夫です。

本記事で解説している内容を踏まえて今後記事を作成していってもらえればどなたでも確実に読まれるようになるし、収益をあげられるようになります。

なので是非読み進めてみて下さい。

すみません、前置きがながくなりました。

それでは参りましょう。

この記事を書いているのは
  • shu、32歳
  • アパレル会社所属(EC、webマーケティング部門所属)
  • Webライティング能力検定1級
  • 個人所持サイト「3つ」
目次

ブログ記事は上位表示させなければ読まれない

PC

まずブログ記事が読まれるために必要な条件とは何か?を知る前に、どのようにすれば我々ブロガーの書いた記事というのは多くの読者に読まれるようになるのでしょうか?

その仕組みについてみていきたいと思います。

検索エンジンの評価=ユーザーからの評価

そもそも我々ブロガーの書いた記事というのは「グーグル」などの「検索エンジン」にインデックスされることで読者に届けられるようになります。

またその際、検索エンジンの上位にあなたの記事があればより多くの読者に読まれることが出来るようになりますよね?

なので我々ブロガーはこの「上位表示」をさせるべく「SEO施策」や「キーワード選定」など様々な手段を通して上位表示を狙っていく訳なんです。

それではどのような「記事」が「検索エンジン」の上位に表示されるのでしょうか?

「グーグル」は次のように言っております。

完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致する情報を返すものですGoogleが掲げる10の事実より引用

つまり、

ユーザーから評価されるような有益な記事であれば、それがそのままグーグルからの評価にも繋がり、上位表示される

というのです。

「検索エンジン」は何よりもユーザーの利便性を重要視し、最優先しているということなんですね。

そして「ユーザー」にとって「有益」とされる記事を上位表示させていると。

なので我々ブロガーは自分の記事が読まれるようになるためにはユーザーにとって有益となる記事を書き、検索エンジン上で上位表示させなければならないというわけなんです。

繰り返しになりますが我々ブロガーというのは沢山の読者によって読まれるためにも上位表示を狙います。

そしてその検索エンジンでの上位表示を狙う上で避けては通れないから、読者にとって「有益な記事」を発信する必要があるというわけなのです。

ブログが読まれるために必要な5つの「条件」

新聞紙

ここまでで、自分のブログ記事が多くの読者に読まれるようになるためには「読者にとって有益なコンテンツ」を発信する必要があるということを理解して頂けたかと思います。

それでは「多くの人に読まれる有益な記事の条件」とは一体どういうものでしょうか?

ここではブログ運営においてユーザーにとって有益とされる記事の「条件」というのはどういったものなのかを「5」つに分けてご紹介していきたいと思います。

以下のような「条件」が含まれていない記事ですと、あなたのコンテンツは残念ながら「有益」であるとは言えません。

よって読まれることもありません。

是非以下のことを参考にしてみてください。

有益な記事の5つの「条件」
  1. 「検索意図」、「悩み」を解決するもの
  2. ユーザーに適切な文字量と速度で解決策を提示しているもの
  3. 悩みを網羅的に解決しているもの
  4. ユーザーの人生を変えられるほどの価値があるかどうか
  5. 読んだ後のユーザーの行動を案内してあげられるもの

1、「検索意図」、「悩み」を解決するもの

まず真っ先に挙げられるのがその記事が読者の「検索意図」もしくは「悩み」を解決しているコンテンツかどうか?という点です。

そもそも読者は何故、グーグルなどの検索エンジンを利用するのでしょうか?

それは、

自身の「悩み」を解決したいから

です。

つまり何かしらの「検索意図」を持っているからなんですね。

例えば「グーグル」の検索窓に「即効性 頭痛薬 おすすめ」と打ち込む読者は、「即効性のある頭痛薬のおすすめ商品」を教えてもらいたいと思うから「グーグル」を利用するわけです。

頭痛がするな・・・。即効性のある頭痛薬って何がオススメなんだろう?グーグルで調べてみよう!

こんな感じですね。

このように「悩み」や「検索意図」を抱えるユーザーにとってその問題を即時に解決してくれるから、ユーザーはグーグルを利用するわけです。

また「即効性のある頭痛薬のおすすめ」を知りたいと思っているユーザーにとって、「おすすめのラーメン屋」の内容が書かれた記事が検索結果に表示されてしまったらどうでしょうか?

恐らくユーザーは困惑するはずです。

頭痛薬について早く知りたいのに、なんでラーメン屋の情報がでてくるんだろう・・・。

先程も申し上げた通り、「グーグル」は何よりもユーザーの利便性に重きを置き、そのユーザーにとって有益な記事を検索結果の上位に表示させております。

その際「即効性のある頭痛薬」を探しているユーザーにとって、関連性のない「おすすめのラーメン屋」の内容が書かれた記事は果たして「有益」でしょうか?

まったく「有益」でもなんでもありませんよね。

それにこのような「検索意図」がずれたコンテンツばかりが上位に表示されていたらユーザーはグーグルを信頼して利用するでしょうか?

恐らくユーザーはグーグルに不信感を抱き、今後利用しなくなるはずです。

自分は「即効性のある頭痛薬」と検索窓に入力したのに、「おすすめのラーメン屋」のコンテンツが検索結果に表示されてしまうのですから。

全世界に多くのユーザーを抱えるグーグルにとってそのような信頼性に欠けるような真似はしたくありません。

なので「検索意図のズレたコンテンツ」や、「誰の悩みも解決できないコンテンツ」は決して上位に表示させないんですね。

最後の方は余談も含んでしまいましたが、ここで言いたいのは何よりもユーザーの「悩み」「検索意図」を解決する記事というのが「有益な記事」の条件としては不可欠という事です。

2、ユーザーに適切な文字量と速度で解決策を提示しているもの

続いて「有益な記事の条件」として挙げられるのが「ユーザーに適切な文字量と速度で解決策を提示しているもの」です。

どういうことか見ていきましょう。

例えば「水道管 破裂」とグーグルで検索したユーザーがいたとします。

水道管が破裂しちゃった。困ったな・・。

そのユーザーは水道管が破裂してしまい、今頃床中が水浸しになって大慌てになっているかもしれません。

早急にその問題を解決したいと思っている筈でしょう。

しかしそんな時、検索結果で表示された記事が「水道管の構造」や、「水道管が凍結しない為の予防策」などを長々と書き連ねたものだったらどうでしょうか?

恐らくユーザーはその記事からは離脱し、別の記事に移動してしまうでしょう。

つまり水道管が破裂し、床中が水浸しになっているユーザーからすれば何よりも早くその「対処法」「オススメな施工業者の連絡先」を知りたいのです。

そんな急を要する状態でいるのにも関わらず、必要としていない情報を長々と書き連ねていたり、本当に知りたい情報が記事の後半部に書かれていたとあっては、その読者にとって「有益な記事」とは言えません。

しかしこれが読者の悩みを解決する「解決策」が分かりやすく真っ先に書かれていたらどうでしょう?

悩みをすぐに解決したいユーザーにとってそれはとてもありがたい「有益な記事」となりえるのです。

なので、悩みを抱える読者の「属性」によって「記事」は適正な文字量にすることが大切だし、また読者の知りたい解決策を適正な配置で用意してあげることが大切なのです。

3、悩みを網羅的に解決しているもの

続いて「有益な記事の条件」として挙げられるのが「悩みを網羅的に解決しているもの」かどうかということです。

先程、有益記事の条件として読者の「悩み」や「検索意図」を解決するものという風に申し上げました。

しかしそれだけでは100%十分な「有益記事」とは言えません。

どういうことか?

それでは再度、先程の「水道管 破裂」で検索したユーザーを例に見てみましょう。

あなたの記事を見たユーザーは、水道管が破裂してしまった際の、「対処法」「おすすめな業者」を無事に知ることが出来た為、満足したことでしょう。

しかしユーザーが知りたいことは本当にそれだけでしょうか?

というのも「水道管 破裂」と検索したユーザーは「何故水道管が破裂してしまったか?」などの原因や「今後同じ過ちを起こさない」為の予防策というものも同時に知りたがっている筈です。

このようにユーザーは真っ先に解決したい「悩み」の他にも、複数の「悩み」を抱えているのです。

これがいわゆる「潜在ニーズ」というものですね。

例えばあなたの記事内で解決できる悩みが「3」つだとして、他の記事ではその解決できる悩みが「5」つだとしたらユーザーは間違いなく後者の「5」つの悩みを解決できる記事を選ぶことでしょう。

よって複数の悩みも網羅的に解決しているコンテンツこそユーザーから評価され、上位表示されやすい「有益な記事」と言えるのです。

4、読んだあとのユーザーの行動を案内してあげられるもの

ユーザーの「悩み」や「検索意図」を解決し、またそれ以外の複数の悩みも網羅的に解決できる記事が「有益な記事」という風にこれまで申し上げてきました。

次にここでご紹介するのは「読んだ後のユーザーの行動を案内してあげられるもの」がより有益な記事の条件だという事です。

詳しく見ていきましょう。

あなたはこれまで沢山のブログの記事を読んできたことでしょう。

例えば、「ブログ初心者向けの稼ぎ方」などの記事はブログ運営者にとって必ず一度は目を通す記事です。

そしてその際、その記事を読んだだけで、次に自分がする行動が分かりませんでしたか?

例えば次のような文言を目にしなかったでしょうか?

この記事を読んで、サーバーとは何かが理解出来たら続いてワードプレスを開設してみましょうワードプレスの開設はこちらの記事をお読みください。

このようにその記事内では、ユーザーが次に取るべき行動を必ず提示してくれていたはずです。

これが「有益な記事」なんですね。

それに比べて「ただの記事」というのは読んだだけでは、その後自分がどのような行動を取れば良いかまでは提示されておりません。

そうあっては読者は満足できないし、「自分はこのあとどうしたらいいのか?」と悩んでしまんです。

なので本当に読者の満足度を得たいと思うのなら、読んだ後の読者の行動まで提示する記事にしてあげるんです。

特に「ブログ初心者」向けの記事のように「何かを始めたばかりの人」に向けて書かれた記事の際、こうした親切心は大切となります。

ほとんどの人が次の行動をどう選択したらよいか分からないですからね。

そういった方の為にも読んだ後の行動を提示してあげることで、読者の満足度は格段に増えるばかりか、自サイトの回遊にも繋げられます。

繰り返しになりますが、グーグルはユーザーの利便性を最優先しますので、ユーザーにとって気配りが出来る記事というのはグーグルからも評価を得られるのです。

5、ユーザーの人生を変れるほどの価値を提供できるもの

「有益な記事かどうか?」として最後にここで申し上げたいのは、「ユーザーの人生を変えられるほどの価値があるかどうか」ということです。

少し大げさな表現となってしまいましたね。

しかし実際にあなたの記事を読んだ人が、その後「人生」を変えられるほどの影響を与えたとしたらもうそれだけで「有益な記事」ですよね?

所詮ブログ記事を読んだだけでは「人生」なんて変わらないだろうと思っていませんか?

それは誤解です。

例えばあなたがそれまでに知らなかった情報がその記事に書かれていたらどうでしょうか?

あなたはその記事を通して新しい発見が出来たことになり、今までの人生に無かった「知識」が備わります。

或いはその記事を読んだ後「嬉しい」と思ったり、「悲しい」と思ったり「感動したり」することができたらどうでしょう?

これって凄い事ですよね?

それだけでなく、あなたはその記事で得た感動を誰かに共有したいと思うもしれません。

このようにたかが「記事」であっても読んでくれた人に「相応な価値」を提供できれば、その後の「人生」を変えられる可能性があるのです。

現在情報過多のこのネット社会において、ただの「文章」には何の意味もなく、読者にも読まれることは決してありません。

また「人生を変えるほどの価値を提供する」と言ってもそれは中々難しいかもしれませんが、その記事を通して読者にいかに「新しい発見」「感動」を与えられたり、または読者が「読んでいて楽しいと思えるもの」や読者の「モチベーション」が上がるような記事作りが出来るか。

それが今後の「記事作り」では必要不可欠なのです。

個人ブログが読まれるまでに必要な5つの条件とは?まとめ

ここまで「ブログが読まれるようになるために必要な条件」についてみてきました。

自分のブログが読まれるようになるためには、検索エンジン上で自分の記事を上位表示させる必要があります。

そしてその上位表示させるためには、ユーザーにとって「有益な記事」を書く必要があるのです。

その際読者にとって有益な記事とは何か?を一言で言うとすればそれは、

「読者の悩みを網羅的に解決し、そのあとの行動を示せるコンテンツ」

です。

これさえ守り、記事を作っていけば必ずあなたの記事は読者にとって有益な記事となります。

そして必ず多くの読者によって読まれるようになります。

是非本記事でご紹介した「条件」を守り、記事を作成して行ってください。

有益なブログ記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

読んでくださってありがとうございます。もし良ければシェアお願いします。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次へ戻る
トップへ
目次
閉じる