<保存版>ブログ運営におけるリライトの重要性とそのやり方について徹底解説!

あなたは今ブログ運営で収益が伸びず行き詰まっておりませんか?

ブログで収益を生み出すためには「新しい記事」を投稿するだけではそれは叶いません。

つまり記事の見直し、「リライト」が必要になるのです。

ブログ運営においてこの「リライト」の工程は非常に重大で、この工程をめんどくさがって省いたり、間違ったやりかたで「リライト」をしてしまうことはあなたのブログ収益に重大な影響を及ぼしかねません。

何故なら過去にインデックスした記事はあなたのサイト順位を著しく下げてしまっている可能性があったり、広告や導線が貼られていない為に何の役にもたっていない可能性があるからです。

今回本記事ではブログで収益を生み出すために何故「リライト」が必要なのか?その「重要性」と「ただしいやり方」について解説していきたいと思います。

本記事を読んでいただければ正しい効率のよい「リライト」のやり方が分かるうえ、今後のブログ運営で見落としがちだった「リライト」の重要性を理解でき、収益につながる「リライト」の仕方が理解できるようになります。

簡単な内容となっているため、是非本記事を参考にあなたの今後のブログ運営ルーティンにこの「リライト」という工程を導入してみまよう。

それでは早速参りましょう。

この記事を書いているのは

「ブログ運営」と「サステナブル」に関する記事を書いています。私はいずれ必ずブログ運営で独立します。ブログを開設して半年で月間最高PV「1万」達成。

目次

リライトの重要性と役割

そもそも何故この「リライト」がブログ運営において重要なのかというと、その理由はいくつか挙げられます。

ここではまず、「ブログ運営」における「リライト」の重要性について述べていきたいと思います。

ブログを開設した直後の記事は確実にクオリティが低い為、修正する

ブログを開設した直後というのはどんな人間であれその記事のクオリティは極めて低いと言えるでしょう。

これはどんなに文才に恵まれた人間であろうと例外なく言えることです。

私もそうですが、ブログを開設したばかりの記事というのは、

  • 誤字脱字が多かったり
  • 文脈がバラバラだったり
  • 論理が破綻していたり
  • 句読点の位置がおかしかったり
  • 一文がとても長かったり

と、とても読めたものではありません。

「こんな記事を読者の人に読んでもらおうとしていたのか!?」と、恥ずかしくて目を覆いたくなるほどです。

つまり、ブログを開設した直後の記事というのはあなたのブログを読んでくれるユーザーにとって非常に読みにくいと感じる記事となっている可能性があるのです。

しかしブログを開設した直後というのは中々その「粗さ」には気づけません。

ブログを運営し、ライティングに慣れてきてからこそ初めて気付けるのです。

つまり読みにくい記事を書いていたことに当時はとても気づけないし、がむしゃらに書いてきたからこそわかることでもあるんですね。

なのでそれまで気づけなかったが、あなたのブログ内には相当数の「読みにくい記事」が散乱している可能性があります。

過去記事の「PV」が伸びていない原因もこの「読みにくい記事」が原因である可能性が高いです。

そのためにも「リライト」を行い、過去記事の文章の粗さを改善しなければなりません。

30記事も書けるようになっていれば、過去の記事を読み返したときに自分の書いた記事の「粗さ」に気付けるようになっているはずです。

そもそもブログで収益を伸ばすためにはまずあなたの記事が読まれなければなりません。

しかしその記事が「読みにくい」と感じるものだったらどうでしょう?

読者はあなたの記事から即離脱してしまうことでしょう。

なので「開設したばかりの過去記事は読みやすい記事に直す。」というのが収益を生み出すリライトにおいて重要な第一歩目となります。

サイトの順位を下げない為にリライトを行う

また先程ブログを開設した当初の記事を例にしましたが、それだけでなく粗い文章やクオリティの低い文章が原因となり、あなたのブログのサイト順位を下げている可能性があります。

何故ならそういった読みにくい文章というのはユーザーから読まれるはずがないし、ユーザーにとって利便性の低いコンテンツはグーグルから「低品質なコンテンツ」と判断されてしまう可能性があるからなんですね。

そのようにグーグルから「低品質なコンテンツ」と判断された記事があなたのブログ内に一つでもある場合、あなたのサイト全体の順位が落とされる危険性があります。

またサイト全体の順位が落ちるという事はあなたの抱える多くのコンテンツが上位表示されにくくなるという事でもあり、結果として収益から遠のいてしまいます。

そうならないようにリライトを施し、あなたのブログ内に低品質なコンテンツが一つもないような状態が理想です。

その際、ユーザーが読みやすいと感じるような記事に直したり、これまで欠けていたユーザーの知りたい検索意図を多く組み込むことでグーグルから低品質なコンテンツの対象にされることを防ぐことが出来ます。

サイトの順位を下げない為にもこの「リライト」は非常に重要な工程となるのです。

記事やサイトの順位を上げるためにもリライトを行う

また前述した内容を踏まえ、「リライト」を適切に行う事で、サイトの評価を下げないばかりか、元々低かったあなたの記事がより上位に表示されられる可能性があります。

むしろ多くのブロガーが「リライト」をする目的はこれで、例えば不十分だった検索意図の補足をすることや、alt属性の追加、タイトル、メタディスクリプション、h1タグ、本文などにキーワードを含めることなどの施策を施すことで、ユーザーだけでなくグーグルからも評価され、あなたの記事が上位表示されやすくなります。

この上位表示されるためのリライトのやりかたに関しては後程解説しますが、「リライト」を適切に施すことで、元々圏外だったあなたの記事が上位表示されることができるようになります。

上位表示されることであなたのブログは多く読まれるようになり、収益も増えるためこの「リライト」の重要性が非常に分かりやすく結果に現れる部分でもあるのです。

ユーザーから信頼を獲得するために最新情報をリライトによって加える

また「リライト」の際、最新情報を入れたりしてサイトを適度に更新することでユーザーに「鮮度のあるサイト」であることをグーグルにアピールすることができ、「信頼性の担保」へと繋がります。

あなたも経験があるかと思いますが、グーグルなどの検索エンジンで調べものをする際、検索結果に表示されたコンテンツが1年以上も更新されていないものだったらどう思いますか?

いくらそのコンテンツが有益なものでグーグルからも高い評価を受けたものであっても「本当に信頼できるものか?」と疑問に思ってしまい、そのコンテンツを見てはならないという思いにさせられるのではないでしょうか?

「リライト」を定期的に施しコンテンツの鮮度を常に保つことで、ユーザーはそのコンテンツを信頼することができるし、サイトへ訪れたいと思う事ができます。

またそれだけにとどまらず、更新頻度の少ないコンテンツに比べ、更新頻度の高いコンテンツの方がグーグルから評価され上位表示されやすくなる点も見逃せません。

なので「リライト」を定期的に施すことはサイト流入を促すための有効な手段でもあるのです。

リライトのやり方

「リライト」の重要性を理解していただいた所でここからは実際に「リライト」のやりかたについてみていきたいと思います。

検索意図を確実に満たせているか

まず何よりもあなたのその記事は読者の「検索意図を確実に満たせているか」を見直す必要があります。

何故ならこの「検索意図」を確実に満たせていない記事というのはユーザーの役に立ちませんし、ユーザーからしても読みたいとは思えません。

またユーザーから評価されないという事は、即ちグーグルからも評価されないという事でグーグルの検索結果の上位に表示されることも叶わないんですね。

仮に読まれたとしても読者の知りたい「検索意図」とズレが生じていれば即離脱されてしまいます。

なのでリライトを行う際に「確実に検索意図を満たせているか」をきちんと見直し、それが出来ていない場合は競合の記事を研究し、自分のコンテンツに足りない「検索意図」を満たすようにしましょう。

その際上位表示させたいキーワードで現在上位表示されているページを参考にすることで、確実に自分のコンテンツに足りない検索意図が何かを知ることが出来ます。

そのように「検索意図」を確実に満たしていくことで、読者にとって有益なコンテンツとなるし、グーグルのからも上位表示されやすくなります。

またそれだけでなく、「それを知った読者がそのあとどういう行動をするべきなのか?」という「潜在ニーズ」に対する補足もいれることでよりあなたのコンテンツは有益なものとなるでしょう。

古い情報を最新情報に変更する

先程も述べましたが、古い情報を最新情報に変更することが「リライト」においては何よりも重要です。

その理由として「ユーザー」から信頼を獲得できるようになることと、グーグルからも評価されやすくなるためです。

例えば「昨年大流行した〇〇」というフレーズを用いていた場合、あなたが書いた時期によっては「昨年」と表現するには不適切となる場合があります。

年を何年も経過しているのに「昨年」と表現しているのはおかしいことだし、それではユーザーからも疑いのまなざしで見られてしまいます。

また取り扱う商品の価格やアフィリエイト案件の価格が変更されていないかなどにも注意を払うことが大切です。

価格が変更されている場合は、最新の価格に設定し直しましょう。

そうならない為にも正しい時系列となるよう定期的にリライトを行い最新情報を更新するようにしましょう。

文字だけの記事は画像を追加して読みやすくする

文字だらけの「コンテンツ」というのはユーザーにとって読み進めるのに苦労しますし、そのような場合はグーグルが掲げるユーザーの利便性に反します。

なので「文字だらけ」のコンテンツは「画像」を追加し見やすいコンテンツに変更できるようリライトしましょう。

ただその際、関係のない画像を加えたり、画像を挿入しすぎることは逆にユーザーに不快感を与えてしまいますので気をつけましょう。

読みたくなるタイトルと見出しに変える

リライトする目的の一つには、「いかに自分の記事を読んでもらえる事ができるようにするか?」というものがあります。

その際、記事自体のコンテンツ力を上げることも大切ですが「タイトル」や記事内の「見出し」を読みたくなるものに変えることも非常に大切です。

何故なら読みたくなるタイトルや見出しに変えれば仮にコンテンツ力が不足していてもあなたの記事が読まれる可能性があるからです。

例えば、「たった1記事で10万人に読まれる文章術」や、「3日間で−5kg本当は教えたく無いダイエット法。」など感情に訴えかけるものや大きな不安を煽るようなタイトルというのは読者の目を引きやすいタイトルと言えるでしょう。

またタイトルを読みたい思わせるようなものに変えることで、あなたの記事が上位表示できた際にはよりクリックされやすくなったり、読まれやすくなるでしょう。

導入文に読者の解決したい「悩み」と「解決策」が書けているか

「導入文」は、自分の記事を読み進めてもらうためには非常に重要となる要素です。

あなたの記事の「導入文」にはきちんと読者の解決したい「悩み」や、それを解決する「解決策」がきちんと提示できていますか?

この「導入文」は訪れてくれた読者がまず始めに目にする部分です。

いわば人間でいう所の「顔」の部分でもあります。

「導入文」を充実させ早い段階で読者の心を掴むことが出来なければ、読者は簡単に離脱してしまうし、収益をあげることはできません。

また読まれない記事や収益を上げられい記事というのはこの「導入文」が充実していないものである可能性が高いので、リライトをする際はこの「導入文」に読者の解決したい「悩み」や、それを解決する「解決策」を明確に提示するように心がけましょう。

記事内に体験談や独自情報を追加する

グーグルは「独自性」の強いコンテンツを上位表示させる傾向があります。

他社サイトでは扱えないあなた自身の「体験談」やあなただけしか掲載できない「独自情報」を記事内に盛り込むことによってあなたのコンテンツは上位表示されやすくなるのです。

例えば、「あなたが実際に撮った写真」やその「体験談レビュー」とかですね。

リライトをする際、このような「独自性」を意識的に記事内に盛り込むようにすればリライトを施した記事は上位表示されやすくなるでしょう。

記事内に内部リンクを貼る

リライトを行う際は意識的に関連性のある「内部リンク」を記事内に貼るようにしましょう。

記事内に関連性のあるリンクをはりめぐらせる事で、元々内容薄だったその記事に厚みが増しグーグルから高評価を得ることができるようになります。

収益記事へのリンクも勿論貼れるので、これまでなかった収益をあげられる可能性もあります。

またそれだけでなく、ユーザーにとっても関連性のあるリンクがあることによってその記事を読みたいと思い、サイト内を回遊してくれるようにもなるのです。

サイト内の回遊率が上がれば「滞在時間」が増える為、それも功を奏し、サイト全体の評価も得れるようになります。

貼る箇所は記事内最後がセオリーとなりますが、適所に置くのがベストです。

「タイトル」、「h2」、「本文」にキーワードを含める。

グーグル検索

リライトをする際は「タイトル」、「h2」、「本文」にあなたが上位表示を狙ったキーワードを含めるようにしましょう。

そうすることによってグーグルから専門性の観点で一定の評価を得られるようになります。

例えば、本記事は「リライトの仕方」というキーワードで上位表示を狙っているので、タイトルは「<保存版>ブログ運営におけるリライトの重要性とそのやり方について徹底解説!」という「リライト」に関連するものにし、h2や本文内にも「リライト」に関連するキーワードを多く散りばめております。

そうすることでグーグルからこの記事は「リライトに関連するコンテンツなんだな」と認識してもらうことができるようになり、専門性を評価してもらうことができるようになるんですね。

Altテキストを追加しよう

砂浜

あなたの記事内に「画像」を挿入する際、「Altテキスト」を追加するようにしましょう。

「Altテキスト」とは画像が「サーバー」の不具合やアクシデントで表示されない際に、「テキスト」として代わりにその画像の内容を表示してくれるものです。

この「Altテキスト」の入力をしたところで直接的なSEO効果は中々見込めませんが、きちんと入力することで画像での説明が果たせなかった時などに役立ちます。

また、この「Altテキスト」を入力しておくことによって、「グーグル画像検索」であなたの画像が検索結果に表示されるようにもなります。

始めどうしても怠りがちなこの工程ですが、リライトの際にしっかりと行っておくことで堅実なブログ運営に結び付けることができます。

ちなみにこの「Altテキスト」の編集はワードプレスであれば記事内で使われている「画像編集画面」から行うことが出来ます。

アイキャッチ画像のバリエーションを統一する

アイキャッチ画像
アイキャッチ画像

「アイキャッチ画像」はブログ記事において重要となる要素です。

「アイキャッチ画像」が魅力的なものであればあるほど、読者はその記事を読みたいと思えるからですね。

その際この「アイキャッチ画像」が設定されていなかったり、コンテンツと関連性の低いものだったりすると読者の「読みたい」という気持ちをそいでしまう事になります。

しかし初めて投稿をする際というのは、「アイキャッチ画像」のバリエーションに統一感を持たせることは難しいですよね。

なのでリライトにおいてこの「アイキャッチ画像」を統一していくのです。

例えば、「アイキャッチ画像」を見ただけでコンテンツの内容が把握できるような「見出し」を画像に加えたり、カテゴリー名を加えカテゴリー毎に統一したりすることが有効です。

尚、ワードプレスによる「アイキャッチ画像」最適サイズは「1200×630」とされています。

本文の間に行間をいれ、読みやすくする

またリライトの目的として「より読者にとって読みやすくする」というものがあります。

つまり、読者にとってより読みやすい記事にするために「リライト」を行うという事でもあるのですね。

初めての投稿の際は中々、難しいとされる「読者への細かい気配り」。

それをこのリライトによって施していくのです。

その代表例として記事の間に「行間」を入れて読者にとって少しでも読みやすくするなどの対策や工夫を行うようにしましょう。

メタディスクリプションを読みたいものに編集する

メタディスクリプション

「メタディスクリプション」とはその記事の概要を「120字程度」で抜粋した「説明書き」です。

上の画像で言う所の赤く囲った部分となります。

この「メタディスクリプション」は読者を記事内に引き込むための言わば「無料で載せられる広告」のようなもので内容を充実させることであなたの記事はより読まれやすくなります。

どの記事を読もうか迷っている読者に自分の記事をアピールできる唯一の施策でもあるわけですね。

この「メタディスクリプション」は何も編集しなければ、自動で適切なものが抜粋される仕組みになっております。

それをより適切なものとするためにリライト時に編集を施すわけです。

その際、タイトルに書ききれない要素を含めたり、キーワードを含めたり、もしくはそのコンテンツで得られるベネフィットなどを「120字程度」で含めるようにしましょう。

またスマートフォンでは「80文字」程度しか表示されない場合があるので重要なことを前方におくようにするとよいでしょう。

参考までに一例を載せておきます。

メタディスクリプション記述例

本記事では、〇〇な〇〇を解決するために、〇〇についてご紹介していくとともに、〇〇の注意点も解説していくので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

収益を生み出すリンクを貼る

リライトする際は、その記事内に関連する「商品リンク」や「アフィリエイト広告」をしっかり貼るようにしましょう。

また既に貼ってある商品リンクも貼られている場所は的確かどうかリライト時にしっかりチェックしましょう。

ブログ運営において収益を生み出すためには「商品リンク」や「アフィリエイト広告」が読者に踏まれなければなりません。

そのためにも適切な場所にリンクを貼るのは勿論の事、しっかりと収益を生み出すための「商品リンク」や「アフィリエイト広告」を記事内に設置するようにしましょう。

リライトの際にその点を踏まえて見直すことで、これまで収益を生み出せていなかった記事からも収益を生み出せるようになります。

因みに私の場合、全記事内になるべく「本」の「商品リンク」か「Amazon Kindle」の「アフィリエイト広告」を貼るようにしております。

ブログ運営で収益を生み出すために、リライトは必ず行いましょう。

ここまでリライトの「重要性」と実際の「やり方」を見てきました。

ブログ運営において古い記事をリライトすることは新しい記事を投稿する事と同じくらい大切な工程です。

この工程をさぼるとあなたのサイト評価はいつまでも上がらず、低迷していく一方です。

しかしここで申し上げてきたリライトのやり方を実際に応用していただければ確実にあなたの記事はユーザーとグーグルの双方から評価されるようになるし、収益にも結び付くようになります。

すぐに効果は表れない上、派手な作業でもありませんがとても大切なリライト。

是非本記事を参考にブログ運営に応用してみてください。

リライトに関する書籍はkindleunlimitedで複数紹介されています

リライトに関する文献や参考書を求めている様なら「kindleunlimited」がおススメです。

月額980円で読み放題なので、リライトに関するものだけでなく、ブログ運営に関する書籍や、有名ブロガーの書籍など多数の書籍が読み放題として利用できます。

ブログで成功するには沢山の情報を仕入れなければなりません。

勿論私も利用しており、このように今ブログで収益を生み出せております。

是非あなたもこの「kindleunlimited」に登録をしてみましょう。

目次

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

読んでくださってありがとうございます。もし良ければシェアお願いします。
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

ブログ運営においていかに収益を伸ばすか?
それはずばり「キーワード選定力」と「Webライティングスキル」が必要となります。
shu blogは収益を上げるための「ブログ運営情報」と、現在世界全体の課題とも言える「サステナブル」に関しての情報を定期更新している個人ブログです!
読者の方に有益な情報を発信するのは勿論ですが、シンプルで美しいサイトを目指します。是非お立ち寄りください。
30年後も読まれるブログ運営×サステナブルを合わせたハイブリッドブログを目指します。
生き残る為には「ライティング力」が必須、そう信じて。

「shu blog」使用テーマ「SWELL」

知識が無くても大丈夫♪誰でも自由に美しく!ワードプレス有料テーマ「SWELL」

1、スマホのように簡単で使いやすい!
2、初心者でもデザイナーにお願いしたような美しいサイト設計に!
3、サイト運営がこんなにも楽しくなる!

「SWELL」公式サイトへ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる