\エックスサーバーが7月4日までの申し込みで、月額693円でブログ運営ができちゃうお得なキャンペーン実施中!/

人生やり直したい。そう思う3つの原因と解決策について!

人生やり直したい
  • URLをコピーしました!

「人生をやり直したい」。

このように考える人は残念ながら多いはずです。

人生には失敗がつきものですからね。

例えば転職に失敗しただったり、結婚に失敗しただったりですね。

そして失敗をすれば後悔をするのが人間で、そんなときには「人生」をやり直せたらどんなにいいだろうと思い悩んでしまうのです。

現に私も過去に何度かそのように考えたことがあるし、いまこの記事を読んでいるあなたも恐らく現在同じように悩んでいるのではないかとお察しします。

しかし残念ながら人生は一度キリです。

若ければ人生にやり直しがきくかもしれませんが、40代、50代ともなるとそううまくはいきません。

やはり人生後悔なく生きていきたいし、人生をやり直したいと思わないで済むに越したことはないのです。

そこで今回「人生をやりなおしたい」と考える原因についてや「人生やり直したい」と思った時どうすればいいのか?その対処法について分かりやすく解説していきます。

この記事を書いている人とこの記事を読んで分かること
  • 人生やり直したいと考える3つの原因とは?
  • 人生やり直したいと考える人の特徴
  • 人生やり直せるとおもえる映画3選!

人生やり直したい・・・。

そう誰しもが安易に考えまずが、その具体的な方法についてはほとんどの人が分からないでいます。

本記事を読みおえたころにはあなたも自然と「生きる勇気」に包まれていることでしょう。

生きている限り、人生なんとかなるものです。

それでは参りましょう。

将来の不安に関する記事
目次

人生やり直したいと考える3つの原因とは?

人生やり直したい原因

そもそもですが「人生をやりなおしたいと考える原因」について考えてみたいと思います。

なぜ人間は人生をやり直したいと考えるのでしょうか?

人が「人生をやり直したいと考える原因」は主に以下の3つです。

  1. 今置かれている現状が辛いから
  2. 今置かれている現状に満足していないから
  3. このまま生きていても将来に期待できないから

1つずつみていきましょう。

1、今置かれている現状が辛いから

「人生をやり直したい」と考える原因としてまずは「今置かれている現状が辛いから」というものがあげられるでしょう。

生きていて「辛い」と感じる時間ほど耐え難い時間はありませんね。

「辛い」と何をしていても手につかない。

時間が長く感じる。

「なぜこんなことになってしまったのか?どこで人生間違えたのか?」と、いまの自分に嫌気がさしてくる。

ましてやその「辛い状況」に陥っている原因もわからないうえ、打破するすべも知らない。

このようなサイクルが続くと「人生」やりなおしたいと考えてしまうのは当然のことです。

2、今置かれている現状に満足していないから

また「人生をやり直したい」と考える原因として「今置かれている現状に満足していないから」というのもあげられるでしょう。

例えば後にも詳しく解説しますが代表的な例として挙げられる「お金」に関する問題。

せっかくの一度きりの人生。

  • できればやりたいことを目一杯やりたい
  • 良い家に住みたい
  • 外車も乗り回したい
  • ブランド物も身に着けたい
  • 海外旅行にもいきたい

このように誰しもが考えるはずです。

それなのに「お金」が満足にないため、あきらめざるを得ない。

そして「はぁ、どうしたものか、人生どこで間違ったのか。やり直したい・・・」

このように考えてしまうんですね。

人間は欲の耐えない生き物です。

もしかしたら「人生をやり直したい」という考えすらも人間の「欲」なのかもしれません。

3、このまま生きていても将来に期待できないから

また「このままの状態で生きていても将来に期待できないから」というのも原因としてあげられるでしょう。

人間将来に希望がもてないまま、生きていくことは難しいことです。

逆に将来に希望を持てるから生きていけるし、毎日楽しく過ごせると言えるかもしれません。

それなのに将来に希望や期待が持てないのなら毎日つまらないし「人生やり直したい」と考えてしまうのは当然のことですね。

常に人生には希望や期待をもっていたいものです。

人生やり直したいと考える人はどういう人なのか?

人生やり直したいと考える人

さて、人生をやりなおしたいと考えてしまう大まかな原因についてなんとなくそのメカニズムを理解していただきました。

続いてはもっと具体的な部分を見ていきたいとおもいます。

ここでは「人生をやり直したいと考える人」は一体どういう人なのかみていきたいとおもいます。

人は生きていればあらゆる節で「人生をやり直したい」と考えるものです。

ここで取り上げるのはあくまでも「一例」ですが、是非参考にしてみてください。

人生やり直したいと考える人とは?
  • 転職に失敗した人
  • 無職の人
  • 過去に過ちを犯してしまった
  • パートナーに恵まれなかった人
  • 健康を損ねてしまった人

転職に失敗した人

私の経験上、転職に失敗した人からよく「人生やり直したい」という声があがっているような気がします。

そもそもよくなかった現状を打開するために「転職」をしたにもかかわらず、その転職先でも境遇に恵まれない。

あの転職の苦労はなんだったのか。

またあの苦労をしなければならないのか。

前職の方がまだよかった。

なんならもっと過去にさかのぼって、一から職業を選びなおしたい。

一から人生をやり直したい。

そう思われてくる。

無職の人

また無職の人も人生をやり直したいと強く願っているはずです。

無職だとあらゆる不安が自分に降りかかります。

自分はこのままでいいのか。

収入はどうしたらよいのか。

家庭をもてるのか。

1年後、5年後、10年後、自分はどうなっているのか。

本当に色々な不安に苛まれてしまう。

「こんなはずじゃなかった。人生やり直したい」

このように考えてしまうのは当然のことです。

過去に過ちを犯してしまった

また「過去に過ちを犯してしまった」という人も「人生やり直したい」と強く願うのではないでしょうか。

人をひどく傷つけてしまった。

犯罪を犯してしまった。

取り返しのつかないことをしてしまった。

このような取り返しのつかない過ちを犯してしまったとき、人はつよく「人生やり直したい」と願います。

何故なら人生は一度きりだからです。

過去をやり直すことなどできないからです。

犯罪を犯してしまったら一生「犯罪者」というレッテルをはられることになります。

一生そんなレッテルを貼られたまま生きていくことほどつらいことはありません。

パートナーに恵まれなかった人

また「パートナーに恵まれなかった人」というのもあげられるでしょう。

例えば人生でせっかくの楽しい時期でもある10代後半から20代前半にかけて、お付き合いしているパートナーと合わないままダラダラと過ごしてきてしまった。

また、せっかく決断して結婚したのに、いざ一緒に生活してみたら家事も、子育てもしてくれない。

また自分は主婦でずっと家にいるのに、夫はやりたい放題。

家事をやらないだけでなく、毎日遊んでばかり。

なので離婚しようと思ったが、手間と苦労がかかり、子どものことを考えると簡単には決断できない。

どうしたものか、なぜこうなってしまったのか、こんなはずじゃなかった。

「人生やりなおしたい・・・」

このような話しを聞くのは一度や二度ではないですね。

健康を損ねてしまった人

また「健康を損ねてしまった人」というのも人生をやり直したいと強く願うはずです。

人生は健康が資本ですからね。

逆にいえば、健康な体さえれば大体の問題は解決できます。

毎日元気に生活するのもそう。

お金を稼ぐのもそう。

たった一度の人生を長生きできるのもそう。

豊かな生活を送るには健康な体が何よりも必要となります。

それなのに健康を損ねてしまったり、病気になってしまったら、すべてかなわなくなってしまいます。

ましてや暴飲暴食や飲酒など自分の怠惰な生活のせいで健康を損ねてしまったら、悔やんでも悔やみきれませんよね。

そうなってしまったら「こんなはずじゃなかった、人生やり直したい」と考えてしまうのは当然のことです。

健康な体こそ人生の基本です。

後悔のない人生を送れるようぜひ今のうちから自分の体に気を遣ってあげましょう。

宅配弁当サービスナッシュに関して
価格☆4.2
おいしさ☆4.5
注文のしやすさ☆4.2
メニューの種類☆4.8
栄養価☆4.8
お試し期間なし
入会金なし
年会費なし
会員わり引き制度あり
配送方法佐川急便/ヤマト運輸
配送エリア全国
送料760円~2,590円
注文方法インターネットのみ/電話によるカスタマーサポートあり
支払い方法クレジットカード/AmazonPay
「NOSH」独自評価

人生をやり直したい時とは?

人生をやり直したい時とは?

またここでは人生をやりなおしたい時とはどういう時なのか?

「世代別の代表例」についても見ていきたいと思います。

なぜ50代は人生をやり直したいと考える?

まずは50代から見ていきましょう。

50代が人生をやり直したいと考えるときとはどういう時なのでしょうか?

それはやはり年齢によるものが大きいのだと思います。

そもそも50代ともなると、人生の半分をいきたことになります。

そうなると残りの半分の人生を嫌でも意識するようになり、あらゆる状況で「人生をやり直したい」と考えがちなんですね。

例えば今就いている職業。

50代の平均年収は600万近くとされておりますが、自分がその年収に遠く及ばないときなどですね。

あるいは家庭生活でもそうです。

自分が理想としていた暖かく絵にかいたような家庭。

そんなものとは程遠い実際の生活。

妻や娘からはゲテ物扱いされ、息子からは「お前」と言われる始末。

人生の終わりを意識しつつも、原状にも不満がある。

この50代は「人生やり直したい」と考えざるを得ない世代と言えるのかもしれません。

50代の誰しもが一度は「人生やり直したい」と考えるはずです。

なぜ40代は人生をやり直したいと考える?

また同じような理由で40代も人生をやり直したいと考えやすいです。

40代といえば働き盛り。

家庭をもっていれば自分が働いて家庭を支えなければなりません。

また同時に周りからの視線も気にしがちなのがこの40代の特徴です。

  • 自分の身に着けるもの
  • 自分が乗っている車
  • 自分が住んでいる場所

などなど、あらゆる面で見栄を張りたくなるのがこの40代なのです。

つまりお金がなによりもかかるのがこの40代なんですね。

しかし働き盛りだからといって、みんながみんなお金があるわけではない。

年齢も若くないうえ、いまから将来どうこうすることもできないとあきらめてしまう。

人生こんなはずじゃなかった。

できることならまた一から人生をやり直したい。

40代はもう若くはありません。

本人のやる気があっても、体がついてこないといった場面もあるでしょう。

40代の多くの人も人生やり直したいと考えるはずです。

なぜ30代は人生をやり直したいと考える?

30代といえば、早い方であれば結婚をし、家庭を築く年でもあります。

しかししっかりと自立している人がいる一方、未熟な部分も少なからず残っている年代でもあるのがこの30代なんですね。

例えばプライドが高いだとか、後先考えずに行動してしまうとか。

そしてそういう精神的に未熟な部分があるせいで、人生において大きな失敗をしがちなのもこの30代なんですね。

例えばギャンブルをして負けただとか、詐欺グループに加担してしまったとか。

現実の厳しさを知っているがゆえに、精神的に未熟な部分を抱えているせいで、大胆な行動をとってしまいがちなのです。

そしてそれが取り返しのつかない大きな失敗にでも繋がろうものなら、このあとはもう言わなくても分かりますね。

また30代は結婚をする人が多い年でもあります。

20代であれば、仮にパートナー選びに失敗しても離婚するなどして再スタートをきることができますが、30代はなかなかそうはいきません。

人生において重要な決断を強いられる機会が多い分、「人生やり直したい」と思う機会が多い年代なんですね。

なぜ20代は人生をやり直したいと考える?

20代はまだまだ幼いです。

それでも人間、生きていれば年齢に関係なく「人生やり直したい」と考えるものですよね。

それでは20代はどのような節に人生をやり直したいと考えるものなのでしょうか?

私もそうでしたが、20代といえば将来について真剣に考える年代ですね。

将来の職業。

将来のお嫁さん。

20代なんてのは理想も高いため、自分が思い描いた人生像が叶えられないと分かったとき、どこで俺は間違えてしまったんだと、人生やり直したいと考えるのではないでしょうか?

また今自分が行っている行動は正しいのか?

自分が置かれている環境はいまのままでいいのか?

仮に最適な場所に身を置いていたとしても、現在の自分や環境に疑問を持つのがこの20代なのです。

要するに常に自問自答しているんですね。

20代はまだまだ若いです。

まだまだ人生はこれからです。

いくらでもやり直しがききます。

なのでそこまで悩む必要はないのです。

しかし、そうやって20代のうちにきちんと身の回りのことを心配しないでいると今まで見てきたような30代、40代、50代になってしまうので注意が必要です。

人生やり直したい気持ちになることはどういうことか?

人生やり直したい気持ちになることはどういうことか?

ここまで人生をやり直したい人とはどういう人なのか?

その特徴や、年代別の代表例を見てきました。

人生をやり直したいと誰しもが一度は考えたことがあるはずです。

そんな「人生をやり直したい」という感情は一体どういう感情なのでしょうか?

そしてそういった感情を抱くことは悪いことなのでしょうか?

ここで見てみましょう。

人生をやり直したいという感情は一体どういう感情なのか?

そもそも「人生をやり直したい」という感情はどういう感情なのでしょうか?

先ほども述べた通り「人生をやり直したい」という感情は人間であれば誰しもが一度は考えるもの。

何故なら人間は後悔する生き物で、欲深い生き物だからです。

なのでこの「人生をやり直したい」という感情は人間であれば誰しもが抱く自然な感情なんですね。

そもそもこの「人生をやり直したい」という感情の正体がどういうものか?ということなど考えなくてもいい問題なのです。

単なる欲の一つで、自然な感情の一つなのですから。

だってどんなに恵まれた環境に身を置こうと、誰しもが羨む環境に恵まれようと、人間は欲が尽きないでしょ?

恐らくそういった人も「人生やり直したい」と考えたことはあるはずですよ。

もっと楽ができないか?

現状をもっとよくできないか?

いまのままでいいのか?

いや、いまのままじゃきっとダメだ、人生やり直したい・・。

こんな感じでですね。

ですからごく自然な感情なんですね。

この「人生やり直したい」と思う感情というのは。

人生をやり直したいと思うことは悪いことなのか?

ですから別に「人生をやり直したい」と考えることは悪いことではありません。

自然なことです。

何度でも思ってもいいことだし、いつどんな年齢でも思ってもいいことです。

しかし決してポジティブな感情ではないですね。

この「人生をやり直したい」という思いは、後悔と同じ思いですし、現状を改善することをあきらめた人間からでる言葉といってもいいですからね。

それに人生をやり直したいと思うのは自由ですが、いざやるとなるとなかなか難しいはずです。

現在の環境を投げ捨てるわけですからね。

その選択のせいで迷惑をかけてしまう人も当然いるでしょう。

また後に解説しますが、人生をやり直すためには実際には多くの準備が必要です。

どのような人生にしたいかにもよりますが、相応な覚悟が必要になるでしょうし、リスクも伴ないます。

実はないものねだりをしているだけで、現状の方がよかったりもするのです。

なのでいずれにせよ人生をやり直したいと思う感情は決して「良い感情ではない」ということだけは知っておきましょう。

人生やり直したいと思わなくて済む必要な準備とは?

「人生をやり直したい」と思うことは決してポジティブなものではないということはさきほど述べさせていただきました。

なので当然「人生をやり直したい」などという後悔の念を抱かないに越したことはないんですね。

誰しもが抱く思いだといっても、抱かない方がよい感情なのです。

それでは将来的にこの「人生をやり直したい」と思わないためにはどうしたらよいのでしょうか?

どのような準備をして普段から生活をすれば「人生をやり直したい」などと思わないで済むのでしょうか。

ここではそんな必要とされる準備や生活態度について見ていきたいと思います。

人生やり直したいと思わなくて済む必要な準備とは?
  • 一定水準以上の環境に身をおく
  • 資格をとる
  • 大学に進学する

一定水準以上の環境に身をおく

まずは「一定水準以上の環境」に置くことが大切です。

この「一定水準以上の環境」さえ確保できていればある程度の人間は現状に満足出来ます。

「人生をやり直したい」という思いは、現状に満足できない人間が抱く思いでもあるからです。

ただ言うのは非常に簡単ですが、これが一番難しいんですね。

それに「水準」というのも人によって、そのさじ加減は異なります。

なのでこの「一定水準以上の環境」を定義づけることは簡単ではありません。

例えば、

  • あなたは毎日おなか一杯にご飯を食べられていますか?
  • 雨風を凌げる場所で毎日暖かく眠れておりますか?
  • 一週間のうちに一日でも好きな時に寝て、好きな時に起きられる瞬間がありますか?
  • 或いはいま健康な体で毎日を過ごせておりますでしょうか?

上記のような条件さえ抑えていれば、あなたは「一定水準以上の環境」を確保できていることになります。

何故なら以上の条件さえ整っていれば、生きていくことができるからです。

そして生きていくことだけでもできれば、自分次第で自分の人生を決めることが出来るからです。

つまり「挑戦」する条件だけはすでに整っていることになります。

もちろんそこから失敗すれば「人生やり直したい」と後悔することもあるでしょう。

しかしあなたは「挑戦」だけでもさせてもらえた人間なのです。

今述べたような一定水準以上の環境は日本人で有ればほとんどの人が生れながらに備わっているケースがほとんどです。

世の中には挑戦すらさせてもらえない人が多くいます。

しかし我々日本人は違いますね。

「人生やり直したい」と思えるだけでも幸せなことなのかもしれません。

ブログの始め方、ブログのメリットとデメリットに関して

資格をとる

もっと現実的な話をしますと、資格をもっているだけで人生は有利に生きていくことができます。

昔から「手には職」という言葉が親しまれてきましたが、いまの時代まさにこの言葉の信憑性がわかるのではないでしょうか。

というのも、これからの時代AIが人間の仕事を奪うと言われております。

人間同士による雇用の奪い合いもさらに激化していくことでしょう。

そうなったとき、最低でもなにかしらの資格がなければその競争に勝てなかったり、不当な扱いを受けてしまったりするのは当然のことです。

どんな資格でもいいんです。

私もそういった心配があって「Webライティング能力検定」という資格を30代になってからとりましたし。

そしてそのおかげで副業でやっているブログ収入も増えました。

なので現代ですと確実に「資格」が、自分の人生の追い風になってくれるんですね。

人生をやり直したいと考える原因は、自分に誇れるものがなにもないからです。

そんなとき、他人に誇れるような資格があればそんな思いをしなくてすむのです。

この機会に是非、資格取得に向けチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

大学に進学する

個人的に「人生やり直したい」という意見は大学にいっていない、もしくは大学選びに失敗した人からよく聞かれる言葉のような気がします。

「俺も大学にいっていればこんな人生にならずに済んだ。人生を一からやり直したい」こんな感じですね。

大学進学は私も経験しましたが、確かに行くだけで様々なメリットが自分にもたらされます。

例えば交友関係。

多くの同世代の人達と知り合うことができ、その中からそのあとの辛い人生を支え合える親友にだって出会えるかもしれません。

または今後の人生について深く考えられるのがこの大学期間の良さだったりもします。

大学生のメリットは何よりも多くの時間がもたらされること。

自分の人生をどう歩んでいくか、どう歩んでいけば自分は幸せになれるのか?ということを時間をかけて考えられるし、そのための準備もできます。

時間を掛けたら掛けた分、愚かな失敗もせずに済むし、物事の是非もわかるようになります。

よって軽率な行動も慎むようになるので、その分「人生やり直したい」機会に遭遇する可能性も少なくなります。

なので大学進学は私も心から進めたいのです。

なにも現在やりたいことが明確でなくてもいい。

とりあえず行くだけでもいいのです。

大学に進学するだけで「人生をやり直したい」と将来的に思わないで済むのであれば、それだけでも行く価値はあるはずです。

人生をやり直すために必要な5つの準備とは?

人生をやり直すために必要な準備

それではここにきて、ようやく本題に触れていきたいと思います。

人生をやり直したいと考えたとき、どうすれば人生をやり直すことができるのでしょうか?

例えばあなたが多額の借金を抱えてしまったとしましょう。

当然「こんなはずじゃなかった、人生やり直したい」と考えるはずですね。

そんなときその多額な借金を一回で返済できるほどの額のお金が手に入り、一度で借金を返済できたとして、それは果たして人生をやり直せたといえるでしょうか?

おそらくそんなに簡単に借金を返済できたとしても、あなたは再度おなじ過ちをおかしてしまうはずです。

人生で、問題を一度解決したとしてもまたそのあと同じ過ちを犯してしまったら意味がありません。

人生をやり直すためには、そういった表面的な問題を解決しても意味がないんですね。

今までの自分を置き去りにし、弱い自分と決別することが大事なんです。

そもそも自分に自信と誇りがあれば、どんな人生でも後悔などしないのです。

大切なのはいま自分が満足できる生き方や選択ができているか?なのです。

それができないがために「人生をやり直したい」などと思うのです。

なのでここではどうすれば「人生をやり直したい」などと思わずに生きていけるか?

どうすれば後悔をせずに生きていけるか?そのマインドについて以下の5つの項目ごとに見ていきたいともいます。

人生をやり直すために必要な5つの準備とは?
  1. 挑戦する心を忘れない
  2. 覚悟を持って生きる
  3. やりたいことを我慢しない
  4. 好きな人に好きと伝える
  5. 過去はやりなおせない事実を受け入れる

1、挑戦する心を忘れない

まずは挑戦する心を忘れないことです。

つまり「向上心」ですね。

例えば自分の人生に大きな災いが起きたとします。

多額の借金を抱えたりだとか、不慮の事故とかが起きただとかですね。

そしてひどく落ち込んだとしますね。

そんなときこの「挑戦する心」を忘れなければ「人生をやり直したい」とはなりません。

言葉で言うのは簡単で、実際にはそんな生易しいものではないのかもしれません。

しかしこの向上心が高ければ高いほど「人生をやり直したい」などというネガティブな感情に決して負けることはないんですね。

前述したように人間生きていれば誰しもが必ず「人生をやり直したい」という思いを持つことがあるでしょう。

しかし向上心や、挑戦する心がある人はどんなことがあっても負けないんですね。

2、覚悟を持って生きる

また「覚悟を持って生きる」ということも大切です。

この「覚悟を持って生きる」とはどういうことなのかというと、自分の人生に責任をもつということです。

どんなことがあっても自分が起こしてしまったこと、自分に起きてしまったことに責任をもつ。

例えば自分に不幸があったとしたら、覚悟が足りない人というのは他人をうらやましく、恨めしく思ってしまいます。

なんで自分ばかりこんな思いをするんだと。

しかし「覚悟」をもっていれば、そんなことにはならないですね。

なぜなら自分の人生に責任を持てれば、自分という人間は他にいないことがわかるし、他人と自分の人生を比較しても意味がわかるからです。

そうしてブレない芯が備わるんです。

そしてこのブレない芯があれば、自分の人生を肯定することができ、いかなる人生も背負っていけるのです。

人生をやり直したいと思うのは自由ですが、人生をやり直すということはそれまでの楽しい経験も愛しい人も全て無にするということです。

「覚悟」をもっているひとは、たった一度や二度のつらい経験でそんな無責任なことをしたいとは考えないですよね。

3、やりたいことを我慢しない

また「やりたいこと」を我慢せずに普段から生きている人も人生をやり直したいとはあまり考えません。

というのも、普段からやりたいことをやっている人はのちのち後悔をしないからですね。

そもそも人生をやりなおしたいと考える人の多くは、やりたいことをやれてこなかった人たちです。

例えば行きたい学校があったのに、その学校に進学しなかったとかですね。

もちろん普段からやりたいことや好きなことをやれるというのは、限られた人に与えられた特権でもあります。

みんながみんなやりたいことを普段からできるわけではないですから。

お金の問題だったり、地位の問題だったり、家庭の問題だったり。

そういったいろいろな問題をクリアできた人が初めてやりたいことをやれるわけですからね。

しかしそれでも自分の気持ちに正直になって、普段から言いたいことをいったりだとか、食べたいものを食べたりだとか、行きたい場所に行ったりだとかという小さい欲求というのは、さまざまな問題に囲まれながらでも行うことができるはずです。

「やりたいこと」を我慢しないというと、少し大袈裟かもしれませんが「自分に正直になる」という生き方であれば、少しは受け入れやすくなるのではないでしょうか?

そしてその小さい積み重ねの結果、自分の「人生」に満足できるのではないでしょうか。

4、好きな人に好きと伝える

先ほども触れたように「自分に正直になる」生き方をすれば、人生に悔いは残りづらいです。

その中でも特に「好きな人に好きと伝える」という行いをしておくことで大半の後悔は免れます。

たった一度の人生。

誰かを好きになることほど尊いことはありません。

多くの人が存在する時代の中で、好きな相手と出会えることほど尊いことはありません。

そしてその好きな相手に好きと伝えられることほど幸せなことはないのです。

「好きな人」というと異性ばかりだと捉えられがちですが、決して異性だけではないですね。

どんな人にも愛しいと思える家族やペットがいるはずです。

そんなご両親や、兄弟、ペットに「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えるだけでもいいのです。

それだけで自分が今置かれている境遇が決して当たり前じゃないことに気付けるはずです。

産まれて来れたこと。

愛しい人に囲まれていること。

そういった環境に恵まれていることに気付けば人生をやり直したいとは思わなくなるはずです。

5、過去はやりなおせない事実を受け入れる

人生はあっという間です。

今こうしている間にも、残りの人生は少なくなっていきます。

また時間は誰に対しても平等で、誰であっても過去をやり直すことなどできません。

そうつまり「人生」をやり直すことなど誰もできないのです。

今の人生に満足がいかないのであれば、その人生をよくしていくことしか我々にはできないのです。

その事実を受け入れられるかが重要です。

例えばひどい過ちを犯してしまったとしても、過去は変えられないのでその過ちを犯した事実を背負って生きていかなければなりません。

仮にこの事実を受け入れられなければ、たった一度の失敗で挫折してしまいそうになるでしょう。

しかしその事実を受け入れられる覚悟があれば、その都度悩まなくて済むのです。

現状は自分でどうにか打開するしかない。

そう割り切って間に進んでいくことができるのです。

そして過去をやり直せないことを知っていればいまこの瞬間を大切に過ごすことができるのです。

人生を一からやり直すための現状打開方法について

そこで話は「人生を一からやり直すための現状打開方法」に移らせていただきます。

事実として、人生はやり直すことなどできませんが、自分の行動次第では人生をやり直したいと思うほどの辛い現状を打開していくことはできます。

ここではそんな誰でもできる現実的な現状打開方法について例によって述べていきたいと思います。

人生を一からやり直すための現状打開方法とは
  • 転職する
  • 移住する
  • 離婚する
  • 外出する

転職する

まずは何よりも転職という行いでしょう。

職場での悩みは誰しもが抱えているものですからね。

例えば給料が低い、上司が嫌だ、2時間もかかる通勤が嫌だとかですね。

なのでこのような悩みを抱えている人は思い切って転職してみてはいかがでしょうか?

そして自分にあった企業が見つかれば一気に現状を打開することができるはずです。

自分には転職など難しいと決めつけていませんか?

転職は面倒だし、現状維持のままでいいと決めつけていませんか?

現在は転職サービスも充実していますし、その際のサポートも充実しています。

また先ほども述べたよう何も挑戦しないからのちのち後悔してしまうのです。

人生には挑戦が必要です。

仮に現状を打開できなくても挑戦することに意味があるのです。

なので優良の企業に無料相談だけでものってもらってはいかがでしょうか?

移住する

また現在住んでいる環境のせいで、人生に不満を持っている人も多いはずです。

例えば陽当たりが悪いマンションに住んでいるとかですね。

そういった方は少しでも自分の提示条件にあった住まいに移住することをお勧めします。

人間の生活の中で「衣食住」は基本中の基本です。

住居を変えることは即ち人生を変えることなのです。

なにもハワイに行けといっているのではないですね。

横浜や恵比寿に住めといっているのではないのです。

高望みはやめつつも、少しでも自分の条件にあった場所に住む。

それだけで精神的なストレスは大きく緩和されます。

そしてその結果精神がだんだんと安定してきて、不満を自身で解決する力が養われていくのです。

離婚する

また既婚者の中からよく「人生をやり直したい」という声が上がる理由は、人生のパートナー選びに失敗してしまったことが原因としてあげられます。

そういったときは離婚することも視野にいれてみましょう。

ただなかなか決断することは難しいかもしれません。

子供や親せき、両親のことを考えるとなおさらですね。

しかし例えば夫から暴力を受けているだとか、夫が働かずに家にばかりいるだとか、家事をまったくしてくれないだとか。

そんな夫と一生一緒にいるくらいだったら、将来の自分を守るためにもこういった大きな決断も時には必要です。

離婚することには勇気がいります。

また離婚した経歴も消すことはできません。

しかし、そんな経歴が果たして大事でしょうか?

誰かの目を気にする必要などありません。

いまの悪い現状を打開したいと強く望むなら誰かの目を気にしてなどいられません。

あなたの人生が最優先なのです。

外出する

この記事を読んでくださっている方の中には何らかの理由で仕事ができず、家に長い間引きこもっている人がいるかもしれません。

その理由がどういったものかは私にはわかりませんが、もし可能であればできる限り家から出てみましょう。

何も仕事をしろと言っているのではありません。

あなたは家においてもらえるという恵まれた環境があるわけですから、せっかくですからその特権を思う存分利用させてもらいましょう。

例えば散歩をしてみるとかでもいいんですね。

散歩であればお金も使いませんし。

何よりも外に出ることが大切なんです。

外に出て、季節を感じてみる。

街を行きかう人を眺めてみる。

現在どのような広告が貼られていて、起用されているモデルがどういう人なのか。

そういったことを実際の目で見てみる。

そうすることで、自分のやりたいこと、自分の興味のあることに気付けるんですね。

それに気付けるだけで、現状を打開できるどころか、人生は大きく好転します。

人生をやり直すために今からできること

また今すぐにというわけではなく、ゆくゆくは人生をやり直したい、ゆくゆくは人生を好転させたいという方も中にはいらっしゃるはずです。

例えば今は家事や現職が忙しくて大胆な行動はできないとかですね。

そういった方は少しずつでもいいので、小さい準備をして、そしてそれを積み重ねていけば将来的に人生を好転させられることは十分可能です。

そう、言うなればしっかりとした準備をすれば人生はやり直せるのです。

ここでは陰ながらでも人生をやり直せる準備とはどういうものなのかご紹介したいとおもいます。

人生をやり直すために今からできること
  • 教養をみにつける
  • 個人で稼ぐ力を身につける

教養をみにつける

いつの時代も他人に左右されず、自分で思うまま人生を歩んでいくためには教養が必要です。

この教養さえあれば、他人に自分の人生を左右されなくてすむのです。

人生に失敗してしまうのは、他人に人生の舵切をゆだねてしまうからなんですね。

なので自分の人生をしっかりと歩んでいくためにも教養をみにつけましょう。

例えば教養があれば騙されなくてすみますね。

教養があれば他人の気持ちがわかるし、他人をひどく傷つけ、後悔することもないのです。

なので人生を後悔しないためにも、自分の人生を歩んでいくためにも教養を身につけてみましょう。

そしてそんな教養はすぐに身につくものではないんですね。

段々と身につけていくものなのです。

それではそんな教養をどうすれば身につけられるか?

例えば新聞を読んでみるとかですね。

本を読んでみるとか。

そういったことはどのような状況の人であってもできるはずです。

それに現在は「電子書籍サービス」も非常に充実しています。

例えば天下のAmazonが提供している「kindle」。

月額980円で、200万冊以上の書籍が読み放題です。

またこの「kindle」は音声配信も行っているので、本当に忙しいという人でも片手間で本を読むことができます。

少しずつでも人生を好転させていきたいという人は、一日のうちスマートフォンをいじる時間をほんの少しでもこの教養をみにつける時間にあててみてください。

個人で稼ぐ力を身につける

また人生をやり直すために今からできる準備として「個人で稼ぐ力を身につける」というものがあります。

個人で稼ぐ重要性

現に私も人生をやり直したいとまではいかないまでも、現状を打開したいと思い、2021年に会社に勤めながらも個人ブログ運営というものを開始しました。

そしてはじめこそは何度か挫折したものの、今ではこの個人ブログで満足のいく収入を得られるまでになっており、会社に頼らない収入源ができたことで、心の余裕が生まれました。

またなにも個人ブログに限ったことではありませんが、自分でお金を生み出す力さえあれば人生はどのようにも好転させていけるのです。

それに現在は恵まれた時代でSNSやYouTubeなど、一般人であっても、確かなスキルを身につければ簡単に稼げるようにありましたからね。

個人で稼げるようになれば、自分の力次第で人生を良くもしていけるし悪くもしていけます。

これがなによりもいいことなんですね。

こういう世界に身をおいてほしいから、私はあなたに個人で稼ぐ力をみにつけてほしいのです。

実力主義の世界こそ、何よりもあなたが求めている世界ではないでしょうか?

自分のせいであると、はっきりわかっていれば後悔など生まれません。

しかし今の世の中はそんなきもちのいい世界ではありませんよね。

どんなに頑張っても報われない。

正直者が馬鹿を見るのがこの世の中なのです。

このようにどうすることもできないことが多いいまの世の中ですが、せめて自分が納得できるよう歩んでみましょうよ。

自分に納得できさえすれば人生をやり直したいなどとは思わないはずです。

現在人生をやり直したいと考えてる人はどのくらいいるか?

人生やり直したい

さて、上の画像はYahoo掲示板で実際にあげられていた声の一つです。

調査してみたところ、上記の内容以外にも「人生をやり直したい」に関連するスレッドはこのYahoo掲示板にはたくさんあったのですが、どのスレッドにおいても多くの賛同や批判が飛び交っておりました。

そのくらい共感を生むコンテンツで、みんなが興味のあるコンテンツというわけです。

この「人生やり直したい」というのは。

この方の話を読んでいると、ほんとうに胸が痛くなりますね。

全てをリセットしたい・・。

や、

私は今まで何をやっていたんだ・・。

といった言葉を聞くと、本当に切ない思いになりますし、この方と同じ30代として自分も果たして満足いく人生だったのだろうか?と共感してしまうのです。

またTwitter上には以下のような言葉が上がっております。

https://twitter.com/sio0518_/statuses/1616774963775827968
人生やり直したい

ご覧の通り、本当に多くの人が「人生やり直したい」と、このTwitterに投げかけているんですね。

印象的だったのは「人生をやり直したい、だけどこんなつらい人生もう二度とやりたくない」という意見でした。

現状がどんなにつらくても我々は生きていかなければなりません。

人生をやり直したいと思ってもそれはかなわないし、やれることとすれば今の現状を少しでも良くしていくことくらいしかないわけなんですね。

人生やり直せるとおもえる映画3選!

人生をやり直したいと思っても残念ながらそれはかないません。

物理的に無理だからです。

我々にやれることとすれば今の現状を少しでも良くしていくことくらいしかないのです。

現状をよくしていく方法に関しては前述した通りです。

しかし「人生はやり直せる」こういう意気込みだけでも持てれば明日へ希望を持って迎えるはずです。

それでは最後にあなたに「人生はやり直せる」と思わせてくれるような映画をご紹介して本記事を終えたいと思います。

私はここで紹介している作品が大好きで、何度も見返しては生きる勇気をもらいました。

人生やり直せるとおもえる映画3選
  • 幸せのちから
  • フォレスト・ガンプ 一期一会
  • ショーシャンクの空に

1、幸せのちから

人生やり直せる映画2
出典 映画.com

まずは誰もが知る名作「幸せのちから」です。

この映画に励まされた、もしくは生きる勇気をもらったという方は多いのではないでしょうか。

医療機器事業の失敗によりホームレスとなった主人公のクリス・ガードナー。

しかしそこから見事に人生を巻き返し、一流証券会社に就職し、アメリカンドリームを成し遂げるんですね。

アメリカに実在した実際の人物の半生を描いたヒューマンドラマです。

人生をやり直したいと思う方にはもってこいのおすすめ映画となっております。

またこの作品の息子役には主演ウィル・スミスの息子ジェイデン・クリストファー・サイア・スミスが抜擢されたことでも話題になりました。

2、フォレスト・ガンプ 一期一会

人生やり直せる映画3
出典 U-NEXT

続いては「フォレスト・ガンプ」です。

こちらの作品も知らない人はいないでしょう。

主人公はトム・ハンクスが演じております。

決して優秀とは言えないし、女性からモテるわけでもない。

またどちらかといえば冴えない存在でもあるフォレスト・ガンプ。

しかしその場その場で力強く、一生懸命生き抜く彼の姿にどれだけ多くの人が励まされたことでしょう。

作中に登場するフォレスト・ガンプの友人たちも、はじめはこのフォレスト・ガンプのことを馬鹿にしたりもするのですが、彼の「その場で一生懸命生きる姿」に次第に魅了され、彼の生き方に賛同していくんですね。

どんな人生であっても素晴らしい。

その場の自分を全力で全うすることに意味がある。

そんなことを教えてくれる作品です。

人生をやり直したい。

むしろそう思う前に一度見ていただきたい作品となっております。

3、ショーシャンクの空に

出典 映画.com

続いての「ショーシャンクの空に」もあまりにも有名すぎて説明は不要かもしれません。

人生をやり直したいということをテーマとするなら、映画史上一番それにふさわしいタイトルではないでしょうか。

妻殺害の濡れ衣を着せられた男アンディ・デュフレーンは、長い刑務所暮らしを余儀なくされます。

冤罪であるのにもかかわらず、何十年と投獄されてしまうんですね。

それに加え、刑務所では暴行を受けたり、粗雑な扱いを受けたりして、非常に過酷な状況を強いられてしまいます。

もし自分が同じ境遇であれば、とてもではないですが耐えられないでしょう。

しかし主人公のアンディ・デュフレーンはあきらめなかったんですね。

もう一度人生をやりなおしたい。

こういう気持ちが強くあったからです。

最愛の妻が何者かに殺され、ましてやその犯人として自分が濡れ衣を着せられる。

常人であれば、もう生きていけないくらいつらい状況のはずです。

それでも「人生をやりなおしたい」。

こうした気持ちが彼には強くあったのです。

人は希望さえあれば、諦めなければ、いくらでも人生をやり直せる。

人生において一番大切なことを教えてくれる至高の作品です。

人生やり直したいに関する疑問

一からやり直すとはどういう意味ですか?

一からやり直すというのは、もう一度最初からやりなおそうということですから、もちろん大変ではあることには間違いないですが、やることは見えています。

「やり直し」とはどういう意味ですか?

改めて行うこと、一度完成させたものなどを作り直すこと。

人生やり直したい、まとめ

今回は「人生やり直したい」をテーマに書いてきました。

残念ながら人生は一度きりです。

時間のあり方は誰に対しても平等で、一度過ぎ去った時間を取り戻したり、やり直したりする願いは叶いません。

しかしもし過去に対し後悔があり、人生をやり直したいと本気で考えるのだったら、現在の行いを改善し、現状を打開することで、その後悔は少しでも薄れていくのではないでしょうか?

そしてその後悔が少しでも薄れていけば、結果として人生をやり直すことができたと言えるのではないでしょうか?

私も人生をやり直したいと考えたことが何回かあります。

しかしそのように思ったところで、そんなことはできないのです。

我々は明日へ向かって力強く歩んでいくことしかできないのです。

私もあなたも残りの人生どのくらい生きられるのかはわかりません。

それでも過去も未来も、どちらの評価も「今、この自分」の行動にかかっているのではないでしょうか?

せっかく一度の人生ですから私はあなたに心から有意義な人生を送ってほしいと願っています。

そしてあなたに全力で「ブログ運営」をオススメしたいのです。

その理由は以下の記事で詳しく説明しています。

以下の記事を参考にしてもらえれば30分とかからずにブログを開設できます。

人生やり直したい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくださった方には後ほどメッセージをお送りいたします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次