書いて稼ぐ。4つの状況にあわせた稼ぎ方をご提案!

書いて稼ぐ

書いて稼ぎたい

これって誰しもが憧れるお金の稼ぎ方だと思いませんか?

だって「書くこと」自体がそもそも楽しいことだし、「書いて稼ぐ」というのは「自分の思い」がそのまんまお金に変わっていくようでかっこいいですからね!笑

現に私自身もこの「書く」ということが昔から好きだった(書くこと自体は苦手)ので、「将来は書いて稼げる職業に就けたらいいなぁ」と思ったりもしてました。

まぁ結局その夢は叶わなくて、現在は都内で普通のサラリーマンをやっているんですけどね~。泣

それでもやはり「書いて稼ぐ」という夢をあきらめきれず、2021年に「ブログ運営」を始めてみることにしたんです!

すると、こんな私でも「ブログ運営」で稼ぐことができるようになったんですね!

当初は諦めていた「書いて稼ぐ」という夢がかなったんです!

さて現在コロナの影響もあり、この「書いて稼ぐ」を筆頭に、家にいながら稼ぐ方法を模索している人が本当に増えましたよね?

そしてあなたもそのうちの一人ではないでしょうか?

外には出れないし、家事も育児もある。

そんな状態でどうやって稼いだらいいのか?とみんなが悩んでいると思うんです。

そんな中、あなたも含め多くの人がこの「書いて稼ぐ」という手段に行きつくんですね。

何故なら、「書いて稼ぐ」というのは場所を選ばずにできるし、誰でも「書く」ということ自体は簡単にできるからです。

なので「書いて稼ぐ方法」というのは、現在大人気の在宅ワークの一つなんです。

しかし書いて稼ごうにも、どのようにしてこの「書く」ということを「お金」に変えたらいいのか分からないといった方は多くいるはずです。

中には「本当に稼げるの?」と不安に思う方もいっらしゃると思います。

なので今回、現に「書いて稼いでいる筆者」が何故「書いて稼ぐこと」がいまおすすめなのか?

また「書いて稼ぐ」オススメな職業とは何で、その職業ごとの稼ぎ方についても紹介してまいりたいと思います。

本記事をお読みいただいて、是非あなたにも「書いて稼ぐお仕事」を始めてもらいたいと思います!

前置きが長くなりました!

それでは参りましょう。

この記事を書いているのは
shu
  • shu、32歳
  • 2年目個人ブロガー
  • 収益5桁達成中
  • アパレル会社所属(EC、webマーケティング部門所属)
  • 個人所持サイト「3つ」
目次

文字を書いて稼ぐのはこれからおすすめな稼ぎ方!

書いて稼ぐ

「書く」という行為は、いつの時代であっても人がおこなってきたことですよね。

例えば小学校の時に書かされた「作文」。

あれ、本当につらくありませんでした?

授業で半強制的にやらされるものなので、誰しもが避けては通れないものだったはずです。

まぁ、そのように幼少期から「書く」ことに触れることで論理的に物事を考えられる「力」がついたり、伝えたいことを伝えられる「力」がついていく。

そう思うと、確かにきつくても「作文」を書くという行為は決して無駄ではなかったなぁとも思いますが。

或いは「大好きな人に手紙を送る」というのも沢山の人が経験してきたことではないでしょうか?

そんな時は「作文」なんかと違って、「辛さ」なんてみじんもないから、意気揚々と書いている自分に気づけるわけです。

内気な人であれば普段から大好きな子とはとても話せないでしょうから、なおさらこうした「手紙」は頼りになる手段だったはずです。

それにこれからの時代、人と対面して話す機会よりSNS上の「テキスト」を通して会話する機会の方が増えそうな気もします。

そんな時この「書く」という能力が身についていれば、相手を不愉快な思いにさせることもないし、もしかしたらその「テキスト」を通して良い企業や良い人に巡り合えるかもしれません。

すいません、何が言いたいのかと言うと「書く」というのはいつの時代、どんな世代であっても人の生活と密接なんですね。

「書くことは=考える事」とはよく言ったもので、生きていくために必要なことと言ってもいいかもしれません。

人が生活する上で「書く」という行為は必要なものだし、どんなに便利な時代になってもこの「書く」という需要は決してなくならないものなんです。

なのでこの「書く」という事以上に、いつの時代も我々が身につけるべき能力というのはないんですね。

  • 「書く」能力さえあれば、論理的に物事を考えられるようになる。
  • 「書く」能力さえあれば、相手に自分の思いをただしく伝えられる。
  • 「書く」能力さえあれば、良質なコミュニケーション生活を送ることが出来る。

それに、いまは簡単に「書く」という行為を簡単に「お金」にかえられる時代です。

詳しくは後述しますが、例えば「webライター」という稼ぎ方であれば「1文字」単位でお金がもらえますし、私のような「ブロガー」であれば、自分の書いた「文字」が読者の目にとまり続ければ半永久的に稼いでくれるようにだってなります。

その際「書く」能力さえあれば多くの収益を、誰にも頼らず自分自身の力で生み出せるようになるのです。

これまでもこの「書く」行為の頻度というのは人間一人一人等しくあたえられてきたわけですが、現代以上にこの「書く」ということを「お金」にかえやすい時代はないんです。

なのでこの記事を読んでいるあなたにも是非そのことを理解していただき、「書く」という行為をお金にかえてほしいとおもうわけであります。

それでは以下より本記事の内容に進んで参りましょう。

「書いて稼ぐこと」が圧倒的に有利になった今、我々はどのような手段で「書いて」稼いでいけばいいのでしょうか?

今すぐ書いて稼ぎたい

とりあえず「今すぐ稼ぎたい!」と思うようであれば「クラウドソーシング」に無料登録してみることをおすすめします。

「クラウドソーシング」というのは我々ワーカーと、クライアントを結ぶソーシャルネットサービスですね。

有名な「クラウドソーシングサイト」ですと、「クラウドワークス」「ランサーズ」、「Bizseek」などがあります。

その「クラウドソーシング」に登録すればすぐにでも稼ぐことが可能なんです。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」 ライティングからサイト制作まで【Bizseek】

それではその「クラウドソーシング」を使って稼ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

以下で見てみましょう。

webライターとして稼ぐ

例えばその「クラウドソーシング」に登録すれば、「webライター」として今すぐにでも稼ぎ始めることが可能です。

あなたのような「書いて稼ぎたい」と思っている人材は非常に重宝されます。

例えばこの「クラウドソーシング」上のクライアントの中には、企業記事の執筆をお願いしたい「企業勤め」の人がいたり、ブログ記事の執筆を依頼したい「個人」の人が非常に多くいます。

そしてそうしたクライアントからすれば、あなたのような人材を常に欲しがっているんです。

なので条件さえあえば、すぐにでも「webライター」として稼ぎ始めることができるんですね。

特にこの「クラウドソーシング」上で需要が高いのが今述べた「記事執筆」です。

昨今、スマホニュースで掲載されるニュース記事を読む人は本当に増えましたからね。

常に企業は「記事執筆」をしたいし、その「記事」を書いてくれる人材を求めております。

なのでこれまで「webライター」を経験したことがないような人でも簡単に獲得できる案件も多いんです。

それにうまくいけばクライアントから長期契約を結んでもらえたりもするのでそれ以降も稼ぐことが可能なんですね。

まずは「webライター」から始めてみるという人は非常に多いです。

項目webライターの評価
始めやすさ☆☆☆☆☆
拘束時間☆☆☆☆
場所の自由さ☆☆☆☆☆
必要なスキルSEOライティング
平均月収21万円~46万円

アンケートモニターやタスク案件で稼ぐ

またこの「クラウドソーシング」には簡単な「アンケートモニター」「タスク案件」も紹介されているので、そういった案件に応募すれば休憩時間や通勤時間などのちょっとした隙間時間でも稼ぐことが可能です。

例えば「アンケートモニター」は簡単なアンケートに答えるだけで100円~1000円を貰えたりします。

また「タスク案件」の中には「企業商品の口コミ」を200文字くらいで答えるだけで500円くらいもらえたりできる案件もあります。

普段行っているツイッターの投稿が「約140字」なのでそう思うと簡単ですよね?

こうした「アンケートモニター」や「タスク案件」は経験不問で、誰でも簡単に稼ぐことが出来ます。

空いた隙間時間に行えるのも嬉しいですよね。

一度無料登録してみてどういった案件があるのか探してみてはいかがでしょうか?

勿論どの「クラウドソーシングサイト」も登録無料です。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」 ライティングからサイト制作まで【Bizseek】
項目アンケートモニターやタスク案件の評価
始めやすさ☆☆☆☆☆
拘束時間☆☆☆☆☆
場所の自由さ☆☆☆☆☆
必要なスキル特になし
案件報酬10~150円

有名になって稼ぐ

有名になって稼ぐ

「有名になって稼ぎたい」という方も非常におおくいらっしゃるはずです。

今は昔と違って、ネットビジネスが盛んになりましたからね。

誰しもが有名になるチャンスはあるし、その為の稼ぎ方も既に備わっております。

以下で詳しく見てみましょう。

小説家、エッセイストで稼ぐ

昔と違って現代は「自作」を発表できる機会が本当に増えました。

例えばインスタグラムで「自分の書いた」エッセイや物語を投稿し続けた結果、出版社の目に留まり出版が決まったなどといったケースも今では決して珍しくありません。

また未だに「投稿サイト」や「作家の集い」などのアナログな場もなくなっていないこともあり、そういったところで「自作」の営業すれば「出版社」の目に留まり「プロデビュー」も叶うかもしれません。

しかし、やはりこの「小説家」「エッセイスト」というのは狭き門です。

そもそも有名な人が「小説」を書いたり「エッセイ」を書いたりすれば売れるかもしれませんが、まったく無名の所から「プロデビュー」を飾るのは現代においても非常に難しいと言えるでしょう。

それに仮に出版がきまったとしても印税があるため、多くの部数を売らなければ自分の懐に入る金額はかなり低くなります。

そういったことを考えると、稼げない期間があっても耐えられる忍耐力と覚悟が求められる稼ぎ方と言えます。

項目小説家、エッセイストの評価
始めやすさ☆☆
拘束時間
場所の自由さ☆☆☆
必要なスキル知識、メンタルの強さ、タスク管理能力
平均月収10万円〜30万円

ブロガーとして稼ぐ

その点「ブロガー」はどうでしょうか?

私もやっている「ブログ運営」ですね。

このブログ運営はPC一台さえあれば毎月「1000円」もしないサーバー運営費のみで行えるのが特長です。

そしてこの「ブログ運営」であれば「有名になって稼ぐ」ということも先程の小説家やエッセイストと比べてそこまで難しくありません。

というのも「ブログ運営」というのは「ネットビジネス」だからなんですね。

先程の小説家やエッセイストと比べて自分の「作品能力」だけで収益をあげる必要はないのです。

「ネットビジネス」というと少し難しく聞こえるかもしれませんが、そこには稼ぐための「ブログ運営術」というものがあるわけで、その運営術を正しく身につければ誰しもが稼ぐことが可能なんです。

現に私もこのブログ運営で稼ぐことができている一人ですし、現在本当に多くのブロガーが多大な収益をあげているんです。

またその正攻法を学び、ブログ運営を行っていけばブロガーとして有名になることだってできますし、有名なブロガーにでもなれば社会に与える影響力も大きくなります。

shu

ブログ運営術に関してはこの「shu blog」でも配信しているので、機会があれば他の記事もチェックしてみてください!

これからの時代で「書いて稼ぎたい」と思った際、現実的で夢のある稼ぎ方といえるでしょう。

興味のある方は是非以下の記事よりブログ運営を始めてみましょう。

本当に簡単で30分とかからずに自分だけの「ブログ」が開設できます。

項目ブロガーの評価
始めやすさ☆☆☆☆☆
拘束時間☆☆☆☆
場所の自由さ☆☆☆☆☆
必要なスキルSEOスキル、キーワード選定スキル
平均月収5万円〜30万円

特技とあわせながら書いて稼ぎたい

特技をいかして稼ぐ

またこの記事を読んでいる方の中には、「書く」ということが幼少期から得意だった人もいるはずです。

私自身苦手だったので、そういう人を非常に羨ましいと思う訳ですが・・。

そのように「書く」ことが得意な人にはどのような稼ぎ方があるのでしょうか?

翻訳家として稼ぐ

例えば、「書くことが得意な人」は「翻訳家」として稼ぐことも可能でしょう。

翻訳家の募集要項を見てみると、複数の外国語を話せることやTOEICが800点を獲得している事が条件として含まれることが多いです。

それに加え、瞬時に翻訳しなければならないので、物事を論理的に考えることができる人でなければとても務まりません。

それくらい難しいことを要求されるわけですが、その分の報酬も高い傾向にあります。

なので「書くことが得意」だという人は是非こうした職業にチャレンジしてみてもいいかもしれません。

項目翻訳家の評価
始めやすさ
拘束時間☆☆☆☆
場所の自由さ☆☆
必要なスキル言語知識、内容理解力、TOEIC800点
平均月収30万円〜40万円

大手企業の専属ライターとして稼ぐ

また「書くことが得意」で、その能力も十分であると評価されれば大手企業の専属ライターとして稼ぐことも可能です。

専属ライターとはさきほど「クラウドソーシング」上の「webライター」のように様々なクライアントと契約するのではなく、特定の企業1社のみと契約しているライターのことです。

契約している企業は1社のみなので、まとまった案件をもらいやすいし、スケジュール管理も楽なんですね。

何よりも大手企業の専属ライターであればその報酬額も高い傾向にあるので、案件ひとつで十分な生活が送れたりします。

空いた時間も増える為その分、自分の好きなように生きていけるんですね。

この専属ライターのなりかたとしては、企業の専属ライター部門に就職する方法や、フリーランスとして活動しその能力を買われて独自契約する方法などがあります。

項目専属ライターの評価
始めやすさ☆☆
拘束時間☆☆☆☆☆
場所の自由さ☆☆☆☆
必要なスキルSEO理解力、SEO知識、ライティング技術
平均月収50万円〜70万円

大きな額を書いて稼ぎたい

大金を稼ぐ

書いて「大きな額」を稼ぎたいという方も多いはずです。

結論から言ってこの「書く」という行為で「大きな額」を稼ぐことは十分可能です。

以下で見ていきましょう。

アフィリエイターとして稼ぐ

まずは「アフィリエイター」として稼ぐ方法です。

そもそもアフィリエイトとは、ある企業の商品やサービスを紹介してその「成果報酬」を得る仕組みの事をいいます。

そのアフィリエイトを行うためには「ASP」と呼ばれる「広告仲介業者」から「アフィリエイト広告」をもらうことで行えるようになります。

その際自身のブログがあれば誰でもこの「ASP」と無料で提携でき、自分のブログにその「アフィリエイト広告」をはることが出来るため誰でも簡単に「アフィリエイター」として活動することが出来るんです。

そしてそのアフィリエイト広告案件の中には「報酬単価」が「1万円以上」のものも沢山あるため、誰しもが大金を手にすることができるんですね。

ただ、その際自分のブログが多くの読者によまれる必要があるのでやはり簡単なことではありませんが、先程も述べた様に正しいブログ運営術を身につけていけば「アフィリエイト」で収入を得るというのは誰であっても可能なんです。

項目アフィリエイターの評価
始めやすさ☆☆☆☆
拘束時間☆☆☆☆☆
場所の自由さ☆☆☆☆
必要なスキルSEO理解力、SEO知識、ライティング技術、キーワード選定技術
平均月収15~100万円

noteやkindleなどの自社出版

またあなたに「書く能力」が備わっていれば「note」や「kindle」などを使って自分のコンテンツを販売することができます。

例えば「note」であれば「有料公開機能」というものがあり、自分で書いた記事を「有料販売」することができます。

そして「売上金額」から「販売手数料」が引かれた額があなたの収益になるんですね。

その際、「価格設定」はあなたの一存に委ねられるので、どんな金額でも販売することができます。

仮に「100万円」であっても販売することができるというわけです。

またそれは「kindle」であっても同じで、誰しもが自身のコンテンツを電子書籍化にすることが可能なんです。

無名のうちは、買い手が中々付きづらいかもしれませんが、有名になったりフォロワー数が多くなればその分売りやすくなるし、大きな額を手にすることも可能なんです。

すべては「実力次第」ですが、非常に夢のある稼ぎ方です。

項目自社出版の評価
始めやすさ☆☆☆☆
拘束時間☆☆☆☆☆
場所の自由さ☆☆☆☆
必要なスキルコンテンツ作成力
平均月収30~40万円

月100万在宅も夢じゃない

ここまで「書いて稼ぐ」方法をジャンルごとに見てきました。

今ご紹介してきたように、それぞれのニーズにあった稼ぎ方というのは既に備わっていますし、あなたに「書く能力」さえ備わっていればあらゆる状況に応じた稼ぎ方ができるようになります。

それは例えば「在宅」しながら「月100万」を稼ぐことも可能になるという事なんです。

夢がありますよね~。

そのくらいこの「書く」という市場は大きいんですね。

その市場の背景にはいつの時代もこの「書く」という行為が人とは切り離せない行為であったという裏付けだし、いつの時代であっても「書く」ことによって人は心を動かされてきた証拠だからです。

「月100万なんておおげさな!」なんて思われるかもしれませんが本当に可能なんですね。

現に私の周りでも「月1000万以上」ブログ運営で稼いでいる人もいますし、「webライター」としての能力を買われ「文字単価3円以上」の「案件」をもらっている人も数多くいます。

本当に夢のある「稼ぎ方」なんです。

この「書く」というのは。

勿論簡単なことではありません。

「書いて稼ぐため」には「ライティング技術」が問われるし、数多くの書籍を読み漁って勉強する必要もあります。

それでもこの「書いて稼ぐ」というのは夢のある稼ぎ方にかわりはないし、現実的な稼ぎ方でもあるので挑戦する価値は絶対あるのです。

現に「書くのが苦手」で、全くの「無知」であった私でも書いて稼ぐことができるようになったわけですから。

あなたがこれから「書いて稼ぎたい」と思っているのであれば、是非このことを念頭においてもらえればと思います。

「書いて稼ぐ」は現代の憧れの稼ぎ方。

本記事では「書いて稼ぐ」ことの重要性と、ジャンルごとの稼ぎ方について解説してまいりました。

「書く」という行為は人間であれば誰しもが行ってきたことだし、これからも多く行っていく行為です。

そんな「書く」において今後ますますその重要性と需要は増していくでしょう。

また誰しもが日常的に行っている行為だけあって、この「書いて稼ぐ」ということに憧れを抱いている人は現在非常に多いのではないでしょうか?

いずれPC一台、この「書く」ひとつで、家にいながらも多くの収益を上げたいと思うかたは多くいるはずです。

ここで紹介してきたように「書いて稼ぐ」と一重に言ってもその方法はさまざまにあります。

そしてその「書く」において現代は非常に稼ぎやすくなってきているんです。

これから「書いて稼ぐ」ことに挑戦したいというかたは是非本記事を参考に、自分のあった稼ぎ方を見つけ、「書いて稼ぐ」ことに挑戦してみてください。

お読みいただきありがとうございました。

書いて稼ぐ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

読んでくださってありがとうございます。もし良ければシェアお願いします。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次へ戻る
トップへ
目次
閉じる