\エックスサーバーが5月1日までの申し込みで、月額693円でブログ運営ができちゃうお得なキャンペーン実施中!/

Webライティングの練習方法とは?効率の良い6つの方法。

ライティング 練習
  • URLをコピーしました!

本記事では「Webライティング」の練習方法について解説していきます。

誰もがブログやSNSなどを多用する時代。

「Webライティングスキル」は個人にとっても大切なスキルとなっております。

しかしどのように取り組んでいいかわからないといったひとも多いはずです。

そんな人はぜひ本記事を参考にしてみてください。

Webライティングは練習をすれば誰でも簡単に上達します。

Webライティングスキルが上達すれば、お金を稼いだり、フォロワーを集めたり、輝かしい未来が待っているのです。

この記事を書いている人とこの記事を読んで分かること
  • 効率の良いWebライティング練習方法
  • 実際のWebライティング練習方法
  • Webライティングを練習する目的
目次

効率の良いWebライティング練習方法とは?

効率の良いライティング練習方法とは?

早速本題から入っていきたいと思います。

ここでは効率の良いライティング練習方法についてお伝えします。

どうすればWebライティングスキルが向上するのでしょうか?

効率の良いWebライティング練習方法
  • ひたすら書く、アウトプットをする
  • インプットを増やす
  • 文章が読みやすくなる11個のテクニックを意識する
  • Webライティングに関する書籍を読む
  • Webライティングが上手な人を真似てみる
  • Webライティングの練習アプリを使ってみる
個人が生き抜くために重要なライティングに関する記事

1、ひたすら書く、アウトプットをする

Webライティングスキルを向上させるためにはまずは何よりも書くことです。

ひたすら書くことがWebライティングスキルを向上させるための近道です。

なぜ書くことが大切かというと、頭の中でごちゃごちゃになっている「伝えたいこと」が整理され、それをうまく言語化できる能力がみにつくからです。

書くこと=伝えることです。

自分の伝えたいことをまずは言語化する。

形にしないことには、上手なライティングはできるようになりません。

そうなるためにもひたすら書いて、自分の頭の中にある情報をうまく形にできるようになることが必要なのです。

2、インプットを増やす

しかし何かをアウトプットするためには、そもそも自分の中に伝えたい「何か」がなければいけません。

その大元となる「何か」を蓄えるためには「インプット」が必要になります。

例えばあなたが「NFT」に関する記事を書きたいとします。

しかし「NFT」に関する記事を書くためにはそもそも「NFT」に関する情報を知っておかなければまったく書くことはできませんね。

なのでこの「インプット」もさきほどの「アウトプット」と同様に大切なものとなります。

この「インプット」さえ増やせば、自然と筆が進み、情熱的で厚みのある文章を書くことが可能になります。

ライティングの技術は後からでもどうにでもなります。

この「インプット」の段階は決して怠らないようにしましょう。

3、文章が読みやすくなる11個のテクニックを意識する

文章が上手くなる11個の方法

「アウトプット」と「インプット」をきちんと行う習慣が身についたら、いよいよ技術的な部分の話になります。

うまい文章、うまいライティングには往々にして最適解があります。

例えば以下で示した「11個」の項目を意識してWebライティングを行っていけば、ユーザーから好まれるライティングにすることができます。

文章が上手くなる「11」個の方法!
  1. 一文一意を心掛ける
  2. 主語と述語の関係は崩さない
  3. 文章は具体的に
  4. ひらがなと漢字のバランスに気をつける
  5. 文章は簡潔に述べる
  6. 「が」や「で」などの接続助詞を多用しない
  7. 修飾語と被修飾語は近くに配置する
  8. 受動と能動の役割をはっきりさせる
  9. 体言止めを使う
  10. 指示代名詞は最小限にとどめる
  11. 便利だからと言って「~という」を使ったり、「~こと」で名詞化しない

詳しくは以下の記事でも解説していますが、こういったテクニックを織り交ぜながらライティングを行うことで確実に読まれる上手なライティングスキルを身につけていくことができます。

4、Webライティングに関する書籍を読む

Webライティングの技術を向上させるためには「Webライティング」に関する書籍を読み漁ることも効果的です。

上達への近道です。

本によっては「Webライティング」の「スキル」にかかわるもの。

またある本では「Webライティング」の「精神」にかかわるもの。

この「ライティング」は様々なアプローチの方法があり、どれも欠かすことのできない貴重な要素です。

私もライティングがうまくなりたい一心でこれまで様々な「ライティング」に関する書籍を読んできました。

ここではこれまでに読んできた「ライティング」に関する書籍の中で面白かった作品と概要についてお伝えします。

是非参考にしてみてください、どれもマジでおすすめです。

1、人を操る禁断の文章術

¥1,540 (2022/04/15 13:42時点 | Amazon調べ)

まずは「メンタリスト」DaiGoさんが出版した「人を操る禁断の文章術」です。

本書はその名の通り、文章術に関する本です。

本書で紹介されている文章術は、どれもDaiGoさんが得意とするメンタリズムを取り入れた文章術となっており、その発想は斬新で実に新しく、新世代型の「文章術」だと言えるでしょう。

本書の狙いは、文章内に「人心掌握」や「大衆煽動」などのメンタリズムを加えることによって、読者の心を操ってしまおうというものなんですね。

例えば、本書の冒頭には次のような一文が紹介されています。

あなたはこの車に誰を乗せて、どこに行きたいですか?

この一文は、それまで車のセールスに悩んでいた営業担当が、お客様との会話の中に取り入れたとされる一文ですが、この文言をくわえてセールスを行うようになってから飛躍的に営業実績が向上したと言われているんですね。

「この車に乗って美しい夜景でも見に行きたいな」や、「この車に大好きな彼女や彼氏を乗せてみたいな」といったシチュエーションを見込み客に想像させる。

これが車の正しいセールス方法だというんです。

どんなにこちらから「この車にはこんなに良いメリットがありますよ~」と事細かに提示したところで、最終的にユーザーへ「購入」という行動をとってもらえない。

結局それはただの押し売りで、何も伝わってこないからなのです。

それよりもユーザー自身に「その商品によってもたらせる最高のシチュエーションを自身で想像させること」、これこそが本来の営業であり、DaiGoさんが本書内で提唱する「メンタリズム」だというのです。

本書を読んでまずはライティングの「目的」を知っておくとよいでしょう。

2、マクサン式Webライティング実践スキル大全

続いての「マクサン式Webライティング実践スキル大全」も「ライティング」を練習したいという方にはおすすめな1冊です。

本書では特に強く「Webライティング」に関しての言及しており、より実践的な内容となっております。

その中でもブログ運営者やwebライターなど、実際に記事を書いて収益をあげているひとにはおすすめな本となっており、どうすれば自分の書いた記事が検索エンジンに評価されやすくなるかなど、テクニカルな応用方法について記述しております。

例えば本書の中では「トピッククラスター」に関する提唱がなされております。

おそらく今回初めて耳にしたという方も多いと思いますが、この「トピッククラスター」とは「ブログ戦略」に関する概念の一つで、目標キーワードを上位表示させるために考案された戦略のことです。

本書ではそうした普段聞きなれない専門的な技術に関してはもちろん、技術的以外のところでも、ブログ運営者やWebライターにとって重要な内容がたくさん記されております。

本書はこれから「個人ブログで稼ぎたいと思う方」、「ブログ収益が伸び悩んでいる方」、双方にとって必ず手に取るべき1冊であると言えるでしょう。

3、書くのがしんどい

ソフトカバー版はこちら
¥1,650 (2024/05/19 04:53時点 | 楽天市場調べ)

続いては「書くのがしんどい」です。

キャッチーな名前ですよね。

そして個人的には今回一番おすすめしたい「ライティング本」です。

本書では「書くこととはどういうことなのか?」その原点に立ち帰って、「書くことの辛さ」、「書くことの面白さ」、「書けない辛さ」などを実際に「編集プロダクト」を運営している竹村さんの視点で考察し、解決している一冊です。

私のような「ブロガー」は勿論「ライター」や「作家」さんなどにもおススメできる一冊です。

書くことをなりわいとしている人たち。

だれしもが「書くのがしんどい」という問題を抱えながら、「何故書くのがしんどいのか?」という疑問を解決できずにいると思います。

実際に書くことって、本当にしんどいですよね。

頭を使わなければいけないし、文法や、アイデアを駆使しなければ良い文章を書くことなどできません。

そこで本書では何故「書くのがしんどいのか?」の問題点を様々な分野から考察しています。

特に「とあるマインド」を持つだけで、おどろくほど簡単にこの「書けない」という問題を解決できてしまうのです。

その秘密を知りたい人はもちろん本書を手に取って頂ければと思うのですが、とても有益な一冊となっております。

今「個人ブログ」を運営している方はもちろん「書くこと」を生業としている方には是非おススメしたい一冊ですね。

4、文章を彩る 表現技法の辞典

¥2,750 (2022/03/23 09:17時点 | Amazon調べ)

続いては「文章を彩る 表現技法の辞典」です。

聞いてもわかる通り、様々な文法をこの本書を通して学ぶことができます。

例えば表現技法というと、「直喩法」や「体言止め」くらいは多くの人が知っている技法だと思います。

そしてそれら技法を使えば魅力的な文章を作ることができますよね。

いわば文章を彩る「武器」のようなものなのです。

しかし実は表現技法にはそれだけではない、本当に多くの技法が存在するのです。

上の画像は本書の最後のページで実際に紹介されているものなのですが、「登場する表現技法」を「あいうえお順」で並べたものになります。

ザっと、「300個以上」もの「表現技法」が本書では紹介されているんです。

これは驚きですよね。

そもそも「表現技法」がそこまで多く存在することすら知らなかったわけですが、私がこれまで慣れ親しんだ「直喩法」や「隠喩法」といった「表現技法」は、「文章テクニック」においてほんの序の口にしか過ぎなかったことがこれでわかるわけです。

また中には「サスペンス効果」や「情報カット」といった、これまでにないユニークさで興味をそそる「表現技法」もでてくるので、この索引を眺めているだけでもあきません。

こんなに多くの「表現技法」をマスターできたら、小説家にだってなれるだろうし、ブロガーやwebライターで稼ぐことも簡単なんでしょうね~(笑)

よりテクニカルな部分を身につけたいという方はぜひ本書を手に取ってみてください。

5、文章力が、最強の武器である

最後は「文章力が、最強の武器である」です。

「文章力」がいかに強力な武器になるのか?

豊かな人生をおくるためにはこの「文章力」がどれだけ重要な要素となるか?

そういったことを解説している書籍になります。

「文章」は相手に自分の思いを伝える手段だけでなく、自分の価値観を魅力的に伝える手段にもなります。

なにも特権をもたない個人ですらこの「文章力」さえあればファンを付けることが出来るのです。

「文章」とはなにか?

「文章力」とはなにか?

なぜ「文章力」を身につける必要があるのか?

本記事でも解説している「ライティング」にも通ずる部分が多くあるので、ぜひ読んでみることをおすすめします。

5、Webライティングが上手な人を真似てみる

また「Webライティング」を練習するためには「Webライティング」が上手な人の文章や記事を真似するのもおすすめな方法です。

「模写」とか「写経」と呼ばれているやつですね。

例えばブロガーであれば、「Webライティング」が上手だなとおもった人の記事を上からなぞるように自分の言葉で書き換えてみる。

そうすれば、わかりやすい文章の「型」というものを実際の体験を通して、身につけることができます。

もちろんパクリはだめです。

パクるのではなく真似る。

これは180度異なるものです。

Webライティングで重要なライティングの「型」は、独学ではなかなかみにつくものではありません。

まずは先人の「ライティング」を真似してみる。

「型」を真似してみる。

そして体にそれを覚えさせていくうちにだんだんと自分のライティングとマッチしていくのです。

6、Webライティングの練習アプリを使ってみる

また「Webライティング」の練習アプリを活用するのもおすすめな練習方法です。

こうしたアプリを使うことで、ゲーム感覚でライティングの練習ができるのでおすすめです。

通勤中や会社の休憩時間、土日の忙しい時間の合間をぬってこうしたアプリを活用してみるのもいいでしょう。

おすすめしたい「ライティングアプリ」は以下の「3つ」です。

アプリの名前特徴値段
i読書世界中の名著を無料で読める。インプットの際におすすめ無料
Kindle気に入った文に線を引き、一覧にまとめられる。インプットの際におすすめ。有料、無料
note書いた記事を販売できる。アウトプットの際におすすめ。無料

ライティングを上達させるためには日常に「ライティング」を持ち込むことです。

そして現代においては、日常に「ライティング」を持ち込むためにはこうしたアプリを活用するのが一番です。

Webライティングの練習をしてみよう!

ここではWebライティングの練習を行うにあたって、おすすめな方法を実戦形式(ステップ形式)で解説します。

ここで解説する内容はライティングを練習する際に私も実際に行なっていた方法になりますので、ぜひ参考にしてみてください。

STEP
Webライティングの練習に際してまずはテーマや文字数を決める

まずWebライティングの練習を行うにあたって何に関して書くのか?テーマを決めていきましょう。

なんでもいいです。あなたの興味のあること、夢中になれること。疑問に思っていること。まずはあなたが何を書きたいのか?を明確にしてからライティングの練習を始めます。

このとき大体の文字数も決めておくといいでしょう。

初めは無理なく1000~1500字くらい、原稿用紙3枚分くらいを目標にするといいでしょう。

STEP
何を伝えたいのか明確にする

続いてそのライティング「何を伝えたいのか?」を決めます。

例えばあなたの大好きな「ワイン」に関する記事を書くとしても、その「ワイン」の記事を通して何を伝えたいですか?

文章は「伝える手段」です。

読んでもらった人に対して行動を起こさせる文章。

何かを感じさせる文章がよい文章なのです。

その際「何を伝えたいのか?」が明確でないと、一貫性のない文章になってしまいます。

例えば「ワインはおいしいと伝えたい文章」と「ワインは作るのが大変という文章」とでは切り口が全然違うし、着地点も全然違ってしまいます。

一貫性がない文章ほど読み辛い文章はありませんし、書き手としても書くのに困る文章はありません。

なのでまずはこの「ミソ」となる部分を明確にしておくことが大切です。

STEP
誰に対して書くのかを明確にする

続いては「誰に?」対しての文章なのかも明確にしておきましょう。

つまり「ペルソナ」と呼ばれる「想定読者」のことですね。

この「ペルソナ」を設定することでより読者の胸にささる記事を書くことができ、より感動を促すことが出来ます。

何故なら「ライティング」においては、

大勢の人に向けて書いた「記事」より目の前のたった一人に向けて書いた「記事」

の方が読まれやすく、価値のある記事になるからです。

万人に向けた記事というのは内容が薄くなりがちなんですね。

それに10歳向けの記事と70歳向けの記事とでは、使う文法や単語も違ければ、内容も異なってきます。

同じテーマであっても180度違う文章になってしまう可能性もあるのです。

STEP
その記事を読んだ読者のコンバージョンを考える

そしてここが肝心です。

その記事を読んだ読者が「どのような行動」をとってくれれば、成功と言えるのかきちんとした「コンバージョン」、「ゴール」を明確にしましょう。

例えば「ブロガー」であれば自分の記事を読んで「商品を購入させたい」とか「別の記事に誘導したい」とか、そういうコンバージョンを考えながら記事を書きますし、それぞれの記事に何かしらの役割を必ず持たせています。

逆になんの目的も役割もない記事というのは一つもないんですね。

だってそんな記事書いても意味ないからですね。

ライティングを行なったり、記事を書いたりするのは、必ずや何かしらの目的があります。

この目的を持たせることで力強い、芯のある文章になるのです。

初めはその記事を読んでもらって感動を与えたい。

共感を与えたいとかでいいと思います。

しかしただ単に書くのではなく、初めからこうした目的のある文章を書けるように練習していきましょう。

STEP
情報収集と取材をしっかり行う

続いて重要となるのが「情報収集」および「取材」をしっかりと行うということです。

この「取材」さえしっかりと出来ていれば質の高い「ライティング」になります。

例えば「Webライティング」とは「ウェブ上において文字で人を動かす技術」のことです。

そこでこの「取材」を行うことで、

  • 必然的に情報量が増え一つの「情報」とっても様々な切り口で伝えられるようになる
  • 自身の「思い」も熱量を帯びるため、より読者に感動が伝わりやすくなる

などのメリットが得られるのです。

なので「ライティング」の前準備としてしっかりと「情報取集」と「取材」を行うようにしましょう。

でなければ内容の薄い記事になってしまうし、そもそも記事を書くこともできません。

STEP
記事の構成を考える

ここまでの工程を無事終えることが出来たら、いよいよ実際にライティングを行っていきます。

その際、記事の「型」を事前に作っておきましょう。

「型」をあらかじめ作っておくことで、スムーズな記事執筆が可能です。

逆に「型」がまとまっていないと、「結論」がない記事になってしまったり、重要な部分がどこなのかわからない記事になってしまいます。

例えば私が行っている記事の構成方法は以下の通りです。

STEP
見出しを構成する

まずは「見出し」を構成します。

「見出し」とはその記事におけるいくつかの「章」のことですね。

例えば「ワイン」の記事を書きたいのなら、「1章目」を「ワインとはどういうお酒なのか?」。

「2章目」を「ワインの作り方」。

「3章目」を「ワインの主な生産国」。

このような章分けをしていきます。

そうすることで、文章に起承転結がうまれ、流動的な文章にすることが可能です。

1200字程度の記事であれば各見出し内の本文を300字程度に収めるようにすれば、スッキリとした見栄えのいい文章になります。

STEP
まとめと導入文を書く

「見出し」の構成まで終わったら続いて「まとめ」の部分と「導入文」を書いていきます。

意外と思われるかもしれませんが、先に「まとめ」の部分と「導入文」を書くんですね。

いわゆる文章の入り口と出口です。

「まとめ」では読者にどう行動してほしいのか?どう感じて欲しいのか?を考えながらその記事の全体的な総括を書くこと。

そして「導入文」でもあらかじめに読者にどう行動してほしいのか?どう感じて欲しいのか?を考えながらその記事の全体的な流れを書いておくことで、読者に読みたいと思させることができます。

本文と同様、記事で重要な役割を担う部分となりますので、しっかりと作りこんでいきましょう。

STEP
それぞれの見出し内に本文を書いていく。文字数も均等にする

あとは先ほどの「見出し」に本文を入稿していきます。

そのためにも事前のリサーチが重要となります。

「見出し」にあった、内容をしっかりと書いていきましょう。

またその際文字数も均等になるように調整しながら書いていくことで、きれいなまとまった文章にすることができます。

STEP
実際に書いてみよう!、ひたすらこのステップにそって書いてみよう

後はここまでの段階を踏んで、ひたすらライティングを行っていきましょう。

そうすることで、確実にステップアップすることができます。

なぜWebライティングを練習する必要があるのか?

なぜライティングを練習する必要があるのか?

そもそもWebライティングをなぜ練習したいのか?というと、それはなぜだかわかりますか?

それは「Webライティングスキル」を向上させることで様々な恩恵が得られるからです。

そしてその「Webライティングスキル」にも様々な種類があって、すぐに身につくものではないからです。

なので「Webライティング」には練習が必要なんですね。

ここでは「Webライティングスキル」の種類についてと、それぞれの目的について解説していきます。

なぜWebライティングを練習する必要があるのか?
  • Webライティングスキルを身につけるため
  • 検索エンジンに評価されるためのSEOライティングを身につけるため
  • 読んだ人が購入や行動を起こしたくなるセールスライティングを身につけるため

Webライティングスキルを身につけるため

まず一般的なもので、ここまで話してきた通り「webライティングスキル」の向上の目的が挙げられます。

改めてこの「Webライティング」おさらいしますと、この「Webライティングスキル」とは簡単に言えば「ウェブ上において文字で人を動かす技術」のことです。

またその為の「施策」や「記事の型」、「ライティングの構成」、「注意点」を総括して「Webライティングスキル」と言います。

この「Webライティングスキル」がなければ、例えば今あなたが行っている「ブログ運営」や本業であたっている「自社サイトの運営」、或いは隙間時間などに行う「Webライター職」において全く稼げなくなってしまうと言っても過言ではありません。

何故なら、

「Webライティングスキル」がなければ、読者に感動を伝えられないから

です。

そもそも人がウェブページ上で何か商品を購入しようと思う理由というのは「その商品に惹かれるから」ですよね?

そしてその「商品」が「どのような商品なのか?」、「どのようなメリットがあるのか?」ということがきちんと記載されていればユーザーの購買率というのは高まるわけです。

例えばあなたが「髭剃り」を購入しようとしたとき、

  • 「これからは睡眠時間を10分伸ばせる」
  • 「若い女の子にも振り向いてもらえる」
  • 「今なら30%OFF」

という記載があれば、ぐっとその商品に惹かれやすくなるはずです。

このように商品を購入しようと思った際、魅力的な記述があれば商品を購入されやすくなるし、その説明によって読者を感動させることができれば購買率はぐっと高まるのです。

しかし反対に、そもそもの商品説明があいまいだったり、誤字脱字だらけだったり、魅力的な一文が一切ないものだとしたらユーザーに対し不信感を抱かせる原因になるし、商品自体も劣って見えてしまい購入には決して導くことができません。

そのくらいウェブ上で売り上げをとるためにはこの

「Webライティングスキル」

が重要なわけです。

あるいはこのような場面では「コピーライティングスキル」と言ってもいいかもしれませんね。

こうした「Webライティングスキル」を身につけるために我々は「ライティング」を練習したいと思うのです。

検索エンジンに評価されるためのSEOライティングを身につけるため

また「Webライティング」と同様重要なライティングといえば「SEOライティング」です。

「SEO」とは「Search Engine Optimization」の略で、「検索エンジン最適化」という意味になります。

例えばブロガーであれば「SEO」施策を自分のブログ内で施すことによって、「グーグル」などの「検索エンジン」から評価を得られ、自分のブログが上位表示ができます。

そしてより多くの読者に自分の書いた記事を読んでもらうことが出来、ひいては売り上げUPにもつながるというわけです。

同様に「Webライター」での活動の際も、この「SEOライティング」ができる「ライター」というのは重宝されるし、より多くの報酬をえることが出来ます。

このように「SEOライティング」はあらゆる場面で非常に効果的で、しかも無料で行うことが出来ます。

例えば「タイトル」や「見出し」に上位表示させたいキーワードを含めるだったり、本文内に「共起語」を含めるだった、様々な施策を打つことで、検索エンジンに評価されやすい「SEOライティング」にすることができます。

もちろん1日や2日で身につくものではなく、簡単に行えるようになるものでもありません。

だからみんなこの「SEOライティング」で結果を出すために、毎日ライティングの研究や練習を行っているというわけなんですね。

読んだ人が購入や行動を起こしたくなるセールスライティングを身につけるため

文章を書く目的。

それは読者に行動を起こさせたいからですよね?

その際この文章術が巧みであれば、自分の記事を読んだ読者に対し、「購入」という行動をとってもらうことができます。

なのでこの「セールスライティング」をみにつけたいから「ライティング」を練習したいという人が多いですね。

例えば「車」を売る営業職の方などは会話の中で「購入」という「行動」を促すために持ち前の「セールストーク」を活かして「車」の販売にこじつけます。

同じように「文章」を生業とする我々も「セールスライティング」を文章内で行っていけば、読者に「購入」という行動をとってもらうことができるのです。

いわば文章で稼ぎたいと思っている人間にとって欠かすことのできない「ツール」のようなものですね。

「セールスライティング」といってもいくつかの「型」があります。

例えば「PASONA(パソナ)の法則」はその中でも代表的なもので、多くのブロガーやライターに使われております。

実際に私もこの「PASONAの法則」を用いたライティングで多くの収益をこのブログ内で出しております。

良いWebライティング例とは?

どのようなライティングが良いとされている?良いライティング例

そもそもどのような「Webライティング」が良いライティングなのでしょうか?

ライティングを練習していく前に、ここが明確でなければなりませんね。

良いWebライティング例とは?
  • 行動を起こさせる文章、何かを感じさせる文章
  • わかりやすい文章
  • 論理的な文章

行動を起こさせる文章、何かを感じさせる文章

文章は「伝える手段」です。

古来より続く、人間の唯一無二の武器です。

文章を通して我々が出来ることは非常に多く、またこの文章を使えば全世界の人に自分の文章を届けることが出来ます。

その際、自分の文章を読んでもらった人に対して行動を起こさせる文章。

何かを感じさせる文章がよい文章なのです。

でなければ文章などあっても意味がありません。

「Webライティング」の練習もする必要がないのです。

自分の文章を通して行動を起こさせる文章、何かを感じさせる文章を心がけ、ライティングを行うようにしましょう。

わかりやすい文章

「わかりやすい文章」も大切です。

読んでいる文章が分かりにくかったりすると、途中で読むのをやめてしまいたくなりますよね。

そうなると目的を達成することはできません。

意味のない文章になってしまいます。

その際、「中学生でも理解できる漢字や単語を用いる」ことが大切です。

あなたの記事を読もうとしている読者は学歴や性別、年齢は様々な層であると予想されます。

特定の人にとって難しい漢字や知らない単語があったとしたら内容を理解してもらえないですよね。

なので文章において「誰でもわかるように文章を書く」ということが非常に大切なのです。

その誰でも分かる文章というのがひらがなやカタカナ、漢字がバランスよくちりばめられている「中学生でも理解できる文章」とされているのです。

論理的な文章

また「論理的な文章」になっているかという点にも気を配りましょう。

ここは今回一番重要なポイントとなりますので、少し長めに解説します。

「論理的」と言うと少し難しく聞こえるかもしれませんね。

「論理的な文章」とは簡単に言えば、

ストーリーが道筋立っていて、意味が分かる文章

です。

要するに、話の論理が破綻していない文章ということですね。

少し例を見てみたいと思います。

まずは始めにこちらの論理が破綻している悪い例をご覧ください。

悪い例

彼は足が速いから、1番になれるだろう。


いかがでしょうか?

この例文だと、「彼は足が速い」というのは分かりますが、何の「1番」になれるのかというのがまるで分かりません。

それでは続いて良い例を見てみましょう。

良い例

彼は次に行われる駆けっこでは1番になれるだろう。なぜなら、彼は足が速いからだ。

二つ目の方がかなり読みやすくなったと感じませんでしたか?

「論理」が破綻している文章では、ストーリーが破綻していて、正確な意味が文字だけでは理解できないのです。

これでは読者に負担を掛けてしまい、一々読者を立ち止まらせてしまうことにもつながります。

おそらく途中で離脱してしまったり、最後まで読んでもらうこともできなくなってしまうでしょう。

Webライティングを練習するためにブログを開設しよう!

最後となります。

Webライティングを練習するのであれば「ブログ」を開設しましょう。

ブログは自分の好きなことを好きなように書いていくことが出来ます。

また書いた記事を公開することで、誰かにみてもらうこともできるようになるのです。

より実践的なWebライティングの練習が可能になります。

しかもブログ運営でライティングの練習を行っていくことで、記事も多くなり、そのどれかがヒットすれば、多くの収益が入ってきたり、あなたのブログにファンがつくようになるかもしれません。

実際に私も練習がてらに書いたたった一つの記事が大爆発して、そこから多くの収入が入ってきた経験があります。

上の画像がその際の様子を物語っております。

ブログの収益化に興味のある人はまず以下の記事をご参考にしていただければと思います。

またブログ運営にはそれだけではない様々なメリットがあります。

ブログを行うメリット10個
  1. お金をかけずに始められて運営にもお金がかからない
  2. 自分の好きなことで稼ぐことが出来る
  3. 不労所得が手に入る
  4. 場所を選ばずどこでも稼げる
  5. 文章を書くのが好きになり、コミュニケーション力も上達する
  6. webマーケティングの知識が自然と身につく
  7. ブログはオワコンではない
  8. ブログ運営のノウハウや開設の仕方、収益発生までを全部独学でできる
  9. SNS集客も併用できる
  10. ツイッター上で沢山のブロガーと繋がれる

本当に様々な恩恵を得ることができ、このブログで人生が変わるほどです。

なのでぜひライティングの練習にこの「ブログ運営」を用いてみましょう。

ブログの開設方法は簡単に言えば以下の「3つ」のステップを踏んでいただければ30分とかからずに開設することができます。

STEP
サーバーを契約する
STEP
独自ドメインの取得
STEP
ワードプレスのインストール

詳しいブログの開設に関しては以下の記事を参考にしてください。

ここではざっと流れだけ解説しますね。

ステップ1、サーバーを契約する

サーバー

まず「ワードプレス(ブログ)」を開設する為にはレンタルサーバーと契約する必要があります。

この「サーバー」に関してあなたも一度くらいは耳にしたことがあるかもしれませんね。

例えば自分のブログを「家」とするならこの「サーバー」は「土地」にあたる部分です。

土地(サーバー)がなければ家(ブログ)を建てることができないのと同じように、サーバーの契約が「ワードプレス」開設には必須となります。

なのでまずは「レンタルサーバー」と契約して、ブログを開設するための「土地」を確保しましょうということですね。

「サーバー」を利用するにあたっては、月々掛かる料金はどのレンタルサーバー会社と契約しても月々平均「1000円」程度で済みます。

宜しければ以下の記事で、「各サーバー会社」のスペックや料金をランキング形式でおすすめしておりますので「サーバー会社」選びに困った際は是非ご参考ください。

本記事では国内No.1の呼び声の高い「エックスサーバー」さんによるブログ開設方法をご紹介しております。

ステップ2、独自ドメインの取得

サーバーを契約したら続いて行うことは、独自ドメインを取得することです。

先程の画像を今一度ご覧ください。

サーバーを「土地」とし、ブログを「家」とするなら、このドメインというのは「住所」に該当します。

当「shu blog」で言うならば、shuares.comの部分に該当するものです。

例えばお家を建ててお友達を自分の家に招きたい時、この「住所」がないと友達に家の場所を正確に伝えることが出来ず、来てもらうことができませんよね?

それと同じようにブログにおいても、この「ドメイン」がなければ読者が自分のブログに訪れることができません。

なのでこのブログ運営には「ドメイン」が必ず必要となるんですね。

ただ、この「独自ドメイン」の取得というのはサーバー契約と同時に簡単にできるものです。

基本的に自動で付いてくるものと思ってもらってOKなので、そんなに難しく考えなくても大丈夫ですよ♪(具体的なやり方は後程、解説します。)

この独自ドメインにおいては、「無料」のものと「有料」のものとがありますが、年間1000円もかからないものがほとんどです。

ステップ3、ワードプレスのインストール

「サーバー」を契約し、「独自ドメイン」まで取得出来たら最後にワードプレスをインストールしていきます。

先ほども簡単に言いましたが、これまでここの「ワードプレスのインストール」という工程が非常に難しいとされ、初心者の多くが挫折してしまうポイントとされておりました。

しかし最近ではどの「レンタルサーバー会社」も、サーバー契約と同時にこの「ワードプレスのインストール」を行えるプログラムを提供してくれているので、そこまで難しいものでもなくなってきております。

現に初心者の私も「エックスサーバー」の「クイックサービス」というプログラムのおかげで、難なく「ワードプレスのインストール」を行う事ができました。

「エックスサーバー」の「クイックスタートサービス」であれば、

  • サーバーの契約
  • ワードプレスのインストール
  • その他SSL設定

など初心者には難しいとされる初期設定まで自動で行ってくれるので、非常に便利です。

繰り返しになりますが、ブログの詳しい開設方法は以下の記事をご参考ください。

Webライティングの練習に関する最終疑問

英語のライティング力を鍛えるには?
  • 音楽を利用する: 英語の歌詞を通して、言葉のリズムや使い方を学びましょう。お気に入りの曲の歌詞を分析することで、新しい表現を学べるでしょう。
  • 料理レシピを書く: 自分の得意料理のレシピを英語で書いてみましょう。これは、日常的な語彙を増やす良い方法です。
  • トレンドを追う: 現代の言葉やフレーズを学ぶために、SNSやブログ、ニュースなどを活用しましょう。
英語のライティングを勉強するとどんな効果があるの?
  • 国際的な視野: 世界中の人々とコミュニケーションが取れるようになり、異文化理解が深まります。
  • 多様な情報源: 英語の文章が理解できるようになると、さまざまな国のウェブサイトや文献から情報を得られるようになります。
  • クリエイティブな表現力: 英語には他言語にない表現があります。それらを学ぶことで、文章に彩りを加えることができます。
webライターに向いている人の特徴は?
  • 好奇心旺盛: 新しいトピックや情報に興味を持ち、リサーチを楽しめる人です。
  • 適応力: テクノロジーやトレンドの変化に柔軟に対応できる人です。
  • コミュニケーション力: 読者との関わりを大事にし、フィードバックに耳を傾けられる人です。
ライティング 練習

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

読んでくださってありがとうございます。もし良ければシェアお願いします。
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次