\エックスサーバーが4月3日までの申し込みで、月額495円でブログ運営ができちゃうお得なキャンペーン実施中!/

kindle unlimitedがおすすめできない5つの理由とは?!

kindle unlimitedおすすめできない

私は本が昔から大好きです。

幼少期からずっと本を読んできました。

社会人になってからもそれは変わらず、会社の休憩時間や通勤時間、果ては休みの日まで本の虫でした。

amazonがkindle unlimitedのサービスを開始したのが2016年のこと。

月額980円(税込)で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になる、新しい定額読み放題サービスということで、多くの人が熱狂しましたし、期待感で胸を膨らませました。

私もその一人で、2018年くらいからkindle unlimitedを始めてみたんですね。

しかし読めるタイトルがどれもあまり面白くなかったり、興味をそそられなかったりして、そのサービスを思うように扱えずにいたんです。

今回はそんな経験を生かして、これからkindle unlimitedの利用を検討している人に、どのような人がこのkindle unlimitedというサービスが向いていて、どのような人が向いていないのかお伝えします。

この記事を書いている人とこの記事を読んで分かること
  • kindle unlimitedとは何か?
  • kindle unlimitedがおすすめできない5つの理由
  • kindle unlimitedがおすすめできない人の特徴

ぜひこれからの利用の際に参考にしてみて下さい。

それでは参りましょう。

目次

kindle unlimitedとは?簡単に

kindle unlimitedとは?簡単に

そもそも「Kindle Unlimited」とは一体なんでしょうか?

まずはここで簡単にkindle unlimitedの特徴についてみていきたいと思います。

kindle unlimitedとは、「本」や「漫画」、「雑誌」が読み放題になるAmazonのサブスクリプションサービス

サービス名Kindle Unlimited
料金月額980円
対象者アマゾン会員であれば誰でも
対応端末スマホ(iPhone/Android)、タブレット(iPad、Androidタブレット、Fireタブレット)、パソコン(Windows PC、Mac)
タイトル数和書、洋書200万冊以上
ジャンル「本」、「漫画」、「雑誌」
無料体験期間30日間

「Kindle Unlimited」とは月額980円(税込み)を払うことで、「本」や「漫画」、「雑誌」が読み放題になる「サブスクリプションサービス」です。

サブスクリプションサービスとは?

定額料金を支払い利用するコンテンツやサービスのこと。商品を「所有」ではなく、一定期間「利用」するビジネスモデルのことを指します。

この「Kindle Unlimited」はAmazonアカウントを持っていればいつでも誰でも好きな時に「加入」と「退会」をすることができます。(退会に関しては少し面倒です。)

またスマホやタブレットなどの様々な端末で読むことができ、いつでもどこでも読書が楽しめるサービスなんです。

月額にかかる料金

「Kindle Unlimited」はサブスクリプションサービスで、月額980円(税込み)支払うことで、利用が可能です。

月額980円で好きな本が読み放題

kindleUnlimitedおすすめタイトル
kindleUnlimitedおすすめタイトル
kindleUnlimitedおすすめタイトル

現在、本一冊の平均単価は大体「1200円」くらいでしょうか?

この「Kindle Unlimited」は月々の契約料1000円ほどで、こうした書籍が読み放題になります。

なので「本」や「雑誌」を毎月1冊か2冊買う人なら、「Kindle Unlimited」を利用することで十分に元が取れる計算となります。

読み放題に該当する「書籍」が定期的に入れ替わるのも嬉しいポイントで、この前発売されたばかりの書籍も早速読み放題に加えられたりするんですよ。

Kindle Unlimited で買った本はいつまで読める?

Kindle Unlimitedに契約すれば、その契約期間中和書、洋書200万冊以上が読み放題です。

しかしそれほど多くのタイトルを読めるのは契約期間中のみで、毎月契約を更新することで当然読めるわけです。

Kindle Unlimitedは自動更新となりますが、契約期間は一応30日間ずつとなっています。

契約更新をやめてしまうと、30日を超えた時点で読めなくなってしまうので気を付けて下さい。

Kindle Unlimitedが行っているキャンペーンとはどのようなもの?

「Kindle Unlimited」では「無料お試しキャンペーン」が行われています。

Kindle Unlimitedは初回限定で30日間無料体験ができます。

また、2か月または3か月で99円で加入できるキャンペーンを不定期で開催しているので、これはKindle Unlimitedの利用を考えている人からすれば、またとない絶好の機会です。

まだKindle Unlimitedを試したことのない人にはこのキャンペーン中に体験してみるのもおすすめです。

ダウンロードすればオフラインでも読める

またこの「Kindle Unlimited」では、読みたいタイトルをダウンロードすることもできます。

気に入った本をダウンロードしておけば、通信量を気にする必要なく、オフラインで好きなだけ読むことができるし、飛行機内や地下鉄などの電波が届きにくいところでも電場状況を気にすることなく快適に読書ができるのです。

これは結構重宝している機能ですね。

その際、一度に保管しておけるタイトル数は20冊までです。

それ以上のダウンロードを行う場合、既にダウンロードしていた本の返却が必要です。

貯蔵しておく本はきちんと厳選するようにしましょう。

また、ダウンロードした本には保存期間というものがあり、その保存期間が過ぎてしまうと、自動的に返却されて読めなくなる点も注意です。

kindle unlimitedがおすすめできない理由

kindle unlimitedがおすすめできない5つの理由

kindle unlimitedの特徴を抑えていただいたところで、さっそくこのkindle unlimitedがおすすめできない理由についてみていきたいと思います。

kindle unlimitedがおすすめできない5つの理由
  • 読みたいタイトルが少ない
  • 素人が書いた本も混在している
  • 読めるジャンルが決まっている
  • 読みにくい
  • 解約がしにくい

1、読みたいタイトルが少ない

このkindle unlimitedですが、ぶっちゃけ読みたいタイトルが少ないです。

もちろんこれは私個人的な意見なので、どの人にも当てはまるとは限らないし、中には読みたい本ばかりでありがたい!という人もいると思います。

ただ私個人的にはやはり読みたいタイトルが少ないように思いますね。

例えば私は「webライティング」に関する本を読みたいと思って、このkindle unlimitedを頼っていろいろ探してみたんですけど、関連書籍は少なかったし、レビューも少ないものばかり。

仕方なく読んでみようと思って、読んでみたものの、中身が薄いものばかりだったんです。

2、素人が書いた本も混在している

また知ってる人も多いとおもいますが、このkindle unlimitedは素人であってもなんの資格も必要なく、お金を払えばこのkindle unlimitedに出版することができます。

ということは素人がただ単に書いた書籍、技術力が乏しい書籍も混在しているということなんです。

どれもがきちんと校閲されているわけではないので、支離滅裂の文章になっているものも多いし、不適切にレビュー数が多い本だったり、中身が薄っぺらい本だったり、そもそも間違った内容を記載している本だったり。

本当に信頼できるのか?と疑ってしまうタイトルが実に多いのです。

3、読めるジャンルが決まっている

またなんだかんだ読めるジャンルに偏りがあるように思います。

例えばビジネス書といっても、

  • 経営論
  • 金融関係
  • 日本経済
  • 世界経済
  • 営業

などなど様々な種類が実際にはあるものです。

しかしkindle unlimitedでビジネス書のジャンルを検索すると「お金稼ぎ」の話に関する書籍ばかりが出現します。

もっとビジネスに関して根底となる知識や、深い知識をつけたいのに、これでは「副業の知識」や「お金稼ぎの知識」ばかりついてしまいます。

4、読みにくい

あとは単純に読みにくいですね。

紙であれば、1ページに何百文字と記載があり、網羅的に内容を把握できますが、kindle unlimitedでは1ページに50文字くらいしか集約されておらず、それを延々とスクロールして読み進めていくスタイルなので、前後の内容を把握しづらいんですね。

前の文章が気になってさかのぼりたいとき、紙媒体であればすぐにその場面まで戻ることができますが、kindle unlimitedではそのページまで戻るのに再度大量のスクロールが必要になることもしばしばあります。

5、解約がしにくい

そしてこのkindle unlimitedは解約の方法が非常にややこしいです。

気軽に始めてみたけど、解約が面倒なので、そのまま使い続けているというひとも多かったりしますね。

現に私もこの解約に非常にてこずり、こんなことなら契約しなければよかったと思ったこともありました。

そうなってしまったらお金が非常にもったいないです。

月1000円は大金です。

以下が解約の方法になりますので一応、載せておきますね。

kindle unlimited解約の方法
STEP
メンバーシップおよび購読にアクセスし、Amazonアカウントにサインインする
STEP
メンバーシップの設定で、Kindle Unlimited会員登録をキャンセルを選択する。
STEP
会員登録をキャンセルを選択する。ただし会員登録は、次回請求日まで有効となる。

kindle unlimitedがおすすめできない人の特徴

kindle unlimitedをおすすめできない人の特徴

それでは続いてkindle unlimitedがおすすめできない人の特徴についてもみていきましょう。

kindle unlimitedがおすすめできない人の特徴
  • kindle unlimitedに憧れているだけの人
  • 本を読むのが苦手な人
  • スマホの操作があまり得意じゃない人
  • 漫画を読むのが好きな人

kindle unlimitedに憧れているだけの人

kindle unlimitedにあこがれる人は多いと思います。

確かに通勤中や休憩中、カフェなんかでこのkindle unlimitedを開いている人はかっこいいですもんね。

しかしそんな憧れだけでこのkindle unlimitedを始めようと思っている人は利用しないほうがいいと思います。

ぶっちゃけ、kindle unlimitedじゃなくても良質な読書サービスは現在多くあります。

例えば楽天マガジンは月額で562円で利用できますし、dマガジンも440円で利用できます。

980円より安く提供しているサービスは結構あったりするんです。

憧れだけで始めたいというのもいいですが、実際の読み進めていくページになってしまえばどれも同じです。

なのでどうしてもkindle unlimitedじゃないとダメという理由がない限り、少しでも安いサービスを利用したほうがいいと思います。

本を読むのが苦手な人

そして言わずもがなですが本を読むのが苦手な人はマジでkindle unlimitedの契約はやめたほうがいいです。

いくらスマホで操作ができるからといって、読書が楽になるわけではありません。

読み進めるスピードが速くなるわけではありません。

kindle unlimitedなら、読書が楽になるかも!といった淡い期待を持っている人はやめたほうがいいです。

スマホの操作があまり得意じゃない人

電子書籍サービスの醍醐味はスマホやタブレットで読書ができる点です。

これは画期的な発明でしたよね。

しかしやはり読書は紙媒体でしたいという一定の層はなくならないんですね。

次のページに行くためにはきちんと紙をめくって、読み進めている感覚を実感したいという人はいるんです。

それにどうしてもスマホやタブレットでスクロールするのが苦手という人もいるし、前後の内容がスマホやタブレットだと把握しづらいので、なんだかんだ読書は紙媒体で行ったほうが効率が良かったりするんです。

漫画を読むのが好きな人

あと漫画がすきな人にもこのkindle unlimitedはおすすめできません。

というのもkindle unlimitedには漫画タイトルが非常に少ないからです。

それに仮に読めたとしても最後まで読めなかったりするんですね。

漫画を読むことが目的とするなら、漫画専用の電子サービスを利用しましょう。

kindle unlimitedのデメリット

kindle unlimitedのデメリット

さらにここではkindle unlimitedのデメリットについても触れてみたいと思います。

読みたい本があるとは限らない

kindle unlimitedでは和書、洋書200万冊以上を配信しております。

そのなかには「漫画」や「雑誌」なども含まれます。

しかし必ずしも自分の読みたい本、興味のある本が見つかるとは限らないんです。

むしろ文学好きの私の場合、そのような読みたい書籍が非常に少なかったですね。

もちろんそれは利用者の傾向にもよると思いますが、、

しかもその200万冊以上の中には素人の本も平気で入っています。

ぶっちゃけ一般人もお金さえ払えば、このkindle unlimitedに出稿させてもらうことができます。

マジでカオス状態ですよ。

本当に。

上質な本を求めるなら、やはり本屋さんに並んでいるプロの作家が書いた本の方が圧倒的にクオリティが高いです。

多く保存できるわけじゃない

kindle unlimitedでは、一度に保管しておけるタイトル数は20冊までです。

これにはやっぱり物足りなさを覚えます。

せっかく月額980円も払っているわけですから、せめてもう少し保存できないかと考えてしまいます。

確かに20冊も実際に持ち歩くとなると、面倒だし、とても重いですよね。

なのでスマホ1台で20冊分を持ち歩けているだけですごいと考えるべきなのかもしれませんが、楽天マガジンやdマガジンであればなんと無制限に保存ができるのを知っています?

この差は一体なんでしょうか?!

解約した後は手元に残らない

しかも保存するにしてもkindle unlimitedとの契約期間中のみだけで、解約後は決して手元に残りません。

あくまでもkindle unlimitedに契約中のみ、配信タイトルを読むことが出来て、ひいては保存したタイトルも読むことができるということですね。

kindle unlimited対象の本がいきなり読めなくなる

またせっかくお気に入りのkindle unlimited対象の本を見つけたというのに、そのkindle unlimited対象の本が翌日にはいきなり読めなくなってしまうというケースもしばしばあります。

しかも予告なく、読めなくなってしまうんですね。

楽しみながら読んでいたというのに、翌日にはいきなり読めなくなっている。

こんなのあんまりですよね。

筆者がkindle unlimitedを利用した感想

実際に私がこのkindle unlimitedを利用した感想もお伝えしておきましょう。

私はこれまでkindle unlimitedを2年半使ってきました。

冒頭でもお伝えしたように私は読書が大好きで、特に大学時代とかは公園などで本を読むのが大好きでした。

2016年に天下のamazonから電子書籍サービスがリリースされるということで、読書好きの私は絶対に利用してみようと思っていました。

いまでこそ多くのタイトルに恵まれていますが、使い始めた当初は、読めるタイトル数も多くなく、月額980円の割にはそこまで期待したパフォーマンスは得られませんでした。

そこから我慢して使い続けてみても、やはり自分の読みたいタイトルは一向に読めないままでしたし、感動できるようなタイトルと出会うこともできませんでした。

世でおすすめされている本を手に取ったほうが、感動に出会える可能性は確実に高いと思います。

自分は特に文学が昔から好きなのですが、長編小説はやはり紙媒体で読んだほうがしっくりくるし、kindle unlimitedは文学が向いているとはいえません。

かといって、雑誌のような流し見できるようなタイトルも少なく、本屋で立ち読みしていたほうがよっぽどましだなぁと感じてしまいます。

当初は周りの人がみんなこのkindle unlimitedを利用していたし、他の電子書籍サービスも少なかったので、私も契約していたのですが、いまは多くの電子書籍サービスもあることだし、そこまでこのkindle unlimitedにこだわる必要はないと思います。

kindle unlimitedが向いている人の特徴

kindle unlimitedが向いている人の特徴

それでは果たしてどのような人がこのkindle unlimitedが向いているというのでしょうか?

ここではその特徴についてみていきます。

kindle unlimitedが向いている人の特徴
  • なんちゃって読書好き
  • 様々なジャンルを読み漁りたい人
  • 立ち読み感覚で気軽に読みたい人

なんちゃって読書好き

読書好きな人はこだわりが強いです。

逆にそれまであまり本を読んだことがなく、良い意味でも悪い意味でもこだわりがないという人はこのkindle unlimitedは結構楽しめると思います。

様々なジャンルを読み漁りたい人

なので様々なジャンルを読み漁りたい人にはこのkindle unlimitedはもってこいのサービスです。

このkindle unlimitedには和書と洋書あわせて200万冊以上収納されており、多くのジャンルを取り揃えております。

文学に飽きたら、雑誌を読んでみようとか。

雑誌に飽きたら漫画を読んでみるとか。

こういった楽しみ方がこのkindle unlimitedに契約することで、気軽にできるようになります。

立ち読み感覚で気軽に読みたい人

そういった気軽にたくさんの本を持ち歩けるおかげで、いつでも自分のスマホが本屋さんに様変わりします。

本屋でまずやることといえば、まずは立ち読みですよね。

このkindle unlimitedがあるおかげで、いつでも本屋で立ち読みしているような感覚になるのです。

kindle primeでも十分?特徴とkindle unlimitedとの違い

amazonにはkindle unlimitedとはまた別にkindle primeでの読み放題サービスがあります。

ここではkindle unlimitedと、そのkindle primeとの違いについてみていきます。

プライムリーディング

kindle primeでの読み放題サービスのことを「プライムリーディング」といいます。

これはプライム会員なら1000冊以上が無料で読み放題になるというものです。

また仮にプライム会員でなくとも月額500円払えばこの「プライムリーディング」を利用することができます。

その際「プライムリーディング」だけの利用より、確実に「プライム会員」になったほうがお得です。

「プライム会員」は例えば映画が観放題になったり、Amazonで購入した商品の配送料が安くなったり、様々なうれしい特典が満載ですからね。

いまさら「amazon prime」の説明は不要かと思いますので、ここでは割愛させていただきます。

kindle primeでも読める本のタイトル数

そんなkindle primeで読める本のタイトル数はどれくらいなのでしょうか?

kindle primeで読める本のジャンルはざっと以下の通りです。

kindle primeで読める本のジャンル数
  • 小説・評論(54タイトル)
  • ビジネス・経済(114タイトル)
  • 趣味・暮らし(78タイトル)
  • 絵本・児童書(6タイトル)
  • コミック(232タイトル)
  • 雑誌(192タイトル)
  • 洋書(404タイトル)

十分すぎる量ですね。

月額500円でこれだけの種類のタイトルを読めるのであれば、かなり満足できるはずです。

kindle primeで配信する本のタイトルはどれくらいの周期でいれかわる?

またkindle primeで配信する本のタイトルはどれくらいの周期でいれかわるのでしょうか?

Kindle Unlimitedの新着ラインナップは、約1ヶ月で入れ替わるといわれておりますが、このkindle primeでも毎月の周期で読み放題の対象タイトルは入れ替わります。

中には掘り出し物も読み放題の対象になっていたりするので、こまめにチェックしておくといいですよ。

kindle primeとkindle unlimitedの違い

ここで一旦、kindle primeとkindle unlimitedとの違いについて簡単におさらいしておきましょう。

項目kindle primekindle unlimited
値段月額500円(プライム会員なら無料)月額980円
無料お試し期間30日間30日間
保存しておけるタイトル数10冊20冊
読み放題の冊数1000冊以上200万冊以上
利用条件 プライム会員 Amazon会員

まず値段はkindle primeが月額500円、kindle unlimited月額980円で利用できます。

読み放題対象商品はkindle primeで1000冊以上。

kindle unlimitedで200万冊以上なので、圧倒的にkindle unlimitedに軍配があがります。

ただぶっちゃけとても読み切れません、そんな数。

それに定期的に読み放題対象タイトルが入れ替わることを考慮すれば、そこまでこだわりが強くなければ前者のkindle primeでも十分ではないかと思います。

現に私は都落ちの形で現在kindle primeを利用していますが、全然事足りています。

無料お試し期間は両者とも30日間です。

また利用条件はkindle primeがプライム会員であること、kindle unlimitedがAmazon会員であることという縛りがあります。

普段からamazonのサービス全般を使うことが多いというかたはまずはこのkindle primeから始めてみてはいかがでしょうか?

kindle unlimitedがおすすめできないことに対する最終疑問

kindle unlimitedの3ヶ月無料キャンペーンがいつから行われるかを知る方法にはどんなものがありますか?
  1. キャンペーンの周期性:
    • Kindle Unlimitedのキャンペーンは定期的に開催されている可能性があります。過去のキャンペーンを参考に、今後のキャンペーンの可能性を探ることができます。
  2. 公式情報の確認:
    • Kindle Unlimitedの公式ウェブサイトやAmazonのページをチェックすることで、最新のキャンペーン情報が得られます。これにより、正確で信頼性のある情報が手に入ります。
  3. 通知設定:
    • キャンペーンの通知を受け取るよう設定することも一つの方法です。これにより、新しいキャンペーンが始まった際に速やかに情報を得ることができます。
  4. ソーシャルメディアの活用:
    • Kindle Unlimitedの公式ソーシャルメディアアカウントをフォローすると、リアルタイムでキャンペーン情報が得られるかもしれません。
  5. 口コミの活用:
    • オンラインのフォーラムやSNSで他のユーザーの意見や情報を参考にすると、キャンペーンの実施状況についての新しい視点が得られます。
  6. 条件と利用規約:
    • キャンペーンの詳細には、利用規約や条件が記載されています。これらを注意深く読むことで、キャンペーンの利用にあたっての重要な点を把握することができます。
kindle unlimitedの無料キャンペーンの期間はいつまでですか?

Kindle Unlimited の無料体験期間は、初めて登録する場合は 30 日間です。ただし、31 日目から料金が発生します。無料体験期間中は、いつでも解約でき、キャンセル料金は発生しません。

kindle unlimitedおすすめできない

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次