「投資」初心者でもわかりやすい!エポスポイント投資の始め方について 

エポスポイント投資の始め方

あなたは「エポスカード」を普段から使っておりますか?

いつでもどこでも使える「クレジットカード」であることは勿論、全国の飲食店で割引き適用されたり、遊園地の入場料が安くなったり「嬉しい特典」が多い事でも有名です。

そんな全国にユーザーを抱える「エポスカード」に、最近「ポイント資産運用」というサービスが加わったのはご存じでしょうか?

この「エポスポイント投資」とは、普段の買い物などで溜まった「エポスポイント」を使い、実際の投資ができるサービスのことで、現在多くのユーザーから注目されている「人気の投資サービス」なんです。

今回、そんな人気の「エポスポイント投資」の始め方をあなたと共に見ていきたいと思います。

私自身これまで「投資」というものに興味がなかったのですが、長年この「エポスカード」を利用してきたこともあり、今回の「エポスポイント投資」を始めてみたいと思いたったんですね!

「投資信託」なので初心者でも簡単に運用ができるみたいだし!

あなたももしこの「エポスポイント投資」に興味があるのなら、この記事を参考に私と共に始めてみませんか?

年会費無料!最短即日発行のエポスカードを今すぐ作ってみる!

それでは参りましょう。

この記事を書いているのは
shu
  • shu、32歳
  • アパレル会社所属(EC、webマーケティング部門所属)
  • 個人所持サイト「3つ」
目次

投資初心者にもおすすめなエポスポイント投資とは?

エポスポイント投資

そもそも「エポスポイント投資」とはどういうものなのかをまずは簡単にご紹介しますね。

「エポスポイント投資」とは、溜まったポイントを使って実際に「投資」ができるサービス

結論から言って「エポスポイント投資」とは、

普段の買い物などで溜まった「エポスポイント」を使い、実際の投資ができるサービス

のことを言います。

また「エポスプラチナカード・ゴールドカード会員限定」で行えるサービスでもあります。

実際の「投資サービス」とあるように勿論、行っていくのは「ポイント」を使った投資ですので、「得」をするときもあれば「損」をするときもあります。

その点は普通の投資とまったく同じですね。

さてこの「エポスポイント投資」では、実際の「ポイント」を「お金」のかわりに運用していくわけですが、「エポスポイント」が比較的溜まりやすいのは既にあなたも知っていますよね!

「エポスポイント」の還元率は「0.5%」で、例えば「ランチやコンビニ、スーパー」などの利用費が月に「4万円」超えた場合その月に手に入る「エポスポイント」は「200ポイント」にもなりますからね。

それに全国の飲食店やテーマパーク、公共料金の支払いなどでも使えるとあって、毎月この「エポスポイント」がかなり溜まっているという人は結構いるのではないでしょうか?

その溜まった「エポスポイント」を「投資」に回せるというんですね、この「エポスポイント投資」では。

またこの「エポスポイント投資」では「tsumiki証券」が用意する「投資信託」というものを購入して行っていくのですが、その「投資信託」の値動きによって我々の「保有ポイント」も増減するというものなんです。

その後溜まった「ポイント」は「1ポイント=1円」として、引き出せるという訳なんですね。

ただしこの「ポイント投資」は「特定口座」というもので管理されておるため、始めるにはこの「特定口座」を作らなければいけないということだけは覚えておきましょう。

まぁこれが「エポスポイント投資」における大まかな流れですね。

なので我々「エポスユーザー」はこの「エポスポイント投資」において何をするのかというと、

STEP
まず「tsumiki証券の口座」を開設する
STEP
次に「tsumiki証券」が用意する好きな「投資信託」を購入する
STEP
あとは「運用のプロ」に任せるだけ

これだけでいいんですね。

「tsumiki証券の口座」を開設した後は、用意されている「投資信託」を購入するだけで良く、後の運用は「プロ」に任せるだけでいいいというのですから。

そう聞くと実に簡単そうではありませんか!?

「エポスポイント投資」も実際の「投資」と同じように注意が必要。

ただ今回の「エポスポイント投資」というのは勿論、「投資」と同じですので運用をしていれば「得」することも「損」することもあるでしょう。

どの「投資信託」を購入するかによって、その「値動き」の変動によって「運用ポイント」は変動しますし、どの「投資信託」を購入するのか?その裁量もユーザーの個人の判断にゆだねられていますからね。

エポスポイント投資画面
「tsumiki証券公式ホームページより出典」

このように「tsumiki証券」の公式ホームページでも注意を促しております。

なのでいくら簡単に行えると言ってもその点だけは我々初心者ユーザーも注意しておかなければなりません。

「エポスポイント投資」で購入できる「商品一覧」

この「エポスポイント投資」では、「tsumiki証券」が用意している「投資信託商品」を購入していく事になります。

その際、購入できる「商品」は以下の「4」つです。

  1. セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
  2. セゾン資産形成の達人ファンド
  3. コモンズ30ファンド
  4. ひふみプラス
投資信託(商品名)特徴投資先される先概要
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド分散安定型日本:海外→10%:90%
株式:再建→50%:50%
不安な方は、まずはこの1本から/抑えたリスクに見合ったリターン/債券がクッションとなり動きを吸収
セゾン資産形成の達人ファンド世界成長型日本:海外→13%:87%
株式→100%
将来を予測せずに世界中に分散投資/リスクを抑えて長期でリターンを狙う/価値ある企業の成長にどっしり乗っかる
コモンズ30ファンド国内安定型日本→100%
株式→100%
“リターン”と“ソーシャルグッド”を両立させる運用/世代を超えて進化を続ける日本企業を応援/投資先が「見える・わかる」安心感
ひふみプラス未来応援型日本:海外→88%:12%
株式→100%
国内外に自ら足を運び企業を発掘
変化に素早く動くチーム力が魅力/全力を尽くし守りながらふやす投資/人と企業の可能性を信じ未来をつくるワクワク感
「tsumiki証券」で購入できる「投資信託」

それぞれに「特徴」があるようですね。

「値動き」のバランスもありますし、この辺は実際に運用してみないと分からないところでしょう。

初心者の内は特に闇雲に運用していまいがちですが、始めの内はバランスよく購入してみてそれぞれの傾向を探っていくのがよさそうです。

初心者でも簡単!エポスポイント投資の始め方

さてそれでは、この「エポスポイント投資」の概要を抑えていただいたところで、早速「エポスポイント投資」の始め方についてみていきましょうか!

ただ先に断っておきたいのはこの「エポスポイント投資」を始めるまで実に「2週間」近くの期間を要します。

というのも、まず「特定口座」の作成期間に「1週間」かかる上、その後「確認書類」を「郵便物」として受け取った後にやっとスタートできるからなんです。

なので「即日には始められない」という点だけは注意してくださいね。

また「エポスプラチナカード・ゴールドカード会員限定」で行えるサービスでもあるということも注意が必要です。

エポスポイント投資を始めるに当たり必要な物

それではまずこの「エポスポイント投資」を始める為に必要なものから見ていきましょう。

用意していただくものは以下の「4」つです。

  • スマートフォン
  • エポスカード
  • マイナンバー
  • 本人確認書類

特に注意が必要なのは「マイナンバー」ですね。

私もこの「マイナンバー」を用意するために苦労しました。

と言うのもその「マイナンバー」が記された「マイナンバーカード」を持っていなかったんですね・・。笑

特に不要だったということもありこれまで発行していなかったのですが、この「エポスポイント投資」を始める為に必要ということだったので急遽用意しました・・。

しかも私は都内で一人暮らしをしているのですが、実家から住所登録を変更していなかったこともあって余計に苦労しました。

住所を移していない場合、勿論「マイナンバーカード」は元々の自治体でしか発行できませんからね、、

なのでこの「マイナンバー」を用意するために「マイナンバーカード」を発行しようと考えている方は注意してくださいね!

エポスポイント投資を始めるまでの実際の手順

さて、準備が整ったら実際の手順を見ていきましょう。

エポスプラチナカード・ゴールドカード会員限定であるかどうかを今一度御確認ください。年間の利用金額が50万円以上になれば、どなたでも「ゴールドカード」への招待状が届きます。

エポス公式サイトにログイン

まずは「エポス公式サイト」にログインします。

エポス画面

その後、「ポイント投資」に進みます。

エポスポイント投資画面

続いて上の「エポスポイントで資産づくり(投資信託を購入)」に進みます。

因みにこの「エポスポイント投資」には「2種類の方法」があります。

今回行っていくのは普段の買い物で「溜まったポイント」による「ポイント資産運用」です。

なのでこの画面の場合、

下の「エポスポイント投資」になるのではないか?

と疑問に思われるかもしれませんね。

ただどちらを行うにしても「tsumiki証券」の口座を作る必要があるので、この場合どちらを選択していただいてもOKです!

今回は「エポスポイントで資産づくり(投資信託を購入)」を選択した方が登録の仕方が分かりやすい為、上の「エポスポイントで資産づくり(投資信託を購入)」で解説させていただきます。

エポスポイント投資画面

すると「tsumiki証券」の公式サイトに移動しますので、普段使っている「エポスNetID」と「パスワード」を入力し、「ログイン」をします。

エポスポイント投資画面

「ログイン」すると「ワンタイムパスワードの認証」を求められるので、スマートフォンに送られてきた「6ケタ」の数字を入力して「送信してすすむ」に進んでください。

マイナンバー・本人確認の登録

エポスポイント投資画面

続いて、「マイナンバー・本人確認書類の登録」をしていきます。

ここでは「エポスカード」に登録のある「名前」、「生年月日」、「住所」が確認できるかと思います。

エポスポイント投資画面

画面中央に進み、「書類の登録に進む」に進みます。

エポスポイント投資画面

続いて「利用規約に同意します」に進みます。

エポスポイント投資画面

続いて「申請者」があなた本人であることを確認して「本人です」に進みます。

エポスポイント投資画面

プルタブから「マイナンバーカード(個人番号カード)」を選択し、「選択したので撮影する」に進みます。

エポスポイント投資画面

続いて、「マイナンバーカード」の撮影に入っていくのですが「表面」と「裏面」の撮影をそれぞれ行います。

元々「マイナンバーカード」の撮影写真がある場合「フォトライブラリ」からアップロードし、無い場合は「写真またはビデオを撮る」を選択し撮影をしましょう。

エポスポイント投資画面

「表面」、「裏面」それぞれの撮影が終わったら「確認する」に進みます。

エポスポイント投資画面

「撮影内容の確認」になりますので、間違いなければ「確認したので登録する」に進みます。

これで無事登録が完了しました。

すると「tsumiki証券」より以下のような「メール」が送られてきます。

エポスポイント投資画面

無事登録は済んだようですがここから「1週間」ほど「tsumiki証券の特定口座」を作成する期間が必要になります。

特定口座が出来上がる

そして「1週間」ほど待つと次のようなメールが送られてきます。

エポスポイント投資画面

無事「tsumiki証券の特定口座」が出来上がったようです。

この「特定口座」が出来上がった旨のメールが届いたら、ここからまた2~3日待つと次のような郵便物が実際に届くんですね。

エポスポイント口座画面

この「郵便物」にはあなたが作った「特定口座」の「店舗No」と、「口座番号」が記されており、これを受け取ることができれば「エポスポイント投資」が始められようになります。

ここまでが実際の「登録手順」になります。

エポスポイント投資を始めてみよう!

さて、上記までの工程を無事終わらせることができたら、いよいよ「エポスポイント投資」を実際に行っていきましょう。

ここではそのやり方を見ていきます!

エポス公式サイトにログイン

まず「エポス公式サイト」にログインします。

エポスポイント投資画面

続いて「ポイント投資」を選択します。

エポスポイント投資画面

下の「エポスポイント投資(体験ゲーム)」に進みます。

エポスポイント投資画面

「ポイントで投資する」に進みます。

tsumiki証券が用意する商品を選ぶ

すると以下の画面になりますので、続いて運用する「投資信託商品」を選択していきましょう。

エポスポイント投資画面

ここで選択できる「商品」は、以下の「4」つです。

  1. はじめてコース(セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド)
  2. よくばりコース(セゾン資産形成の達人ファンド)
  3. げんせんコース(コモンズ30ファンド)
  4. わくわくコース(ひふみプラス)

尚、それぞれの商品の「特徴」に関しては以下の通りです。

投資信託(商品名)特徴投資先される先概要
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド分散安定型日本:海外→10%:90%
株式:再建→50%:50%
不安な方は、まずはこの1本から/抑えたリスクに見合ったリターン/債券がクッションとなり動きを吸収
セゾン資産形成の達人ファンド世界成長型日本:海外→13%:87%
株式→100%
将来を予測せずに世界中に分散投資/リスクを抑えて長期でリターンを狙う/価値ある企業の成長にどっしり乗っかる
コモンズ30ファンド国内安定型日本→100%
株式→100%
“リターン”と“ソーシャルグッド”を両立させる運用/世代を超えて進化を続ける日本企業を応援/投資先が「見える・わかる」安心感
ひふみプラス未来応援型日本:海外→88%:12%
株式→100%
国内外に自ら足を運び企業を発掘
変化に素早く動くチーム力が魅力/全力を尽くし守りながらふやす投資/人と企業の可能性を信じ未来をつくるワクワク感
「tsumiki証券」で購入できる「投資信託」

今回は初めてという事もあり、「はじめてコース」に「1000pt」の運用をしてみることにしました。

因みにポイント投資の場合は「100pt」からでも運用できます。

エポスポイント投資画面

先ほど選択した項目に誤りがないか確認して、間違いが無ければ「確定する」に進みます。

エポスポイント投資画面

先ほどの「確定」をすると、上の画像のようなメールがあなたに送られます。

即時反映されるわけではなく、投資の反映までには少々時間を要する様ですね。

後は「投資信託」に運用を任せるだけでいいんですね。

どのように投資した「ポイント」が増えていくのか楽しみです。

あとは気長に待ってみましょう。

ポイント投資の特徴をおさえておきましょう。

さて、ここまでで無事「エポスポイント」を「投資運用」することができました。

あとは、購入先の「値動き」によって投資した「ポイント」は変動していきます。

最後にここで「エポスポイント投資」の「特徴」をおさらいしておきましょう。

項目エポスポイント投資の「特徴」
何ptから運用できる?100P〜上限なし
投資ができるタイミングはいつ?毎営業日
メリットは何?・ポイントで気軽にできる
・好きなタイミングで買える
・金額の上限なし
デメリットは何?・つみたてNISAが使えない
・ポイントがつかない

このように「ポイント投資」にはそれぞれの「特徴」があります。

好きな時に「運用」できるのがこの「エポスポイント投資」、最大のメリットでしょうか。

また普段の購入で溜まった「ポイント」で運用できるのも嬉しい点ですね。

それぞれの「投資信託」の動向を確認しながら、この「エポスポイント投資」を運用していけば資産をより増やすことができそうですね!

普段の買い物で溜まったエポスポイントで資産形成しよう!

ここまで「エポスポイント」投資のやりかたについて解説してきました。

この「エポスポイント投資」を行うためにはまず「tsumiki証券」の「特定口座」を作成する必要があります。

ただ「エポスプカード会員」であればどなたでもこの「特定口座」を作ることができます。

実際に作成し、エポスポイント投資を始めるまで少々時間を要しますが、一度作ってしまえばあとはとっても簡単です。

普段の買い物で溜まったポイントをそのまま「資産運用」に回せるので、毎月エポスポイントの使い道に困っているという方は是非やってみてはいかがでしょうか?

気軽にゲーム感覚で「資産」を増やすことができるので本当にオススメですよ!

まずは「エポスポイントカード」を発行するところから始めてみましょう♪

年会費無料!最短即日発行のエポスカードを今すぐ作ってみる!

今なら「エポスポイント2000pt」ももらえるので、そのポイントも使えば簡単に「資産形成」ができますよ!

エポスポイント投資の始め方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

読んでくださってありがとうございます。もし良ければシェアお願いします。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次へ戻る
トップへ
目次
閉じる