パーソナルマーケティングとは?分かりやすく解説します!

パーソナルマーケティングとは

今、話題の「パーソナルマーケティング」

あなたも一度くらいは耳にしたことがあるかもしれません。

私も先日、都内の大型書店にいったのですが、その際この「パーソナルマーケティング」に関する書籍がズラリと店頭に並んでいたんですね。

そのくらいこの「パーソナルマーケティング」という概念が市場で認知され始めているんです。

今ここで簡単にご説明すれば「パーソナルマーケティング」とは、「消費者一人一人に対して、個人で行うマーケティング戦略」の事を指します。

さてさて、これからは「個人で稼ぐ時代」、「個人が力を持つ時代」とも言われております。

現に私も「個人」で生き残らなければいけない時代がいつやってきてもいいように、2021年よりこのブログ運営を行うようになり、今では会社に頼らず収益をあげられるようになりました。

個人的には、会社に属するということ自体に危機感を感じており、日々「個人で稼ぐ術」について研究しております。

そんな中、今回の「パーソナルマーケティング」というキーワードに出会ったんですね。

「パーソナルマーケティング」は、「個人で消費者にアプローチするマーケティング戦略」といいますが、それはつまりどういったことなのか?

そして私のような「個人で稼ぐ」ことに関心のある人間の生活にどのような影響を及ぼす施策なのか?

そのような疑問も抱えるようになったのです。

そこで今回、そんな謎のヴェールに包まれた「パーソナルマーケティング」に関して分かりやすく解説していきたいと思います。

「個人で稼ぐ時代」はもう目の前に到来しております。

なのでいずれCMやテレビ、ネットニュースでもこの「パーソナルマーケティング」というキーワードを目にする機会が多くなることも予測できます。

そうなったとき、しっかりと順応できるように今のうちに「パーソナルマーケティング」に関する知識を深めておきませんか?

前置きが長くなりました。

それでは見て参りましょう。

この記事を書いているのは
shu
  • shu、32歳
  • 2年目個人ブロガー
  • 収益5桁達成中
  • アパレル会社所属(EC、webマーケティング部門所属)
  • 個人所持サイト「3つ」
目次

パーソナルマーケティングとは?

パーソナルマーケティングとは

冒頭でも簡単にお伝えした通り、「パーソナルマーケティング(personal marketing)」とは消費者一人一人に対し、個別、或いは個人の力で対応するマーケティング戦略の事です。

要するに経営戦略のことですね。

そもそも、「personal」は「個人」という意味です。

そして「marketing」とはビジネス用語になりますが、これは「特定の組織が顧客が真に求める商品やサービスを作り、そのサービス情報を顧客に届け、顧客がその商品やサービスの効果を実体験するためのもの」という意味です。

なので今回の「パーソナルマーケティング」に関して、的確にその意義を申し上げると「特定の個人が、顧客が真に求める商品やサービスを作り、そのサービス情報を顧客に届け、顧客がその商品やサービスの効果を実体験するためのもの」となります。

またここで言われる「個人」は、フリーで活動している「個人」であっても構いませんし、会社や企業に属している「個人」であっても構いません。

というのもこの「パーソナルマーケティング」はある目的を掲げた際、その目的達成のために個人の力で突破する経営戦略のことだからなんですね。

なので会社に属していようが属していなかろうがそこはあまり関係ないというわけなんです。

この「パーソナルマーケティング」ですが、似たような意味で「パーソナライズドマーケティング」といった使われ方もします。

パーソナルマーケティングの目的

それでは「パーソナルマーケティング」の目的とは何でしょうか?

勿論その「目的」というのは、見込み客の獲得にあります。

そもそもなぜ見込み客を獲得する必要があるのでしょうか?

それは見込み客というのは自社商品を購入する可能性が非常に高いからですね。

また一度購入した後も見込み客であれば、再度自社商品を購入している可能性が高いからです。

だからどの企業も、どの個人も見込み客を獲得しようと日々努力しているわけです。

それではどのように見込み客を獲得すればいいのでしょうか?

その時に効果的なのが今回の「パーソナルマーケティング」手法なんですね。

何故ならのちに詳しく解説しますが、この「パーソナルマーケティング」手法を用いれば既に「個人ブランド力」、「個人商品力」を保有している企業や個人であれば自社の強みをアピールできるので見込み客を獲得するのがたやすくなるからです。

またこの「パーソナルマーケティング」を用いて「個人ブランド力」、「個人商品力」をうまく発揮できれば、「個別指導形態」を取り入れる事も可能になるからなんですね。

例えば「コンサルティング業」などがその良い例ですが、そうした「新規事業」もこの「パーソナルマーケティング」を用いれば可能になるのです。

なのでどの企業も、どの個人であってもを「パーソナルマーケティング」を用いて、「個人ブランド力」を認知させたり「コンサルティング業」などで見込み客を獲得しようと考えるのです。

また、この「パーソナルマーケティング」を用いて見込み客を獲得できるようになれば、その顧客の情報を簡単に管理できるようになります。

なぜなら見込み客としては顧客情報を開示してもいいと思えるようになるからです。

そして、そこで獲得した顧客情報を元に顧客が求める商品提案や、顧客対応を行えるようになるので、より自社の利益を拡大させやすいのです。

先程も申し上げたように、「パーソナルマーケティング」の意義は、「企業や個人が、顧客が真に求める商品やサービスを作り、そのサービス情報を顧客に届け、顧客がその商品やサービスの効果を実体験するためのもの」というものです。

その前提となる、見込み客を獲得するために効果的なのがこの「パーソナルマーケティング」ですから、どの企業も、どの個人も経営戦略として用いるようになったというわけですね。

また同時に、「パーソナルマーケティング」を行う際、より効果を引き出すための「個人のブランド力」、「個人の商品力」が求められるようになったのも事実です。

この「パーソナルマーケティング」は「個人」の「ブランディング力」や「商品力」が物をいう時代になったことによる、新しい経営戦略と言えるでしょう。

何故いまパーソナルマーケティング?その背景

パーソナルマーケティングの背景

つぎにここでは「パーソナルマーケティング」が普及しはじめたその背景を確認してみたいと思います。

個人であっても影響力をもてるようになったから

これまでの市場はBtoCやBtoBなど「企業間取引」が主となっておりました。

その際、自社商品の宣伝やブランディングは企業が所有する卸店舗や実店舗が担ってくれておりました。

しかし昨今の店頭需要の減少やECサービスの普及により、いちじるしく顧客の足は店頭から遠のいてしまいましたよね。

つまりこれまでのようなサービス提供のあり方では顧客の獲得はのぞめなくなってきているんですね。

なのでこれからは企業であっても顧客一人一人に対し、熱心にマーケティングをしなければならないし、そういった時代がやってきたのです。

言い方をかえれば「顧客一人一人」に熱心にマーケティングができさえすれば仮に個人であってもおおきな影響力を持つことが出来るようになったのです。

個人であっても稼げる。

個人であってもブランド認知してもらえる。

個人であっても商品を購入してもらえる。

そういう時代になったんですね。

まさに「個人で稼ぐ時代」です。

またその際、SNSやネットビジネスの普及により、「個人」であっても容易にマーケティングが行えるようになったのも大きな要因の一つでしょう。

そうした背景もあって「パーソナルマーケティング」が広く浸透するようになったんですね。

個人指導需要の増加

またこの「パーソナルマーケティング」手法が広く浸透した要因として、もうひとつあげられるのが「個人指導需要の増加」もあるでしょう。

というのも顧客からして、「個人から指導を受けたい」、「個人から商品を購入したい」という需要が増えているんです。

例えば最近では自社メディアを運営したいという企業や個人が増えてきましたよね?

その際、自社メディアを運営していれば「SEO会社」に「コンサルティング」を頼みたいと思うのは当然の流れです。

そしてその際、顧客からすれば「コンサルティング力」のある企業に「コンサルティング」を頼みたいと思うのが自然ですよね。

その「コンサルティング」もこの「パーソナルマーケティング」で顧客を獲得すればどの企業も行うことが可能なビジネスなんです。

また「コンサルティング」とはそもそも長い期間を要し、その際に「個人指導」を行う必要があるから行われるわけで、顧客としても長い期間が掛かることや「個人指導」を仰ぐことは当然のごとく覚悟しております。

その際、長い期間を要するのであればある特定の「個人」から指導をしてもらえた方が顧客としても安心に繋がりますよね?

なので「個人指導」が目下の「コンサルティング」需要はなくならないんです。

それに「個人の技術」、「個人の知識」さえあれば需要はなくならないどころか、仮にどんなに複数の顧客を抱えたとしても、オンライン対談などがいまはありますから、「個人」だけで複数の企業を相手に「コンサルティング」できるわけです。

いま見てきたのは「SEOコンサルティング会社」の例ですが、これ以外にも「個人指導」の需要が急速に増したことがこの「パーソナルマーケティング戦略」が普及した要因の一つと言われているのです。

パーソナルマーケティングはどのように行う?

「パーソナルマーケティング」の目的は、見込み客の獲得と、ブランドの確立です。

そして、いかに顧客データを獲得し、顧客管理や顧客への対応、接客を行えるかがこの「パーソナルマーケティング」の肝になるわけです。

その際、この「パーソナルマーケティング」で用いられるのは「ダイレクトメール」や「メールマガジン」、最近では「SNS」も駆使する企業や個人が増えております。

何故なら「ダイレクトメール」や「メールマガジン」こそ個人間のやりとりをスムーズに保つための手法として最たるもので、その結果顧客データを獲得しやすいからです。

例えばすでに「個人ブランド力」、「個人商品力」を保有している企業や個人であれば、このような「ダイレクトメール」や「メールマガジン」を活かせば見込み客から自社ブランドをより多く知ってもらう事ができるようになるし、顧客の管理も可能になります。

また自社情報や自社商品情報を「メールマガジン」にのせて定期的に送ることで、仮に「ブランディング力」があまりない企業であっても、顧客からの信頼につなげることができます。

また「ダイレクトメール」や「メールマガジン」であれば、「使ってみた感想」や「使い心地」、「困っていること」などアフターサービスを充実させることも可能なのです。

なので特にこれから「パーソナルマーケティング」戦略で自社ブランドを確立したいという企業や個人がまずは用いるべき手法であるし、参入しやすい手法であるといえるでしょう。

パーソナルマーケティングはこれからの時代にあった経営戦略

ここまで「パーソナルマーケティング」とは何か?に関して解説してきました。

これからは「個人で稼ぐ時代」だと言われております。

そんな時代を迎えつつある今、顧客獲得やブランド確立のために注目される「パーソナルマーケティング」。

この「パーソナルマーケティング」は「ダイレクトメール」や「メールマガジン」などを使って行う手法なので、「企業」であっても「個人」であっても遜色なく、行えます。

「個人稼ぐ」ことに興味のある方や企業にいながら実績を伸ばしたいという方は是非、本記事を参考に取り入れてみてはいかがでしょうか?

パーソナルマーケティングとは

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

読んでくださってありがとうございます。もし良ければシェアお願いします。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次へ戻る
トップへ
目次
閉じる