\エックスサーバーが7月4日までの申し込みで、月額693円でブログ運営ができちゃうお得なキャンペーン実施中!/

自炊できない人はなぜできない?考えられる原因について。

自炊 できない
  • URLをコピーしました!

自炊は確かに面倒です。

私も一人暮らしの経験が長いことから、この「自炊」と長年向き合ってきました。

そこで「自炊」に対して、疑問を思うことも多くあったんですね。

自炊が果たして妥当な選択なのか、そうではないのか、常に葛藤してきました。

自分があまり料理が上手じゃないことや、食材の買い出しが面倒だということもあリマして、自炊は始めるにあたって様々なハードルをクリアする必要があります。

本記事ではなぜ自炊ができないのか?その原因や対策について解説していきます。

この記事を書いている人とこの記事を読んで分かること
  • 自炊をしている人の割合
  • 自炊できない人の特徴
  • 自炊できない原因
目次

自炊できない人はどのくらいいる?

まずはこの日本において、自炊ができない人がどのくらいいるのか見ていきたいと思います。

国内における自炊ができない人の割合

株式会社ブロックと一般社団法人「食の窓口」が実施した「自炊の有無・頻度に関するアンケート」によると、週間に「1度も自炊をしない」「週に1〜2回自炊」「週に3〜4回自炊」の比率は58.5%にも上ったと言います。引用

つまりこのアンケートを答えた4人に1人は一週間に一度も自炊をしていない計算になったのです。

調査対象は、20歳〜59歳の男女ということなので、既婚者、独身者に関わらず、これだけの割合で自炊は行われているということですね。

自炊できないのは男性?女性?

またその調査で分かったのは、なぜ自炊ができないのか?その原因については全体の52.6%の人が「面倒だから」と回答したと言います。

またその回答をしたうち、男性が61%、女性が66%という結果になったということです。

まぁこれは致し方ないですね。

女性の方が確実に忙しいですから。

なぜ女性の方が忙しいのか?その理由について改めてここで述べるようなことはしません。

自炊といえばやはり「時間がかかってしまうこと」。

これが一番のネックですから、忙しい女性には不利なのはしょうがないことです。

自炊しない国はどこ?

ここで少し視点を変えてみます。

世界には全く自炊をしない国もあります。

たとえばカンボジアやタイ、シンガポールなどは外食文化なので、ほとんど自炊をしないということです。

どうやら昔から外食文化が根付いているようで、毎晩みんな屋台などで食事を済ませるようです。

自炊と外食する場合の食費対比について

自炊する場合と外食する場合の1ヶ月にかかる料金の違いについてもみておきましょう。

スクロールできます
30代一人暮らしの男性自炊派外食派
1ヶ月にかかる料金47,553円74,400円
ルーチさんより引用

これは30代一人暮らし、男性が1ヶ月の間で、自炊をし続けた場合と外食をし続けた場合の食費の違いを表したものです。

結構な違いが見て取れますよね。

仮に毎食牛丼などコスパがいいものにしたとしても、これだけの開きが出てしまうようです。

自炊ができない人の特徴について

特徴説明
時間的制約忙しいスケジュールや仕事で十分な時間が取れない
調理スキルの不足料理の基本的な知識や技術がない
購買力の制約食材や調理器具を揃える経済的余裕がない
料理への関心の欠如料理に対する興味や楽しみを感じない
料理の手間や面倒さへの抵抗調理作業の手間や後片付けの面倒さに抵抗を感じる
料理に対する自信の不足自分で作った料理が美味しくないと思い込んでいる
健康面の無関心栄養バランスや食事の健康面に無関心
外食習慣の定着頻繁に外食する習慣があり、自炊する習慣がない
家事全般への取り組みの難しさ料理以外の家事全般に対する取り組みが難しい
単身暮らしの場合一人暮らしであるため、一人分の料理を作るモチベーションが低い
自炊できない人の特徴について

↑は独自で考えてみた「自炊ができない人」のおおまかな特徴です。

以上を踏まえ、以下ではより深く自炊ができない人についてみてみたいと思います。

自炊ができない人の特徴
  • 料理が下手、苦手
  • 一人暮らしの場合自分だけなので手を抜いてしまう
  • 家に何も入れたくないミニマリスト
  • 自炊しない家庭で育ってきた、自炊という文化がない

なお、ここではめんどくさがり屋とか、大雑把な性格をしているといった内面のことには一切触れておりません。

料理が下手、苦手

自炊ができない人の特徴として「料理が下手、苦手」だからというのは大いにありそうですよね。

実際に私も自炊の回数はそんなに多くはないのですが、その要因は料理が下手だからと思っています。

料理が下手だと、作っても美味しくないし、残念な感じになってしまいます。

作った時間も無駄になる気がするし、お金も食材も無駄にしてしまったような気がするんですよね。

一人暮らしの場合自分だけなので手を抜いてしまう

先ほどの統計にはありませんでしたが、一人暮らしの人も自炊ができない、もしくは進んではやらない傾向があるように思います。

自炊をする以上、しっかりと準備をしてせっかくだから手の込んだ料理を作りたいと思います。

もし誰か食べさせてあげられるような人がいればモチベーションも上がるし、食べて喜んでもらえれば作った甲斐があったというものです。

しかしそれが一人ですと、どうしても手を抜いてしまうというか、自炊をする気にならないんですよね。

家に何も入れたくないミニマリスト

最近は「ミニマリスト」という生活スタイルが流行っています。

「ミニマリスト」とは、持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人のことです。

インフルエンサーなどの活動により、この「ミニマリスト」という生活スタイルを取り入れる一般人もここ最近で非常に増えてきた印象です。

もちろん「ミニマリスト」は食材や調味料を買ったりしません。

中には冷蔵庫や冷凍庫すら持っていないという人もいるのです。

当然自炊などする気もありませんし、できない人もいます。

自炊しない家庭で育ってきた、自炊という文化がない

あるいはこういったことも考えられます。

幼い頃から自炊はせず、外食ばかりしてきたという家庭です。

親の仕事の都合もあるでしょうし、家庭が裕福だったりすると、外食文化になったりするようです。

先ほども話に上がりましたが、世界には全く自炊をしないところもあるので、家庭環境でそうなったとしてもなんらおかしくありません。

そういった家庭環境で育った子供は大人になっても自炊はしないでしょうし、できないのだと思います。

自炊ができない人は、できないのではなくしない?

自炊ができないのではなく、しない

またその人個人の特徴だけでなく、今おかれた環境によっては自炊はできなかったりします。

たとえば仕事が忙しすぎるとかですね。

ここでは自炊ができない原因として、後天的とも言える二次的な原因についてみていきたいと思います。

ここを見れば、自炊ができないんじゃなく「あえて自炊をしない」という選択をしている人の概要についても理解できるはずです。

自炊ができない人は、できないのではなくしない
  • 単純に仕事などで忙しく時間がない
  • 食材費が高い、少しでも節約したい
  • 急なイベントが入ると食材や食費を無駄にするリスクがある
  • 買い出し、調理、後片付け、自炊はとにかく面倒。その時間を他に充てたい

単純に仕事などで忙しく時間がない

現代人はとにかく忙しいです。

仕事にしろ、プライベートにしろ、これまでになく忙しく生活しております。

自炊をするというイメージのある主婦の方でさえも子育てが忙しく、自炊できないという状況に陥っています。

なぜこんなに忙しないのか?

原因は様々にあるでしょうが、それだけでなく現在は魅力的なコンテンツが溢れ、「自炊をするというコンテンツ自体」の評価も落ちている可能性があります。

つまりみんな自炊にできるだけ時間を取られたくないということです。

もし自炊というコンテンツが今まで通り崇高な意味合いを持っているのだとしたら、どんなに忙しくても自炊をしているはずだし、そもそも自炊をするための時間を必ず作ろうとするはずです。

食材費が高い、少しでも節約したい

また最近は食材が高いですよね。

きゅうり1本とってもスーパーによっては100円近くします。

食材だけではありません。

調理に使用する、水代、ガス代、電気代、いずれも全て高くなっています。

そう思うと実は、自炊よりも外食した方が安い状況になっていたりするんですね。

怪我をするリスクもあるし、自炊に取られる時間も考えると余計です。

なのでそういった金銭的なリスクも関係していると思います。

外食の方がコスパがいいのであれば、外食を選ぶ人も多くいるはずです。

急なイベントが入ると食材や食費を無駄にするリスクがある

また自炊というと毎日しなければいけないという先入観があったりします。

それに自炊をするとなると、食材が必要です。

一度に多くの食材を買えば、買い物の手間を省くことができますし、買った食材を何日も使うことで、節約にもつながります。

しかし急なイベントが入ったりして、その日自炊を予定していたのにできなくなったとあれば、その買った食材が無駄になってしまいます。

自炊を前提にすることで、食材を無駄にするリスクもその分かけたお金も無駄にするリスクもあるのです。

その点外食はそういったリスクはありません。

買い出し、調理、後片付け、自炊はとにかく面倒。その時間を他に充てたい

そして何よりも自炊は「買い出し」「調理」「後片付け」などの作業がマストになり、その作業が非常に面倒です。

いくら金銭的に安く済むからといって、そういった作業が必要になったり、時間を取られてしまうことを考えると、特に様々なタスクを抱える現代人にとって、果たしてこの「自炊」が合理的なコンテンツかどうか疑わしいです。

栄養を摂ることが目的であれば、栄養に特化した宅配弁当サービスを頼むこともできますし、節約したいというのであればより価格の安い宅配弁当サービスを利用することもできるのです。

中には一食あたり400円くらいで利用できる宅配弁当サービスもあったりしますからね。

自炊をしたくない時にモチベーションを上げる方法について

自炊をしたくない時にモチベーションを上げる方法について

とはいえ、自炊は自炊でメリットも当然あります。

あえてここで自炊のメリットを述べるようなことはしませんが、私はやはり家で食事をするのが好きなので、そういった人間はこの自炊が避けては通れないタスクなのです。

そんな自炊を行う場合、やはりモチベーションが必要だと思うんですよね。

金銭的な問題や、時間の問題よりも、自炊を行うために何よりも必要になるのは、調理をする人のモチベーションなんです。

ここでは自炊のメリットはすでに置いておいて、どうすれば自炊に対するモチベーションを上げられるか、その工夫についてみていきましょう。

自炊をしたくない時にモチベーションを上げる方法
  • 料理に正解はない、自炊をすることに意味があると自分に言い聞かせる
  • 健康のためと言い聞かせる
  • 節約のためと言い聞かせる
  • 結婚した後のことを考えて修行だと思う
  • 食費や、栄養バランスに囚われるのではなく、たまには自分の好きなものを食べてみよう

料理に正解はない、自炊をすることに意味があると自分に言い聞かせる

料理に正解はありません。

自分の好きなように料理をしていいんです。

レシピ通りでなくても、仮にまずくなってしまってもいいんです。

上手に作ろうとするから、億劫になってしまう。

もっと料理は自由でいいんです。

料理そのものを楽しむというスタンスをとってみてはいかがでしょうか?

健康のためと言い聞かせる

外食をすると思ったより野菜の量が少なかったりして、健康面で不安が残ります。

外食のデメリットは栄養不足に陥ることなんです。

その点自炊をすれば、自分の好きなだけ野菜を取り入れることができます。

野菜重視のメニューにすれば、不足している栄養を自分自身で補うことができるんです。

健康のためだと思って自炊をしてみてはいかがでしょうか?

将来の不安に関する記事

節約のためと言い聞かせる

なんだかんだ自炊は安いです。

スクロールできます
30代一人暮らしの男性自炊派外食派
1ヶ月にかかる料金47,553円74,400円
ルーチさんより引用

こちらは冒頭でもご覧いただいたものですが、自炊と外食とでは3万円近く金額の違いがあります。

めちゃくちゃ大きいですよね。

節約だと思って自炊をしてみましょう。

結婚した後のことを考えて修行だと思う

こういった意見はもう古臭いのかもしれませんが、昔から女性は「肉じゃが」が嫁入り道具だとかって言われてきました。

自炊ができる女性は認められやすかったんですね。

そういった傾向は残念ながらいまだにあります。

現に自炊ができる女性はモテると思いますしね。

男性もまた然りです。

なので男女問わず、結婚のアピールポイントとして自炊を普段から行ってみてはいかがでしょうか?

食費や、栄養バランスに囚われるのではなく、たまには自分の好きなものを食べてみよう

自炊を継続させるためには無理なく行うことが大切です。

自分にあったペースで、やりたい時にやるくらいでいいんです。

食材が無駄になることも気にせず、モチベーションが上がった時にやる。

そんな時冷蔵庫に少しでも食材があれば自炊は可能なわけですから。

なので無理せず行う。やりたい時に行う。

こういったフランクな気持ちで臨んでみましょう。

案外そのおかげで、自炊が楽しくなったり、長続きしたりするんです。

自炊したい時に自炊する。外食したい時には外食をする。

こういった素直な気持ちを大切にするようにしましょう。

それでも自炊ができないときの対処法

しかしそれでもやはり自炊ができない人はいると思います。

ここでは自炊ができない時のおすすめな手段として、いくつか候補を挙げてみました。

お馴染みの外食や出前はもちろん、私も普段から利用している宅配弁当サービスなどがありますので、ぜひ参考にしてみてください。

それでも自炊ができないときの対処法
  • 外食する
  • コンビニ弁当で済ませる
  • 出前をとる
  • 宅配弁当サービスを利用してみる
  • 家事代行サービスを利用してみる

外食する

まずはお馴染みの外食です。

スクロールできます
30代一人暮らしの男性自炊派外食派
1ヶ月にかかる料金47,553円74,400円
ルーチさんより引用

外食は便利です。

美味しいし、簡単だし。

しかし上の表で表しているように自炊に比べて高いです。

外食ばかりでもいいですが、きちんと値段は考えるようにしたいですね。

コンビニ弁当で済ませる

またコンビニ弁当で済ませるというのも王道の手段ですね。

コンビニは24時間やっているので、頼りになります。

どんな人でもいつでも食事を摂ることができます。

しかしその分保存料などを使っており、栄養面で問題があります。

コンビニ弁当は確かに美味しいですが、そういったリスクがあることはきちんと覚えておきましょう。

出前をとる

また自炊はしたくはないが、家で食事をしたいという人におすすめなのが出前です。

今はウーバーイーツがあるので、本当に好きなメニューを出前してもらうことができるようになりました。

こうしたサービスを利用すれば、お店の味を自宅で楽しむことができます。

ただその分配送料やチップがかかる場合があり、外食以上にお金がかかる点がネックです。

またすぐには食べられないというデメリットもあります。

宅配弁当サービスを利用してみる

またこれは実際に私も行っている手法の一つですが「宅配弁当サービス」を利用する手もあるかと思います。

やはりコンビニやファストフードでは栄養面が心配です。

ずっとそれらを利用し続けるのはあまりにもリスクが伴いますよね。

また外食をしようにも金銭面で不安が残ります。

そのあたりの自分の願望のバランスを考えて、一番理にかなっているのが「宅配弁当サービス」です。

私が長い一人暮らしを経験した中で行き着いた、一番自分の理想にあっている食事の仕方だと思いました。

宅配弁当サービスの良いところとして、

  • 調理が簡単
  • 時間を節約できる
  • 栄養が摂れる
  • 美味しい
  • 自分の好みのメニューを選べる
  • 自分の好きな食数を、好きな頻度で頼める
  • 後片付けが簡単

このような特徴が挙げられると思います。

おそらくみなさんの中にもこの「宅配弁当サービス」の存在は知っているものの、まだ利用したことがないという人も多いと思うんですね。

そんな中私がおすすめしたいのはこのブログでも紹介している「ナッシュ」です。

「ナッシュ」の良いところは先ほどの利点は全て補っているのはもちろん、専門の栄養士とシェフがついた健康に良い宅配弁当サービスだということです。

また「ナッシュ」が提供する全メニューは糖質30g ・塩分2.5g以下で提供されているという点も私のようなめんどくさがり屋の中年男一人暮らしには嬉しいポイントです。

宅配弁当サービスナッシュに関して
価格☆4.2
おいしさ☆4.5
注文のしやすさ☆4.2
メニューの種類☆4.8
栄養価☆4.8
お試し期間なし
入会金なし
年会費なし
会員わり引き制度あり
配送方法佐川急便/ヤマト運輸
配送エリア全国
送料760円~2,590円
注文方法インターネットのみ/電話によるカスタマーサポートあり
支払い方法クレジットカード/AmazonPay
「NOSH」独自評価

またお値段も「宅配弁当サービス」の中ではコスパに優れている方で、私も実際に長いことこの「ナッシュ」を利用しているわけですが、毎月の食費も利用する前と比べて安く済ませることができております。

スクロールできます
30代一人暮らし男性の食費ナッシュを月に毎食食べた場合ナッシュを平日だけ食べた場合
44,466円63,414円42,276円
ラクタさんより一部引用

注文方法も簡単で、配達後の保存方法もしやすく、食べた後のパッケージも自然環境に配慮されたパッケージで、食べたあとはそのまま捨てることができます。

自炊はめんどうだけど、健康にも気を遣いたいという人はもちろん、一人暮らしの方にもとってもおすすめな宅配弁当サービスなんです。

このようなサービスを利用するのも一つの手だと思います。

時短にも繋がるし、栄養も摂取できる。

かなり今の生活が変わると思いますね、非常におすすめです。

以下は「ナッシュ」の弁当レビューになりますので、一つだけでもご参考にしてみてください。

ナッシュのお弁当レビュー

家事代行サービスを利用してみる

最後におすすめしたいのが家事代行サービスです。

私は実際に利用したことはありませんが、最近利用者が増えているみたいですね。

これはかなり高くつきまして、3時間に10000円近くかかることがあります。

つまり3時間だけ、自宅の家事を行なってくれるというものです。

例えばその3時間で食事はもちろん、部屋の掃除をしてもらったり、洗濯をしてもらったり、買い出しに行ってもらうこともできるようです。

でもやっぱり高いですね。

しかし家事に精通している人が、きてくれるようで、食事に関してはきちんと栄養バランスを考えた美味しい食事を作り置きしておいてくれるようです。

中でも「CaSy」は、値段も安く良心的なサービスが評判の、現在大人気の家事代行サービスのようです。

定期契約で2000円も毎回のお支払いから割引されるようなので、ぜひお試しで利用してみるのもいいかもしれませんね。

自炊ができない人の最終疑問

一人暮らしで自炊をしていない人の食費はいくらですか?

一人暮らしで自炊をしていない人の食費は、外食や調理済みの食品を主に利用するために個人差が大きく、一概には言えません。しかし、外食や調理済み食品を多く使うことで、食費が相対的に高くなる可能性があります。

一人暮らしでご飯を作りたくないけど、どうしたらいい?

自炊を避ける場合でも、以下の方法で食事を工夫できます。

  • 調理が必要ない食材や調理済みの食品を選ぶ。
  • レストランやコンビニの健康的な選択肢を選ぶ。
  • 1度に多くの食事を買って冷凍することで、複数回に分けて利用する。
自炊しない人の健康や食事の栄養は心配ありませんか?

自炊しない人は、バランスの取れた栄養を摂ることが難しい場合があります。外食や調理済みの食品は栄養面で制限があることがあり、食事のバリエーションが少なくなることも考えられます。健康を維持するためには、栄養の摂取に気を付けることが大切です。

個人で稼ぐ重要性
自炊 できない

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくださった方には後ほどメッセージをお送りいたします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次