\エックスサーバーが4月3日までの申し込みで、月額495円でブログ運営ができちゃうお得なキャンペーン実施中!/

SWELLのデメリットをあえて5つあげるなら?!

SWELL デメリット

本記事では有料ワードプレステーマ「SWELL」のデメリットに関してお伝えしていきます。

現在圧倒的な人気とシェア数を誇る「SWELL」。

至極のブログツール「SWELL」に関する記事

本当に多くのユーザーたちによって利用されています。

現に私も2021年にブログをはじめましたが、この「SWELL」の評判を聞きつけてすぐに導入を決めたのでした。

その結果、記事の執筆が早くなったり、サイトのカスタマイズが容易にできるようになったりして、多くのブログ収益を得られるようになりました。

「SWELL」は本当に優秀なテーマです。

穴という穴は本当に見当たりません。

そんな中、あえてこの「SWELL」のデメリットを掲げるとしたらどのようなものになるのでしょうか?

早速見ていきたいと思います。

この記事を書いている人とこの記事を読んで分かること
  • SWELLのデメリット
  • SWELLユーザーから寄せられる悪い評判と口コミ
  • なぜここまでSWELLは人気なのか?
目次

SWELLのデメリットをあえて5個あげてみた!

SWELLのデメリットをあえて5個あげてみた!

早速ですが「SWELL」に対する「デメリット」をお伝えします。

SWELLのデメリット
  • 他の有料のワードプレスに比べると高い方
  • 従来のクラシックエディタに慣れていた人は操作に戸惑う
  • SWELLユーザーが多すぎる
  • 機能が多すぎて持て余す
  • フォーラムを活用しづらい

1、他の有料のワードプレスに比べると高い方

まず1つ目のデメリットとしてあげられるのが、この「SWELL」の販売金額は他の「有料ワードプレス」と比べても高い方だということです。

SWELL17.600円(税込み)
AFFINGER14.800円(税込み)
JIN14.800円(税込み)
SANGO14.800円(税込み)
人気ワードプレステーマ価格表

現在ユーザーさんから人気のある「ワードプレステーマ」に「AFFINGER」や「JIN」、「SANGO」などがありますが、それらに比べても、やはり割高ですね。

勿論それに見合うほどの魅力や性能に溢れてはいるのですが、ブログを開設したばかりの初心者からしたらこの金額は「即決購入」できる価格ではないはずです。

それにブログは慣れるまでが本当に大変です。

初めのうちは記事の書き方はもちろん、サイトの設計方法や、収益化の仕組みなど、基礎的な部分もまったく分からない状態のはずです。

そのような状態の中で果たしてこの金額を出せるのか?と、特に初心者の方は思うことでしょう。

また「ワードプレステーマ」には「COCOON」といった無料でも優秀なテーマが存在します。

「SWELL」は初心者の方にこそ使ってほしいテーマですが、その初心者がこの金額の部分で参入しづらいというのは、やはり大きなデメリットといえるでしょう。

2、従来のクラシックエディタに慣れていた人は操作に戸惑う

またこの「SWELL」は「ブロックエディタ完全対応」の「ワードプレステーマ」です。

以前は「ワードプレス」というと「HTML」や「CSS」の記述を実際にしていく「クラシックエディタ」が主流でした。

従来の「クラシックエディタ」では、複雑な操作が多かったのですが、この「ブロックエディタ」では簡単な操作だけで、記事内に様々な装飾ができるようになります。

現在「ワードプレス」はブロックエディタが主流で、この「SWELL」もブロックエディタに完全対応しておりますが、それまで「クラシックエディタ」の操作方法に慣れている人がこの「SWELL」に乗り換えたら、その操作性の違いに「戸惑い」を感じるかもしれません。

勿論私のようなそれまで「クラシックエディタ」をまともにいじったこともないような「ド素人」であれば、この「SWELL」は本当に使いやすい「神テーマ」なんですけどね・・。

3、SWELLユーザーが多すぎる

また現在この「SWELL」の人気っぷりは本当に恐ろしい物です・・。

マジで凄くて、おすすめな有料のワードプレステーマでまっさきに名前があがることは勿論、有名なインフルエンサーやブロガーにもこの「SWELL」は使われたり、宣伝されたりしているので、その人気が衰えることを知らないんですね。

なので現在この「SWELL」ユーザーが非常に多くなってしまったんです。

最近ではどのサイトも見てもこの「SWELL」で作られているし、確実に「SWELL飽和状態」に陥っている印象です。

みんな「SWELL」でブログ運営を行っているので、どのサイトも似た雰囲気になってしまっているなぁと最近感じます。

差別化したサイトにしたいという方は、あえてこの「SWELL」を避けてみるというのもいいかもしれません。

それほどまでにこの「SWELL」の人気なんですね。

4、機能が多すぎて持て余す

またこの「SWELL」を購入すると、特典として「SWELL専用ブロック」というものが使えるようになります。

現在この「SWELL専用ブロック」がいくつあるのか?というと、

  • キャプション付ブロック
  • ふきだしブロック
  • SWELLボタンブロック
  • FAQブロック
  • アコーディオンブロック
  • ステップブロック
  • タブブロック
  • 関連記事ブロック
  • ブログパーツブロック
  • 説明リストブロック
  • バナーリンクブロック
  • 広告タブブロック
  • ABテストブロック
  • フルワイドブロック
  • 投稿リストブロック
  • RSSブロック
  • リッチカラムブロック
  • 制限エリアブロック
  • ボックスメニューブロック
  • 商品レビューブロック
  • リンクリストブロック

以上の21、SWELL専用ブロックがあり、それを購入者のみつかうことができます。

従来の機能だけでも、

  • 段落ブロック
  • 画像ブロック
  • ギャラリーブロック
  • 見出しブロック
  • リストブロック
  • 引用ブロック
  • 動画ブロック
  • 音声ブロック
  • カバーブロック
  • ファイルブロック
  • 整形済みテキストブロック
  • カスタムHTMLブロック
  • コードブロック
  • クラシックブロック
  • プルクオートブロック
  • 表ブロック
  • 詩ブロック
  • ページ区切りブロック
  • カラムブロック
  • 続きを読むブロック
  • ボタンブロック
  • グループブロック
  • メディアと文章ブロック
  • 区切りブロック
  • スペーサーブロック
  • ショートコードブロック
  • アーカイブブロック
  • カレンダーブロック
  • カテゴリーブロック
  • 最新のコメントブロック
  • 最新の記事ブロック
  • 検索ブロック
  • ソーシャルアイコンブロック
  • タグクラウドブロック
  • 埋め込みブロック

といった様々な機能を使うことができるため、「SWELL専用ブロック」も加わると本当に多くの機能を手にすることができるようになります。

しかしとてもじゃないですが、そのすべての機能は使うことが出来ません。

特に初心者のうちは、記事を書くことだけでも精一杯ですから、よほど探求心がなければ、これらの機能をもてあますことになるでしょう。

現に私も実際に使っている「SWELL専用ブロック」の数といえば、5~6個程度で、そのほとんどを使いこなすことができずにおります。

もちろん運営の方針や、購入者の特性によって使われるブロックに差はあるのはわかりますが、そうはいっても機能が多すぎる気はいたします。

5、フォーラムを活用しづらい

また「SWELL」を購入するとSWELL専用フォーラムというものが使えるようになります。

要するに会員だけが使える会員サイトですね。

ここは普段「SWELL」を使っていて、疑問に思ったことや、困ったことなどを相談できる場になっています。

例えば自分がSWELLを利用していて「こういうことができなくて困っている」と投稿すれば、他のSWELLユーザーがその疑問を解決してくれるんです。

しかしこの会員フォーラムは専門的な用語が多く出てきたり、毎回同じような人が発言でいていたりするせいで、初心者のかたがどうも使いにくい印象を与えてしまうんですね。

現に私もこのフォーラムでは一度も発言したことがなく、利用したことがありません。

困った人が気軽に使えるフォーラムであったほしいのに、使いにくい雰囲気を与えているのが少し残念に思います。

SWELLユーザーから寄せられる悪い評判と口コミ

続いてここではツイッター上で聞かれる「SWELL」における悪い評判をご紹介したいと思います。

SWELLは使いにくいという意見

しばしば聞かれたのは「SWELL」は使いにくいという意見でした。

↑こちらも。

SWELLは値段が高いという意見

またやはりというべきか、「SWELL」は高いという意見も聞かれました。

SWELLには相性の悪いプラグインがあるという意見

またこちらもしばしば聞かれたのは「SWELL」には相性の悪いプラグインがあるという意見です。

確かに以下の記事でも解説していますが、万能といわれるこの「SWELL」にも相性の悪いプラグインというものが確かにあります。

フォーラムが使いにくいという意見

フォーラムが使いにくい、簡単に質問できないという意見も聞かれました。

ワードプレスの欠点とは?

そもそもワードプレスの欠点とは?

ここまでSWELLのデメリットや口コミをお伝えしました。

いくら大人気の「SWELL」でも多少なりともデメリットは存在します。

しかしそれはある意味健全ですよね。

デメリットの声があがらない商品は逆に違和感を覚えてしまいます。

それでは続いて、そもそも「SWELL」が帰属する「ワードプレス」にも欠点があるのではないか?ということで、簡単にこの「ワードプレス」のデメリットに関してもお伝えしてみたいと思います。

  • セキュリティ面が脆い
  • サーバー契約料金がかかる
  • ワードプレスのテーマ選びが面倒

セキュリティ面が脆い

「ワードプレス」を使って個人ブログや会社のホームページを作りたいと思っている人は多いと思います。

この「ワードプレス」があれば実に様々なサイトを作成することができ、ユーザーの要望にかなったサイト運営が可能になるからです。

しかしこの「ワードプレス」の一番の懸念点といえば、セキュリティ対策にあります。

「ワードプレス」はオープンソース(コードを公開した状態)なので情報が外部に開示されるため、誰でもそのサイトの構造がわかってしまうんですね。

中にはそれを利用して悪だくみを考える人もいます。

例えば「ワードプレス」の管理情報を盗んだり、管理画面に勝手にアクセスしてしまったり。

気付かぬうちに自分の管理情報を盗まれ、サイトがめちゃくちゃになってしまったというケースもあります。

もちろんプラグインという、セキュリティ対策ソフトをインストールすることもできますが、それでも完全に安心ということはないんです。

そのような状況下で、常に危険にさらされながら「ワードプレス」の運営は行っていかなければなりません。

サーバー契約料金がかかる

また「ワードプレス」を利用するためには「サーバー」と契約する必要があります。

この「サーバー」ですが、どんなに安くても月1000円以上かかってしまいます。

また契約プランも様々にあって、自身にあったプランがなかなか分からないなかで、最適なプランを選ぶ必要があります。

そうしないと無駄に金額をはらってしまうことになりますからね。

初心者のうちは「サーバー」の「サ」の字も知らない状態だと思うし、どこか扱うのが怖いとおもっているはずです。

「サーバー」こそ乗っ取られたりでもしたら大変ですからね。

そんな繊細な「サーバー」とずっと付き合っていかなければなりません。

同時にお金も払っていかなければなりません。

ワードプレスのテーマ選びが面倒

また「ワードプレス」を開設したら次に行うのがテーマ選びです。

今回でいう「SWELL」ですね。

必ずしも有料テーマを購入しなければならないか?というとそうではありませんが、おしゃれなサイトが現在本当に多くあって、みんな外観にこだわったサイト運営を行っております。

それなのに稼ぐことができずにいるんですね。

それくらいサイト運営は難しいのです、

サイトの外観にこだわるのはもはや必須です。

そのためには「有料のワードプレステーマ」が必要になります。

どのテーマがいいのか、自分で選ばなければならないし、果たしてそのテーマは自分のサイトをより向上させてくれるのか?そういったことを慎重に考えながらテーマを選ぶ必要があります。

もちろん費用もかかりますし、インストールの方法もそれぞれです。

正直めんどうですよね。

しかし「ワードプレス」の開設と「テーマ選び」はもはやセットで必要となる作業になりつつあります。

これが非常に面倒なのです。

ワードプレステーマSWELLとは?

SWELL
出典「SWELL公式」
使いやすさ☆☆☆☆☆(星5)
機能性☆☆☆☆(星4)
デザインの美しさ☆☆☆☆☆(星5)
カスタマイズの自由度☆☆☆☆☆(星5)
複数ブログでの使用可能
料金
17.600円(税込み)
「SWELL」独自評価

そんな中改めて今回の「SWELL」に関してご紹介します。

「SWELL」は「有料のワードプレステーマ」です。

価格は税込みで「17.600円」なので、先ほども話にあがったように他の「有料ワードプレス」と比べてはやや割高な値段と言えるかもしれません。

しかしそうはいっても国内No.1のシェア数を誇るワードプレステーマだけあって、本当に便利なツールとなっております。

「SWELL」公式サイトより

今回は「SWELL」のデメリットに関して言及しているので、あえてここでメリットに関してお話はしませんが、「神ツール」といっても過言ではないほど便利で、個人的に出会えてよかったツールとなっております。

SWELL公式サイトのご紹介

この「SWELL」は公式サイトがあり、その公式サイトをみればその充実ぶりがうかがえます。

これは実際の「SWELL公式サイト」のトップページの様子ですが、もうすでにおしゃれですよね。

この「SWELL公式サイト」では、

  • SWELLの購入ができる
  • SWELLの特徴を知れる
  • SWELLの機能を知れる
  • SWELLのデモサイトを知れる
  • SWELLの設定ノウハウを知れる
  • SWELLのフォーラムにアクセスできる

こうしたことが行えます。

ここでは「SWELL」の魅力について余すことなく知ることが出来るので、「SWELL」を買おうか悩んでいる初心者の方はまず先に覗きにいってほしいと思います。

SWELLは無料版を試せるのか?

残念ながら「SWELL」を無料試すことはできません。

少し前まで「無料のお試し版」が公式サイトから配布されており、自身の「ワードプレス」を持っている人はこのキャンペーンを利用すれば「SWELL」を試すことができたようです。

しかもテーマとしての機能に制限はほとんどなかったということなので、SWELLの使い心地を知るには申し分ない機会だったというわけですね。

しかし残念ながらいまは行っていないキャンペーンになります。

SWELLのデモサイトを見てみよう!

そんななか「SWELL」のデモサイトだけでも見たいという人は多いはずです。

「SWELL」でどのようなサイトができるかを確認出来れば、購入しやすくなりますもんね。

ちなみに「SWELL」の公式サイトではデモサイトを開示しています。

「SWELL」ならどういったサイトができるのかを確認できるし、気に入ったサイトがあれば、作り方に関しても教えてくれているのでぜひ参考にしてみて下さい。

ブログ収益を増やしたい!

なぜSWELLはそこまで人気で、wordpressのブログテーマにおすすめされるのか?

本記事では「SWELL」のデメリットについてお伝えしています。

しかしやはりデメリットより圧倒的に多いのがメリットの声なんです。

それではなぜそこまでこの「SWELL」はユーザーから人気があるのでしょうか?

ここではメリットというよりもなぜそこまで「SWELL」が指示されるのか、その裏側に迫ってみます。

メリットに関しては以下の記事で詳しく解説しています。

なぜSWELLはそこまで人気なのか?
  • サイト表示速度No.1の肩書き
  • 購入者限定でSWELLのアフィリエイトができる
  • 不具合がほぼない
  • 開発者「了さん」への信頼度が高い

サイト表示速度No.1の肩書き

「SWELL」がここまで多くのユーザーに支持されるのは、サイト表示速度NO.1の肩書があるからです。

「SWELL」がリリースされたのは2019年のこと。

そこから2年ほどでWordPress高速化の専門家である「スキルシェア」と提携をしました。

これが大きなきっかけになったのです。

ブログ運営やサイト運営においてサイト表示速度は死活問題です。

そんななか「SWELL」はサイト表示速度において右に出るものはいないと言われている「スキルシェア」と提携したとあって、それが多くのユーザーから支持される呼び水となったのです。

実際も私もこの「SWELL」のおかげで、サイト表示速度が断然に早くなりました。

購入者限定でSWELLのアフィリエイトができる

また「SWELL」が人気なのは「購入者限定」で「SWELL」のアフィリエイトができるからです。

「SWELL」は大人気の商品です。

そんな「SWELL」を買いたいユーザーは多くいます。

自身のブログでこの「SWELL」の紹介をすればもしかたら多くのブログ収益を得られるかもしれません。

そんな「SWELL」のアフィリエイトを購入者であればアフィリエイトできる権限をもらえます。

逆に言えば購入者しかこの大人気な「SWELL」のアフィリエイトはできないんですね。

その自己アフィリエイトを行いたいがためにこの「SWELL」を購入するといった層もいるようです。

ちなみにこの「SWELL」のアフィリエイトはもしもアフィリエイトに登録することで行うことが出来ます。

ブログ収益化の仕組みについて!

不具合がほぼない

あと初心者のかたに特にうれしいのが「SWELL」では不具合というものがほぼ起こりません。

ほかのテーマとかだと結構「不具合」があったりして、そのせいでサイト設計がめちゃくちゃになったり、一定期間アクセスできなくなったりと、結構困る事象に陥ったりするのですがこの「SWELL」ではそういったことがほぼありません。

ほぼ、というより私がこれまで利用してきた中で一度もなかったです。

いつでも快適に安心して使えるのがもしかしたら「SWELL」の最大の恩恵なのかもしれませんね。

開発者「了さん」への信頼度が高い

それもすべて「SWELL」の開発者である「了さん@ddryo_loos」の惜しみない努力のおかげなんです。

SWELL 開発者了

そもそもこの「SWELL」がリリースされたのは「2019年3月」のことですが、それ以来着々とユーザー数を獲得してきました。

リリース当初こそは現在までのシェア率はなかったのですが、開発者「了さん」の地道な努力が実を結んで、現在本当に多くのユーザーからシェアされるようになりました。

それではなぜこの「SWELL」が、そこまで多くのユーザーに支持される「テーマ」となったのかというと、この開発者「了さん」の手腕によるところが非常に大きいからなのです。

というのもこの「SWELL」というのは「了さん」自身で開発、運営を行っているのですが、何よりもユーザーの要望に応えた運営を行ってくれることで有名なんです。

例えばとあるユーザーが「カラムブロック」をもっとデザインのあるものにして欲しいと要望を出せば、すぐさまその要望にあった仕様に変更してくれたりとか。

こんな感じで、ユーザーの要望にこたえて、頻繁にアップデートを施してくれるんですね。

これって凄いことですよね。

恐らくここまでユーザーに寄り添いながら運営を行ってくれる「ワードプレステーマ」って他にないと思います。

今後もそのスタンスは変わらないでしょうし、ユーザーの多さに比例して、より一層便利な機能が実装されていくことでしょう。

このように「優秀な人間」によって、開発され、運営されているのがこの「SWELL」なんです。

「やれないことはない、いずれは全て叶う」がこの「SWELL」の「キャッチフレーズ」のようですが、まさにその通りなっているということですね。

SWELLブログの作り方、及びインストール方法

それではここからは実際に「SWELL」のインストール方法について見ていきたいと思います。

とっても簡単なので安心してくださいね!

あなたが「SWELL」をインストールするまでに行っていただく実際の手順は以下「5」つのステップです。

STEP
「SWELL」を購入する
STEP
「SWELLER’S」に会員登録する
STEP
「SWELLER’S」の「マイページ」にログインし、「SWELL」をダウンロードする
STEP
「SWELL」をインストールする
STEP
「子テーマ」のみを有効化する

それでは一つずつ見ていきましょう。

ステップ1、「SWELL」を購入する

まず「SWELL」をインストールするためには「SWELL」を購入していただく必要があります。

下記のボタンリンクより「SWELL」公式サイトへと進んでください。

SWELL購入画面

すると上の画面に切り替わりますので、画面中央の「DOWNLOAD」へと進みます。

SWELL購入画面

その後「購入画面」に遷移しますので、画面中央の「利用規約」にチェックをいれ、「SWELLを購入する」に進みます。

SWELL購入画面

その後、

  • メールアドレス
  • カード情報
  • カード所有者名
  • 国または地域

を入力し、「支払う」に進みます。

以上でステップ1の「SWELL」を購入するは終わりです。

ステップ2、「SWELLER’S」に会員登録する

続いて「SWELL」の会員フォーラムへ会員登録していきましょう。

まず上のリンクより「SWELLER’S新規会員登録ページ」に進みます。

SWELL登録画面

すると「会員登録ページ」に切り替わりますので、

  • ユーザー名
  • メールアドレス
  • パスワード

を入力し、「利用規約」にチェックをいれたら「登録する」に進みます。

これでステップ2の「SWELLER’S」への会員登録が終わり、「SWELLユーザー限定の新会員サイト」にログインできるようになりました。

続いてステップ3に進みましょう。

ステップ3、「SWELLER’S」の「マイページ」にログインし、「SWELL」をダウンロードする

ステップ2で「SWELLER’S」への会員登録が無事済んだら、続いて「SWELL」をあなたのPCにダウンロードしていきます。

SWELL登録画面

まず「SWELL」公式サイトより「ログインページ」に進み、先程会員登録した際の「メールアドレス」と「パスワード」を入力して「マイページ」に「ログイン」をします。

SWELL購入画面

「マイページ」に「ログイン」し終えたら、画面中央部にある「SWELL製品ダウンロード」の項目から「SWELL本体最新版」「子テーマ」をそれぞれダウンロードします。

「SWELL本体最新版」、「子テーマ」どちらとも必要になるので両方とも欠かさずダウンロードしましょう。

確実にダウンロード出来ているかを確認するためにPC内の「ダウンロード」フォルダにアクセスしてみましょう。

SWELL購入画面

上の画像の通り、

  • SWELL_child.zip
  • SWELL(ver).zip

の「2」つがあなたのPCにダウンロードされていればOKです。

尚、どちらのファイル形式も「zip」形式になります。

これでステップ3は以上です。

ステップ4、「SWELL」をインストールする

続いてはステップ3でダウンロードした「SWELL本体最新版」と「子テーマ」をあなたが使っているワードプレスにインストールしていきます。

ワードプレス画面

まずは「ワードプレス」の管理画面より、「外観」、「テーマ」を選択し、「新規追加」へと進みます。

ワードプレス画面

そこから続いて「テーマのアップロード」を選択します。

ワードプレス画面

すると画面中央に「ファイルを選択」という項目がありますので、先程「ダウンロード」した、

  • SWELL_child.zip
  • SWELL(ver).zip

を選択し、それぞれ「今すぐインストール」をしていきます。

ワードプレス画面

再度「ワードプレス」管理画面の「外観」、「テーマ」を選択してみて、上の画像のように「SWELL」と「SWELL-child」という項目が増えていていれば無事「インストール」は完了です。

ステップ4はこれで以上となります。

ステップ5、子テーマのみを有効化する

続いて先程「インストール」した「SWELL-child」のみを「有効化」していきます。

ワードプレス画面

気を付けたいのが「親テーマ」ではなく「子テーマ」のみを「有効化」するという点です。

画像でいうと「青色」の「SWELL_child」のみを「有効化」していくわけですね。

というのも、WordPressには「子テーマ」という特別な概念が存在します。

この「子テーマ」は、「親テーマ」が持つテンプレートの一部をユーザーが望むような形にカスタマイズできる機能があります。

なので実際に使用していく「テーマ」は「子テーマ」になるという訳です。

ここでは間違えて「親テーマ」を「有効化」しないように気を付けましょう。

上の画像のように「SWELL_child」のみが「有効」となっていれば無事終了です。

お疲れ様でした。

shu

特に「メルマガ」は登録が無料なので予算的に少し難しいという方は、この「メルマガ」だけでも登録してみてくださいね!

shu

今回のNOTEやメルマガは↑このような人に、とってもおすすめです!

スクロールできます
①NOTE②NOTE③NOTE④NOTE⑤メルマガ⑥無料記事
オススメ度☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
料金1000円(税込)500円(税込)1800円(税込)9500円(税込)無料(要登録)無料
内容
NOTEを購入するNOTEを購入するNOTEを購入するNOTEを購入するメルマガを登録する無料記事を読む
「shu blog」が送るおすすめ商品!ブログで稼げるようになるまでの最短ルート。「NOTEとメルマガ、記事」
ブログ収益を確実に伸ばせるおすすめツール
SWELL デメリット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次