ブログで稼ぐための「競合調査」のやり方について

競合調査

ブログの収益を増やすためには、まずあなたのブログが沢山の読者に読まれなければなりません。

しかし、沢山の読者に読まれるためにはあなたの書いた「記事」が特定の「キーワード」で上位表示されなければそれは叶いませんよね?

なのでどのブロガーも自分のブログへのアクセスを増やすために上位表示が可能な「キーワード」に狙いを定めて記事を書いていくわけです。

その際、あなたの狙った「キーワード」で果たして上位表示されるかどうか?というのは既に上位表示されている「競合」の「ドメインの強さ」や「サイト設計」、「インデックス数」などの「ステータス状況」にかかっているといっても過言ではありません。

そのくらいあなたが上位表示を狙う際、この「競合」の「ステータス状況」が重要となるのです。

例えば「競合のドメイン力」があまりにも強い「キーワード」の場合、あなたの書いた記事がどんなに「有益なコンテンツ」だとしても上位表示は難しいといった感じで。

なので記事を上位表示させたいと考えるのなら、記事を作成していく前に必ずこの「競合調査」の作業はしておかなければならないんです。

これを怠ると、上位表示されないばかりか誰にも読まれない無駄な記事を作成してしまうことにもなりますからね。

そんなの絶対嫌だし、「競合調査」をしっかり行う事でそうならなくて済むのなら是非その方法について知りたいと思いませんか?

今回ブログで収益があがらないと悩んでいるあなたの為に「競合調査」の重要さ実際のやりかたについて解説していきたいと思います。

本記事に書いてあることを実践していただければ、「競合調査」をきちんと行った「キーワード選定」が行えるようになるので今後あなたの書いたブログ記事が上位表示されるようになりますよ!

すみません、前置きが長くなりました。

それでは参りましょう。

この記事を書いているのは
shu
  • shu、32歳
  • アパレル会社所属(EC、webマーケティング部門所属)
  • 個人所持サイト「3つ」
目次

ブログ運営ではなぜ競合調査が重要なのか?

折り紙の船

冒頭でも簡単に述べましたが、そもそもブログ運営においてはなぜ競合調査が重要なのでしょうか?

ここではその目的についてまずはみていきたいと思います。

本当に上位表示が可能かどうかが分かるから

まずこの「競合調査」を行う重要な目的の一つ目として「狙ったキーワードで記事を書いた際、本当に上位表示が可能かどうかが分かる」というのが挙げられるでしょう。

というのも、我々ブロガーが稼ぐうえで「売り物」にしているのって何よりもこの「ブログ記事」ですよね?

自分のブログ記事が多く読まれることで「アフィリエイト広告収入」や「アドセンス広告収入」を得られるわけです。

なので何よりもまず自分の「ブログ記事」が読者に読まれないことには何も始まらないんです。

だから何としてもブロガーは自分の「ブログ記事」を検索エンジン上で上位表示させるべく、様々な努力をするわけですね。

その際、上位表示を狙うために我々ブロガーがまず行うべき事は「上位表示できるキーワードを探す」という事だったはずです。

つまり「上位表示しやすいキーワード選定」をまず行い、それからそのキーワードに沿ったコンテンツ作りを行う事で自分の書いた「ブログ記事」がより「上位表示しやすくなる」というものでしたよね?

ところで、我々はその「上位表示しやすいキーワード選定」を何よりもまず先に行うわけですが、「果たして狙ったキーワードが上位表示が可能かどうか」、というものを何をもって判断したらよいのでしょうか?

  • 検索ボリューム数が少ない物?
  • ロングテールワードに該当するもの?

恐らくこのようなことを参考にしろと、あなたもこれまでさんざんに言われてきたことと思います。

しかし、

  • 検索ボリューム数が少ない物
  • ロングテールワードに該当するもの

この「2点」に該当するものであれば確実に「上位表示できるか?」と問われれば決してそんなことはないのです。

何故なら特定の「キーワード」において既に上位に「強力」な競合がいる場合は、どんなに「検索ボリューム数が少ないロングテールワード」であったとしてもあなたの書いた記事が上位表示されることはないからです。

これが仮に検索ボリューム数が「0」であっても変わりません。

だから記事を作成する際はこの「競合調査」を必ず行い、競合のステータスを知ることがとても大切なんです。

これを知らずに「初心者の内は」ただ、

  • 検索ボリューム数が少ない物を書け
  • ロングテールワードに該当するものを書け

という迷信に囚われているのが昨今の「初心者ブロガー」なのです。

これではいつまでたってもあなたの記事が上位表示されることはありません。

本当に上位表示が可能かどうかというのは、何よりもまず「競合のステータス」によるのです。

どういう記事内容が上位表示されるのか知ることができるから

また、「競合調査」を行う目的としてもう一つ重要となってくるのが「どういう記事が上位表示されているのかを知ることができる」という点が挙げられます。

というのも我々ブロガーが自分の「ブログ記事」を検索エンジン上で「上位表示」させるためには、「グーグル」に評価される記事を書かなければなりませんよね?

「グーグル」に評価される記事を書けて初めて、上位表示が叶うんです。

その際、「どのような記事がグーグルに評価される記事なのか?」という事に対してまったく見当がつきませんよね?

上位表示される記事を書きたいのに「どのような記事」を書けばいいのか分からないと思うんです。

しかしそんな時、その「上位表示させたいキーワード」であらかじめ「競合調査」を行っておくことでどのような記事が上位表示される記事なのかがわかるのです。

何故ならその時上位表示されている記事というのは既に「グーグル」に評価され、上位表示にふさわしい評価を受けている記事だから上位に表示されているわけですから。

なので既に上位表示されている記事を参考にすることで、「グーグル」に評価されやすい記事作りができるのです。

これも大切な「競合調査」における目的です。

我々ブロガーはただ闇雲に記事を作成してはなりません。

「グーグル」に評価される記事を書いていき、「上位表示」を成功させなければならないのです。

その際、この「競合調査」をあらかじめ行い、「グーグル」に評価される記事作りを行えるかが上位表示を狙う際の重要ポイントとなるのです。

他の記事と自分の記事を差別化できる

またこの「競合調査」が持つ重要な目的として「他の記事と自分の記事を差別化できる」という点も見逃せません。

我々は自分の記事が多くの人に読まれるために「上位表示」を狙う訳ですよね?

そして「グーグル」から高評価を得られた記事だけが上位表示されやすくなります。

その際「グーグル」は、評価項目として「その記事に独自性が備わっているか?」という事を厳密に見ております。

つまりその記事の「オリジナリティ」ですね。

というのも「グーグル」からすれば検索エンジン上に、「同じことを言っている記事」というのは「1つ」で十分なんです。

「同じ内容の記事」は、検索エンジン上には「1つ」あれば事が足りてしまいますよね?

それにもかかわらず、既に検索エンジン上にある記事と似たような記事を書いたところで、上位表示はされません。

そこで記事の「オリジナリティ」が大切になってくるという事なんですね。

「オリジナリティ」は「唯一」という意味でもありますので、そういった「オリジナリティ」を含んだ記事というのは「グーグル」からの評価に繋がるのです。

それでは「他の記事」と差別化をはかるにはどうしたらよいでしょうか?

そう、そこでも「競合調査」です。

既に上位表示されている記事の「競合調査」をしっかりと行う事で、上位表示には含まれない「内容」というものが分かるし、それを自分の記事内に取り入れることで「他の記事」との差別化にも繋がるのです。

「グーグル」から評価されやすい記事作りにおいて「記事の独自性」というものは確実に「グーグル」からの評価に繋がります。

自分の「記事」に「独自性」をとりいれる上でもこの「競合調査」が重要となるのです。

ブログ運営における競合調査のやり方

PC

ここまで「競合調査」の目的と重要性に関して解説してきました。

自分の記事が上位表示されるためにはこの「競合調査」がいかに重要になるかをある程度はご理解いただけたかと思います。

それではここから「競合調査」はどのような「視点」で行えばいいのか?、また実際のそのやり方についてを以下の「6ステップ」でみていきたいと思います。

競合調査のやり方「6ステップ!」
STEP
個人ドメインかトップレベルドメインか調べる
STEP
タイトルにキーワードが含まれるている記事のインデックス数を調べる
STEP
競合記事のフレッシュネス性を調べる
STEP
上位サイトの「専門性」を調べる
STEP
上位表示されている競合サイトのインデックス数を分析する
STEP
上位表示されている記事を競合調査して記事構成を把握する

ステップ1、個人ドメインかトップレベルドメインか調べる

まずはあなたが「上位表示させたいキーワード」を検索エンジン上で実際に検索してみるところから始めましょう。

そしてその際、上位記事が個人が運営する「個人ドメイン」か、それとも企業や政府が運営する「トップレベルドメイン」なのかを真っ先に確認してほしんですね。

今回は例として「検索ボリューム数が50以下」の、「ブログ 3 ヶ月 アクセス なし」という「キーワード」を参考にしていきたいと思います。

尚、検索ボリュームの調べ方は以下の記事をご参考ください。

関連記事 需要のあるジャンルか?

さて「ブログ 3カ月 アクセスなし」と検索エンジンに入力すると以下の「検索結果」が現れます。

ブログ3か月アクセス無し

ここで見るべきポイントは「1位~3位」の「ドメインステータス」です。

今回の「ブログ 3カ月 アクセスなし」では幸いなことに「1位~3位」が「個人ドメイン」によるものでした。

というのもこの時に個人ブロガーが運営する「個人ドメイン」ではなく企業や政府が運営する「トップレベルドメイン」が上位を独占していた場合、その「キーワード」で上位表示させるのはほぼ不可能と言えるからです。

そのくらいまでに「トップドメイン」の「ドメイン力」は強く、ブログを開設したばかりのあなたがどんなに「有益な記事」を投稿したところで、その「キーワード」での上位表示は難しいでしょう。

なのでまずは「上位表示させたいキーワード」を実際に入力してみて上位表示されている「ドメイン」が「個人」のものか?それとも「政府」や「企業」によるものなのかを見極める所から始めましょう。

その際、「個人ドメイン」が上位を独占していた場合はあなたにも勝ち目がある可能性があるのでこれを一つの参考にしてください。

ステップ2、タイトルにキーワードが含まれるている記事のインデックス数を調べる

続いては特定のタイトルにキーワードが含まれている記事のインデックス数を調べましょう。

どういうことか以下で分かりやすく説明しますね。

今回例にしているのは「ブログ 3カ月 アクセスなし」という「キーワード」でしたね?

つまりこの「ブログ 3カ月 アクセスなし」という「キーワード」で上位表示を狙っているわけです。

その際、記事のタイトルに「ブログ 3カ月 アクセスなし」が入っていれば「グーグル」に評価され、その分上位表示される可能性が高くなります。

しかしながら同じようにタイトルに「ブログ 3カ月 アクセスなし」と入っている競合が多かったら、やはり上位表示される可能性は少なくなりますよね?

なのでタイトルにキーワードが含まれている記事のインデックス数を調べることが大切なんです。

その際検索エンジンの検索窓に「intitle:キーワード」、「allintitle:キーワード」と打ち込むことでどれくらい多くの競合がいるのかが調べられます。

少し分かりづらいかと思うので、以下の画像をご覧ください。

ブログ3カ月アクセスなし

まず「intitle:~ブログ 3カ月 アクセスなし」と入れます。

するとそれに関連する「インデックス数」は「1780000件」あることがわかります。

これはつまり「ブログ」、「3カ月」、「アクセスなし」という「キーワード」のいずれかが「タイトル」に含まれるものが「1780000件」あるということを現わしております。

続いて「allintitle:~ブログ 3カ月 アクセスなし」ではどうでしょうか?

ブログ3カ月アクセスなし

先程の「1780000件」に比べて今回は「3件」しかないことが確認できます。

これはつまり「ブログ」、「3カ月」、「アクセスなし」という「キーワード」の全てが「タイトル」に入った記事が「3件」しかないことを現わしているんです。

要するに何が言いたいかと言うと、この「ブログ 3カ月 アクセスなし」というキーワードにおいて「1780000件」もの関連コンテンツがあるのに対して、実際「タイトル」に全キーワードが含まれているコンテンツは「3件」しかないという事が分かるんですね。

上位表示を狙う際、「タイトル」に「キーワード」が含まれている事は大変重要となります。

なので今回の「ブログ 3カ月 アクセスなし」のようにキーワードを全てタイトルに盛り込みコンテンツ作りを行っていくことであなたの書いた記事でも上位表示される可能性があるんです。

このように特定のキーワードにおいて、タイトルにキーワードが含まれている記事がどれくらいインデックスされているのかを見極めることも大変重要になってきます。

是非このことも参考にしてみて下さい。

ステップ3、競合記事のフレッシュネス性を調べる

さて次に行っていただきたいのは、「競合記事のフレッシュネス性を調べる」という事です。

「フレッシュネス性」というのはその記事の「鮮度」の事ですね。

つまり「更新頻度」のことです。

というのも「グーグル」は記事を上位表示をさせる条件としてこの「フレッシュ性」という項目を設けているからなんです。

どういうことかというと、「更新」がよくされる記事や常に最新の日程で「更新」された記事というのは上位表示されやすく、上がった順位も落ちにくいんです。

因みに記事のリライトを行う理由というのもこの「フレッシュ性」を保つ目的もあるんですよ。

なのでこの競合調査においても既に上位表示されている記事の「更新頻度」を見ることで、上位表示がされやすいかキーワードかどうかを確認できるんです。

以下の画像をご覧ください。

ブログ3カ月アクセスなし

今回の「ブログ 3カ月 アクセスなし」というキーワードにおいて上位「1~3位」まである程度「フレッシュネス性」が保たれていることが分かります。

この「フレッシュネス性」に関して言うと、競合の記事がどれくらい「古ければ」ねらい目とか、どれくらい「新しければ」ねらい目という明確な指標はありません。

何故なら仮に更新が「1年以上」されていなかったとしても、その記事がすでにユーザーの目に多く触れてきたものであれば「フレッシュネス性」よりもその「実績」が評価対象となるからです。

しかしこの「フレッシュ性」も競合調査の上では一つの参考になります。

是非このことも参考にしてみて下さい。

ステップ4、上位サイトの専門性を調べる

また「上位表示されているサイトの専門性」も調べるようにしましょう。

というのも、仮に上位表示されている「サイト」が様々なジャンルを取り扱う「雑記ブログ」である場合、あなたがよりその「キーワード」において「専門性」を満たしていれば、その「雑記ブログ」を抜いて上位表示される可能性があるからです。

「グーグル」はEATという評価基準を持っております。

つまり、

  • 専門性
  • 権威性
  • 信頼性

の3つの項目を満たしているサイトは、「グーグル」から高評価の対象となりすいんです。

なので上位表示されているサイトより「専門性」を満たしていると見込める場合、積極的にその「キーワード」を攻めることであなたの記事が上位表示される可能性があるということなんですね。

その「専門性」を満たしているかどうかを判断する際、上位サイトの「サイト構造」を見ていく訳ですが、そのサイトが保有している「カテゴリー数」や、その「キーワード」に関連する「カテゴリー数」、また「そのカテゴリー内の記事数」などを参考にするとよいでしょう。

ステップ5、上位表示されている競合サイトのインデックス数を分析する

さて次に行うべきことは「上位表示されている競合サイトのインデックス数を調べる」ということです。

例えば今回の「ブログ 3カ月 アクセスなし」というキーワードにおける、上位サイト「https://millioninvest.biz/さん」と、「https://rougo-fukugyo.com」さんの「インデックス数」を参考に見てみましょう。

ブログ3カ月アクセスなし

因みに競合サイトの「インデックス数」の見方についてですが、検索窓に「site:ドメイン」と打ち込むことで知ることが出来ます。

そして検索窓に実際に打ち込んでみると、以下のような結果がでてきます。

検索エンジン

ちなみに今回、「1位」の「https://millioninvest.biz/さん」のインデックス数は「640件」でした。

これはかなり強敵な可能性がありますね。

「SEO認知度」はさることながら、「サイト設計」も万全に構築されているだろうし、「ドメイン年数」も相当な年数に及んでいる可能性があります。

それに500記事以上のコンテンツを作成しているのは相当なスキルを擁する玄人ブロガーである可能性も高い為、勝負したところで勝つことは難しかもしれません。

続いて「2位」の「https://rougo-fukugyo.com」ではどうでしょうか?

検索エンジン

こちらは「131件」と先程の「640件」に比べるとやや少なく感じられます。

なので失礼を承知で憶測させていただくと、ブログを開設してまだ間もない初心者の方である可能性もあるわけです。

したがって「ドメイン年数」や「スキル」、「サイト設計」がまだ伴わっていない「ドメイン」の可能性もある為、あなたが記事を書いた際でもこちらの「ドメイン」を追い抜き、上位に食い込むことがもしかしたら可能かもしれません。

しかし気を付けて頂きたいのが、この「インデックス数」というのはあくまで「目安」という事です。

仮に「インデックス数」が50記事未満だとしても「ドメイン年数」が「10年以上」経過しているサイトというのも中には存在するし、そのようなサイトは少ない記事でも沢山の「PV」を稼ぎまくっている強力な特化サイトである可能性があります。

なので繰り返しになりますがこの「競合サイトのインデックス数」というのは「ドメインパワー」と同様、あくまでも「目安」として参考にして頂ければと思います。

ステップ6、上位表示されている記事を競合調査して記事構成を把握する

最後にあなたにしていただきたいことは、「上位表示されている記事を参考にして検索意図を把握する」ということです。

そしてこれが今回の「競合調査のやり方」において最も重大な作業になります。

例えば今回例として取り上げている「ブログ 3カ月 アクセスなし」というキーワードで上位表示を狙う際、何よりも重要となるのはこの「ブログ 3カ月 アクセスなし」検索するユーザーに対して最適な「回答」を答えられる「コンテンツ作りができるかどうか」になります。

自分の記事が上位表示されるためには何よりも「そのキーワードで検索するユーザーに最適な答え」を用意しなければなりませんからね。

なので、

  • どのような「見出し構成」を行っているのか?
  • ユーザーの「検索意図」にどのように回答しているのか?
  • 「タイトル」はどのようなものか?
  • 文字数はどれくらいか?
  • 画像はどの位置に設置しているのか?

このような要素をすでに「上位表示」されている「記事」を参考にし、自分の記事構成に取り入れていくんです。

何故なら先程も言いましたがすでに上位表示されている記事というのは「そのキーワード」で検索する「ユーザー」にとって「最適な回答をしている」という評価を「グーグル」からされているからです。

即ちその記事を参考にすることで、あなたの記事も「そのキーワードで検索するユーザーにとって最適なコンテンツ」になる可能性があるんです。

ただその際、

「パクリ」は断固NGです。

これは本当に声を大にしてお伝えしたいのですが、「パクリ」は「グーグル」から多大なペナルティを受けるとともに、あなたのブログは最悪運営不可になってしまう可能性があります。

なので「パクる」事は決してせず、あくまでも「記事構成」の参考だけに留め、自分の言葉で記事を書いていってください。

このように競合調査を行う事でユーザーにとって求められる記事作りが可能になり、その記事作りを行う事であなたの書いた記事も上位表示されるようになるのです。

ブログ運営で参考にしたい競合の種類

バレーボール選手

さてここまで述べてきた「競合調査」のやり方を行った後は、実際にそのキーワードを狙うかどうかというのはあなたの「判断」にゆだねられます。

勿論今述べてきた課題を全てクリアできているキーワードであれば確実にねらい目であるのは間違いありません。

是非今述べてきたことを参考にしながら実際の記事構成に入って頂ければと思います。

最後にここで「競合の種類」についてお伝えして終わりたいと思います。

狙うべき競合

まずある特定「キーワード」において上位を占めているのが、

  • Amebaブログ
  • はてなブログ
  • Seesaaブログ
  • gooブログ
  • livedoorブログ
  • FC2ブログ

のような「無料ブログドメイン」だったり、「wikipedia」、「Yahoo!知恵袋」などの簡易ページであった場合、確実にねらい目であると言えるでしょう。

というのも特定の「キーワード」で上位に表示されているものが「はてなブログ」などの「無料ブログドメイン」である場合、あなたが仮に「ワードプレス」でブログ運営を行っているのだとしたら「SEO」の観点であなたの「独自ドメイン」の方が確実に上位表示に有利だからです。

また「wikipedia」や「Yahoo!知恵袋」の場合は、補足程度の説明書きがされた簡易ページであることが大半で、読者の知りたいことがほんの一部しか書かれていなかったりします。

そのような場合はあなたが読者の「検索意図」を網羅的に解消する記事を書くことで読者の満足度があがり確実に前者より読まれることができるようになるのです。

読者の満足度があがれば「グーグル」からの評価にもつながるため、上位表示されるんですね。

なので特定「キーワード」において上位を占めているのが「無料ブログドメイン」、「wikipedia」、「Yahoo!知恵袋」などであった場合、確実にねらい目であると言えるのです。

避けるべき競合

また「狙うべき競合」がいるのと同時に「避けるべき競合」というのも存在します。

それは冒頭でもお伝えしてきた通り「企業」や「政府機関」が運用する「トップレベルドメイン(TLD)」の事です。

例えば、

  • 「.com」
  • 「.net」
  • 「.org」

というのは、「サーバー」を契約すれば誰もが取得できるものです。

しかしそれに対し、

  • 「.edu」
  • 「.gov」
  • 「.mil」
  • 「.int」
  • 「.asia」
  • 「.post」
  • 「.xxx」

というものは、取得するのに「認可」や「条件」が必要なものがほとんどです。

なのでこのような「ドメイン」が上位にある「キーワード」の場合は「企業」や「政府」が運用する「トップレベルドメイン」の可能性が高い為、確実に避けるべきと言えるのです。

ブログで稼ぐためには競合調査がとても大切

さてここまで「競合調査」の重要性と目的、実際のやり方について解説してきました。

ブログで稼ぐためには今回の「競合調査」がとても大切になります。

何故なら、競合調査をせずにただ闇雲に記事を書いていっても上位表示されないばかりか、ユーザーにとって最適な記事作りも行えないからです。

勿論そのようなことではいつまでたっても誰もあなたの記事を読んでくれることはないし、この先もずっと読まれることはないでしょう。

そのくらい今回の「競合調査」というのはブログで稼ぐうえでは重要な作業なんです。

しかし今回本記事で解説している「競合調査」の重要性を理解し、今後行っていけば確実にあなたの記事も上位表示されるようになっていきます。

しかし今回本記事で解説している「競合調査」の重要性を理解し、今後行っていけば確実にあなたの記事も上位表示されるようになっていきます。

是非本記事を今後のあなたのブログ運営のお供にお役立てください。

現在、ブログ運営に困っているのなら有料ワードプレステーマ「SWELL」の導入をおすすめします。

SWELL画面

現在あなたはブログ運営において悩んでいる事はありませんか?

  • 収益が全くあがらない
  • トップページのカスタマイズが上手くできない
  • ふきだしやキャプション付きブロックをブログに挿入したい
  • サイト表示が遅すぎてユーザー離れが凄い

どれもが本当に悩ましい問題ですね。

さて幣ブログ「shu blog」では有料ワードプレステーマ「SWELL」を使用しています。

この「SWELL」ではそんなブログ運営において発生する悩ましい問題の数々を「速攻」で解決できます。

というのも、この「SWELL」はその性能が高く評価され、現在全国の「ワードプレス」ユーザーから圧倒的な人気を誇る「有料テーマ」だからなんです。

例えば現在「SEO」の指標的にも最重要とされる「サイト表示速度」はこの「SWELL」が他のワードプレステーマを圧倒しているし、この度「ワードプレス高速化」のプロである「スキルシェア」とも提携を結び、今後の活躍がますます期待されているんです。

https://twitter.com/ddryo_loos/status/1428250880931946501

また「SWELL」では「SWELL専用ブロック」により自分好みの「トップページ」や「記事」を簡単に作成出来るため、他の「テーマ」では真似できないカスタマイズ性に溢れたブログにすることが出来るんです。

shu

ふきだしだよ!

キャプション付きブロックだよ!
  • SWELLは圧倒的デザイン美。
  • SWELLは使いやすい。
  • Swell is perfect!!
STEP
ステップだよ!
STEP
ステップだよ!

どの有料ワードプレスと比較しても、

  • デザインの美しさ
  • 機能性
  • サイトスピード

が圧倒的に勝る「SWELL」。

それに加えて「SWELL」は税込み17.600円の使い切りタイプで、一度購入すれば複数のブログでも無料で使いまわし出来るのも嬉しい点ですね。

現に私も幣ブログ以外のブログでもこの「SWELL」を使わせてもらっています。

さてこの機を逃す手はあるでしょうか?

あなたがもし今、ブログ運営に行き詰まっているのなら根本となる「ワードプレステーマ」を最良なものにかえる所から始めてみませんか?

SWELLの購入はこちら
競合調査

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

読んでくださってありがとうございます。もし良ければシェアお願いします。
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

・東京都在住32歳。(男性)
・2年目個人ブロガー。
・収益5桁達成。
・アパレル会社所属(EC、webマーケティング部門所属)
・個人所持サイト「3つ」。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる