個人がwebサービスで収益化するための方法について!

個人 web サービス 収益 化

「個人がWebサービスを使って稼ぐ時代はすでに到来している!」などといった声を最近はよく聞くようになりました。

しかし「個人がWebサービスを使って稼ぐ」とは言っても、具体的なやり方はなかなか見えてきません。

特に会社員や主婦の方というのは「個人でwebサービスを使って稼ぐこと」に興味があったとしても日々の忙しさのあまり、行動に移しにくいですよね。

願望ばかりが先走ってしまい、はがゆい思いをしていらっしゃるかと思います。

そこで今回、実際にメディア運営を行い個人Webサービスで収益をあげている筆者が、「個人でもWebサービスを収益化できるのか?」その真偽について解説してみたいとおもいます。

またこの記事内では、「現在おすすめな個人ビジネスモデルは何なのか?」や、「昨今のWebサービスの近況」、「そもそもWebサービスとは何か?」についても触れております。

これから「個人でWebサービスを使って稼ぐこと」に興味のあるかたにはとてもおすすめな記事となっております。

本記事をお読みいただければ、本日からでも「個人で稼ぐwebサービス」を構築できますよ!

それでは参りましょう。

この記事を書いているのは
  • shu、33歳
  • 都内在住
  • アパレル会社所属(EC、webマーケティング部門所属)
  • Webライティング能力検定1級取得
  • 個人所持サイト「3つ」
目次

現在、個人でもwebサービスを収益化できるのか?

現在、個人でもwebサービスを収益化できるのか?

早速ですが、本題から参りたいと思います。

「現在でも個人でもWebサービスを収益化できるのか?」

これがあなたが一番に知りたい情報のはずです。

結論から言って、現在でも、個人webサービスで収益化することができます。

「現在でも」というよりは、「現在だからこそ」と言った方がいいかもしれません。

というのも、その理由として現在インターネットのインフラ設備が非常に整っていることがあげられるからなんです。

例えば現在は、スマートフォン1台あれば、欲しい情報を好きな時に入手できるようになりましたよね?

これまで新聞やテレビニュースでしか知りえなかったことも、軽くインターネット検索をしただけで多くのことを知ることが出来るし、Web上ならではの有益な情報もたくさん知ることができますからね。

その際ユーザーは自分の知りたかったことを容易に入手できてしまうことは勿論、そのインターネット検索を行ったことで関連する情報を芋づる式で入手できてしまうのです。

本当に便利だし、まさに情報社会ですね。

ユーザーとしても今後スマートフォン1台だけを頼りに生活していくことが予想されるし、そのための社会がますます整っていくことでしょう。

だからこそ、今後に限らず現在からでもWeb上を「稼ぐための主戦場」として選ぶことが大切なんです。

何故なら今申し上げた通り「インターネット需要」はますます拡大することが予想されるからです。

それにこのインターネットインフラに伴い、Web上に情報やサービスを提供する企業やメディアはこれまでとは比べられないほど増えましたよね?

同時に「個人」でも簡単にWeb上に情報を公開したり、サービスを提供できるインフラ設備も整ってきたのです。

例えば私も行っている「ブログ運営」。

このブログですが、月間多くのユーザーのかたが見に来てくれていることもあり、立派なWebサービス運営として成り立っております。

またそこから収益も生み出せるにいたっておりますので、「個人webサービスの収益化」と言えるでしょう。(詳しいブログ収益化の方法は、後程解説します。)

また個人でアプリを開発したり、LINEスタンプを発売したり、自分のハンドメイドアクセサリーをメルカリなどで販売したりするといった「稼ぎ方」も、今となっては珍しくありません。

そのように「個人」でもインターネットを介することでお金を稼げるような仕組みがすでに十分整っているのです。

「現在だからこそWebサービスで収益化できる」というのはそうした理由があるわけなんですね。

そもそもwebサービスとは?

そもそも「Webサービス」とはなんでしょうか?

「Webサービス」とはその名の通り、Web上でサービスを行うことを言います。

もっと言えば、「インターネット上でユーザーの悩みや問題を解決するサービス」のことです。

なので普段日常的にある「サービス」でもそれをインターネット上で行えば、それは「Webサービス」になるということなんですね。

いまのべたことをもう少し具体的に理解するために、現在Webサービスとして認知されているものを見てみましょう。

現在webサービスとして認知されているビジネスモデル
  • コミュニケーションサービス
  • 情報提供サービス
  • サブスクリプションサービス
  • マッチングサービス
  • 決済サービス
  • オンライン会議サービス
  • 業務効率化サービス

このようにみてみても、現在Webサービスとして認知されているものは、これまで我々が日常的にお世話になっていたものがほとんどだということに気づくはずです。

つまりこれまで日常的にあった「サービス業」がWeb上で展開されるようになったのが「Webサービス」なんです。

またどんな時代においても「サービス業」の需要はなくならないし、人間社会においてなくてはならないものです。

その「サービス」を場所を問わず受けられるのが「Webサービス」ということでもあり、同時にこのビジネスモデルのストロングポイントはそこにあるんです。

ですからこの「Webサービス業」に進出する、企業や個人は増えているんですね。

またWeb上であるがゆえに、企業に限らず、個人のアイデア次第ではいくらでも充実したサービスを構築できます。

例えば、いま流行りのマッチングアプリがそうですね。

これこそまさにアイデアが功を奏した結果です。

説明は不要かと思いますが、あのマッチングアプリが開発されたことによって成婚率が非常に増しましたよね。

このマッチングアプリサービスが行ったことは、出会いの場がなかったユーザーに出会いの場を提供してあげたことです。

そうすることで出会いの場が少ない独身者同士でもお付き合いできたり、婚約することが可能になったのです。

何よりも「切実な悩み」をスマートフォン1台で解決できることもあって、このマッチングアプリに登録するユーザーは全国に数多くいるし、いまや「メガ市場」と化したというわけです。

当時、このマッチングアプリに対し懐疑的な思いをいだいていたユーザー層も、そのサービスの充実ぶりから考え方を見直してきているし、今後日本の少子化対策はこのマッチングアプリが担っていると言っても過言ではありません。

マッチングアプリに限らず、そのように便利で影響力の大きい「Webサービス」は個人のアイデア次第で構築することが可能だし、これからますます我々ユーザーにも認知されていくことでしょう。

またこの「Webサービス」と似たもので「Webサイト」というものがあります。

その違いについて簡単に解説すると、「Webサイト」がユーザーに対し情報提供を通して価値提供を行うというサービス形態をとっているのに対し、「Webサービス」はユーザーに直接的なアクションを通して価値を提供するサービス形態をとっているという点です。

「Webサイト」に比べて「Webサービス」のほうが、より対話型のサービス形態であることがわかります。

個人でもwebサービスを提供する方法について

個人でもwebサービスを提供する方法について

それでは「個人Webサービス」の需要がわかったところで、ここからはより現実的なお話をしていこうと思います。

恐らくこの記事を読んでいる方の中には、「興味はあるけども、知識も経験もない自分がWebサービスの提供を行える自信がない」と思っている方は多くいらっしゃるはずです。

結論から言って「知識や経験がなくてもWebサービスの提供を行うことは可能」です。

何故ならPCすらろくに触ったことのない私でも、「ワードプレス」というCMS(コンテンツマネジメントシステム)を利用することでブログやWebサイトを作ることができたからです。

そしてそのブログを介してユーザーに対して行えば、それは立派な「情報提供型のwebサービス」ですよね。

勿論そこから収益を生み出すことだって可能です。

なので仮に知識がなくても「個人Webサービスで収益化すること」は可能なのです。

また今では個人でもアプリを開発でき、そこから収益を得ることができます。

例えばアプリ開発するために必要な情報はインターネット上に無料公開されているし、プログラミング言語なしでもアプリ開発を行うことのできる「アプリ開発ツール」も提供されているのです。

またその際、自分で作るのが難しいようだったら「クラウドワークス」、「ココナラ」、「アプリ開発代行」に開発を依頼することだってできます。

スキルのフリマ【ココナラに登録する】

要するに「Webサービス」で収益化するためにはメディアを構築し発信を情報発信を行うか、アプリを開発するかのどちらかの手法をとる必要があるのですが、そのための環境は整っているので心配はいらないということです。

ただそうは言ってももう少し具体的に見ていく必要もあると思うので、ここでは現に私が行っている「ブログ」を開設し、「情報提供型のwebサービス」を提供する方法について簡単に触れておきたいと思います。

ブログを開設し、情報提供型のwebサービスを提供する方法

「ブログ」を開設し、読者にとって有益となる情報発信を行えばそれは立派な「Webサービス」であり、ユーザーに多く読まれるようになればそこから広告収益を得ることが可能になります。

またその情報発信においてもブログさえ開設できれば誰しもが無料で行うことが出来ます。

なのでまずは大元となる「ブログ」を開設しなければなりません。

その「ブログ」を開設する際、さきほど簡単に解説した「ワードプレス」を用いれば誰しもが簡単に自分のブログを立ち上げることができます。

ここではその「ワードプレス」によるブログ開設の流れを簡単に見ていきたいと思います。

「ワードプレス」によるブログ開設方法はおおまかに分けて以下の通りです。

STEP
サーバーを契約する
STEP
独自ドメインの取得
STEP
ワードプレスのインストール

以下でそれぞれ確認してみましょう。

ステップ1、サーバーを契約する

サーバー

まず「ワードプレス(ブログ)」を開設する為にはレンタルサーバーと契約する必要があります。

この「サーバー」に関してあなたも一度くらいは耳にしたことがあるかもしれませんね。

例えば自分のブログを「家」とするならこの「サーバー」は「土地」にあたる部分です。

土地(サーバー)がなければ家(ブログ)を建てることができないのと同じように、サーバーの契約が「ワードプレス」開設には必須となります。

なのでまずは「レンタルサーバー」と契約して、ブログを開設するための「土地」を確保しましょうということですね。

ステップ2、独自ドメインの取得

「サーバー」との契約が済んだら続いて「独自ドメイン」を取得していきます。

サーバーを「土地」とし、ブログを「家」とするなら、このドメインというのは「住所」に該当します。

当「shu blog」で言うならば、shuares.comの部分に該当するものです。

例えばお家を建ててお友達を自分の家に招きたい時、この「住所」がないと友達に家の場所を伝えることが出来ず、来てもらう事ができませんよね?

それと同じようにブログにおいても、この「住所」がなければ読者が自分のブログに訪れることができません。

なのでブログ運営にはこの「独自ドメイン」が必ず必要となるんですね。

ただ、この「独自ドメイン」の取得というのはサーバー契約と同時に簡単にできるものです。

基本的に自動で付いてくるものと思ってもらってOKなので、そんなに難しく考えなくても大丈夫です。

ステップ3、ワードプレスのインストール

「サーバー」を契約し、「独自ドメイン」まで取得出来たら最後にワードプレスをインストールしていきます。

これまでこの「ワードプレスのインストール」という工程が非常に難しいとされ、「webサービス」発信を試みる初心者の多くが挫折してしまうポイントとされておりました。

しかし最近ではどの「レンタルサーバー会社」も、サーバー契約と同時にこの「ワードプレスのインストール」を行えるプログラムを提供してくれている事もあり、そこまで難しいものでもなくなってきております。

現に初心者の私であっても「エックスサーバー」の「クイックサービス」というプログラムのおかげで、難なく「ワードプレスのインストール」を行う事ができました。

また「エックスサーバー」の「クイックスタートサービス」であれば、

  • サーバーの契約
  • ワードプレスのインストール
  • その他SSL設定

など初心者には難しいとされる初期設定まで自動で行ってくれるので、非常に便利です。

ここまでが簡単な「ブログ開設の流れ」となりますが、より詳しい「ブログ開設方法」については以下の記事をご参考ください。

最短30分で「Webサービス」を発信できるようになります。

個人がwebサービスで収益化する方法

ここまで「ブログ開設」を参考に、「個人でもWebサービスを提供する方法について」みてきました。

またこの「ブログ運営で情報発信を行うこと」は、初心者でも参入しやすい「Webサービス」の提供方法の一つです。

特に現在は「個人で稼ぐ時代」と風潮が強くなってきているので、このブログを開設し、「Web上」で収益化できる仕組みはかならず作っておいた方がいいです。

誰でも簡単に「ブログ開設」は行えてしまうので、是非チャレンジしてみましょう。

さて、「個人でもWebサービスを提供するのは意外と簡単」というのは先程の解説でなんとなくご理解いただけたかとおもいます。

なのでここからは本記事のメインテーマでもある「個人でもWebサービスで収益化する方法」についてみていきたいと思います。

「個人がWebサービスで収益化する方法」として以下の3つの方法があげられます。

  1. アプリ開発による有料ダウンロード
  2. ブログなどのメディア運営による広告収入
  3. ブログなどのメディア自体の販売

以下で詳しくみていきましょう。

1、アプリ開発による有料ダウンロード

まず1つめが「アプリ開発」による収益化方法です。

現在、アプリ開発をするために必要な情報はインターネット上に無料公開されています。

また専門知識やプログラミング言語能力などなくともアプリ開発を行うことのできる「アプリ開発ツール」も提供されているため、いま言った専門知識がなくても「サービス開発」や「アプリ開発」を個人で手掛ける事が可能です。

その際、自分で作るのが難しいようだったら「クラウドワークス」、「ココナラ」、「アプリ開発代行」に開発を依頼するのもいいでしょう。

スキルのフリマ【ココナラ】

そしてあなた自身がそういった「アプリ開発の権限」を持てれば、「Appstore」や、「GooglePlay」などでその「サービス」を「有料ダウンロード」として提供することができます。

この「有料ダウンロード」が「アプリ開発」における主な収益化方法と言えるでしょう。

収益化の手段は、勿論それだけではありません。

この「アプリ開発」であればアプリ内に広告をはることだって可能だし、アプリ内に課金制度を導入することだって可能になるのです。

あなたもこれまでに、スマートフォンアプリを何度か試したことがあるかと思いますが、そのアプリ内で広告がはられていたり課金制度があったりしたのは、このような理由があったからなんです。

2、ブログなどのメディア運営による広告収入

続いては「Webサービス」における、ブログなどのメディア運営による広告収入のパターンです。

先程も具体的な開設方法も交えて解説しましたが、初心者の方が「webサービス」を行う際、より参入しやすいのがブログなどのメディア運営による「情報提供型サービス」です。

PCにあまり詳しくない人でも30分と掛からずに自分のメディアを構築できてしまうため、誰しもが非常に参入しやすいんですね。

それにこのブログ運営における収益化はいたってシンプルで、読者にとって有益な情報さえ発信できれば価値のあるメディアとして認知されやすくなり、その分収益を伸ばしやすくなるというものです。

その際、ただテキストによる情報発信であっても価値をもたせることができるというのが嬉しいんですよね。

つまりあなたの文章力や、リサーチ力、情報力さえあれば簡単に「稼ぐ」ことができるのです。

さて、このブログ運営における収益化の方法ですが、簡単にいえば「広告収入」なんです。

ブログで収益をあげる=「広告収入」と考えてもらって問題ありません。

その「広告収入」ですが、主に以下の2つに分類されます。

  • グーグルアドセンスプログラム
  • アフィリエイトプログラム

まず、記事内にある広告がクリックされるだけで収入が入る仕組みの「グーグルアドセンスプログラム」というものがあります。

これは記事内に配置した「広告」がクリックされるだけで報酬がもらえる仕組みなので、多くの読者によまれるメディア運営を行うことができればより多くの収益をあげることができるようになるというものです。

そしてもうひとつが、読者がその記事内にある広告からサービスや商品の購入を行うことで報酬が発生する「アフィリエイトプログラム」というものです。

こちらの「アフィリエイトプログラム」は、さきほどのアドセンスプログラムと違って、記事内に配置した広告がクリックされただけでは報酬を稼ぐことができません。

そのかわり、記事内に配置した「広告」を通して読者に、サービスや商品購入という行動を起こすことができればたった1度で多くの収益を得ることができます。

どちらも良い点、悪い点ありますがメディア運営における収益化の方法としてはメインとなります。

どちらも「無料」で行えるという点も見逃せませんね。

3、アプリやブログの販売

そして最後となるのが「アプリやブログ自体の販売」をするという手法です。

例えば、あなたは男性ユーザーから好まれるアプリを開発することが得意だとします。

そうなれば自身で手掛けたアプリを他の、「男性向けwebサービスで収益をあげたいと考える人」に販売することができるでしょう。

ブログも同じですね。

自身で多くの読者をあつめられるブログメディアを作れる技術があるのならそのブログ自体を「商品」として、同じく「Webサービスで収益をあげたいと考える人」に販売することができるのです。

仮にもう自分一人の手には負えない程、自身で開発したアプリやブログメディアが成長をした場合であれば、このように企業や他人にその権限を売ったほうがプラスに働く場合があります。

また運営するより開発することの方が興味がある場合などにも、この「アプリやブログ自体の販売」をする手法がおすすめです。

個人Webサービスは簡単には儲からない覚悟が必要!

ここで少し水をさすようで申し訳ないのですが、「Webサービス」は簡単には儲かりません。

というのも、あなたがアプリ開発もしくは、ブログメディアを運営しようとおもっても、初めはうまくいかないことが多いからです。

正直いって初めから収益をあげられるほど「個人Webサービス」は甘くないんですね。

私もこのブログ運営で「個人のWebサービス」を行っていますが、満足の行く収益が上げられるようになるまで相当な時間が掛かりましたし、他の「個人ブロガー」の方も同様に非常に苦労されています。

アプリ開発者であれば、開発したアプリ内の動作がうまく作動しないことはよくあることだし、その都度変更を余儀なくされたり、苦労して作ったアプリをまた初めからやりなおさなければいけないなんてことも中にはあるかもしれません。

またブログ運営者であれば、ブログを開発してから数カ月はほとんど誰も見に来てくれない期間が続くだろうし、「SEOスキル」や「キーワード選定スキル」など稼ぐために必要なスキルも様々身につける必要があります。

それに加え、企業や個人問わずどんどん「斬新なサービス」を開発し、それを提供できる時代になってきているので、あなたがいま考えている「サービス自体」も既に開発されている可能性だってあるし、仮に今無くてもいずれ飽和する可能性だってあります。

当然、そうなると「個人Webサービス」で稼ぐことはできなくなりますよね。

また肝心なのは「収益化」することですから、そもそも「アプリ内」や「ブログ内」できちんとマネタイズできる仕組みが構築されていないことには永遠に収益化することなどできません。

なので人並以上に努力をする必要があるし、その為の勉強も怠ることはできないのです。

「個人で稼ぐ」というのはそれは「起業」とおなじことですから、本当に覚悟が必要になるんですね。

どうすれば「他社にはないアプリを開発できるか?」や、「どうすれば競合がいないニッチなジャンルを攻めて読者を獲得することができるか?」なども個人で成功したいのなら考える必要があるのです。

場合によっては「運要素」も必要になるでしょう。

そしてそのような条件が組み合わさったとき、初めて「個人Webサービス」で成功をおさめることができるのです。

あなたの情熱をそぐような発言はあまりしたくはないのですが、これは紛れもない事実なのでお伝えさせて頂きました。

個人でもwebサービスの収益化を成功させる秘訣について

ここまで「Webサービス」の収益化方法について様々な視点を交えて解説してきました。

また今述べた様に「個人Webサービス」で成功をおさめるのは簡単ではないということについても敢えて触れました。

しかし、記事冒頭でもお伝えした通り今の時代というのは、もっとも「個人で稼ぎやすい時代」でもあります。

その理由をおさらいすると「個人」でもWebサービスを提供できる条件は整っているし、アイデア次第ではまだまだ「個人」でも大きな収益を上げられる環境が整っているからです。

それに今を逃したら、これからますます参入者は増えるだろうし、あなたのアイデアも通用しなくなってしまうかもしれません。

なので強い意志をもって「個人Webサービス」を始めて欲しいと思うんですね。

ここでは最後に「個人でもWebサービスの収益化を成功させる秘訣」についてお伝えします。

ここで述べる事を参考に「個人Webサービス」をしていっていただけたらと思います。

「個人でもWebサービスの収益化を成功させる秘訣」となるのは以下の4つのポイントです。

  1. 根気強く運営していく
  2. アイデアこそ個人の最大の武器
  3. 鍛錬を怠らない
  4. 初めから大きい市場は狙わない

それぞれ詳しくみていきましょう。

1、根気強く運営していく

まず1つ目は、「根気強く運営していく」ということです。

精神論も絡んでしまって恐縮ですが、これは個人でWebサービス成功させる秘訣としてはかかせないものです。

先程も申し上げた通り、「Webサービス」を始めて間もない頃というのは結果が思うように付いてきません。

その際、挫折したり、逃げたしたくなる時が必ずくるでしょう。

しかし、そうなったときでも「根気強く運営」をしていってほしいのです。

なぜなら、どんなに結果がでなくても継続していれば必ず結果になるからです。

現に私もこの「ブログ運営」において初めの1年間はほとんど収益をあげられませんでした。

本当に諦めてしまいそうになったのです。

しかしそれでもあきらめずに根気強く「情報発信」を継続してきたおかげで今では収益をあげられるようになりました。

勿論あなたがやろうとしている「Webサービス」媒体や、私が運営している「ブログジャンル」の条件の兼ね合いもあるため一概にはこれが正攻法であるとは言えません。

ただそれでも「稼ぐまであきらめずに続ければ、必ず稼げるようになる」ということを常に念頭に置くことで、どんなに結果が出ない苦しい期間が続いたとしても乗り越えていけるのです。

特に「Webサービス」というのはユーザーに認知されるまで一定期間は必ず要します。

そして「Webサービス業」は、ユーザーに認知されてからが本当の勝負なんです。

なので「Webサービス」で収益をあげたいと考えるのならば、その「結果の出ない期間」が必ずあることを念頭においてほしいんですね。

そこを乗り越えるためにも、いま申し上げた「根気」とか「根性」が少なからず必要になるのです。

2、アイデアこそ個人の最大の武器

また「個人webサービス」で成功したいのなら「アイデア」を振り絞ることも大切です。

その際、大手メディアでも思いつかないようなアイデアさえあれば仮に「個人」であっても大きな収益をあげられるようになります。

何故なら「アイデア」は唯一無二だからなんですね。

「アイデア」ばかりはどんなに企業が優秀であっても真似できませんし、思いつかないものは思いつきません。

そしてその「アイデア」がユーザーの需要とマッチするものであれば、そこを切り口に収益は一気に拡大していきます。

なので個人の「Webサービス」で成功したいならその「アイデア」で是非、勝負にしてほしいんですね。

例えば先程の「マッチングアプリ」が良い例ですね。

また、「ブログ運営」であれば、競合のいない「ニッチなジャンル」を狙ってみたり。

企業や大手メディアが参入できない、個人ならではの「ジャンル」に特化して「情報提供」してみたり。

そうした自分しか思いつかないようなアイデアが「個人」で成功を収める際の最大の「武器」になるのです。

そのためにも普段の生活の中で自分が「もっとこうあったらいいのになぁ」と疑問に思ったことをノートにまとめてみたり、現在ある市場の観察に多くの時間を掛けてみたりして、斬新のアイデアが思いつくような行動を日常生活に取り入れてみて下さい。

3、鍛錬を怠らない

これは言わずもがなですが、「個人のWebサービス」で収益をあげたいと考えるのなら日々の鍛錬は怠らないようにしましょう。

というのも「個人」で稼ぐためには、まず自身に稼ぐだけの力量が備わっていなければなりません。

どんなにアイデアが豊富でもそのアイデアを実際の「サービス」として形にする「実力」がなければ意味がないんですね。

その「実力」を支えているのは当然自身のスキルなわけですから、そのスキルを磨くための日々の鍛錬を怠ってはならないのです。

例えば「アプリ開発」で収益をあげたいと考えるのなら、毎日PCで新しいプログラミング演習をしてみたり、「ブログ運営」であれば日々進化する「SEOスキル」の勉強を欠かさずしてみたり。

そういった日々の鍛錬が個人におけるwebサービスの収益化には欠かせないものなのです。

4、初めから大きい市場は狙わない

またこれは既に「個人Webサービスで収益化を実現している筆者」からのアドバイス的な意味合いになるのですが、初めから大きい市場は狙ってはいけません。

というのも、これからWebサービスで収益をあげたいと思うあなたは、まだまだ右も左もわからないような状態です。

そんな何も知らないあなたが、初めから巨大な「ビッグビジネスジャンル」に参入したとしても到底稼ぐことはできません。

何故なら「ビッグビジネスジャンル」は大手企業や、政府メディア、強力な個人などが市場を占めている可能性があるからです。

そんなレッドオーシャンであなたが戦っても、消耗するだけだし、正直何の意味もありません。

なので初めのうちは、成功体験を掴むという意味でも企業が狙わなそうな「小さいジャンル」を狙って「Webサービス」を始めてみましょう。

それに初めは小さくても後から大きくしていくことは十分可能です。

今成功している会社や個人の方も初めは必ず「小さい実績作り」から行ってきましたよね?

つまり「初めは小さいことから」が成功を掴むためのセオリーなんです。

是非このことを念頭において「Webサービス」を始めてみて下さい。

個人webサービスを始めて、収益化しよう!

これにて本記事は終わりになります。

これからは「個人で稼ぐ時代」だと言われております。

そんな中、誰しもが始めやすく、収益化しやすいのがアプリ開発やブログ運営などの発信媒体を代表とする「Webサービス」です。

何故ならWeb上に展開するサービス業は今後ますます需要を拡大していくだろうし、現在はこれまでPCを触ったことのなかった人でも簡単にアプリ開発ができたり、30分とかからずブログ運営ができてしまうからです。

つまり知識のなかった個人でも簡単にWeb上に「サービス」を提供できる時代になり、そこから収益を得られる時代になったのです。

また「個人」の強みをいかせばそこから大きな収益をあげることだって可能になるため、会社の収益に頼らず自分ひとりでも豊かな生活や自分のかなえたい夢実現のための手段にもなるのです。

うまくいけば個人の「Webサービス」で月100万稼ぐことだって十分可能なんです。

そういった大きな可能性のある「個人Webサービス」ですから、現在チャレンジしてみたいと考えている人は多いし、あなたもそのうちの一人のはずです。

そんなあなたが本記事をご覧になられたのは何かのご縁だと思います。

なので是非本記事を参考に個人「Webサービス」を始めてみましょう。

以下の記事を参考にすれば30分とかからずブログを開設できます。

また以下のリンクからはアプリ開発をアプリ開発業者に簡単に外注できます。

お読みいただきありがとうございました。

個人 web サービス 収益 化

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

読んでくださってありがとうございます。もし良ければシェアお願いします。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次