\エックスサーバーが4月3日までの申し込みで、月額495円でブログ運営ができちゃうお得なキャンペーン実施中!/

ブログを書く仕事にはどんなものがある?4つの職種について!

ブログを書く仕事

ブログは現在大人気の副業サービスです。

また副業にとどまらず、本業にしている個人ブロガーの存在もあるくらい大人気な稼ぎ方なんですね。

恐らくこの記事をお読みのあなたもブログを書きながら仕事ができないかと考えているおひとりなのではないかとお察しします。

ブログは現在でも稼げるか?

そこで今回、ブログを書く仕事に就くためにはどうしたらいいか?その道筋について紹介します。

この記事を書いている人とこの記事を読んで分かること
  • ブログを書く仕事の種類
  • ブログを書く仕事の魅力
  • ブログを書く仕事に必要なスキル

それでは参りましょう。

目次

ブログを書く仕事にはどのようなものがある?

ブログに限らず、文章を書く仕事というのは人間社会において、常に人気を博してきました。

書くという行為はなんだかんだ楽しいですからね。

誰でもできる行為でもあるからです。

例えば文章を書く仕事といえば、現在以下の「8」項目が例としてあげられます。

文章を書く仕事
  1. 記者
  2. コピーライター
  3. webライター
  4. ディレクター
  5. コラムニスト
  6. ブロガー
  7. 翻訳家
  8. 作家

その中でも「3、webライター」、「4、ディレクター」、「5、コラムニスト」、「6、ブロガー」が、現在「ブログ」という媒体を主に使っている職業と言われています。

以下でそれぞれの職業がどのような職業でどのくらいの給料をもらえるのかみてみましょう。

3、webライター

webライターの概要
平均年収必要なスキルリクナビでマッチした求人件数
420万SEOスキル、インターネットに適した文章設計能力20求人/個人事業

まずは「webライター」です。

「webライター」は、インターネット上に公開される記事の文章を書く仕事です。

自身の「ブログ記事」を書いて、そのブログで発信を行い、収益を得ているか。

もしくは第三者のブログ記事を書いてそれを書いて納品して収益を得ているかのどちらかになります。

いずれにせよこの「webライター」が書いた記事というのはほとんどケースで「ブログ」のために使われるものです。

その際、ただ記事を書けばいいというわけではなく、読者に好まれる楽しい記事だったり、インターネット上で上位表示させるスキルを「SEOスキル」と呼びますが、そういった施策が織り交ぜられた記事を書けることがこの「webライター」には求められます。

個人が生き抜くために重要なライティングに関する記事

4、ディレクター

ディレクターの概要
平均年収必要なスキルリクナビでマッチした求人件数
450万統括能力、メディア設計能力1558求人

続いては「ディレクター」です。

「ディレクター」といってもよくわからないですよね。

「ディレクター」とは要するに「編集者」のことです。

メディア運営を行っている企業は、「記事を作成する者(ライター)」や「サイトをデザインするもの(デザイナー)」など業務ごとに専門者を配置しております。

その「メディア」というのがここでいう「ブログ」になりますね。

そして自社のブログを運営していくことがこの「ディレクター」の仕事になります。

またこの「ディレクター」は、「ライター」や、「デザイナー」の業務を統括する役職にあたる者のこともいいます。

自社のブログを円滑に運営していくために、生身の人間と血の通ったコミュニケーションをとりながら、メディア運営を行っていくのです。

この「ディレクター」の采配が自社のブログ運営の命運を握ってると言っても過言ではないんですね。

なので現場を取り仕切れなくてはいけないし、ライターには「こういった記事を書いて欲しい」やデザイナーには「もっとこのようなデザインにしてほしい」といった的確な指示もでせなくてはなりません。

その際当然「ディレクター本人」にも「ライター」としてのスキルや「デザイナー」としてのスキルが備わっていないと、指示の出しようがないですよね。

ですからこの「ディレクター」になるためには経験を長く積む必要があるし、それ相応のスキルも求められるのです。

5、コラムニスト

コラムニストの概要
平均年収必要なスキルリクナビでマッチした求人件数
案件による統括能力、メディア設計能力10求人

続いては「コラムニスト」です。

元々は新聞などで常設されている「時評」や、「感想文」に寄稿することを「コラム」といいますが、「コラムニスト」とはそうした文章を寄稿するひとの事を指します。

実際に自分でコラム型のブログをもっていてそのブログで稼いでいるパターンと、第三者のコラム型のブログに入稿しながら収益を得ているパターンとに分かれます。

またこの「コラムニスト」に関しては人気雑誌などにもこうした専属の「コラムニスト」がいたりもして、インターネット内外に限らない活躍もできたりします。

文章を書くスキルだけにとどまらず、イラストレーターを使っての画像作成業務なども課せられることもありますので、結構難しい職業ですね。

これまで紹介してきた「文章だけ書いていればいい」という職業とは違って、すこし複雑な職業です。

6、ブロガー

ブロガーの概要
平均年収必要なスキルリクナビでマッチした求人件数
400万webマーケティングスキル、ライティングスキル、忍耐力個人事業

最後は「ブロガー」です。

「ブロガー」とは、ブログを運営している人のことをいいます。

基本的にこの「ブロガー」というのは、ブログの運営だけをしている人をいいますが、それはつまり企業に属せず個人事業主であることがほとんどです。

私も実際に個人ブログを3つも運営している身ですが、まだまだそのブログだけでは食べていくことはかなわず、他の仕事をしながらこのブログ運営を行っている個人ブロガーです。

これがブログだけでたべていけるようになれば正式に「ブロガー」と呼べるようになるんですね。

いまはまだその道の途中というわけです。

そもそも「ブログ」とは「weblog」の略ですが、この「ブロガー」は自身でメディアを運営し、そのメディアに掲載した「広告」から収入を得ております。

ブログ収益化の仕組みについて!

その際自分の記事を書くことは勿論、読者の興味を引くような画像を挿入したり、様々な工夫をこらながらメディア運営を行っていきます。

そして読者にとって有益なメディア運営を行っていけば、おのずと自分のブログにファンがつき始め、いずれは毎月多くの読者が訪れてくれるようになります。

そうなれば、このブロガーとして生計をたてていくことができるようになるのです。

勿論そうなるためには、地道に記事作成や更新を行っていかなければならず、長い年月が必要になります。

なのでこの「ブロガー1本」で稼いでいきたいと思っている人も、初めは副業としてこのブログ運営を開始し、3~5年後に独立を目指す方がほとんどです。

またこの「ブログ運営」というのは「個人でメディアを運営していく」ということです。

それはつまり「起業」と等しいんですね。

なので、webマーケティングスキルや、webライティングスキルなどの技術面はもちろん、収益がでなくとも耐え凌ぐことができる忍耐力も必要となるのです。

例えば時間のある大学生の内にこの「ブログ運営」に着手できていれば、いずれは必要とされるwebスキルを前もって身に付けることができます。

なので時間に割と余裕がある大学在学中にブログを開設しておくといいかもしれません。

ブログを書く仕事の魅力とは?

ブログを書く仕事の魅力とは?

それでは続いて「ブログを書く仕事」の魅力についてみていきたいと思います。

このブログを書く仕事に就くことによってどのようなメリットを得られるのでしょうか?

書くことの面白さを知ることができる

まずは書くことの面白さを知ることができるというのは大いにいえることでしょう。

書くことって本当に面白いんですよね。

いまはまだ書けなくても毎日ブログを触ることで、これまでまったくかけなかった文章が書けるようになる。

自分がそれまで言葉では表現できなかった、文章を書けるようになる。

こういう感覚が最高に心地よくて、それをこのブログでは感じることができるんです。

つまり自分の成長をこのブログであれば大変感じられるようになるんですね。

これからは個人でも文章を書けるようにならなければなりません。

すぐそこまでAIの脅威が迫っているからですね。

しかしAIには「論理的で楽しい文章を書くことはできない」と言われているんですね。

人間にしか人を感動させたり、人を楽しませる文章は書けないとされているんです。

書くことは楽しいです。

これまでずっと人間に親しまれてきた「最高の娯楽」なんです。

ブログの仕事に就けばこの書くことの楽しさをしることができるのは最高のメリットといえるでしょう。

暇なとき、書くを「娯楽」として楽しむ。

情報発信のプロとして成長できる

またブログを書く仕事に就いたら、それ以降は企業の指定するテーマにそって運営を行っていくことになります。

そして、その都度都度で読者に役立つ情報を提供する記事を書くことが企業からは求められるのです。

その際、ただ書くだけではなく、タイトルやキーワード、文章の構成などにも注意が必要で、そういったことに気を配りながら、ブログ記事を書き、会社に貢献していかなければならないのです。

また、時にはSNSなどで記事を紹介したりすることで、読者の拡大やアクセス数の増加に繋げられるようにしなければなりません。

このようなマーケティング能力がブログ運営には必須となるんですね。

そしてそれだけでなく、様々な試行錯誤を繰り返していくことで、情報発信のプロとして成長していくことができるのです。

またある特定のジャンルのブログを書くことで、自分自身がそのジャンルに精通した専門家になることができます。

つまりこのブログがあれば、専門知識がそなわるとともに、それを自由自在にたくさんの人に届けられるようになるのです。

まさに情報発信のプロと呼べる存在になれるんですね。

コンテンツマーケティングスキルを身につけられる

今の時代、どの企業もメディアを運営しています。

というのも自社の良さをしってもらうために、自社商品を紹介したり、広告を宣伝したりしているんですね。

つまり「コンテンツマーケティング」ですね。

その際やはり、それを紹介する大元となるコンテンツの存在が必要不可欠となるのですが、それがブログ記事だったりするんですね。

なのでブログを書く仕事に就けばその「コンテンツマーケティングスキル」を養うことができ、そのスキルがあれば、今後どの職場に移っても活躍することができます。

ほとんどの企業がこの「コンテンツマーケティング」を用いているからです。

今後web業界がますます勢力を拡大していくことが予想されます。

そんなweb業界では、マーケティングや広告を含めたデジタルマーケティングが本当に必要不可欠なんですね。

例えば自分のサイトや自社のサービス、商品をより多くのユーザーに知ってもらうためには、SEOと呼ばれる施策を運用し、新規の顧客を獲得していかなければなりません。

またセールスライティングを駆使し、見込み客に自社商品を売るということも必要となります。

またそれには、分析やデータ解説の知識も不可欠です。

企業だけでなく個人にとっても、このコンテンツマーケティングスキルは重要な施策の一つです。

そのようなスキルをブログを書く仕事に就けば身に付けられるのです。

個人で稼ぐ重要性

ブログを書く仕事に必要なスキルとは?

ブログを書く仕事に必要なスキルとは?

いまは個人でもブログを始める人が増えている時代です。

本業だけでなく副業として、ブログを書く仕事に挑戦する人が多くなっているんですね。

しかしそんな簡単にかせげるほど甘いものではないのがこのブログ運営です。

企業でブログの運営を任されたとき、結果がでなければ担当を変えられてしまうなんてこともあるでしょう。

そうならないためにも、ここではそんなブログ運営においてどのような資格やスキルを身につければいいのかについてみていきたいと思います。

webライティング能力検定を受講する

まずはなんといってもブログ運営に問われるスキルといえば「ライティングスキル」です。

ブログといえば記事を書くことですからね。

読んでいる人が楽しくなる記事や、購入意欲をそそられる記事の書き方というのが求められるわけです。

そんなとき自分にライティングスキルがあれば、当然その記事を通して売り上げを伸ばせたり、読者数を獲得できるようになりますよね。

なのでライティングスキルを向上させることが望ましいです。

そんなとき、ライティングスキル向上とともに、書き手の権威性をもたせる意味でも「webライティング能力検定」という資格を受講してみてはいかがでしょうか?

ちなみに私もこの「webライティング能力検定」において1級を保持しております。

大してライティングはうまくはないですが、この資格を取得してから確かに読者数は増えたし、なによりも自分が思うようなライティングができるようになったことに、そこに大きな喜びを感じております。

この「Webライティング能力検定」とは、「JWWA(一般社団法人日本WEBライティング協会)」が運営する正式な資格検定です。

また我々一般人でも、特に受験資格というものを必要とされず、お金さえ払えばこの「Webライティング能力検定」を受験することができます。

なによりも「webライティング」に関する機関としての第一人者として、いまでは全国から多くの人がこの資格をとろうと勉強しており、毎年多くの人たちが受講しております。

なのであなたもブログを書く仕事で活躍したいならこの「webライティング能力検定」を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

ライティングスキルを向上させるテクニック

SEOスキルを身につける

またブログ運営でかかせないスキルといえば「SEOスキル」もあげられます。

「SEO」とは「SEO(Search Engine Optimization)の略で、この「SEO」施策を自分のブログ内で施すことによって、「グーグル」などの「検索エンジン」から一定の評価を得られ、自分のブログが上位表示ができるというものなんですね。

自分のブログだけでなく、会社でブログ運営を任されているのなら当然自社ページを上位表示させられるに越したことはありませんし、結果を残す意味でもこの「SEOスキル」は必要不可欠といえるでしょう。

しかし「SEO施策」というものには非常に多くの対策があります。

というのも「グーグル」は「アルゴリズム」といった「独自の指標」をもっており、その指標に叶ったサイトを独自の采配で上位表示させているんですね。

そしてその「アルゴリズムの指標」は「200以上」もあると言われているし、それは日々更新されていくものですから、特にブロガーは、手探り状態で「グーグル」の求めるコンテンツを作っていかなければならないのです。

しかしそれでもこの「SEOスキル」には例えばキーワード選定スキルや、ドメインエイジなど時代をこえてもかわらない施策もありますから、そういった必要最低限のスキルをもっていることで他社のサイトと戦うことができます。

逆にいえば必要最低限の「SEOスキル」すらもっていない人はブログの運営は難しいということですね。

ぜひこれから個人でも会社でもいいですが、ブログに携わる仕事をしたいという人はこの「SEOスキル」を身につけてみて下さい。

以下でそのおおまかな内容に関して記述しています。

SEOに強くたくさん読まれる記事の作り方について

画像編集、画像デザインスキルを身につける

またブログを書く仕事に携わるのなら画像編集、画像デザインスキルはあったほうがいいです。

恥ずかしながら私は一切こういったスキルがありません。

例えばブログに挿入する画像やグラフを自作できる。

そしてその自作した作品のクオリティが高ければ、より多くの読者を獲得できるし、他のメディアと差別化できます。

自分のメディアだけ生き残っていけるのです。

それにさきほどご紹介した「SEO施策」の話にも付随しますが、オリジナルの画像を使っているメディアというのは検索エンジンから高い評価を得られやすいんですね。

つまり検索の上位に自身のメディアを表示させやすくなるのです。

なので画像編集や、画像デザインスキルを持っている人材というのはどの企業からも重宝されやすいんですね。

この画像編集、画像デザインスキルも備われば、自分一人で大きなメディアを作り上げることも可能です。

家でブログを書いて稼ぐ!初心者でもできるブログの始め方とは?

ブログを書く仕事は何も企業に必ず属さなければならないというわけではありません。

専業主婦のかたがなかなか企業に属したりするのは難しいですからね。

それにブログ1本のみで稼げるようになるには相当な時間がかかります。

なのでまずは在宅で行ったり、副業で行ったりしてもいいのではないでしょうか。

ここではそんな転職が難しかったり、毎日を忙しくされているあなたのために簡単に家で始められるブログの始め方について解説します。

そもそもブログの開設といっても無料のブログツールや、有料のブログツールなど様々な種類があるので、それを選ぶのに悩んでしまうと思うんですね。

なのでここでご紹介するブログの開設方法はその中でもブログツールの定番「WordPress」での開設方法となります。

というのもブログツールの定番といえば「WordPress」。

ブログで稼ぎたいと思うならこの「WordPress」一択だと言われているからです。

その理由は様々にあるのですが、簡単にいえば以下の通りですね。

ワードプレスがおススメな理由
  • 「検索上位表示結果」が他のブログサービスに比べて有利とされる
  • 広告の制限を一切受けない
  • 独自ドメインを使用するので、半永久的にブログを資産として残せる
  • デザインを自由にカスタム出来る
  • PHPで動作しており、サイト処理速度が他のブログサービスより圧倒的に早い

この「WordPress」であれば開設方法もとっても簡単なので忙しい主婦の方や、仕事が忙しいという方にも難なくブログ開設が行えるんです。

その他の詳しい理由については以下の記事で詳しく解説しておりますので、ここではその説明は割愛させていただきますが、他のブログサービスに比べて、断然この「WordPress」のほうが利便性がよく、稼ぎやすい有利な条件が整っているということだけは覚えておいてください。

またここではあくまで簡易的に説明しているだけなので、より詳しいブログの開設方法は以下の記事を参考にしてくださいね。

WordPressでのブログ開設方法について

それでは実際の「WordPress」の開設方法を見ていきたいと思います。

「ワードプレス」を開設するまでの手順は大きく分けて以下の通りです。

  1. サーバーを契約する
  2. 独自ドメインの取得
  3. ワードプレスのインストール

1、サーバーを契約する

サーバー

まず「ワードプレス(ブログ)」を開設する為にはレンタルサーバーと契約する必要があります。

この「サーバー」に関しては大学生のあなたでも一度くらいは耳にしたことがあるかもしれませんね。

例えば自分のブログを「家」とするならこの「サーバー」は「土地」にあたる部分です。

土地(サーバー)がなければ家(ブログ)を建てることができないのと同じように、サーバーの契約が「ワードプレス」開設には必須となります。

なのでまずは「レンタルサーバー」と契約して、ブログを開設するための「土地」を確保しましょうということですね。

「サーバー」を利用するにあたっては、月々掛かる料金はどのレンタルサーバー会社と契約しても月々平均「1000円」程度で済みます。

宜しければ以下の記事で、「各サーバー会社」のスペックや料金をランキング形式でおすすめしておりますので「サーバー会社」選びに困った際は是非ご参考ください。

2、独自ドメインの取得

サーバーを契約したら続いて行うことは、独自ドメインを取得することです。

先程の画像を今一度ご覧ください。

サーバーを「土地」とし、ブログを「家」とするなら、このドメインというのは「住所」に該当します。

当「shu blog」で言うならば、shuares.comの部分に該当するものです。

例えばお家を建ててお友達を自分の家に招きたい時、この「住所」がないと友達に家の場所を正確に伝えることが出来ず、来てもらうことができませんよね?

それと同じようにブログにおいても、この「ドメイン」がなければ読者が自分のブログに訪れることができません。

なのでこのブログ運営には「ドメイン」が必ず必要となるんですね。

ただ、この「独自ドメイン」の取得というのはサーバー契約と同時に簡単にできるものです。

基本的に自動で付いてくるものと思ってもらってOKなので、そんなに難しく考えなくても大丈夫ですよ♪(具体的なやり方は後程、解説します。)

この独自ドメインにおいては、「無料」のものと「有料」のものとがありますが、年間1000円もかからないものがほとんどです。

3、ワードプレスのインストール

「サーバー」を契約し、「独自ドメイン」まで取得出来たら最後にワードプレスをインストールしていきます。

先ほども簡単に言いましたが、これまでここの「ワードプレスのインストール」という工程が非常に難しいとされ、初心者の多くが挫折してしまうポイントとされておりました。

しかし最近ではどの「レンタルサーバー会社」も、サーバー契約と同時にこの「ワードプレスのインストール」を行えるプログラムを提供してくれているので、そこまで難しいものでもなくなってきております。

現に初心者の私も「エックスサーバー」の「クイックサービス」というプログラムのおかげで、難なく「ワードプレスのインストール」を行う事ができました。

「エックスサーバー」の「クイックスタートサービス」であれば、

  • サーバーの契約
  • ワードプレスのインストール
  • その他SSL設定

など初心者には難しいとされる初期設定まで自動で行ってくれるので、非常に便利です!

ここまでがおおまかなブログ開設までの流れになりますが、詳細に関しては以下の記事で解説してますので、ご参考ください。

ブログを書く仕事に就きたい人におすすめなスキルアップ方法とは?

それでは最後にブログを書く仕事に就きたい人におすすめなスキルアップ方法についてご紹介して本記事を締めくくりたいと思います。

どんなことでも愚直に勉強していくスタンスが大事

まずは自分自身が初心者であるということを認め、ブログに関することであればどんなことでも勉強していくという姿勢が必要です。

私もこれまでに本当に多くの書籍を読み漁ってきましたが、ブログ記事のライティングは、SEOなどの施策はもちろん読者ニーズを考慮しながら文章を書くスキルが必要です。

ただ単に記事を書けばいいというわけではないんですね。

しかし初心者のうちはSEOだの、セールスライティングだの何が何だかわからない、右も左もわからない状況だと思うんです。

それにはじめはいろいろな問題にもつきあたることでしょう。

途中で投げ出したいと思うこともあるかもしれません。

それでも勉強を続ける。

毎日ブログに触る。

そして少しでもいいから文字を書いてみる。

そのように日々小さい積み重ねをしていくことで、確実に成長していけるのです。

特にWordPressの基本的な触り方については、毎日自身で触っていくしか、その感覚は養えません。

なのでまずは、ブログに関する勉強をする。

そして日々どんなに少なくてもいいからブログに触る。

そうすることで確実にスキルアップしていけるはずです。

成功者の真似をする

そんな日々を繰り返していくことで、確実にスキルアップしているはずのあなた。

それでは続いて、あなたがするべきことといえば手本とするブロガーを見つけましょうということです。

その際同じジャンルのブログ運営を行っているひとのほうがいいですね。

例えばあなたがガジェットブログを運営しているのであれば、マクリンさんのブログや運営方法を真似してみるとかですね。

というのも成功者の真似をすれば、その人がどのようなライティングをしているのかだったり、どのような種類の記事を書いているのかというのがわかり、自分のブログ運営にいかしやすいのです。

そうすることで、自分も成功者のパターンというのがわかるようになるんですね。

この工程が大切で、特に大金をはらって、プログラムに参加したり、セミナーに参加する必要はありません。

ブログのスキルアップにはパソコンとインターネット環境だけあれば十分可能なのです。

ブログのスキルアップに役立つWebサイトやツールとは?

そしてここまでの工程を愚直におこなっていただけたら、続いて外部ツールをつかってみましょう。

例えば上の記事でもご紹介していますが、あなたはグーグルアナリティクスというツールをご存じでしょうか?

これは自身のブログのアクセスを把握したり、どのように自分のブログ記事が読まれているのかを把握する際に役立つツールです。

またキーワードプランナーというツールを使えば、どのようなキーワードが、毎月どのくらい需要があるのかを調べることが出来、それを参考にしながら記事を書くことで、結果的に多くのユーザーを獲得することができるのです。

こうしたツールが実際にあり、利用しながらブログ運営を行うことで、効率的なブログ運営がかないます。

そして収益を増やしていくことができるのです。

その際、初めからツールを使ってもらっても構いませんが、まずは上記のステップを踏んで、ブログ運営になれてからでも遅くありません。

少しずつステップアップしていきましょう。

ブログ収益を確実に伸ばせるおすすめツール

ブログを書く仕事に興味がある人が最後に解決しておきたいこと

文章能力を活かせる仕事は何ですか?
  1. ブロガー: ブログを書いて情報発信を行い、広告収益やスポンサーシップを通じて収入を得る仕事です。特定のトピックに特化したり、ライフスタイルブログを運営することが一般的です。
  2. コピーライター: 商品やサービスの広告、ウェブサイトのコンテンツ、プロモーション資料などの文章をプロのライターとして制作する仕事です。広告代理店やフリーランスとして活動することができます。
  3. ジャーナリスト: ニュース記事や特集記事を執筆し、新聞、雑誌、オンラインメディアなどで公開する仕事です。報道や調査、執筆スキルが必要です。
  4. コンテンツクリエイター: YouTube、Twitch、Instagram、TikTokなどのプラットフォームでコンテンツを制作し、広告収益やスポンサーシップを通じて収入を得る人々です。文章だけでなく、ビデオや写真も含まれます。
  5. ライター/著者: 小説、エッセイ、ノンフィクションなどの本を執筆する著者は、出版収入や著作権料を通じて収入を得ます。
文章を書くことで収入を得る人とは?

文章を書くことで収入を得るためには、自分のスキルを向上させ、適切な市場やプラットフォームを見つけることが重要です。また、多くの場合、自己マーケティングやネットワーキングも成功に欠かせません。フリーランスの場合、クライアントとのコミュニケーションスキルやプロジェクト管理能力も必要です。文章能力を活かす仕事はクリエイティブで充実感のあるものですが、競争も激しいため、情熱とコミットメントが必要です。

ブログを書く仕事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次