読者の「検索意図」を正確に把握しよう!4種類の検索クエリと対処法を解説します。

ブログを運営するにあたり、あなたはどのような記事を書いたらよいか悩んだことはありませんか?

その原因として考えられるのは、読者の「悩みの種類をしっかり把握できていない」事が挙げられます。

我々ブロガーは記事を作成するにあたり、誰しもが上位表示を目指しているわけですよね?

何故なら自分の書いた記事が上位表示されれば、沢山の人たちに自分の記事を読んでもらえるからです。

その際きちんと読者の「検索意図」を把握し、「キーワード選定」をしなければ、正確な読者の検索意図が分からない為、読者の心を動かすような記事を投稿することはできません。

またそのような「検索意図」のぶれたコンテンツというのは読者だけでなく、グーグルからも評価されません。

しかし読者の「検索意図」や「正しいキーワード選定」もユーザーの「悩みの種類」をしっかりと把握できなければどちらも定まりません。

今回この記事でご紹介する「4つの悩みの種類」をきちんと把握すれば、読者の「検索意図」もは勿論、正しい「キーワード選定」もできるようになります。

上位表示を目指すためにも本記事でしっかりと読者の悩みの種類というものを理解しましょう。

それでは参ります♪

目次

どういった時、読者は検索エンジンを利用するのか

まずここで「読者がグーグルなどの検索エンジンを使わなければならないときはどういう時なのか?」を共に見ていきましょう。

何故なら「何故、読者はグーグルを使用しなければならなかったのか?」を理解すれば、「読者の悩み」がどういうものなのかもおのずとわかるからですね。

読者は悩みを「解決したいから」検索エンジンを利用する

読者がグーグルなどの検索エンジンを利用する目的というのは自身の「悩みを解決したいから」に他なりません。

例えば、あなたはラーメンが大好きで、今度の週末に東京都にあるおすすめのラーメン屋に訪れたいと考えています。

今度の週末おいしいラーメンを食べにいきたいな~。

そんなおすすめなラーメン屋を調べたい時、あなたはどうやってその問題を解決しますか?

中には雑誌や動画を見て調べるという方もいると思いますが、大半の人が「グーグルなどの検索エンジン」を使って調べるはずです。

しかもグーグルは読者の悩みを一番最適な方法で解決するコンテンツを上位表示させてくれます。

なのであなたがグーグルの検索窓に「東京 おすすめ ラーメン屋」と入力すれば、

  • 東京都にある人気のラーメン屋が網羅的に紹介されたランキング記事
  • 東京都にあるこだわりのスープを使ったラーメン屋のランキング記事
  • 年間5000杯以上も食べるラーメンマニアがおすすめするランキング記事

などのコンテンツが表示されます。

「東京 おすすめ ラーメン屋」の検索結果

このように読者は自身の悩みを解決しようと考えたとき、最適な方法で自身の悩みを即座に解決してくれる「検索エンジン」を信頼し、利用するというわけです。

関連記事 読者の悩みを解決する「有益なコンテンツの条件」とは?

検索意図(クエリ)の種類とは?読者の「悩み」は4つの種類に分けられる

読者は「自身の悩みを解決するために検索エンジンを利用する」ということがおわかりいただけたかと思います。

その際読者は、グーグルの検索窓に先程の「東京 おすすめ ラーメン屋」といった風に「自身の悩みを解決するキーワード」を入力します。

このように読者が自身の悩みを解決するために検索エンジンに入力する「キーワード」のことを「クエリ」と言います。

ここではその「クエリ」にはどういった種類があるのか?またその「クエリ」から分かるユーザーの属性を見ていきたいと思います。

知りたいという意図「Know」クエリ

まず始めに挙げられるのが、知りたいという意図が含まれる「Know」クエリです。

例えば、

  • 「SDGs とは」
  • 「ダイバーシティ 意味」

などのキーワードがこれに該当しますね。

人間の抗う事のできない欲求としてこの「知りたい」があります。

なのでこの「Know」クエリで検索するユーザーは多くいます。従ってその悩みを解決するコンテンツ量もグーグル上に多く存在しています。

私も先日、「実際にあったアメリカの事件」を「知りたい」と思って実際にグーグルを使って調べました。

その際、「犯人と思われる人物」、「事件が実際に起きた年月」、などが詳細に書かれており、満足した経験があります。

このように「Know」クエリに対して求められるコンテンツは正確性と網羅性、そしてスピードです。

それを満たしたコンテンツがユーザーから評価されグーグルの検索上位に表示されるわけです。

「Know」クエリのユーザー属性は「今すぐ知りたい」

この「Know」クエリには、

  • 意味
  • 意義
  • 仕組み

について「正確に知りたい」や、

  • 事件
  • 事実
  • 歴史

などを「今すぐ知りたい」というユーザーの属性があります。

またこの「Know」クエリはただ「知りたいだけ」、すぐに「知りたいだけ」というユーザーの属性も抱えているので、ユーザーの悩みが解決された時点で記事からは離脱される可能性も高いです。

なので誰でも「情報」さえ持っていれば書けるという面もあるし、コンテンツ量も膨大で上位表示しにくく、収益には繋がりにくいという条件も含んでおります。

宜しければ以下の「Knowクエリ」に該当する記事もご参考ください。

「行きたい」という意図「Goクエリ」

続いて挙げられるのが、探したい、行きたいという意図が含まれる「Go」クエリです。

キーワードの具体例として、

  • 「上野 回転ずし」
  • 「箱根 星野リゾート」
  • 「伊勢丹」

などのキーワードがこれに該当しますね。

「伊勢丹」のように単発キーワードで検索することもあると思います。

これは「ナビゲーション型検索クエリ」とも呼ばれており、特定の場所に行きたい、店舗名を探したいという意図が含まれるキーワードです。

「Go」クエリに対して求められるコンテンツは目的の場所までの行き方を正確に分かりやすく示したコンテンツです。

「Go」クエリのユーザー属性は「正しく知りたい」

この「Go」クエリには目的となる場所までの行き方を正しく知りたいというユーザーの属性があります。

何故なら目的地までのナビゲーションが誤った情報だったらユーザーは不信感を抱いてしまうからですね。

正確な目的地を知りたいユーザーにとって誤った情報を開示するコンテンツなど、正直何の意味も成しません。

またこの「Go」クエリにはユーザーの「目的地までの道のりを正しく知りたい」というニーズに加えて、「近くの目的地を知りたい」というニーズも隠れております。

なので対応としては、検索したユーザーから最寄りの目的地を正確に提示してくれるローカルSEO対策をしたり、Googleマイビジネスなどの登録をしたりしてユーザーの検索意図を満たすコンテンツ製作を行いましょう。

「やりたい」という意図「Do」クエリ

続いての「Do」クエリは、何かしらのアクションを起こしたいというユーザーの検索意図が含まれております。

取引型の検索クエリとも言われているだけに成約率の高いお宝キーワードが多くひしめいているクエリでもあります。

今回紹介する中でも収益に結びつけやすい「検索クエリ」です。

キーワードの具体例としては、

  • 「グランピング 始め方」
  • 「宅配弁当 資料請求」
  • 「企業サイト資料 ダウンロード」

などがあげられます。

「Do」クエリのユーザー属性は「方法を知りたい」

この「Do」クエリのユーザー属性は何かしらの「方法をしりたい」という事が挙げられ、その方法を知ったあと行動を起こしたいという思いが伺えます。

また「グランピングをしてみたい」など好奇心をもったユーザーが検索するクエリでもあり、グランピングを始める為に必要な道具や材料も併せて紹介できる面も持ち合わせていおります。

そういった面でも収益に結び付きやすいんですね。

繰り返しになりますが、この「Do」クエリは「行動を起こしたい」という好奇心が検索の原動力となるので、その「方法」や「やりかた」の開示は勿論ですが、「コツ」や「注意事項」の情報も併せて開示してあげることでユーザーの検索意図を満たす有益なコンテンツとなります。

宜しければ以下の「Doクエリ」に該当する記事もご参考下さい。

「買いたい」という意図「Buy」クエリ

最後に紹介するのはユーザーの「買いたい」という検索意図が含まれた「Buy」クエリです。

この「Buy」クエリで検索する読者は今まさにグーグルの検索エンジンを使い購入を検討している段階です。

今回紹介した4つのクエリの中で最も「成約率」が高く、読者の検索意図を満たすことができれば収益に繋がりやすい「クエリ」とも言えます。

キーワードの具体例として、

  • 「シャネル靴 おススメ」
  • 「サンダース レビュー」
  • 「バファリン 口コミ」

などが挙げられます。

「Buy」クエリのユーザー属性は「おすすめを知りたい」

この「Buy」クエリのユーザー属性は「おすすめを知りたい」という事があげられ、おススメな商品を知った後「購入したい」という思いが隠れております。

これからまさに購入をしようと思っているユーザーが多数検索する「クエリ」です。

基本的に「商品レビュー型」がコンテンツ例となるでしょう。

なので「~おススメ」や「~レビュー」などで商品を紹介する際は、

  • 商品の使い方
  • ストロングポイント
  • デメリット
  • ベネフィット

など、商品をこれから購入したいと考えている人がどういったことを知りたいかに耳を傾けることが大切となります。

それらを余すことなく提示してあげることで読者の検索意図は満たされ、その後購入に繋がりやすいです。

またその際、商品の評判や信頼性を担保するためにツイッターなどのSNSにおける第三者の口コミなども掲載してあげると読者も商品を信頼してくれます。

宜しければ次の「Buyクエリ」に該当する記事をご参考下さい。

検索意図の把握とユーザーの属性が分かったら迷わずに記事を書いていこう

ここまで読者には4種類の悩み(検索意図)があるということを解説してきました。

これは言い方を変えればグーグルなどの検索エンジンを利用するのは4種類の解決したい悩みが存在するからとも言えます。

その際ユーザーは自身の悩みを解決するべく、グーグルの検索窓に「東京 おすすめ ラーメン屋」といった「キーワード」を打ち込みます。

これが「クエリ」でしたね。

またその「クエリ」によってはユーザーの悩みやユーザー属性も異なるため、コンテンツの作り方も異なるという点もお伝えしました。

なので先程ご紹介した4つの悩みを把握してからコンテンツを作成していくことが大切です。

つまり読者は、

  • ある知識や歴史を知りたいのか?
  • ある目的地まで正しく行きたいのか?
  • ある事をやりたいのか?
  • あるものを買いたいのか?

この点を把握していればおのずとどういったコンテンツを作成すべきなのか見えてくるし、ユーザーが何を最終的な目的としているのかも分かります。

また「~とは」で検索するユーザーは「ただ事実を知りたいだけ」だけだったり、「~使い方」で検索するユーザーは「その商品はすでに購入しているが、その使い方を知しりたいだけ」だったりと、ユーザーの属性も様々です。

しかしこのようにユーザーの「目的」や「属性」の存在を知ることができれば、ユーザーが検索エンジンを利用する理由も分かるし、検索意図を十分に満たすコンテンツの正体というものも必然と分かるはずです。

あとは上位表示しやすいキーワードを選定してから、競合を調査し、記事をどんどん書いていきましょう。

上位表示させやすい「キーワードの選定方法」は以下で解説しています。

4種類の悩みがあるからユーザーはグーグルを利用する。

今回、ユーザーがグーグルなどの検索エンジンを利用する理由は「4種類に及ぶ解決したい悩みがあるから」ということを解説しました。

冒頭でも述べましたが、あなたの記事が上位表示されない原因の一つに読者の「検索意図」を正確に把握出来ていないからということが挙げられます。

正確に「検索意図」を把握できていない為に、読者の知りたいことが書かれていないコンテンツを作ってしまったり、内容のブレたコンテンツを作ったりしてしまって上位表示されないのです。

そして正確に「検索意図」を把握できていないのは、その根本となる「読者の悩み」を正確に把握できていないからです。

今回、それを解決するために「読者の悩みはどういったものか?」また、「読者の悩みは4種類ある」という事を解説してきました。

是非本記事を参考に、読者の検索意図を確実に満たす記事コンテンツを作成していってください。

現在、ブログ運営に困っているのなら有料ワードプレステーマ「SWELL」の導入をおすすめします。

現在あなたはブログ運営において悩んでいる事はありませんか?

  • 収益が全くあがらない
  • トップページのカスタマイズが上手くできない
  • ふきだしやキャプション付きブロックをブログに挿入したい
  • サイト表示が遅すぎてユーザー離れが凄い

幣ブログ「shu blog」は有料ワードプレステーマ「SWELL」を使用しています。

「SWELL」では簡単に自分好みのトップページが出来上がり、ふきだしやキャプション付きブロックも簡単に挿入できます。

またこの度「スキルシェア」と提携を結び、国内最速のサイト表示スピードとの呼び声も高いのです。

どの有料ワードプレスと比較しても、

  • デザインの美しさ
  • 機能性
  • サイトスピード

が圧倒的に勝る「SWELL」。

「SWELL」を使ったブログは確実に他社のブログに比べて読みやすくなる為、今後ますます「SWELLユーザー」は増え続けることが予想されます。。

「SWELL」は税込み17.600円の使い切りで、一度購入すれば複数のブログでも無料で扱えるのも嬉しい点です。

現に私も幣ブログ以外のブログでもこの「SWELL」を使わせてもらっています。

さてこの機を逃す手はあるでしょうか?

現在ブログで収益を上げられないというあなたも、まずはワードプレスを「最良」のものにすることから始めてみませんか?

目次

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

読んでくださってありがとうございます。もし良ければシェアお願いします。
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

ブログ運営においていかに収益を伸ばすか?
それはずばり「キーワード選定力」と「Webライティングスキル」が必要となります。
shu blogは収益を上げるための「ブログ運営情報」と、現在世界全体の課題とも言える「サステナブル」に関しての情報を定期更新している個人ブログです!
読者の方に有益な情報を発信するのは勿論ですが、シンプルで美しいサイトを目指します。是非お立ち寄りください。
30年後も読まれるブログ運営×サステナブルを合わせたハイブリッドブログを目指します。
生き残る為には「ライティング力」が必須、そう信じて。

「shu blog」使用テーマ「SWELL」

知識が無くても大丈夫♪誰でも自由に美しく!ワードプレス有料テーマ「SWELL」

1、スマホのように簡単で使いやすい!
2、初心者でもデザイナーにお願いしたような美しいサイト設計に!
3、サイト運営がこんなにも楽しくなる!

「SWELL」公式サイトへ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる