\エックスサーバーが4月3日までの申し込みで、月額495円でブログ運営ができちゃうお得なキャンペーン実施中!/

人生の岐路に立たされた時!大切にすべき考え方について

人生の岐路

生きているともしかしたら、いま自分がいる位置が人生の岐路なのではないか?と不安に思うことはありませんか?

人生の岐路とはよく耳にしますが、それは果たしていつなのでしょうか?

人生の岐路というくらいですから、そこでの選択を誤ると、その後の人生を大きく左右してしまうかもしれません。

なのでできれば、最良の選択をしたいところ。

しかし果たして自分がそういう立場にたったとき、正しい選択ができるのか?そう不安に思う人は多いはずです。

将来の不安に関する記事

そこで今回、人生の岐路とはいつなのか?

どういうときが「人生の岐路」で、そんな人生の岐路に立たされた時どのような選択をすればいいのかについて解説していきます。

人生は選択の連続です。

躊躇なく、自分の選択に自信をもてるよう日頃から準備していきたいものです。

正しい選択をすれば必ずあなたの人生は好転するはずですから。

それでは参りましょう。

この記事を書いている人とこの記事を読んで分かること
  • 人生の岐路とは?
  • 人生の岐路とは平均的に何歳くらいに訪れるのか?
  • 人生の岐路とはいつのことなのか?
目次

人生の岐路とは?

そもそも人生の岐路とは?

今回のテーマでもある「人生の岐路」という文章表現。

そもそも「人生の岐路」とはよく耳にしますが、実際はこれってどういう意味なんですかね。

結構使う頻度の多い言葉ですので正しい意味を理解し、本記事を読み進めていくまえにあなたと私とで共通の意識をもっておきましょう。

「人生の岐路」とは、簡単に言えば自分の人生を決める際に立ちはだかる選択肢のことです。

つまり「人間にとってその人物の人生を左右しかねない選択」のことですね。

例えば、具体的なものでいえば「大学へ行くかいかないか」という選択だったり、「東京に引っ越すか横浜に引っ越すか」の選択だったり。

また「大学を卒業した後のキャリアの選択」や「結婚」など、その後の「人生の向き」を決める重要な決断を迫られた時のことをこの「人生の岐路」と表現します。

その選択一つで、そのあとの人生を大きく左右しそうなもの。

これを「人生の岐路」というわけです。

或いは自分が自分の人生に責任をもっていこうと思えるような選択、これを「人生」の岐路と言ってもいいでしょう。

例えば、「おれはあの時社会人ではなく、大学進学への道を選んだ。あそこが俺の人生の岐路だった」とかですね。

そういった使い方をしてもいいとおもいます。

またその際「人生の岐路」というのはおおむね、人々が自分の人生をより良いものにするためのきっかけとなるものをさすんですね。

その選択が悪い結果を招いたとして、その選択を後々振り返ったときには「人生の岐路」という表現はしないはずですからね。

そして、その選択肢を選ぶことによって、人々は自分の未来に確実な期待をもてることができるようになります。

人生の岐路の使い方

そんな「人生の岐路」の使い方と言えば、先ほども例に上がった通り「おれはあの時社会人ではなく、大学進学への道を選んだ。あそこが俺の人生の岐路だった」などがそうですね。

また「私は今人生の岐路に立っている。一つの道は大学を卒業して就職を探し、もう一つの道は卒業後、起業をすることだ。どちらにするべきなのか?決めるのは私自身だ。」こういった使い方をしてもいいですね。

人生はあらかじめ決められているなら、人生の岐路なんてないのでは?

ここまで「人生の岐路」について、その意味と、実際の使い方についてみてきました。

結構日常会話でも使われることの多い言葉ですよね。

この「人生の岐路」というのは。

でもそもそも人生ってあらかじめ決められてるんじゃないの?とそのように思ってる人いませんか?

そう、つまり自分の選択も含め「運命的」なものに導かれているのではないか?そういう思いになっているのではないか?ということです。

確かに、

この後の人生はこうなっていく。

ということが、すべて決まっているのだとしたらそもそも自分で人生を選択する必要などないのかもしれません。

またそのような世界では「人生の岐路」なんて言葉も必要ないのかもしれません。

しかし個人的にはそういった運命的なものってないと思うんですよね。

人生で起こることががあらかじめ決まっているなんてことはないと思うんです。

例えばAさんは高校卒業後進路に迷っているとしましょう。

そして進学することがAさんにとって最良の道だとして、その時Aさんが無事進学を選べたならその選択こそ「人生の岐路」なのです。

つまりその「最良の道」をつかみ取れるかどうかは本人次第だと思うんです。

だって、本人に力があったからこそその道を選択できたわけだし、そもそも進学だってできるわけですから。

もちろんこれは持論です。

もしかしたら最良の道なんてないのかもしれない。

もしかしたら、どっちに転んでも人生をよくしようという思いがあれば、それこそいつでも「人生の岐路」なのかもしれない。

そういう思いも確かにあるわけです。

人生の岐路とは平均的に何歳くらいに訪れるのか?

それでは「人生の岐路」とはいうものの、具体的にそれは何歳くらいで訪れるものなのでしょうか?

その際、ある程度平均値のようなものがあるのでしょうか?

例えば、

どんな人間にとっても人生の岐路は16歳のときと42歳の時に訪れます。

というのがわかれば、うれしいですよね。

しかし残念ながら「人生の岐路」には決められた特定の年齢はないんですね。

さきほどの話のように、いつどこで「それ」がやってくるのかなど誰にもわからないのです。

ただそれでも、統計として多いのはこの人生の岐路は、青年期から中年期にかけてよく訪れるものだと言われております。

というのも自分の価値観や考え方、行動様式などが変化する時期がこの青年期から中年期にかけてだとされているんですね。

つまり人生についてアンテナをはるのと同時に、実際に人生が変化していく時期がこの青年期から中年期にかけての時期なのです。

どこかしらで「大きな選択」があるのです。

例えばこの時期には、職業選択を迫られたり、社会的地位が向上したり、家族や友人との関係が発展したりなど、さまざまな選択をしいられる時期なのです。

「人生の岐路が訪れやすい時期」なのです。

人生の岐路に立たされている7つのシチュエーション

人生の岐路とはどういうときなのか?

それでは具体的に「人生の岐路」とはどういうときなのかについてここでは見ていきましょう。

人生の岐路に該当するシチュエーション
  • 転職
  • 退職
  • 進学
  • 就職
  • 引越し、移住
  • 結婚
  • 離婚

1、転職

まずは転職ですね。

この転職が「人生の岐路」になるというかたは多いはずです。

転職が人生の岐路になるといいますが、それはいまの現状を打開しようと行動を移そうとした瞬間でもあります。

これは自身にとってとても大きな出来事ですよね。

現状を打破しようと行動をおこす。

実はそれだけで人生は変わり始めるのです。

今後の人生を良くも悪くもするもすべてこの「転職」次第といっても過言ではありません。

自分が将来何に挑戦したいか、自分が将来何を成し遂げたいかを考え、それにともなって「転職」をする。

「人生の岐路」というにふさわしいでしょう。

その反面「転職」は成功すれば自分のキャリアをより良くするための大きなチャンスになりますが、失敗すると現状よりも悪くなってしまうというリスクもあります。

「転職」という「人生の岐路」をうまく攻略するためには、自分の能力や経験を認識し、将来のキャリア計画を考え、正しい決断を下すことが重要なのです。

2、退職

また「転職」と同様「退職」が「人生の岐路」になるとう人もいるはずです。

例えば定年を迎えたので、そろそろ退職しようとかですね。

フリーランスになるため「会社員」を退職するとか。

個人で稼ぐ重要性

前者であれば、それまでの仕事生活から一転して優雅な時間を過ごせるようになる。

一日の間で「就業」というコンテンツがなくなるからですね。

また後者であればこれからは、すべて自分の力で切り盛りしていかなければならない。

やりがいを感じると同時に、不安もあなたの生活に伴うようになるでしょう。

大きな「人生の岐路」となるのです。

なので「退職」するかどうかを決める前に、多くの要素を検討して、自分の最良の選択を考える必要があります。

例えば「家族構成」や「資金」などの要素を考慮したうえで判断することが重要で、決して軽はずみな思いですべきではないことです。

3、進学

また若い方であれば「進学」というのも「人生の岐路」になりやすいです。

高校へ進学するか、それともいかずに就職するか。

あるいは大学へ進学するか、就職するか。

将来に対し漠然と不安を抱えている若者とだけあって、この選択が非常に重要となるのです。

その選択1つで、将来のキャリアは決まるし、そのあとの人生を大きく左右しかねないのです。

自分の思いに正直になるのは大切ですが、自分にとってどうすることが一番いいのか?

また重要な問題なので、両親の意見や友人の意見を取り入れるなどして、決して一人だけで考えないようにしましょう。

4、就職

ということでつまり「就職」をするかどうか決めるというのも「人生の岐路」となるのです。

学生時代も終わりに迫ってきたころ、周りの友人はみんな進学を決めている。

しかし自分は若いうちから、就職してキャリアを積みたい。

両親を少しでも楽にさせたい。

だから俺は就職したい。

そういう思いがあるのなら「就職」という選択もよいでしょう。

「進学」ばかりが正解ではありません。

5、引越し、移住

「人生の岐路」というのは何もそういった仕事の面ばかりではありません。

例えば「引越し」「移住」というのも「人生の岐路」になりえるのです。

いままでの環境から新しい環境へと住まいを移す。

これまでの生活が180度変わるわけです。

そして生活が180度変わるということは人生が180度変わるといっても過言ではありません。

そのくらい大きなイベントなんですね。

この「引越し」や「移住」というのは「転勤」や「学校の転校」などが要因で起こることがあります。

また逆に「引越し」や「移住」をしたために「転勤」や「学校の転校」をせざるを得ない場合もあります。

新しい人生、新しい生活が始まる。

いずれにせよ「人生の岐路」となるのです。

6、結婚

「人生の岐路」として忘れてはならないのが「結婚」です。

それまで一人でいた生活に別の誰かが加わる。

自分だけの人生に別の誰かが加わるわけですから。

「人生の岐路」と呼ぶのにふさわしいですね。

その際そのパートナーを養っていけるだけの包容力があなたにあるのか?

そのパートナーと一生一緒にいるという覚悟があなたにあるのかを確認してから、この「結婚」を選択するようにしましょう。

自分が本当にしたいことは何かを考え、その上で、結婚をして夫婦として家庭を築くか、独身として自分の人生を歩むかを決めるのです。

「結婚」というのは何度もできません。

何度も一緒になりたいと思えるパートナーと出会える確証もありませんし、自分がそれまで健康でいられるかもわからないのです。

7、離婚

また「結婚」と同じように「離婚」も大きな人生の分かれ道となります。

というのも「離婚」というのはそれまでずっと一緒にいたパートナーと決別するときだからです。

それまで何事も一緒に過ごしたきた時間や、一緒にわけあっていた食事。

一緒にテレビをみたり、出かけたり。

そういったことがすべて自分の人生からなくなるのですから。

なので決断を迫られた当事者からすれば「離婚」の道を歩むかどうかは大変な決断であることは間違いありません。

しかしそれでもこの「離婚」という選択が、大きな出来事であることには間違いありませんし、その選択が功を奏するケースも多くあるのです。

なのでどうか恐れず、自分の気持ちをまずは優先に考えて、行動してみましょう。

なぜ人生の岐路があるのか?

ここまで「人生の岐路」とはどういうときなのか見てきました。

でもなぜこうした「人生の岐路」があるのでしょうか?

人生は選択の繰り返しだから

それは前にも述べた通り、人は選択する生き物で、人生とはその選択によってできているからなんですね。

そしてその選択には当然その後の人生を左右しかねない「大きいもの」も「小さいもの」もあるからなんです。

また「人生」はそれぞれの人にとって異なる形をもっています。

「その人」が選択肢を持つことにより、一人ひとり別の人生になっていくし、まったく同じ人生を歩む人、歩んできた人などいまだかつていなかったはずです。

それぞれの人がその都度、直感で判断した選択もあるだろうし、慎重に考えて選んだ選択もあるでしょう。

そしてその決断で人生は大きく変わるから

そしてその直感で判断した選択がもしかしたら「人生の岐路」になったかもしれない。

慎重に考えて選んだ選択が「人生の岐路」になったかもしれない。

軽はずみで考えた選択がそこからの人生を大きく変えていく。

だから楽しいんですね。

人生って。

選択の繰り返し。

どの選択が「人生の岐路」になっているかなどわからないんですから。

なぜ人生の岐路に立たされなければいけないのか

しかしなぜ軽はずみにした選択が「人生の岐路」なんてなったりするのでしょうか?

本人は気づいてもいない。

しかし目の前には「人生の岐路」という大きな分かれ道がある。

我々が「人生の岐路」に立たされるのは、自分自身の人生は自分自身で決めなければいけないからです。

いうなればこの「人生の岐路」というのは、その対価とでもいえるかもしれません。

これがもし自分にやりたいことがなければ、どんな人生になったとしても受け入れられるでしょう。

しかしそうではない。

選択を誤ったら後悔をする。

それは自分が納得いかないからです。

自分の人生にやりたいことがあったり、責任をもっているからです。

なので「人生の岐路」に立たされて、その選択を誤ったとしてもどうか後悔しないでください。

それはあなたが自分の人生をよくするために「選択」をした結果なのですから。

我々は、自分自身の意思で、自分が望むような人生を選択するために、人生の岐路に立たされなければならないのです。

なぜ自分の選択に自信が持てないのか?

人生は「選択」の連続。

人間は頭がいいですから、もしかしたら目の前の選択が「人生の岐路」になるかもしれない。

そういった節は結構あるはずです。

例えば「結婚」するのがいいのか「独身」でいるのがいいのか?

また「進学」するのがいいのか「就職」するのがいいのか?

そんなとき、自分に自信をもって選択したいですよね。

しかしなかなか自分に自信なんてもてないものです。

ましてや、目の前の選択が「人生の岐路」になると知っていればなおさら難しい。

人生に正解などありません。

「人生の岐路」においては、正しい選択をすることよりも、きちんと選択をするということのほうが大切なのです。

なぜならそれは「人生の岐路」なのですから。

どんな選択をしようが、必ずあなたの人生は変わっていきます。

それが「人生の岐路」です。

そこから良くしていくのか、悪くしていくのかは正直あなた次第なんですね。

選択をすることは確かに難しいです。

自分の選択が間違っているかもしれないと思うと、余計臆病にもなるはずです。

しかし自信なんてなくていい。

「人生の岐路」にきちんと立って、きちんと自分の頭で考え決断したならそれだけで十分立派です。

その選択ができたあなたならきっと、そのあとの人生を自分自身の力でよくしていけるはずです。

最近は「人生の岐路」にすら立たない人がいたり、立てない人だっています。

そんな中「人生の岐路」とであって、そこで片方を選択できたあなたはそれだけで称賛に値するのです。

人生の岐路にたたされた時とるべき行動

そうはいっても「人生の岐路」に立たされたときの「心構え」くらいはしっておいて損はないでしょう。

「人生の岐路」にたたされたとき、最も重要なことは、自分の本当の目標を追求するためにその選択をするべきなのかどうかを考えることです。

つまり自分の理想や、夢、目標を優先しようということなんですね。

これがブレてはいけません。

というのもこれがブレなければ後悔をしないからなんですね。

もしこれがほかにやりたいことがあったのに「自分の気持ちとは裏腹な選択」をしたならば、それは後悔につながる危険性があります。

なので「人生の岐路」にもなりかねない、大きな決断を迫られたとき自分の考えを優先しましょう。

また、そのさい客観的な視点から物事を見ることも大切です。

例えば仲の良い友人や、他人の意見にも耳を傾けたり、両親にも意見を聞いたり。

そういった観察もし、本当に自分の気持ちに素直になれた選択をしたならば、後悔はきっと生まれないでしょう。

人生の岐路に立たされた時、迷わずに決断する方法

それでもやはりある程度の指標といいますか、方法を知っていれば、その方法があなたの背中をそっと押してくれるでしょう。

ここでは人生の岐路に立たされた時、迷わずに決断する方法についてみていきます。

さきほど述べた自分の思いに正直になるという意味でもここで上げる方法を見てみて下さい。

自分の思いに素直になれる方法についてもきっとわかるはずですよ。

1、自分の考えを明確にする

まずは「自分の考えを明確にする」です。

自分の素直になるといってもまずはこれができていないとそれは難しいです。

今置かれた状況や自分の意見・感情を明確にし、決断すべき選択を明確にしましょう。

2、事実と情報を把握する

またそもそも「自分の考えを明確にする」ためにはいまおかれている事実についてきちんと考えてみましょう。

例えば「離婚」という決断に迷っているなら、実際に暴力を振るわれている状況があるという事実をまずは認めるのです。

そしてその暴力をふるわれているという状況が一体どういう状況なのかその情報を集めるということです。

恐らく暴力について「良し」とする意見は一つもないはずです。

そういった確かな情報を自分の決断のための足掛かりにしていくんですね。

3、オプションを検討する

「事実と情報を把握する」」ことができたら、続いてはその選択をすることによってもたらされるオプションを検討しましょう。

つまり、どういった結果がもたらされるのかシミュレーションしてみるということですね。

例えば「引越し」をすることによって通勤時間が1時間も短縮できる。

そしてその短縮した1時間を、家事や家族との時間にあてられるようになるなどですね。

その選択をするにあたってもたらされるオプションを検討し、その利点と欠点を比較していけば、より堅実な選択ができるようになります。

4、自分の正直な思いをその決断に加える

そこまでできればあとは自分の正直な思いをその決断に加えるだけです。

例えば自分は本当は就職したいのか、それとも進学したいのか?

それが分かるのはあなただけです。

その気持ちに嘘をつかないこと。

これが大きな選択をする際、もっとも大切なことです。

ここまでできれば何も恐れることはありません。

それでもその時迷ったらどうしたらいいか?

それでもやはり人間は迷う生き物です。

どうしても自分で決断できない瞬間というものがあります。

そんなときはどうすればいいのか、そのことに関して少しだけ述べてみましょう。

どっちに転んでもいいと覚悟を決める

例えばあなたが「進学するか」「就職するか」迷っているとしましょう。

どっちの道も進んでみたいという自分の素直な気持ちもある。

周りからもどちらでもいいのではないか?とも言われている。

そうなったときは「どっちに転んでもいいと覚悟を決める」ことが大切です。

自分自身でよく考えたすえ、どちらの道でもいいと考えるなら、きっとどちらの道を選択しても後悔は残らないはずです。

ルーレットで決める

或いは「ルーレット」で決めてみてはいかがでしょうか?

自作したルーレットやくじ引きなど、運に任せてしまうのです。

人生をルーレットで決めることは確かに適切ではありません。

しかし、自分で決められないというのなら、やはりそういうギャンブル的な決め方をするしかありません。

ただ仮に選ばれた道を進み、その結果後悔が残ったとしても誰のせいにもできません。

そのことだけは肝に銘じておきましょう。

占いで決める

もしさすがに「ルーレット」では決めたくないと思われる方は、占いに相談してみてはいかがでしょうか?

占いって結構あたるんですよね。

自分もそれまで一度もいったことがなかったんですが、30代を過ぎたあたりで一度行ってみたんですね。

言われたことが結構腑に落ちたのを覚えております。

占いは不思議な力があります。

なので最悪、自分自身で決められないという人はこうした占い所に相談してみるといいでしょう。

人生の岐路に立たされた時、背中を押してくれる格言

それでは最後に、人生の岐路に立たされた時、背中をそっと押してくれる格言をご紹介して終わりたいと思います。

あなたが今後の人生で大きな決断をせまられたとき、そしてその決断の選択にまよったとき、ぜひここで紹介している過去の偉人たちの言葉を思い出してください。

人生の岐路に立たされた時聞きたい言葉①アンソニー・ロビンズ

人生において、多くの人が何をすべきかを知っているが、それを実際に行う人はほとんどいない。知っているだけでは不十分だ。行動を起こさなければならない。

―― アンソニー・ロビンズ(トニー・ロビンズ、アメリカの自己啓発書作家、NLP(神経言語プログラミング)コーチング出身のコーチ、起業家、講演者、代表作『一瞬で自分を変える法』)

人生の岐路に立たされた時聞きたい言葉②ハーバート・オット

リスクを冒し、思い切って自分の人生をかけて、新しい試みに乗り出した時、変化と成長が始まる。

―― ハーバート・オットー

人生の岐路に立たされた時聞きたい言葉③アンディ・ウォーホル

時が物事を変えるって人はいうけど、実際は自分で変えなくちゃいけないんだ。

―― アンディ・ウォーホル(米国の芸術家、ポップアートの旗手)

人生の岐路に立たされた時聞きたい言葉④ロバート・フロスト

森の中で道が二つに分かれていた。そして私は人があまり通っていない道を選んだ。そのためにどんなに大きな違いができたことか。

―― ロバート・フロスト(アメリカの詩人、代表作「雪の降る夕方森に寄って」 )

人生の岐路に立たされた時、生じる疑問に対する答え

転職を考えていますが、どの職業や業界が最適でしょうか?

転職の際には、自身のスキル、興味、価値観を考慮しましょう。また、市場の需要や将来性も調査し、アドバイスを受けることが重要です。自己評価やキャリアコンサルタントの支援を受けることも検討しましょう。

結婚を考えていますが、相手選びで悩んでいます。どのように適切なパートナーを見つけるべきでしょうか?

パートナー選びは重要な決断です。まず、自身の価値観や目標を明確にし、理想の関係を想像しましょう。そして、コミュニケーションを重視し、時間をかけて相手を知ることが大切です。信頼できる友人や家族の意見も参考になります。

財務面での不安があります。将来のために資産をどのように運用すべきでしょうか?

財務計画は個人の状況に依存しますが、リスク分散が重要です。予算を立て、緊急時のために備え、適切な投資や節約戦略を検討しましょう。専門家の助言を受けることも役立ちます。

健康が心配です。健康的なライフスタイルを確立するためのアドバイスはありますか?

健康的な生活を維持するには、バランスの取れた食事、適度な運動、十分な睡眠が重要です。定期的な健康診断も怠らないようにしましょう。また、ストレス管理や精神的な健康も大切です。

人生に対するモチベーションが低下しています。やりたいことや目標を見つけるためのアドバイスはありますか?

モチベーションの低下は誰にでも起こります。新しい趣味や興味を見つける、目標を設定する、他の人と共感することができるコミュニティに参加するなど、新しい経験やチャレンジを取り入れることがモチベーションの向上に役立ちます。また、専門家やカウンセラーのサポートを受けることも検討しましょう。

人生の岐路に立たされた時!まとめ

ここまで「人生の岐路」について、考えられるシチュエーションと注意事項について解説してきました。

どんな人にでも「人生の岐路」と呼ぶにふさわしい大きな決断を迫られる時があります。

そんなとき、後悔のない選択をするためにしっかりとした準備をしておきたいですね。

お読みいただきありがとうございました。

人生の岐路

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次