超重要!拡大する「サステナブル」の基礎と施策を4つのポイントに分けて解説

目次

はじめに

現在世界で勢いを増している「サステナブル市場」。世界全体でこのジャンルのニーズは増えており、「環境」に配慮した企業も増えています。

今後、我々個人もサステナブルな商品を購入したいと思うようになっていくし、企業は顧客獲得の為に誠実に情報発信をしていく事が求められています。

企業の視点からして「環境に配慮する」商品、または施策を打ち出すという事は、つまり世界中の人を巻き込んでの施策になるという事。

そのように大掛かりなジャンルを売ろうとするサステナブル企業にとって、自分たちの「施策」をニーズに正しく発信する事はとても重要な事です。

顧客の視点からすると「サステナブル関連商材」ってどこか堅苦しいし、環境に配慮していると言われても正直あまり関心がないというのが国内ニーズの実情です。

企業としてはもっと「自分たち」を知ってもらいたいけれどそのコンテンツ作りをどのようにしたらよいか分からないし、効率の良い発信の仕方も分からない。

消費者も「サステナブル」について少しは関心はあるけれど、具体的な所までは知らないし、関心もあまり無い。

その一人一人の意識の低さがまだまだ日本がサステナブル後進国と位置付けられてしまう原因だと思うんです。

そんな現状を打開する為にも日本企業はもっとサステナブルに着手しなければならないし、顧客により宣伝しなければなりません。

我々顧客も「サステナブル」に関しての情報を正しく得たい所です。

前置きが長くなってしまいましたが、この記事は読んでいただいた方に少しでもこの「サステナブル」に興味を持ってもらえればという思いで、サステナブルについて基本的な所を踏まえて解説しています。

また今後この「サステナブル」について、販売もしくは発信しようと思う人が、コンテンツ作りをどのように行い、そのコンテンツを顧客に伝えるためにはどのようにメディアを駆使し、施策を行っていけばよいか等ファッション分野を切り口として解説しています。

本記事のポイント

1、「サステナブル」を売買するという事はどういう事なのか
2、「サステナブル」市場のターゲットは
3、「サステナブル」を発信する事において企業に求められるのは

4、企業はどのように「サステナブル」の情報を発信していくべきなのか。

本記事を読んでいただければ「サステナブル施策」の基礎を抑える事が出来ますよ♪

それでは早速解説していきます。

この記事を書いているのは

こんにちは「shu」です!当ブログでは「サステナブル」についての記事を書いております。今後益々大きくなる「サステナブル」の取り組み。持続可能な社会の為に我々ができる事は何でしょうか?

「サステナブル」を売買するというのは、つまりどういう事か

「サステナブル」な考え方とは

「サステナブル」ってそもそもどういう事だっけ?

よければこちらの記事をご参考下さい。
「サステナブル」とは?その意味についてファッション分野を交えてわかりやすく解説!

「サステナブル」とは英語で「SUSTAINABLE」、日本語に直すと「持続可能」という意味になります。

簡単に言うと、サステナブルとは「環境を改善する為の取り組み」を意味します。

現在世界で大きな波となっているこのサステナブルへの取り組み。

これまで人は自分たちの生活を豊かにするために有限な物資を使い、産業やインフラへ投資してきました。

そのせいで地球の環境破壊が進み、地球温暖化や気候変動など様々な問題を人間の自らの手によって引き起こしてしまいました。

このままでは我々の住む地球の未来が危ないぞということで2015年9月に、国連サミットで「SDGs=エスディージーゴールズ」(Sustainable Development Goals)という「地球環境を保全する為に」世界全体で行う、17の目標が掲げられました。

SDGsを代表とする指針が世界中に発信された事を皮切りに、人類の間で「持続可能な地球の未来を実現する社会」を目指しましょうという認識がより強く広まりました。

それが「サステナブル」という考え方です。

「サステナブル」を売買し、「地球環境保全」を行う

そのような背景もあり、市場においても「サステナブル」を商材として扱う企業とそれを求めるニーズが増えました。

この「サステナブルを売買する」ということは、我々にとってどういう事を意味するのか。

それはつまり、売買を通して一人一人が「地球環境保全を行う」という事です。

かなり極端な表現になってしまいました。

詳しく説明していきますね。

そもそも「サステナブル」の大元の意味を辿れば「持続可能な社会の実現」という意味になりますが、この「サステナブル」の定義に関しては幅広く「サステナブル市場」は非常に多岐に渡ります。

企業側からしても、交通や施設などのインフラ系、ファッションや自動車を代表とする産業などその業種によって「サステナブル」への向き合い方は様々で、「供給」の仕方も様々です。

顧客側もサステナブルな商品を購入したかったり、単なる情報を仕入れたかったり、もしくは環境に配慮された施設や交通を利用したかったり、など企業に求める「需要」は様々だと思います。

そのように「サステナブル」の需要と供給のあり方は人々の立場によって形を変えるので売買のあり方を「形状化」することは難しいんですね。

しかしサステナブルが売買される背景には、ある「共通した思い」があります。

企業によるサステナブルの「販売」背景には、「地球環境に配慮した商品、サービスを提供したい」という思いがあり、同じようにそれを購入する顧客側にも「地球環境に配慮した商品、サービスを購入したい」という強い思いがあります。

両者はその売買において地球環境が少しでも良くなるようにという「思い」を託すという訳です。

この一人一人の思いを市場価値に換算すると計り知れない額になりますよね。

これが「サステナブル市場」の持つ力です。

サステナブル市場は企業や個人の利益が参入できないほど大きな波であり、人々のこの共通した強い思いこそ「サステナブル市場」を支えております。

この大きな波は決して衰退することなく今後も拡大し続けます。

何故なら人の環境を良くしたいという思いはいつの時代も必ずあるし、人々に強く根付いているからです。

また企業側としてもビジネスが「地球環境に繋がる」事は1つのモチベーションになるし、顧客からしてもそれは同じです。

これから企業は環境に配慮された商品を多く提供していくようになるし、顧客も今まで何となく購入していた商品を今後は環境に配慮しているかどうかで購入していくようになります。

よりサステナブル市場が拡大していけば「地球環境の保全」にも繋がる訳です。

今までと同じ形で人々は物やサービスの売買を行います。

しかし今後人々は「環境保全活動」というものを売買を通して日常生活の中で行えるようになる。

これが「サステナブル」を売買するという事です。

「サステナブル」とファッションの関係

ここで少し補足の話をさせて頂きます。

ファッション業界は石油産業に次いで、世界で2番目に地球環境に悪影響を及ぼす産業分野だと言われております。

例えば、工場で繊維を染める為に大量の水を使い、コットン栽培のために殺虫剤を撒いたりすること。

また、合成繊維の衣類から出るマイクロプラスチックは海を汚し、工場で働く人たちは悲惨な労働条件下で働かされています。

これに限らず、今まで多くの問題がファッション分野において取り上げられてきました。

ここで具体的に解説するのは割愛させて頂きますが、

ファーなど動物性の素材を使用する事
コットンの栽培時に農薬、化学薬品を使用する事
途上国などファッション生産国において未だ、低賃金で労働者が働かされている事
ファストファッションの台頭により生産された衣類がすぐに捨てられてしまう事
素材や複雑な構造上、リサイクルが難しい事

このような問題がファッション業界には未だ多く付きまとっています。

こういった背景からファッション業界と「サステナブル」はより密接な関係になるのは当たり前の事です。

最近では環境に配慮した商品開発を行う企業が増え、世界全体のニーズもこのサステナブルに着目し始めたことから、今後益々ファッションとサステナブルは相乗するように大きな分野になると言えます。

今は多くの問題がありますが、少しずつ解決されることでしょう。

ファッション産業は環境保全を牽引するジャンルになっていきます。

「サステナブル」が狙うべきターゲット

次にファッション業界を例にして、「サステナブル」の施策、販売をしていく上でそのターゲットとなる世代はどこになるのか、明確にしておきたいと思います。

ターゲットを明確にすることはどのジャンルにおいても大切ですよね。

それはこの「サステナブル」においても変わりません。

ファッションとサステナブルが密接な関係にある点も要因になるのですが、ファッション分野において言えば、10~30代のミレニアル・Z世代がターゲットとなります。

何故ならこの世代は幼いころから、ジェンダー問題地球温暖化など多くの「社会問題」と触れてきた事が影響してるからです。

ここにある調査報告があります。(70%以上が「エシカル・サステナブル」取り入れたい~取り入れ理由)←参照

創業178年、アパレル原料・生地の取引から最終製品の企画まで総合的なファッション事業を展開する豊島株式会社は、全国の15歳~49歳の男女1,089名を対象に、洋服・ファッションに関する環境意識調査を実施いたしました。

そのアンケート調査によるとこのZ世代(1990年後半頃から2012年頃に生まれた世代)に関して、その7割以上が今後サステナブルの環境に配慮したファッションを取り入れたいという結果が出ております。

よって、サステナブル施策をする企業はこのミレニアル・Z世代向けのコンテンツ作りに重きを置き発信していく事がポイントとなります。

また特に30代~40代(ミドル世代)の認知率の低さが問題視されており、この世代に認知されることが市場拡大へのテーマにもなります。

「サステナブルなコンテンツ作り」において重視する事

このような調査結果があるからといって、ブランド側はただ闇雲にターゲットへコンテンツを発信していけばよいという訳ではありません。

ここではそのミレニアル・Z世代の消費者に支持されるために、サステナブル企業は何を重視し、「施策、コンテンツ発信」をしていったらよいのかを解説します!

それは以下の3つが重要視されます。

1、パーパス
2、デザイン
3、オーセンティシティ

1つずつ見ていきますね。

パーパス

まず1つ目の「パーパス」ですが、これは「目的」という意味です。

そのブランドの目的を明確にすることが若い世代から支持をもらうために大切になります。

それはつまりサステナブル企業は「どのように環境へ配慮した施策を行っているのか」という目的をターゲットに明示する事が重要という意味です。

例えば、「リアルなファーを使わず、エコファーを使うことによって動物保護を目的としている施策。」

「オーガニックコットンを使用して農薬や化学肥料などを使わないため、地球環境だけでなく生産者の健康状態にも配慮している。」

など、サステナブルにおいてその「目的」が明確化しているブランド作りがまず必要となります。

デザイン

LACOSTE×SAVE OUR SPECIES(IUCN)
Image by: LACOSTE

続いて2つ目の「デザイン」ですが、その名の通りこれは「デザイン」を意味します。

ファッションブランドにおいて、衣類やロゴなどをデザインすることはブランドを認知してもらう際の入口となるし、よりキャッチーなものにすれば「デザイン」がそのままブランドのイメージにもなったりするので、デザインを工夫する事はとても大切ですよね。

特にサステナブル施策をする「ファッションブランド」において「環境とデザイン」を絡ませたコンテンツを作るという事は「サステナブル」に関心を持つ顧客を獲得する上で重要になります。

例えば、ワニのロゴで有名な大手アパレル企業の「ラコステ」が動物保護団体とパートナーシップを組み、従来のロゴの「ワニ」を絶滅危惧種動物(例えばフクロウやクジラ)に『置き換え』て販売した事例などがあります。
「ラコステ」ワニのロゴを絶滅危惧種に置き換えた限定ポロシャツが日本で初展開、生息数と同じ枚数を販売←参照

このようにブランドが環境へ配慮したデザイン施策を行う事で、「サステナブル」はより人々に認知されるし、新規顧客獲得に向けて重要な手段となります。

オーセンティシティ

そして三つめが「オーセンティシティ」。

ブランドの「信頼性」です。

サステナブルへの施策、コンテンツ作りにおいて支持をもらうためにその企業の信頼性がとても大切です。

最近は「サステナブル市場拡大」に伴いブランドイメージを上げるために「サステナブル企業」を語る事業者が増えています。

悲しいですが、「偽りのサステナブル企業」もしくは「偽りのサステナブル施策」も増えます。

例えばファッション業界で言えば「オーガニックコットンだけを使用したと商品説明にはされているが、実際は動物性の生地を使用していた」、「環境に優しいパッケージを使用していると記されているが実際は石油性の製品を販売する」企業。

こういった企業や施策も現にあるんですね。

このように環境に配慮しているように見せかけているが、実はそうではないものを「グリーンウオッシュ企業」 と呼びます。

因みに「グリーンウオッシュ」とは1980年代の欧米で、環境活動家などから言われるようになった言葉です。

今後サステナブル市場は益々拡大する事が予想されます。

同時に「サステナブル」に着手した企業やサービスも増えるわけですが、企業は何よりも顧客に対しありのままを見せていくことが重要です。

それが出来ない企業は瞬く間に衰退してしまうことでしょう。

我々顧客も「環境配慮の商品」を買いたいという意識を持つことは勿論サステナブルな企業、もしくはサービスをきちんと選択していくことも「サステナブル活動」の一環となります。

今後顧客は気に入った商品を購入する際、「なんとなく良さそう」という理由だけで買う時代は無くなっていきます。

繰り返しになりますが、企業は顧客に対してその商品がどれだけ環境保全に配慮された商品であるのかを明確にする必要があります。

我々顧客もその商品が「どのように生産され、どの場所で、どのように作られてきたか」を知った上で購入することも「サステナブル活動」においては重要になります。

企業の「サステナブル」な取組みを効果的に伝えるには?

ターゲットと、そのコンテンツ作りについてここまで明確にしてきました。

最後にここで、自社のサステナブルに関する取り組みを、「どうすれば顧客に認知してもらい、どうすれば顧客を獲得していけるか」を解説していきたいと思います。

結論から言いますと、サステナブル施策を行う上で顧客を獲得するためには「オウンドメディア」を活用することが必要不可欠となります。

以下で詳しく解説させて頂きます。

少し長い解説となりますが、しっかり付いてきてくださいね!

先程解説しましたが、サステナブルの「コンテンツ作り」には3つの重要なポイントがあります。

1、企業の目的
2、デザイン
3、信頼性

この3つのポイントを明確化する事がコンテンツ作りにおいて重要であるというのがその内容でした。

そのように「サステナブルなコンテンツ作り」を行った所で、次は「どのようにすれば効率良く顧客へそのコンテンツを発信し、新規顧客を獲得できるのか。」

この問題に頭を悩ませる企業は多いはずです。

サステナブルな視点からして、企業の存在意義がより明確に問われるようになった今、サステナビリティに関する情報発信の仕方は重要になってきています。

きちんとした「情報発信」をしなければ、数ある企業の中で自社は埋もれてしまい、瞬く間に競合に顧客を取られるという事態にも成り兼ねません。

多くの企業がそうならないように試行錯誤を行い、中には自社のサステナビリティ情報を開示するために、レポートや報告書を発行したりして、週刊誌や比較サイトにコンテンツを掲載したりしています。

しかし実際は読者からすると「環境レポート」はどこか堅苦しく、コンテンツに関してもを自分の興味を持つ分野以外はほぼ読まないといったのが現状です。

その解決策として効果的な手段の一つが、オウンドメディア(自社で所有するメディア)を通してサステナビリティの情報発信をする事です。

オウンドメディアは、主に顧客獲得のためのマーケティング手法として活用されることが多いですが、このオウンドメディアを使いサステナブルの情報開示に活用することで、「自社の取り組みが誰にも読まれない」という悩みを解決することができます。

オウンドメディアとは

そもそもオウンドメディアとは、自社が所有するメディア(コーポレートサイトや会社案内パンフレット等も含む)のことです。

今ではインスタグラムやツイッターなどのSNSアカウントを公式のオウンドメディアとして用いる企業も増えています。

企業が運営するウェブマガジンやブログもこのオウンドメディアに入りますね。

当ブログもワードプレスで製作しており、現在は各企業がこのキレイでお洒落なオウンドメディアを保有し、顧客獲得の情報発信ツールとして運用しています。

以前は、CMや広告、ダイレクトメール等で、企業が顧客に対し一方的に自社情報を流すのが一般的でした。

しかし、SNSやスマートフォンの普及により、ユーザーは自分が欲しい情報だけを簡単に収集することができるようになりました。

そのため、企業側は顧客を獲得する為にユーザーが求める情報、役立つ情報を素早く発信することが求められるようになってきたんですね。

そこで登場したのが、「オウンドメディア」によるコンテンツマーケティング手法です。

オウンドメディアの目的

オウンドメディアには、主に2つの用途があり、オウンドメディアを活用する際にはこの2点を踏まえる事が重要です。

1、ユーザーとの接点を作る
2、企業のファンを作る

1つ目は、「ユーザーとの接点を作る」ということです。オウンドメディアを通し自社の製品・サービスに関係するテーマでユーザーの役立つ情報を発信すると、ユーザーはインターネット検索などを通して、オウンドメディアにある情報にアクセスしてくれます。

インスタグラムやツイッター等のSNSを活用すれば「ハッシュタグ」などの機能を通してよりサイトにアクセスしてくれます。(ブランド自体に関心のない人でもその「施策内容」によっては自社の存在を知ってもらうことが出来るし、アクセスもしてもらえるようになるからです。)

このようにユーザーとの最初の接点を担ってくれるのがオウンドメディアです。

2つ目は、「企業のファンを作る」ということです。

オウンドメディアで情報を発信し続ければ、徐々に記事を閲覧するユーザーも増えてきます。

そういったユーザーは、自然とそのサイトを運営している会社や、その会社の提供している商品のことを知りたいと思うようになり、実際に会社のことを知ったり、商品を利用したりすることで、自社のファンになってくれることが期待できます。

入口は何にせよ、オウンドメディアにアクセスさえしてもらえれば集客を見込めるし、ファンを継続的に獲得することも可能です。

以上の「ユーザーとの接点を作る」「企業のファンを作る」という2点を取り上げましたが、企業としての意思や姿勢を伝えるという点がオウンドメディアの重要な目的となってくるといえるでしょう。

ユーザーはサステナブルに関する情報を求めています。

そうした情報を自社のオウンドメディアで発信していくことで、ユーザーとの最初の接点を作ることができ、そこから自然と自社に興味を持ってもらうきっかけを作っていくことができるのです。

オウンドメディアを立ち上げたらスマートフォン向けの発信を

「オウンドメディア」の立ち上げが終わったら、今後メディアはスマートフォン向けの発信に重きをおくべきです。

普通の人はスマートフォンのスクリーンを見ています。むしろスマートフォンしか見ないという時代もいずれやってくる事でしょう。

だからこそ、このファーストスクリーン=スマホの小さな画面上で何が言いたいのかが伝わるように記事を作らなくてはいけんですね。

「画像サイズは適正か、文章は長すぎないか、動画は正常に作動するか。」

徹底的にスマートフォン向けのサイト構造にしていく必要があります。

これはこの「サステナブル」に取り組む企業だけでなく、僕のような個人ブロガーもそうですが、メディア側は今後は何よりもスマートフォンユーザー第1優先のコンテンツ作りをしていく必要があります。

スマートフォンでフランクに見れる「サステナブル企業」のサイトが今はまだ圧倒的に少ないし、「サステナブル」の認知度もまだまだ国内では低いです。

情報収集ツールにとって我々の生活に「親しみやすく、密接である」というコンテンツ作りが大切です。

是非これからオウンドメディアを開設し、「サステナブル」ジャンルを発信していこうと思う方は念頭に置いておくと良いと思います。

「BASE」であれば個人でも無料でオウンドメディアを立ち上げられます。

無料ショップ開設なら【BASE】

まとめ

以上、ファッション分野においてサステナブルな情報を我々はどのように受け取り、企業はどのように伝え、顧客を獲得していったら良いかについて解説しました。

少し長くなってしまいましたが最後までお読み頂きありがとうございました。

最後に本記事のポイントをまとめてみますね!

本記事のポイント

1、「サステナブル」を売買するというのは「地球環境保全を行う」という事
2、ターゲットにするのはZ、ミレニアム世代
3、企業にもとめられるのは「パーパス」、「デザイン」、「オーセンティシティ」の3つの項目
4、サステナブルな取組みを効果的に伝えるには、オウンドメディアの活用する

今後益々大きなサステナブル市場、企業だけでなく一人一人の生活に密接な関係になっていきます。

「サステナブル施策」の基礎となる仕組みについて本記事では解説してきました。

長文をお読み頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

読んでくださってありがとうございます。もし良ければシェアお願いします。
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

はじめまして!!都内にあるファッション靴メーカーに勤めるshuです!
ブログ初心者(都内住み)です♪仕事で経験しているECサイト運営や商品企画経験を活かし、ファッションに関する有益な情報を皆様にお届けできればと思います。キーワードは「FASION」と「SUSTAINABLE」です!よろしくお願いします♪

「shu blog」使用テーマ「SWELL」

知識が無くても大丈夫♪誰でも自由に美しく!ワードプレス有料テーマ「SWELL」

1、スマホのように簡単で使いやすい!
2、初心者でもデザイナーにお願いしたような美しいサイト設計に!
3、サイト運営がこんなにも楽しくなる!

「SWELL」公式サイトへ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる