「Webライティング」とは?「Webライター」や「ブログ運営者」におすすめな7つの施策も紹介。

この記事を書いているのは
  • 「Webライティング」に重きをおいた「ブログ運営」に力を入れる。
  • 「ブログ運営」=「書く事」、を信条に「人の心を動かす」記事を書く
  • 「Webライティング」は必要な時に必要なものが置いてある「ディズニーランド」。
  • 「Webライティング」スキルを磨き、収益拡大を実現中。

現在あなたは「ブログ」運営において収益が伸びずに悩んでおりませんか?

またお家時間も増えたこの機会に「Webライター」などの副業を始められたという方は多いと思います。

「ブログ運営」や「副業」で収益をあげるためには必須と言われている「Webライティング」スキル。

多くの人が収益を上げるためにこの「Webライティング」スキルを日々磨いております。

最近では「Webライティング」スキルに関してしるされた書籍や有料ツールを多く見かけます。

それでは本当の「Webライティング」とは一体なんでしょうか?

「Webライティング」とは一言で言えば「ウェブ上で文字によって人を動かす技術」の事です。

その為の「施策」や「文章構成」などをひっくるめて、「Webライティング」と言います。

この記事ではそんな施策や定義が多く語られる「Webライティング」に関して、

  • 「Webライティング」とは一体どういうものなのか?
  • 何故この「Webライティング」がそこまで必要不可欠なスキルなのか?

をそれぞれの切り口で解説していきます。

この記事がおすすめな人
  • ブログ運営を始めたばかりで「Webライティング」とは何かを知りたい方
  • ブログ運営で思うように収益を上げられず悩んでいる方
  • 「Webライター」やクラウドワークスなどで「ライティング系」の副業を始めた方

この記事を読み「Webライティング」に対する正しい知識を身に付ければあなたは今後ブログ運営で稼ぐことが容易になるし、ブログ運営自体も楽しいものになります。

「ブログ運営」=「書く事」。

ブログ運営においてこの「Webライティングスキル」が何よりも重要です。

何故ならブログ運営においてこの「Webライティングスキル」は唯一のあなたの武器だからです。

それでは早速本記事を見ていきましょう。

目次

Webライティングとは?

「Webライティング」とは一体なんでしょうか?

ここではまず始めに「Webライティング」とは何か?を解説し、その重要性を解説していきたいと思います。

Webライティングとは「ウェブ上で文字によって人を動かす技術」の事

結論から言いますと「Webライティング」とは「ウェブ上において文字で人を動かす技術」の事です。

またその為の「施策」や「記事の型」、「ライティングの構成」、「注意点」を総括して「Webライティング」と言います。(後程一つずつ詳しく解説していきます。)

この「Webライティング」技術がなければ今あなたが行っている「ブログ運営」や本業による「自社サイトの運営」、または隙間時間などに行う「クラウドワークスによるライティング受注」において全く稼げないと言っても過言ではありません。

何故なら、

「Webライティング」技術がなければ、読者に感動を伝えられないから

です。

そもそもあなたがウェブ上で何か商品を購入しようと思う理由というのは、「その商品に惹かれるから」ですよね?

例えばあなたが「髭剃り」を購入しようとしたとき

  • 「これからは睡眠時間を10分伸ばせる」
  • 「若い女の子にも振り向いてもらえる」
  • 「今なら30%OFF」

という記載があれば、ぐっとその商品に惹かれやすくなるはずです。

そのように商品を購入しようと思ってもその商品に関する情報が何もなければそれがどんな商品か分からないし、その説明に対して感動が起こらなければ決して購入には繋がりません。

またその商品説明があいまいだったり、誤字脱字だらけだったりしたらユーザーに不信感を抱かせるし、商品自体も劣って見えてしまい、購入に導くことができません。

そのくらいウェブで売り上げをとるためにはこの

「Webライティング」によって感動を与えるという事

が重要なわけです。

Webライティングは上位表示させるために必要な物

またこの「Webライティング」が活きるのはなにも商品の紹介だけではありません。

例えば「ブログ運営」だと、そもそも自分の記事を読者に読んでもらわなければ収益にも繋がらないのが「ブログ」であり、意味を成しません。

要するに、

「Webライティング」を駆使し、グーグルでの上位表示を狙う

のです。

読者を獲得するためには有益な内容を書くというのが上位表示の大前提です。

しかし有益な情報さえ書いていればいいのでしょうか?

  • 読者がわかりやすい言葉を使ったり
  • 論理的な文章構成にしたり
  • 文字間の間隔を空けて読みやすくしたり
  • 緊急をようする検索意図の場合、文字数を少なくしたり

など様々な「Webライティング」施策を駆使することではじめて有益な記事となるのです。

その記事がどんなに有益だとしてもただ単に書きなぐった文章や誤字脱字の多い記事は読まれるはずもありません。

なのであなたの記事を上位表示させるためには、

  • 有益な記事を書く事
  • 「Webライティング」施策を施すこと

この2点が必要となるのです。

Webライティングはあなたの唯一の武器

現在多くのブロガーたちが上位表示されるために様々な「Webライティング」技術を駆使し、ユーザーの獲得を行っています。

上質な「Webライティング」を記事に施すことで、

  • ユーザーを多く獲得できるようになる
  • 読んでくれた方があなたのブログのファンになる

などが期待でき、ブログ収益はますます伸びます。

ユーザーは自分にとって有益であるのと同時に読みやすい文章を求めています。

論理的でない文章や誤字脱字の多い文章など読みたいとは思いません。

スマホの普及によってますますユーザーの目は肥えているし、1スクロール内に読者が読んでいて楽しくなるような工夫を施さなければ簡単に離脱されてしまうような時代が既に来ています。

今後ますますこの「Webライティング」技術は熾烈をきわめます。

ユーザーや読者にとってウェブ上で頼りにするのはあなたが紡ぐ「文字」だけです。

「Webライティング」技術はあなたがウェブで収益を上げるための唯一の「武器」なのです。

このスキルを身につけることでいつでもどこでも稼げるようになるし、ブログ運営やウェブ上で稼ごうと思うなら必ず身につけなければならないスキルです。

Webライティングの種類は大きく分けて4つ

「Webライティング」スキルの重要性を理解できたところで続いて「Webライティング」の「種類」はどういうものがあるのかをここで見ていきたいと思います。

「Webライティング」の「種類」は次の4つに分類されます。

  1. コラム記事
  2. 情報記事
  3. 商品紹介記事
  4. まとめ記事

1つずつ見ていきます。

1、コラム記事

「コラム記事」とは簡単に言えばあなたの「体験談」です。

個人ブログの記事で一番多いのがこの「コラム記事」ですね。

例えば「フットサル体験」「バーベキュー体験」などがありますね。

あなたの実際の体験を通すので、読者に感動を伝えやすいというのが「コラム記事」の特徴です。

またあなたの体験を通すのでスラスラ書けるのが「コラム記事」の強い点でもあります。

しかし同時に、

  • ただの体験談に終わってしまったり
  • 感動をまっさきに伝えようとするあまり乱暴な言葉使いになったりしてしまう

などの恐れもあるのでその点は気を付けましょう。

2、情報記事

続いての「情報記事」はWeb上においては一番種類の多いものです。

今あなたが読んでいるこの記事も「Webライティングとは?」がテーマの情報記事にあたります。

この「情報記事」は一つの記事にそのテーマとなる情報を集約するのが特徴です。

メリットとしては有益な記事になる可能性が高いという事と、「コラム記事」と違い実際に体験しなくても知っている情報さえあれば書けるという点です。

デメリットとしては同じ情報を扱うので、「体験」とは違い独自性を生み出しにくく、コンテンツが被る可能性が高いです。

それ以外にもただの「情報」の羅列記事として退屈な記事となる可能性が高く、上位表示するためには様々な施策が必要となるという点があげられます。

3、商品紹介記事

続いて「商品紹介記事」ですがこれはその名の通り、ある商品やサービスを記事内で紹介するというものです。

あなたが紹介したい商品やサービスを記事にして紹介できるのが特徴です。

実際に使ったことのある商品を紹介でき、臨場感のある「生」の記事が書けるという点が最大のメリットです。

ただその際あなたの好きな商品を紹介できますが、「商品説明」から「購入に至った経緯」、その商品の「メリット」や「デメリット」、「購入して得られるベネフィット」などをうまく書かなければ読者に感動を伝えられず、成約には繋がりません。

なのでただの商品レビューにならないように気を付けましょう。

4、まとめ記事

最後の「まとめ記事」はその記事内で、同種類の商品やサービスを比較したり、優劣をつけたりするものです。

例えば「初心者におすすめライティング本ランキング」とかですね。

こういった「ランキング記事」や「まとめ記事」は読者の目に留まりやすく、特に読まれやすい種類になります。

また、1記事内に同等の商品を複数とりあげるので、購買意欲をそそり収益に繋がりやすくなります。

それぞれの商品における読者の知りたいメリットやデメリットを細かくライティングしていけば購入される可能性も広がります。

ただ収益性があるからといってこの「まとめ記事」ばかり書くと読者にも飽きられるうえ、効果も薄れます。

なので必要な時だけ書くように心がけましょう。

Webライティングの構成

「Webライティング」においてはただやみくもに記事を書いていけばよいというわけではありません。

そこにはきちんとした「構成」があります。

ここではその「構成」の種類を見ていきたいと思います。

そもそもなぜWebライティングには「構成」が必要なのか?

「構成」の種類を見ていく前に「Webライティング」においてそもそも何故「構成」が必要なのかを解説します。

冒頭で「Webライティング」とは「ウェブ上において文字で人を動かす技術」という風に申し上げました。

そもそも何故人を感動させなければいけないのか?

というと、文字によって人の心を動かし、そして行動を促し、収益を生み出したいから

ですよね。

そのためにこの「Webライティング」技術が必要というわけです。

これを分かりやすく普段の日常生活に例えてみましょう。

例えばあなたも行ったことのある「珍来」というおいしい「ラーメン屋」を友人に紹介し、どうにかしてその友人にも行かせたいとします。

実際にこの「ラーメン屋」にいってもらいたい場合、あなたはどのような手段を用いますか?

勿論力づくでは無理なので、恐らく友人が納得するような会話を持ちかけ、相手に行動を促すはずです。

またあなたはその際、単に「味がおいしい」という結論だけでなく、「自家製麺で出来ている」、「子連れでも行ける」、「駐車場が広い」などの具体例も内容に取り入れるはずです。

そのように日常会話では気づかぬうちに会話に「構成」を持たせて相手に行動を促しているのです。

これは「ウェブ」上でも同じで、むしろ日常会話以上に「構成」が必要とされるのです。

何故なら、読者はそもそも知りたいだけで記事を読んでいるだけだからです。

例えば読者にとって急を要する状況の場合、知りたい内容が真っ先に書かれていなかったりそもそも知りたい内容が書かれていない記事は読まれるはずがないのです。

なので、

特に「ウェブ」上では何を伝え、そしてどのような順番で伝えるかという記事の「構成」が何よりも重要

という訳です。

日常会話では言葉使いや論理、内容が多少破綻していたり、伝える順番がおかしくてもその場の状況やトーンなどで誤魔化しが効きますが、「Web」上ではそうはいきません。

そうならない為にも「Webライティング」においては文章に含める内容や順番などの「構成」がとても重要なんですね。

構成1、PREP法

それではここから「構成」の種類をいくつか見ていきたいと思います。

まず始めにここでご紹介する「PREP法」というのは現在多くのメディアやブロガーによって用いられている文章構成です。

この「PREP法」は、「コラム記事」や「情報記事」に向いている文章構成です。

「PREP法」とは、

  • 「Point(結論)」
  • 「Reason(理由)」
  • 「Example(具体例)」
  • 「Point(再結論)」

この「4つ」の頭文字をとって「PREP法」と名付けられております。

少し具体例を見てみましょう。

PREP法(例)
  • 文章の構成には「PREP法」を用いることが大切です。「Point(結論)」
  • 何故なら読者に伝わりやすい文章構成になるからです。「Reason(理由)」
  • その理由として何よりも分かりやすいからです。「Example(具体例)」
  • なので文章の構成には「PREP法」が重要なのです。「Point(再結論)」

このように「PREP法」は結論を真っ先に伝えられ、説得力もあるという点がメリットとして挙げられます。

現代において「結論ファースト」ではない記事やブログは、全くと言っていい程読まれません。

そのくらい読者は簡単に離脱してしまうのです。

構成2、PASONA法

続いてここであげるのが「PASONA法」です。

この「PASONA法」は「商品紹介記事」においてよく用いられます。

「PASONA法」とは、

  • 「Problem(問題提起)」
  • 「Affinity(親近感・共感)」
  • 「Solution(解決策の提示)」
  • 「Offer(提案)」
  • 「Narrow Down(限定性、緊急性)」
  • 「Action(行動喚起)」

この「6つ」の頭文字をとって名付けられております。

実際の具体例を見てみましょう。

PASONA法(例)
  • 40代になると、急に体型維持が難しくなってきますよね?「Problem(問題提起)」
  • でも、ダイエットが続かないと諦めたくなる気持ちもわかります。「Affinity(親近感・共感)」
  • そんなあなたにおすすめしたいのが、糖質制限された宅配弁当「ナッシュ」です。「Solution(解決策の提示)」
  • 「ナッシュ」の宅配弁当は専任の管理栄養士の元、全メニュー糖質制限されたおいしい宅配弁当サービスなんです。あなたもその効果を体感してみませんか?」「Offer(提案)」
  • 今なら初回限定15%OFFで注文が出来るんです!「Narrow Down(限定性、緊急性)」
  • 登録も簡単に行える「ナッシュ」!今すぐ登録してみましょう!「Action(行動喚起)

因みに、より具体的な文章を知りたければ以下の記事で確認してみてください。

ご覧の通り、PASONAの法則はセールスに特化した型です。

商品紹介に特化した「文章構成」となるので、適切にあつかえば収益を格段に伸ばすことができます。

今ご紹介してきた「PREP法」と「PASONA法」は代表的な「文章構成」となりますが、これ以外にもSDS法PAS法などWebライティングの「文章構成」には様々なものがあります。

それぞれを適切に扱えるようになれば「Webライティング」において心強い武器となります。

Webライティングを行う前準備

文章の構成の重要さと、シチュエーションに応じて「種類」を使い分けることの重要さを踏まえることができましたでしょうか?

ここからは実際に「Webライティング」を行っていくのですが、ここでは「Webライティング」を行う前にしなければならないことを述べていきたいと思います。

精度の高い「Webライティング」を行うためにはこの前準備がとても重要となります。

「Webライティング」を行う前の準備として次の3つが挙げられます。

  1. 情報収集と取材をしっかり行う
  2. ペルソナを設定する
  3. 記事の「型」を作っておく

ひとつずつ見ていきましょう。

1、情報収集と取材をしっかり行う

まず「Webライティング」を行う際の前準備として重要となるのが「情報収集」および「取材」をしっかりと行うという事です。

これは先に説明した

  • 「コラム記事」
  • 「情報記事」
  • 「商品紹介記事」
  • 「まとめ記事」

どの種類の記事を書くにしても共通して言える重要な事です。

むしろこの「取材」さえしっかりと出来ていれば質の高い「Webライティング」になります。

繰り返しになりますが「Webライティング」とは「ウェブ上において文字で人を動かす技術」の事です。

あなたの感動を読者に伝えることが「Webライティング」だと言っても過言ではありません。

この「取材」を行う事で、

  • 必然的に情報量が増え一つの「情報」とっても様々な切り口で伝えられるようになる
  • 自身の「思い」も熱量を帯びるため、より読者に感動が伝わりやすくなる

などのメリットを得られるのです。

逆にしっかりと情報取集を行っていないと、そのコンテンツの「肝」となる部分も分からないし、余談や補足情報もない為奥深い記事にはなりません。

せっかく面白いコンテンツを扱ったとしてもおもしろくないまま届いてしまうのです。

それでは読者の心を動かすことなどできません。

なので「Webライティング」の前準備としてしっかりと「情報取集」と「取材」を行うようにしましょう。

書くという事にはインプットという前段階があるとも言えるかもしれません。

こちらの最強ウェブライティング上達本『書くのがしんどい』レビュー。ブログ運営におススメ!では、書く上で情報収集の重要性を分かりやすく解説しています。

2、ペルソナを設定する

「ペルソナ」とは記事を読んで欲しい架空の「想定読者」の事です。

この「ペルソナ」を設定することでより読者の胸にささる記事を書くことができ、感動をおこし行動を促すことが出来ます。

何故なら「Webライティング」においては、

大勢の人に向けて書いた「記事」より目の前のたった一人に向けて書いた「記事」

の方が読まれやすく、価値のある記事になるからです。

万人に向けた記事というのは内容が薄くなりがちだし、一貫性もない為読者を惑わしてしまうのです。

結果として誰からも読まれない記事になってしまうのです。

例えば今あなたが読んでいるこの記事ではブログを開設してまだ2、3カ月と間もなく、「Webライティングとは何かを学びたい」、30代の男性というペルソナを設定しております。

このようにペルソナを設定することで、読者からしてみれば「これは、自分に向けて書かれている!」と感じる事が出来ます。

またその想定読者だけが知りたい情報に絞ることで内容を網羅的に書く事もできるので、感動が生まれやすくなります。

その際ペルソナが知りたい情報を書くようにすればよいので「見出し」や「内容」、「タイトル」も決めやすくなるので執筆も楽になるし、一貫性のある記事にも仕上がります。

ペルソナを設定する際の主な項目
  • 性別
  • 年齢
  • 職業
  • 趣味
  • 性格
  • 悩み
  • 家族構成
  • 生活水準

3、記事の「型」を作っておく

ペルソナ(想定読者)が設定できたら続いて記事の「型」を作っておきましょう。

「型」をあらかじめ作っておくことで、例えば「見出し」ごとに情報をどれくらい伝えるのかがま予測でき、スムーズな記事執筆が可能です。

逆に「型」がまとまっていないと、「結論」がずれてしまったり、何を言っているのか分からない「内容」になってしまったりする為、感動を伝えられず途中で離脱されてしまいます。

詳しく見ていきましょう。

例えばこの記事ではペルソナが知りたいであろう「Webライティング」に関する内容を「8つの項目」に分けております。

そしてその内容にあった見出しタイトルを設定していきます。

そこから、それぞれの見出し内で完結できるような内容を考えていき、文字数や情報量も均等にしています。

また見出しだけでなく「最後」のまとめの部分や「始め」のタイトル部分もあらかじめ書くようにしております。

このように記事の「型」をあらかじめ作り、「タイトル」から「見出し」、「まとめ」までしっかり繋がっているかをあらかじめ確認しておくことで一貫性のあるブレない内容に仕上げることができるのです。

また記事の「型」をあらかじめ作っておくことで不要な情報を書くことも防げます。

Webライティングにおける施策

今述べてきた前準備が整ったら実際に記事を書いていきましょう。

安心して大丈夫です。

今述べてきた前準備をしっかりと行えていればそれだけで上質な「Webライティング」は出来ていると言えます。

しかし、「Webライティング」の目的はあくまでも「人の心を動かすこと」です。

いくら前準備をしっかり行ったところで、ある程度の「施策」を抑えておかなければどう書いていけばよいかわからないし、結局のところ人の心を動かす「Webライティング」は行えません。

なのでここでは「Webライティング」で行うべき実際の「施策」を述べていきたいと思います。

Webライティングにおいては読者が読みやすくなる施策を心掛ける

ここではWebライティングにおける実際の施策を説明します。

繰り返しになりますが「Webライティング」の本質は「文字で人の心を動かすこと」です。

「どのように書けば心に響かせることができるか」を常に念頭において、「Webライティング」を実践すれば必ず読者の心に響かせるライティングが行えるようになります。

しかし大前提として読者が読みやすい文章を心掛けなければそもそもあなたの記事は読まれませんし、読者の心を動かす前に離脱されてしまいます。

なので「Webライティング」の施策として「読者にとって読みやすい文章を書く」という事が何よりも重要な施策となります。

ここでは代表的な7つの例をご紹介したいと思います。

  1. 「論理的」な文章作り
  2. 「箇条書き」を沢山使う
  3. 「例え」を沢山使う
  4. 「数字」を沢山使う
  5. 「画像」、「文字の装飾」、「表」を取り入れる
  6. 「語調」を整える
  7. 「空白」や「改行」を沢山いれる

施策1、「論理的」な文章作り

「Webライティング」において最も重要と呼べるのが「論理的」な文章作りを心掛けることです。

「論理的」と言うと難しく聞こえるかもしれませんが、簡単に言えば橋渡しがしっかり行えている文章かどうかです。

例えば、

「グーグルで検索上位するにはニッチなキーワードがおススメ!」

と言ったところで、何が言いたいのか分からないという方は多いと思います。

しかしこれを、

「グーグルで自分の書いた記事を上位表示させるためには競合も強くなく、また記事数も少ない隙間をねらったキーワードを選択することがおススメ」

と言った方が理解しやすいし、「論理」も破綻していません。

「Webライティング」ではこのように論理的で読者への橋渡しがしっかり行えている文章作りがとても大切なのです。

施策2、「箇条書き」を沢山使う

2つ目の施策として、「箇条書き」をたくさん扱うようにしましょう。

  • 赤い花
  • 青い花
  • 嬉しい
  • キレイ

このように「箇条書き」を扱い要点をまとめることによって読者の読みやすさに繋がります。

施策3、「例え」を沢山使う

ある状況を説明する際に、「例え」をあつかうことによって読者はシチュエーションを想像しやすくなり、読みやすさに繋がります。

例えば、

あのカウンターに座った女性

と表現するより、

「黒い服を着て片手にグラスを持ったバーカウンターに座った女性」

と表現する方が読者は正確に状況を理解できます。

また筆者と共通の意識を持たせることもできます。

施策4、「数字」を沢山使う

「数字」も沢山使えば記事は読みやすくなります。

例えば、

「超激安セール」

というより、

「70%OFFセール」

と言った方がわかりやすいですよね。

また、

「めちゃくちゃ痩せた」

というより、

「20kgのダイエットに成功した」

と言った方が読者はイメージを持てやすいです。

筆者の感覚では「凄い事」と思ったとしても読者からしたら「凄くない事」かもしれません。

「Webライティング」においては「数字」を使い、筆者と読者の間で共通の意識を持たせることが重要です。

施策5、「画像」、「文字の装飾」、「表」を取り入れる

「百聞は一見に如かず」ということわざもあるように「画像」の力というのは絶大です。なので画像はふんだんにとりいれるようにしましょう。

スマホの普及により若者の「文字ばなれ」も進んでいるので「テキスト」よりも「画像や動画」などを沢山扱ったコンテンツの方が親しまれます。

また文字を書くにしても、このように太文字にしたり文字色背景色を変えたりすることで読者にとって読みやすくなります。

「表」を取り入れるのも実に効果的です。

施策1施策2
文字に装飾をする例えを扱う
箇条書きを扱う数字を入れる
Webライティングの「施策」で重要な事

このように記事がとても読みやすくなります。

施策6、「語調」を整える

「~です」、「~だ」、「~である」など「語調」を統一することも大切です。

また「~だと思います」という表現を使うとどこか自信がなさそうで、説得力に欠けます。

それだと読者も不安に思ってしまうので「語調」は言い切る事を心がけましょう。

また「~です」、「~です」と何度も繰り返さないようにも気をつけましょう。

施策7、「空白」や「改行」を沢山いれる

読者にとって読みやすい文章というのは「空白」「改行」が適切に入っている文章です。

改行のない文章は読んでいて圧迫感があるし、読みづらいです。

また段落毎に「改行」だけでなく「空白」をいれて読者に休憩をさせることも重要です。

このように「空白」が入ることで読者は休むことができるのです。

「読者に休みながら読んでもらう」を心掛けることで、仮に長い文章であっても読者は最後まで読み進めてくれます。

グーグルに評価される記事を心掛けよう

ここまでに「Webライティング」において重要なポイントを「施策」や「構成」、「前準備」とにそれぞれ分けて解説してきました。

今までに述べてきたことを実践していただければあなたは十分に読者の心を動かす「Webライティング」が行えるようになっており、立派な「Webライター」の仲間入りです。

しかし、読者の心を動かすことができたとしても肝心の「読者」に読んでもらえなければ上質な「Webライティング」を行ったとしても何の意味もありませんよね。

なのでここではグーグルで検索した際に、

あなたの「Webライティング」がどのようにすれば上位に表示されるのか?

つまりはグーグルに高く評価してもらうためにどのような「Webライティング」を行えばよいか解説していきます。

EATを意識する

グーグルに評価されるためには「EAT」を意識した「Webライティング」を心掛けましょう。

EATとは
  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性
  • TrustWorthiness(信頼性

EATとはこの3つの頭文字をとったものです。

この「EAT」を意識すればあなたのコンテンツ(記事)はグーグルから評価され上位表示されるようになります。

Google が E-A-T と呼ぶ基準に基づいてコンテンツが優れているかを判断するために特別な訓練を受けています。この基準は「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」を意味します。Google のコア アップデートについてウェブマスターの皆様が知っておくべきことより引用

公式サイトでも上記のように言っているように「EAT」と呼ばれる評価項目を設けて、グーグルはコンテンツの評価を行っています。

つまり上位表示されるためにはこの3つの要素を満たした「Webライティング」が必要というわけです。

それではこの「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」を満たした「Webライティング」とは一体何なのか?

この3つの要素を分かりやすく言うと、

自分しか知らない情報Expertise-専門性)」多くの人から評価される形でAuthoritativeness-権威性)本当のこと(TrustWorthiness-信頼性)」を書く

という事です。

もう少し分かりやすく解説してみたいと思います。

グーグルの評価=ユーザーにとって有益なコンテンツ

ここに「グーグルの掲げる10の真実」というものがあります。

これはグーグルの理念でもあるのですが、そのなかに次のようなものがあるので引用します。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。

Google が掲げる 10 の事実より引用

グーグルが検索上位に表示させるコンテンツを選ぶ際、簡単に言えば「ユーザーの悩みを一番最適に解決するコンテンツ」を上位表示させております。

つまりグーグルの評価=どれだけユーザーにとって有益なコンテンツか

とも言い換えられるわけです。

例えばあなたがおすすめな漫画を知りたいと思ってグーグルの検索窓に「おすすめ 漫画」と入力したとします。

すると検索結果の第1位には「コミック シーモア」が運営する「面白い漫画おすすめ80選|ハズレなし! 本気でハマる作品をセレクト」というコンテンツが表示されます。

そのコンテンツの中身を見てみると、80冊以上を超える沢山のおススメ漫画が「あらすじ」や「ポイント」、「作家情報」ごとにまとめられ、記載されております。

こんなに大量の「あらすじ」や「ポイント」、「作家情報」を網羅できるのは「コミックシーモア」が「専門性」を擁しているからです。

そもそもあなたは「おすすめ 漫画」を知りたいと思ってグーグルで検索をしていますよね?

その際「青春物」、「バトル物」、「恋愛物」という風にジャンルごとにおススメの漫画が紹介されていたらとても参考になるはずです。

またもしこのコンテンツをあなたの知らない人が発信したとしたらあなたはそのコンテンツを信頼できますか?

恐らく信頼できないはずです。

「コミックシーモア」がおすすめするからあなたも信頼できるコンテンツと判断するのです。

これが「権威性」です。

また、そのコンテンツが2年前に更新されたものだったり偽りの情報が記されているものだったらどうですか?

あなたはそのコンテンツがどんなに面白く、専門的であろうと、信頼はできないはずです。

なので古い情報や、偽りの情報コンテンツとならないように定期的に記事を更新し、「信頼性」を提示することが大切です。

自分の意見や見解も述べる際にもその裏付けとなる「データ」や、「表」、「グラフ」などを挿入することで、読者は信頼をもってあなたの記事を読み進めることができます。

「その情報」はユーザーにとって信頼できるものなのかどうかを確認しながら記事を作成していくと良いかもしれませんね。

このように上位表示されるコンテンツはおのずとグーグルが提示する「EAT」の要素を含んでおり、その要素は読者の悩みとも合致します。

なので上位表示されるためにはこの「EAT」を意識することが重要なのです。

独自性を取り入れる

そしてグーグルに評価されるためには「独自性」を取り入れた「Webライティング」を行う事も重要です。

現代において、たいていの事はインターネットを使えば調べられるし、解決できます。

それほどまでに情報量が莫大なのです。

誰しもがこのWeb業界に参入しやすくなっているし、益々インターネット上に情報は増えるばかりです。

勿論そうなると似たようなコンテンツは多くなってくるわけで、似たようなコンテンツばかり作っていても読者にとって価値のある物とはなりません。

何故なら、

同じことを言っているコンテンツはユーザーにとってどちらか「1つ」だけでいいから

ですね。

またグーグルからしても「独自性」の認められるコンテンツを上位表示すると明言しています。

オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。
ウェブマスター向け公式ブログより引用

なので、この情報過多の現代において「ユーザー」や「グーグル」に評価されるためには「独自性」を出し「オリジナリティ」を認められることが重要です。

「独自性」を持つための要素としては、

  • あなた自身の意見
  • 独自取材で得た一次情報
  • 高いカメラで撮った写真素材や動画

などが挙げられます。

仮に同じような内容をいっているコンテンツになったとしても、あなたのサイトにしかない「一次情報」や「独自性」があればユーザーにとって有益なコンテンツとなるし、グーグルからも評価されやすくなります。

またこの「独自性」がユーザーから認められればあなたの運営するブログのファンにもなってもらえます。

なのでグーグルから評価されるためにも「独自性のあるWebライティング」を心掛けましょう。

Webライティングにおいて守らなければいけない注意点

最後となりますがここで、「Webライティング」において筆者であるあなたが守らなければいけない注意点を述べたいと思います。

どんなによい「Webライティング」を施した記事を公開したとしても規約違反にとらわれてしまったらせっかくの「Webライティング」が台無しになってしまいます。

なのでここで申し上げる注意点は必ず守るようにしましょう。

他サイトのコンテンツをコピーすること

「Webライティング」において他サイトのコンテンツをコピーすることはご法度で、決してやってはいけないことです。

またグーグルは「重複コンテンツ」を嫌い、そのコンテンツがコピーされたものだと分かれば大きなペナルティが発生する可能性があります。

最近のグーグルのアルゴリズムはそのコンテンツがコピーされたものかどうか正確に判断できるようになっております。

ペナルティが発生した場合作成したコンテンツそのものが検索圏外に飛ばされる事は勿論、サイトが閉鎖される可能性が十分ありますので気を付けましょう。

著作権を侵害しない

また「Webライティング」の際に気を付けたい事は、他サイトの情報を引用する時に著作権の侵害にあたらないか考慮することです。

他サイトの情報を引用したい場面は「Webライティング」をしていれば必ず訪れます。

その際きちんと「~より出典」や「~より引用」という文言を付ける事で他サイトの著作権を守ることができます。

それを記すことでユーザーも「ここは引用されたものなんだな」と分かるし、ユーザーの利便性にも繋がり、グーグルからの評価も上がります。

情報過多の現代社会において、他人の権利すらも簡単に侵害してしまえるのです。

あなたも加害者にもなる可能性もあるし、逆に被害にあう可能性もあります。

なので著作権を侵害し合わないことは非常に重要なのです。

Webライティングを活かす場所はブログ運営のみならず

ここまで読み終えたあなたはもう十分な「Webライティングスキル」を身につけております。

なので是非ここで培った「Webライティングスキル」をあなたのブログ運営に取り入れてみてください。

必ず「収益」に結び付けることができます。

まだブログを開設していないという方はこちらのワードプレスの開設手順を優しく解説!ブログ初心者が収益を生み出すまでの道のり③をご参考ください。

またここで培った「Webライティングスキル」の活かす場所は何も「ブログ運営」だけに限ったことではありません。

例えばクラウドソーシングという「副業プログラム」があります。

ここでは「Webライター」としての仕事が沢山紹介されております。

いわば「Webライターの転職サイト」のようなものです。

「Webライティングスキル」さえあれば稼げる仕組みなので、現在主婦や会社員で副業をしている方に圧倒的に選ばれている「副業プログラム」なのです。

どなたでも無料で行えるプログラムなので、

ブログ運営は面倒くさい・・・。

という方は是非以下のランサーズ(クラウドソーシング)を利用してみるのもよいでしょう!

Webライティングとは、「ウェブ上において文字で人を動かす技術」

ここまで「Webライティング」とは何か?を解説してきました。

「Webライティング」とは「ウェブ上において文字で人を動かす技術」のことで、その目的は「ライティングで人を感動させること」です。

その為にどうすれば読者はもっと読みやすくなるか、読者が一番何をしりたいのか、読者の目線になって施策や構成、装飾を練っていく事こそ本当の「Webライティング」です。

しかし、

「完璧なWebライティング」など存在しません。

あなたが読者の為にと思い試行錯誤をした結果、「読者の心が1mm」でも動かすことが出来たならそれは立派な「Webライティング」なのです。

是非今回ここで紹介した様々な施策を実践して頂き、「Webライティング」で沢山の人を感動させてあげてください。

ライティング力を伸ばすには有料ツールを利用するのも一つの手です

文賢は税込み2,178円と少しお高めな有料ツールとなりますが、添削したい記事をコピペするだけで冗長表現など表現のミスがないかを確認してくれる「文章アドバイスツール」です。

  • 文章の読みやすさ
  • 分かりやすさ
  • 誤字脱字

などのチェック機能を備えており、アドバイスや代替案の提示をしてくれます。

その性能もさることながら、誰でもスムーズに行えて、時間がどうしても掛かってしまう推敲の時間を大幅に短縮できるのがこの「文賢」のメリットです。

またこの「文賢」には音声読み上げ機能があるため、音声確認と同時にルールに則った機械的な校正を実行可能です。

「ブログ」や「ライティング」で収益を生み出すためにはこういった「有料ツール」を使うのも一つの手です。

目次

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

読んでくださってありがとうございます。もし良ければシェアお願いします。
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

ブログ運営においていかに収益を伸ばすか?
それはずばり「キーワード選定力」と「Webライティングスキル」が必要となります。
shu blogは収益を上げるための「ブログ運営情報」と、現在世界全体の課題とも言える「サステナブル」に関しての情報を定期更新している個人ブログです!
読者の方に有益な情報を発信するのは勿論ですが、シンプルで美しいサイトを目指します。是非お立ち寄りください。
30年後も読まれるブログ運営×サステナブルを合わせたハイブリッドブログを目指します。
生き残る為には「ライティング力」が必須、そう信じて。

「shu blog」使用テーマ「SWELL」

知識が無くても大丈夫♪誰でも自由に美しく!ワードプレス有料テーマ「SWELL」

1、スマホのように簡単で使いやすい!
2、初心者でもデザイナーにお願いしたような美しいサイト設計に!
3、サイト運営がこんなにも楽しくなる!

「SWELL」公式サイトへ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる