稼げるキーワード「サステナブル!」注意する点と、施策について徹底解説

稼げるサステナブルキーワード

現在世界で勢いを増している「サステナブル市場」

世界全体でこの「サステナブル市場」のニーズは急激に増えており、その「ニーズ」に応じるべく企業も「環境」に配慮した商品開発や、人々の生活にとって為になる情報開示をしております。

今後我々も「環境に配慮されていない商品」より、「環境に配慮されたサステナブルな商品」を購入したいと思うようになるし、その市場はますます拡大していくことでしょう。

私もこのブログで以下の様な「サステナブル」に関する記事を扱っておりますが、やはりサステナブルに着手した商品レビューは「PV」が多いので、「読まれる」という実感をさせられております。

この記事はありがたいことに毎日一定数の読者に読んでもらう事ができ、収益も生まれております。

このように「サステナブル」=「稼げるキーワード」という事でもあるんですね。

またこの「サステナブル」は次世代を担う「トレンドキーワード」でもあるため、わたしを始め個人ブロガーや企業にとってビジネスチャンスとして大いに関心が寄せられております。

今回そんな「トレンドワード」でもある「サステナブル」において、「発信者側はどのように施策をしていったらよいか?」について様々な観点から解き明かしていきたいと思います。

本記事を読み進めていただければ「サステナブルジャンル」で発信する際の、「注意点」や「狙うべきターゲット層」、「コンテンツの作り方」などが分かります。

簡単な内容となっておりますので、是非読み進めてみて下さいね。

それでは参りましょう。

この記事を書いているのは

当ブログでは「サステナブル」についての記事を書いております。今後益々大きくなる「サステナブル」の取り組み。持続可能な社会の為に我々ができる事は何でしょうか?

目次

「サステナブル」市場の「今」

アフリカの女性

まずはここで「サステナブル」とは何か、またその「正体」について見ていきたいと思います。

サステナブルとは「持続可能な未来への取り組み」

「サステナブル」とは英語の「SUSTAINABLE」からきています。

「SUSTAIN=持続」「ABLE=可能」

つまり日本語に直すと「持続可能」という意味になり、「サステナブル」とは「持続可能な未来を実現する取り組み」という意味になります。

これまで我々人間は自分たちの生活を豊かにするために「有限な資源」を使い、「産業」や「インフラ」へ投資してきました。

そのせいで地球の環境破壊は進み、地球温暖化や気候変動など様々な問題を人間自らの手によって引き起こしてしまいました。

そんな中このまま人類の生活の豊かさを優先した行いを続けていれば、我々の住む地球の未来が危ないぞということである警鐘が世界中に鳴らされます。

それが「SDGs=エスディージーゴールズ」(Sustainable Development Goals)です。

これは簡単に言えば「地球環境を保全する為に」世界全体で行う、17の目標で、そして2030年までに達成しなければならないというものです。

この「SDGs」は2015年9月に、国連サミットで採択されました。

この「SDGs」がきっかけとなり、世界中で「持続可能な地球の未来を実現する社会を目指しましょう」という認識がより強く広まりました。

「サステナブル」という考え方が世界中に浸透した瞬間です。

市場が拡大する一方で「サステナブル」には明確な「定義」がない

今見てきたような背景もあり、市場においても「サステナブル」を商材として扱う企業とそれを求めるニーズがより一層増えました。

つまり、

「サステナブル」という市場の出現です。

また、

稼げるキーワード「サステナブル」の出現

でもあります。

そもそも「サステナブル」の意味に関しては先程も申し上げましたが、「持続可能な社会の実現」という意味になります。

ただこの「サステナブル」に関しては定義が幅広く、「化粧品業界」、「アパレル業界」、「インフラ業界」など様々な産業分野があらゆる視点でこの「サステナブル市場」に参入し、「サステナブルに着手した取り組みで売り上げ拡大」を目指しています。

例えばアパレル業界であれば「サステナブル商品」を作ること。また化粧品業界であれば「サステナブルに関連した」商品を作りそれを宣伝することなど。

「化粧品業界」でも最近、「SHIRO」などでは「エシカル割」という独自サービスが若い女性の間で話題になったり、「LUSH」では「動物実験禁止」の紙袋に統一されたりとこの「サステナブルに着手した内容で売り上げ拡大」を目指し、その傾向が顕著に現れております。

このような傾向は消費者全体のニーズがサステナブルの商品をいまだかつてないほど求めているからであり、産業界もそのニーズに応えるべく「サステナブル商品」を供給し始めるようになったことが原因として考えられます。

ただいくら「サステナブル」の需要が多いからといっても、この「サステナブル」においては「正解」がないんですね。

つまり「どこから、どこまでがサステナブル」という定義付けが困難なのです。

例えば、靴を製作するメーカーが「動物性の皮を使用せず、合成皮革の商品」を開発したからと言ってそれは「サステナブル」とは言えないですよね?

そんなことまで「サステナブル」の位置付けにしてしまったら、もはや全てがサステナブル市場に様変わりしてしまうし、市場の氾濫を招いてしまうことにもなります。

だからといってこのような「合成皮革」の商品が「サステナブル商品」ではないかと言えば決してそうではありません。

「アニマルフリー」の観点から言えばこれも立派な「サステナブル商品」の位置付けになるのです。

すみません、話がかなりややこしくなってしまいました。

要するに市場が拡大する一方で、この「サステナブル」には明確な「定義」がないのです。

なので我々消費者もどのようなものがサステナブル商品なのかという定義付け難しく、ブランド側や本人の意識によるところが大きいのです。

今後あなたの生活や営業、もしくは施策にこの「サステナブル」を取り入れようと考えた時、この「サステナブル」というものには明確な定義付けが出来ないという特徴は覚えておきましょう。

サステナブル市場の価値は計り知れない

しかしながら「サステナブル市場」が売買される背景には、ある「共通した思い」があるということも知っておかなければなりません。

というのも、サステナブル商品を購入したいと思う消費者にとっては地球環境に配慮した商品、サービスを購入したい」という思いがあります。

また同じようにサステナブル商品を販売する企業側にとっては、「地球環境に配慮した商品、サービスを提供したい」という思いがあるわけです。

つまり両者はその「サステナブル商品の売買」において地球環境が少しでも良くなるようにという「思い」を託すわけですね。

このような一人一人の思いを市場価値に換算すると一体どれほどの「額」になるでしょうか?

これが「サステナブル市場」の持つ力です。

恐らくこの記事を読んでいるあなたも「地球環境に配慮されていない商品」に比べれば、「地球環境に配慮された商品」の方を優先的に購入したいと思うはずです。

またそのような「地球に優しい商品」が市場に多く出回わる事を嫌がる人はおりません。

このようにサステナブル市場は定義付けが難しいとされながらも、確実に「人」の関心を引く市場であるということが言えるし、今後大きなビッグビジネスとなる可能性も秘めております。

サステナブル市場は衰退することなく拡大し続けるが、同時にライバルも多い

また「サステナブル市場」の波は企業や個人の利益という枠組みを超えるほどの大きな波になる可能性もあるため、誰もこの「サステナブル市場」の今後の動向を予測できない点も魅力的と言えるでしょう。

それでも間違いなく言える事はこの「サステナブル」の持つ大きな波は、決して衰退することなく今後拡大し続けるという事です。

何故なら人の「環境を良くしたいという思い」というのはいつの時代も必ずあるし、人々の根本に強く根付いているからです。

またこの「サステナブル市場」が今後衰退せず拡大し続けるジャンルであるということは、誰もが参入したい市場でもあるわけですよね?

その為私を始めこの「サステナブル」ジャンルを扱う個人ブロガーも増えてきているし、企業もこぞって広告などに力を入れ「サステナブル」において知名度を得ようと目論んでおります。

なので今後営業や施策にこの「サステナブル市場」を取り入れようと考えているのならば、ライバルも多くいる市場であるという事も覚えておかなければなりません。

若い世代の吸収がサステナブル企業の急務

これからどの企業も環境に配慮された商品を多く提供していくようになるし、顧客も今まで何となく購入していた商品を今後は「環境に配慮しているかどうか」で購入していくようになります。

つまり「サステナブル市場」の拡大に伴い、これまでの買い物に新しい価値観が加わってきているとも言えるんですね。

このように「地球に優しい買い物を行う」ということが一種の「トレンド」にもなってきているのです。

先程も簡単に紹介しましたが「SHIRO」では買い物袋を使用しない顧客に対し「エシカル割」という独自の割引きサービスを提供しているし、「LUSH」では「NO!動物実験」というショッピング袋で商品を提供し、それぞれファンを獲得しております。

そのように若い世代からも人気のあるブランドが「サステナブル」に着手することで、より若者の買い物の価値観に影響を与える事になります。

若者からの支持が集まることによって「サステナブル市場」がより一層拡大していくのは間違いありません。

企業や発信者側からしたらこの「若者からの支持」を得られるかが今後激戦となる「サステナブル市場」で勝ち抜く秘訣となります。

「サステナブル」が狙うべきターゲット

Z世代

それではここから「サステナブル」の施策、販売をしていく上でそのターゲットとなる世代はどこになるのか、明確にしておきたいと思います。

前章でも簡単に触れましたが、「サステナブル市場」が狙うべきターゲットは10~30代の若い世代、つまり「Z世代(1990年後半頃から2012年頃に生まれた世代)がターゲットとなります。

何故ならこの「Z世代」は幼いころから、ジェンダー問題地球温暖化など多くの「社会問題」と触れてきているからです。

ここにある調査報告があります。(70%以上が「エシカル・サステナブル」取り入れたい~取り入れ理由)←参照

創業178年、アパレル原料・生地の取引から最終製品の企画まで総合的なファッション事業を展開する豊島株式会社は、全国の15歳~49歳の男女1,089名を対象に、洋服・ファッションに関する環境意識調査を実施いたしました。

そのアンケート調査結果によるとこの「Z世代」に関して、その7割以上が今後サステナブルの環境に配慮したファッションを取り入れたいという結果が出ております。

よって、サステナブル施策をする企業はこの「Z世代」向けのコンテンツ作りに重きを置く事が今後施策を行う上でのポイントになります。

我々ブロガーも、「サステナブル用コンテンツ」を作成するときにはこの結果を是非参考にしたいですね。

「サステナブルなコンテンツ作り」において重視する事は「3つ」

農園

「サステナブル」が狙うべきターゲットは「Z世代」と呼ばれる若い世代です。

このような調査結果に基づき、我々ブロガーや企業は今後どのようにコンテンツを発信していけばよいのでしょうか?

ここではそのZ世代の消費者に支持されるために、我々ブロガーやサステナブルに着手する企業は何を重視し、「施策、コンテンツ発信」をしていったらよいのかを見ていきたいと思います。

パーパス

まずサステナブルにおける「施策・コンテンツ作り」の際、最も気を付けなければならないのが、「パーパス」です。

「パーパス」とは、「目的」という意味です。

あなたが今後「サステナブル」のコンテンツ作りを行うのであれば、「目的」を明確にすることが支持をもらうために大切だということですね。

要するに「どのように環境へ配慮した施策を行っているのか」という目的をターゲットに明示する事が重要という意味です。

例えば企業であれば、「リアルなファーを使わず、エコファーを使うことによって動物保護を目的としている施策。」だったり、ブロガーであれば「サステナブルに着手した商品レビュー」だったり。

そのようにブランドやメディアの「目的」がしっかりしていることで、ユーザーにあなたの「コンテンツ」は「サステナブル」に着手しているんだということをアピールできます。

「サステナブル施策」において「目的」が明確化しているブランド作りもしくはコンテンツ作りが顧客を獲得する上での入口となります。

デザイン

ラコステT
LACOSTE×SAVE OUR SPECIES(IUCN)
Image by: LACOSTE

続いて2つ目の「デザイン」ですが、その名の通りこれは「デザイン」を意味します。

ブランドにおいて、衣類やロゴなどをサステナブル視線でデザインすることは、ブランドを認知してもらう際の入口となります。

つまり自分の「コンテンツ」や「メディア」をより知ってもらうための施策と言えるでしょう。

またその際、「デザイン」をよりキャッチーなものにすることでブランドイメージの飛躍にも繋がります。

特に「Z世代」など若い世代はファッションやデザインに対して敏感なので、この「デザイン」の工夫が重要となりますね。

例えば、ワニのロゴで有名な大手アパレル企業の「ラコステ」が動物保護団体とパートナーシップを組み、従来のロゴの「ワニ」を絶滅危惧種動物(例えばフクロウやクジラ)に『置き換え』て販売した事例などがあります。
「ラコステ」ワニのロゴを絶滅危惧種に置き換えた限定ポロシャツが日本で初展開、生息数と同じ枚数を販売←参照

このようにブランドがデザイン施策を行う事で、「サステナブル」はより多くの人々に認知されるし、新規顧客獲得に向けても重要な手段となります。

オーセンティシティ

そして三つめが「オーセンティシティ」。

これはブランドの「信頼性」です。

サステナブルへの施策、コンテンツ作りにおいて支持をもらうためには企業の信頼性がとても大切です。

最近は「サステナブル市場拡大」に伴い、ブランドイメージを上げるために無理に「サステナブル企業」を語る事業者が増えています。

悲しいですが、「偽りのサステナブル企業」もしくは「偽りのサステナブル施策」というのも増えております。

例えばファッション業界で言えば、

  • オーガニックコットンだけを使用したと商品説明にはされているが、実際は動物性の生地を使用していた
  • 環境に優しいパッケージを使用していると記されているが実際は石油性の製品を販売する

など。

こういった企業や施策は現に見受けられるんですね。

このように環境に配慮しているように見せかけているが、実はそうではないものを「グリーンウオッシュ企業」 と呼びます。

因みに「グリーンウオッシュ」とは1980年代の欧米で、環境活動家などから言われるようになった言葉です。

今後サステナブル市場は益々拡大する事が予想されます。

同時に「サステナブル」に着手した企業やサービスも増えるわけですが、企業は何よりも顧客に対しありのままを見せていくことが重要です。

それが出来ない企業は瞬く間に衰退してしまうことだろうし、顧客を獲得する上では誤魔化してはならない問題です。

我々顧客もその商品が「どのように生産され、どの場所で、どのように作られてきたか」を知った上で購入することも「サステナブル活動」においては重要になります。

企業の「サステナブル」な取組みを効果的に伝えるには「オウンドメディア」の運用が不可欠

SNS

「サステナブル」におけるターゲットと、その為のコンテンツ作りのやり方についてここまで明確にしてきました。

最後にここで、自社のサステナブルに関する取り組みを、「どうすれば顧客に認知してもらい、どうすれば顧客を獲得していけるか」を解説していきたいと思います。

結論から言いますと、サステナブル施策を行う上で顧客を獲得するためには「オウンドメディア」を活用することが必要不可欠となります。

先程解説しましたが、サステナブルの「コンテンツ作り」には3つの重要なポイントがあります。

1、目的
2、デザイン
3、信頼性

この3つのポイントを明確化する事がコンテンツ作りにおいて重要であるというのがその内容でした。

そのように「サステナブルなコンテンツ作り」を行った後、次は「どのようにすれば効率良く顧客へそのコンテンツを発信し、新規顧客を獲得できるのか。」

この問題に頭を悩ませる企業は多いはずです。

個人も企業も「ワードプレス」によるオウンドメディアで問題ない

我々ブロガーであれば「ワードプレス」ですぐにでもブログを簡単に立ち上げることができるので、そのブログ運営で「サステナブル」に関して発信していくことができます。

企業としても自分たちの理念や施策、商品を知ってもらうためにもこの「オウンドメディア」の開設が不可欠です。

またその際、我々ブロガーと同様にワードプレスによる「オウンドメディア」運用でも問題ないでしょう。

「サステナブルな視点」からして、企業の存在意義がより明確に問われるようになった今、サステナビリティに関する情報発信の仕方は重要になってきています。

きちんと「サステナブル情報発信」をしなければ、数ある企業の中で自社は埋もれてしまい、瞬く間に競合に顧客を取られるという事態にも成り兼ねません。

その為にもこれまで本記事で紹介してきた「ターゲット」や「施策内容」を踏まえ発信していくこと。

またその際、「SEO」でも上位表示に強いとされる「ワードプレス」によるメディア運用は最適であると言えるし、それは「個人」であっても「企業」であっても変わりません。

環境=「堅苦しい」を除外していく

これまで「環境」に関する発信というのは「環境レポート」によるものが定番でした。

また環境省や権威のある学者でのみ、「環境」に関する発信が許される風習もありました。

読者からしても「環境レポート」というのはどこか堅苦しかったはずだし、「環境問題」というのもどこか遠い国で起きているような、自分とはかけ離れた問題でした。

しかしこの「サステナブル市場」という新しいジャンルの出現で我々はこれまでと違い、より親和的にこの「環境」と関わりを持てるようになりました。

例えば「ファッションとサステナブル」、「化粧品とサステナブル」など、我々の生活にこの「環境問題」が密接になってきたのです。

我々ブロガーのような発信者側から言えば、「ブログ」や「ツイッター」、「インスタグラム」など個人で「オウンドメディア」を気軽に持てるような時代になったことで、「発信」という面からもこの「サステナブルへの取り組み」は気軽に行えるようになりました。

また受信する立場からしても「ツイッター」や「インスタグラム」などで気軽に「サステナブル情報」を入手できる時代です。

これまでのような堅苦しいイメージではなく、一人一人が気軽に情報を発信し、気軽に情報を入手できる「オウンドメディア」による運用がこの「サステナブル市場拡大」においては不可欠となります。

オウンドメディアを立ち上げたらスマートフォン向けの発信を

「オウンドメディア」の立ち上げが無事終わったら、「サステナブル情報」を発信していくことになります。

その際気を付けることは、今後メディアは「スマートフォン向けの発信」をしていくべきという事です。

現代の大半はこの「スマートフォン1台」から情報を仕入れております。

むしろスマートフォンしか見ないという時代もいずれやってくる事でしょう。

だからこそ、この「スマホの小さな画面上」で何が言いたいのかが伝わるように記事を作らなくてはいけんですね。

「画像サイズは適正か、文章は長すぎないか、動画は正常に作動するか。」

徹底的にスマートフォン向けのサイト構造にしていく必要があります。

スマートフォンでフランクに見れる「サステナブル企業」のサイトが今はまだ圧倒的に少ないし、「サステナブル」の認知度もまだまだ国内では低いです。

そういう意味でもしっかりとした「コンテンツ作り」を行えば、この「サステンブル市場」というのは可能性に溢れているんですね。

サステナブル市場の可能性は無限大

今回「サステナブルのコンテンツ作り」におけるその施策と注意点について見てきました。

今後大きな市場となる「サステナブル市場」。

企業であっても個人であっても、「サステナブル」における基本的な施策は変わりません。

人と「環境」というのはいつの時代でも密接であるし、この「サステナブル市場」の可能性は無限であると言えるでしょう。

それだけにライバルや企業の参入もこれからどんどん増えてくることが予想されます。

本記事で紹介した施策や注意点、ターゲットを踏まえてコンテンツを作成していくことであなたの「ブログ」や「サイト」は確実に読まれることが出来るでしょう。

あなたも今後この可能性に長けた「サステナブル市場」で稼いでいきたいと思うのなら是非本記事で紹介したポイントを踏まえてメディア発信をしていってください。

稼げるサステナブルキーワード

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

読んでくださってありがとうございます。もし良ければシェアお願いします。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次へ戻る
トップへ
目次
閉じる